05 2023

金沢の桜名所、犀川の桜景色/犀川緑地公園(法島地区)と桜橋・W坂を彩る桜並木

城下町金沢の桜名所として、最も名前が知られているのはやはり兼六園・金沢城だと思います。それは旅行者のみならず金沢市民もそう思ってるハズで、どなたにも異論はないと思います。
では2番手の桜スポットは?と聞かれるとなかなか答えが難しいのですが、親しみやすさから言うと犀川の桜並木じゃないかと思います。
犀川は、金沢のガイドブックに必ず掲載されている金沢を代表する川の一つ。河川敷には広場やサイクリングロードが整備されていて「犀川緑地」の名で市民に親しまれています。特に春は桜並木が咲き揃い、川に並行した桜色のベルトとなって金沢の街を彩ります。

さて、2023年桜記事第4弾はそんな犀川河畔の桜スポットの中から、特に人気の高い2つのスポットをお伝えしたいと思います。一つは犀川の中でも特に人が集まる「犀川緑地公園法島地区」。そしてもう一つが中心部にほど近い「桜橋」です。

20230401101525.jpg
(犀川緑地公園(法島地区))

20230401102235.jpg
(犀川緑地公園(法島地区))

20230401104409.jpg
(桜橋付近)


ともに同じ犀川沿いにありますが、雰囲気はだいぶ違います。
前者は公園らしい公園で、芝生広場に寝転がったりシートを敷いてお弁当を食べたり、とにかくゆったりくつろげる桜スポット。一方後者は城下町金沢らしさが味わえる景観重視で観光客にも向いている桜スポット。互いに少し離れてはいますが、天気が良ければ犀川の河川敷を散歩しながら二つを回るのがオススメです。
私は車でハシゴしましたけどね(笑)。
ってなわけで、犀川の桜をご覧ください。


2023年04月01日 石川県金沢市 犀川緑地公園(法島地区)


桜が満開となった週末、金沢市の中心部を流れる犀川の畔、「犀川緑地公園」に行ってみました。
犀川の河川敷には桜並木が多く存在し、金沢市内では有数のお花見スポットになります。兼六園や金沢城、茶屋街みたいに県外からの観光客も多く集まる華やかなスポットとはまた少し違う雰囲気で、どちらかというと地元民向けであり、比較的まったりと時が流れていくような場所。人の往来が激しい兼六園とは対照的かもしれません。
中でも「いしかわこども交流センター」のある法島地区は、広々とした河川敷や児童公園があり、桜並木が立派で、おまけに広い駐車場も整備されていて、犀川沿いでは一番オススメのお花見スポットと言えます。
20230401103417.jpg


法島地区園地のエントランスから上流の方向を眺めるとこんな感じ。
堤防上に自転車も走れる遊歩道が整備されていて、立派な桜並木がズラっと続いていてなかなか壮観。堤防の下の河川敷は芝生広場になっていて、寝転んだりボール遊びをしたり、市民が思い思いの時間をゆったり過ごしていました。
20230401095706.jpg

20230401101157.jpg



当ブログでも何度もお伝えしているのですが、金沢の市街地は犀川・浅野川の2つの川に挟まれたエリアに発達しています。犀川は男川、浅野川は女川とも呼ばれていて、なんとなくですが犀川はどっしりと構えて力強く流れる男性らしい川、浅野川はたおやかで風情があり流れも穏やかな女性らしい川というイメージもあります。
でも桜のシーズンに入って晴天が長く続いたこともあって、犀川の流れは「男川」の名に反して大変穏やか。静かな川の流れと華やかな桜並木が、春本番を象徴しているようでした。
20230401100058.jpg

