01 2022

飛騨古川の桜名所、御所桜/淡い西日を受けた宮川堤防の桜並木

この日は高山の臥龍桜を見るために岐阜県北部の飛騨地方を訪ねていましたが、臥龍桜の後ももし見頃の桜スポットがあれば観てみたいと思い、いろいろ情報を探っていました。
すると目に留まったのが、高山の北に位置する古川の桜です。
印象的だったのはライトアップのシーンなんですが、田んぼに張った水に映る桜のリフレクションが美しく、きっと昼間もそれなりに見応えがあるんだろうと思って、行先をそこに絞って車を走らせました。
それが古川の中心部から車で5分ほどのところにある、宮川堤防の御所桜といわれている桜並木です。

20220416164259.jpg


すでに時刻は夕方が近くなり、淡いオレンジの西日が差す桜並木となりました。
高山近辺では散り始めた桜が多かったのですが、御所桜は見事に満開でした!

20220416165238.jpg


ってなワケで、2022年最後の桜記事は、飛騨古川の御所桜の様子をお伝えします。
もう少し時間をかけて、夜のシーンも見てみたかったんですけどね。
でも昼間の並木も十分見応えありでした。


2022年04月16日 岐阜県飛騨市古川地区 御所桜


飛騨古川といえば、このブログでも何度かお伝えしている白壁土蔵街の古い町並みが有名な、落ち着いた町です。
御所桜は、古川の中心部にある飛騨古川駅から高山線で1駅富山方面に向かった先の杉崎駅からほど近く、電車でのアクセスは良好と言えます。
車の場合は、宮川に架かる鮎之瀬橋の右岸のJAひだに臨時駐車場があるので、そこに車を止めれば100メートルほどで宮川の堤防です。
20220416164111.jpg

20220416164601.jpg


臥龍桜の時は曇天だった飛騨地方も、夕方前にはスッキリ晴れ渡り青空が広がりました。
ただ、御所桜に着いた時間がすでに16時を回っていたため、日がずいぶん傾いてしまいました。
もう少し早く着けば青空とのコラボが綺麗だったんだろうけど、一方で夕方ならではの情景ってのもあります。
仄かに橙色な桜、たまにはこういうのもアリかなと思いましたね。
宮川の川面に反射した太陽がとっても眩しい。
20220416164633.jpg

20220416164512.jpg


ところで、なぜ御所桜という名前がつけられたかというと、その昔飛騨の国司としてこの地にやってきた姉小路(あねがこうじ)氏の居館としてつくられた「柳の御所」があったことから、「御所桜」という名前がつけられたそうです。
今でこそ御所は跡形もないのですが、この桜並木がその歴史を後世に伝えてくれています。
それにしても、「御所」の名に恥じぬ立派な並木道です。
20220416164330.jpg

20220416165253.jpg

20220416164452.jpg



並木道のある堤防の上だけでなく、橋から眺める景色もきっと綺麗だと思いました。
御所桜がよく見渡せる橋は、水色の桁の鮎之瀬橋。
あの上に立って宮川を眺めてみよう。
20220416164410.jpg


そういえば、岐阜県ではこの川のことを「宮川」と呼んでいますが、我々北陸の人間からすれば富山市を流れる「神通川」のほうがしっくりきます。
名前の音については全然違うけれど、「宮」とか「神」とか、名前の根っこの部分はひょっとすると繋がっているのかな、なんて勝手に妄想してしまいました(^^)。
そして下流部の神通川堤防もこれまた桜の名所として知られていますが、あちらの桜はすでに葉桜になっているでしょう。

鮎之瀬橋に立って御所桜の並木を眺めました。
宮川の右岸にも左岸にも立派な並木が続きます。
20220416164830.jpg

20220416164924.jpg


勢いよく咲いています。満開です。
ここに向かう途中、ほんの少し上流にある飛騨国府の桜野公園にも立ち寄ってみたのですが、そこの桜は結構散り始めていました。
一方、御所桜はまだまだ満開。
古川の桜は、高山や国府の桜よりもほんの少しだけ歩みがゆっくりな気がしました。