20230401100831.jpg



金沢の桜は大満開でした!
桜の咲きっぷりも、青空広がるポカポカ陽気な天気も、文句のつけようがありません。この日は2023年シーズンで最高のお花見日和だったのは間違いないでしょう!
週末なので訪れる人もどんどん増えていき、アクティブな方は堤防上の道をサイクリングしたりランニングしたり。中にはおそらくこの春入学を控えているのであろう真新しいランドセルを背負ったお子さん連れもいらっしゃいました。
こういうホンワカする光景が広がるのが、犀川緑地公園のお花見のいいところだったりします。
20230401095904.jpg

20230401102829.jpg



僕がここを訪ねたのは午前10時頃でした。
午前中は下流方向(西側)に向かって歩くと順光になるので、青空に映える桜の写真を撮りたいなら断然こっち側がいいかもですね。
20230401100939.jpg

20230401102017.jpg



ここ犀川緑地公園では、同じ桜並木であっても見る場所や角度によってその楽しみ方はいくつもあるんだなと思いました。
まずは堤防上や歩道に立って桜並木を眺めます。よくある純粋な桜並木って感じですね。王道かもしれません。
20230401101708.jpg


同じく堤防上からですが、川の方に向かって眺めると対岸の桜とともに楽しむこともできました。
対岸は桜の本数こそそれほど多くはないみたいですが、桜の木は結構立派なようです。
20230401102445.jpg


次に、堤防から河川敷に下りて堤防上の桜並木をちょっとだけ見上げるような角度で眺めました。この見上げる感じは光の具合によっては空の青が際立ってくれます。
この下から見上げる感じは川沿いならではですね。
20230401103015.jpg

20230401103113.jpg


堤防の外側には芝生広場が整備されています。ここにテント持参でお花見している人が多く見られました。
細長い広場を挟むように左右に桜の並木があるのがイイですね。場所によっては桜のトンネルのようにも見えたり見えなかったり。
20230401102205.jpg

20230401100014.jpg


そして、ただただ真上の桜を見上げるのもヨシ。
やがてこの青空を桜吹雪が舞うことになるでしょう。
20230401101756.jpg

20230401102418.jpg


そんなワケで、「犀川の桜」と言えばここ、と言っても過言ではない、犀川緑地公園の法島地区でした。
犀川沿いにはここ以外にも多くの並木が点在していますが、ここが一番賑やかだし、駐車場やトイレなどの設備も整っていると思います。近くの「いしかわこども交流センター」ではプラネタリウムも楽しめます。
例えば遠方から金沢まで車で来られたお子様連れであれば、金沢の花見でここに来ておけば間違いないと思います!
20230401102550.jpg


石川県金沢市 犀川桜橋詰(石伐坂付近)


さて、犀川河畔でもう一か所、桜の美しいスポットがあるので行ってみました。
法島地区から下流へ進むこと約1km、その名も「桜橋」という橋が架かっているのですが、その橋の付近も金沢市で割と名の知れたお花見スポットとして知られています。
ちなみに桜橋は兼六園・21世紀美術館の前の道をまっすぐ進んだところにあり、市中心部の観光地から比較的近く徒歩でも行くことができます。
20230401104608.jpg

20230401104644.jpg


桜がいっぱい咲いていたから桜橋という名前がついたのか、はたまた桜橋の近くだから桜をいっぱい植えたのか。鳥が先か卵が先かみたいな話ですが、とにかく桜が綺麗。
特にソメイヨシノに混じって濃いピンク色をした枝垂桜があり、2色を楽しめるのがいい。
20230401105511.jpg

20230401104442.jpg

20230401104514.jpg


橋のすぐそばは崖地になっています。崖の上は伝統的な街並みが広がる寺町台地であり、数多くのお寺が存在する(寺町寺院群)ことでも知られています。
その寺町台地へ向かう坂道がここには二つあり、その一つがその名も「桜坂」。なんか聞いたことある名前ですよね(笑)。そしてもう一つが石伐坂(いしきりざか)。後者は名前を知らない人も多いと思いますが、坂道が階段になっていてWの字のように折れ曲がりながら登っていくことから、通称「W坂(だぶるざか)」とも呼ばれていて、どちらかというとこの通称のほうが知られているし、一般的に呼ばれていたりします。
20230401105131.jpg


ご覧ください、見事なまでのW字!
昔、学生さんがこの折れ曲がった姿を見てW坂と名付けたんだそうです。
20230401104702.jpg


W坂や桜坂からは見晴らしがいい。
すぐ下にある犀川や桜並木とともに、その向こう側の金沢市街地や卯辰山、医王山などが見渡せます。
20230401104748.jpg

20230401104811.jpg

20230401105255.jpg


最後に、桜橋と桜のコラボレーション。
桜橋はその名のとおり、橋の欄干が桜色だったりします。桜の木とのツーショットはこの時期だけの特別なシーン。
もし桜咲く時期に金沢に来たなら、この桜橋付近の桜も是非見ていただきたいと思います!
20230401105548.jpg


ってなワケで、金沢のお花見スポットでもある犀川、その中でも有名な二つの桜名所をお伝えしました。
金沢には2つの川があるとお伝えしました。もう一方の浅野川沿いも、実は桜の名所として知られています。主計町茶屋街、卯辰山公園などとともに桜巡りができる浅野川のほうがどちらかというと観光客向けの桜スポットなのかもしれませんが、並木の立派さやのんびりとした雰囲気なら犀川です。
ま、金沢自体そんなに大きな街じゃないので、この際両方の川沿いの桜を楽しむのもアリでしょう。ちょうど中間点に兼六園がありますし、2つの川と兼六園で十分満足されると思います。



浅野川の桜はこちら
桜花爛漫 金沢の「おんな川」 ~浅野川べり 東山・主計町茶屋街の桜景色~

桜花爛漫 金沢の「おんな川」 ~浅野川べり 東山・主計町茶屋街の桜景色~

金沢の街の中に桜の綺麗な場所はそこそこありますが、「おんな川」と呼ばれている浅野川も外せません。ここでは茶屋街に桜が咲くほか、穏やかな川のせせらぎを聞きながら金沢らしい風情を楽しめます。普段の生活の中に溶け込んでいる風景であっても、やっぱりこの桜の時期はまるで違って見えるなぁ。特にこの浅野川は桜が咲くと必ず歩きたくなる場所かな。今回は春の「おんな川」を彩る、東山・主計町の桜風景をお伝えします。...


当ブログ桜の記事一覧(リンク集)

当ブログ桜の記事一覧(リンク集)

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。四季折々の日本の風景を追い求めて、写真に切り取り公開し、皆様の旅の参考にしていただくのが当ブログの趣旨です。特に春の桜の景色はとても好きで、毎年春を迎えるとソワソワしてしまうんですよね(^^;。当ブログにもこれまでに数多くの桜の記事を掲載してきましたが、それらをザっと見渡すことって、ブログの特性上なかなか難しいんですよね。そこで、思い切って桜の目次ページを...


<犀川緑地(法島地区)>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】40分

【地図】



<桜橋・石伐坂(W坂)>
【駐車場】なし
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】
関連記事
スポンサーサイト



石川県 金沢市 子供向け 桜景色 並木

7 Comments

まっさ  

>大樹さん

桜の季節があっという間に過ぎ去ってしまいましたね。
今年の春は本当に早かったです。

犀川の桜ですが、観光客向けではないものの、金沢を観光していたら自然と目に入ってきます。
街に溶け込んでいる、と言っても過言ではないかな。
ところで、こちらの桜、ボリュームが大きく見えますか?
犀川の桜並木ができてから何十年も経っているので、確かに桜の木は割と大きいものが多いかもです。
もしくは、田舎だから空が広いってのもあるかもしれないなぁ(笑)。

もうしばらく桜の記事続けようと思いますので、引き続きお楽しみいただければ嬉しいです。

2023/04/16 (Sun) 18:32 | EDIT | REPLY |   

大樹  

こんばんは。

こんばんは。
北陸も春本番って感じですね。
桜のボリュームが全くこちらとは違って樹々全体で春を謳歌しているかの如くの咲様、ただただ凄い!!ですね。
犀川の桜並木の下でのんびり上を向いて寝転んでいたい衝動に駆られるような光景がただただ羨ましいです。

濃淡ピンクの桜の写真も味わい深くいいなあ、と思いながら拝見させていただきました。
うちの近くも桜の見所はあるものの、やっぱり歴史ある町の桜は雰囲気が増す感じがします。
他の記事もまた順に拝見させていただきますね。

2023/04/10 (Mon) 00:35 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは。
能登鹿島駅の桜も良かっただろうと思います。
今年の春はなかなかまとまった時間をとれなくて、遠くまでは行けなかったのが心残りです。
私もまた改めてさくら駅に行きたいです。
何度か行ってるものの、散り際だったり雨だったり、なかなかタイミングが合わないんですよね。
4月最初の週末は天気も良く最高の花見日和だったので、きっと駅の桜も綺麗だったんだろうなと想像します。

「アートステーション」が何なのか分からなかったのでちょっと調べてみましたが・・・
へぇ~、そんなイベントをのと鉄道でやっていたんですね。
能登鹿島駅では塔みたいなのがあって、そこから桜と七尾湾の絶景を楽しめたらしいのですが、いいお写真GETできたでしょうか?

2023/04/09 (Sun) 17:27 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

おっと・・・・

その日、際川の桜まつりへ行こうかと考えていました。
が、結局北へ・・・
今年も能登鹿島駅で花見でした(^ー^;
なにせ、アートステーションのスポットが16日まで残してあるってことで、そこからの桜の景色を堪能しに。

ただ・・・
人だらけでしたが(ーー;

浅野川の桜はいつも見に行っていますが、犀川は行けてないな~。
来年こそは、Let’s 犀川!(笑)

2023/04/08 (Sat) 20:13 | EDIT | REPLY |   

やす  

To まっささん

ご返信ありがとうございます。

>遠方からお越しでしょうか。
はい、関西の田舎に住んでおり金沢まで車で約5時間かかります。

7年前に金沢を訪れた際に偶然犀川沿いの宿に宿泊したところ、
犀川の桜並木に感動しました。
今回久しぶりに同じ宿を予約したのですが、同じ光景は観られなさそうですね。

今回はこのブログに載っている金沢市内のイイトコを訪ねてみるか、
もしくは能登方面に足を伸ばしてみたいと思います。

2023/04/07 (Fri) 08:26 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>やすさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

遠方からお越しでしょうか。
今週末でしたら、残念ながら金沢の桜は見頃を過ぎてしまっています。
本日時点でもかなり散っていて、おまけにこれから雨みたいなので、この雨が桜花にとっては「止め」になっちゃうかなと。

この週末でもお花見がしたいなら、より北へ、またはより高い場所へ行く必要があると思います。
金沢からそう遠くない場所でしたら(「遠い」の感じ方も人それぞれだと思いますが)、私だったら富山県の五箇山か、もう少し足を伸ばして岐阜県の白川郷にチャレンジしてみるかもしれません。
いずれも車なら金沢から2時間以内なんですが、やすさん的に遠い?近い?

確実なことは言えませんが、きっとその道中のどこかで、まだ見頃な場所があるはずだと思います。
もしお時間が許すようなら、是非行ってみてはいかがでしょうか。

(石川県内なら、もしかすると輪島とか珠洲とか、能登半島の先っぽあたりはまだ見頃かもしれません。でも五箇山や白川郷のほうが行きやすいかなと思います。)

2023/04/06 (Thu) 21:32 | EDIT | REPLY |   

やす  

はじめまして。

犀川の桜を楽しみに今週末金沢を訪れる予定
ですが、もう散ってしまいそうですね。
金沢市からそう遠くないところでまだ桜が
楽しめる場所があれば教えてください。
よろしくお願いします

2023/04/06 (Thu) 07:55 | EDIT | REPLY |   

コメントを投稿する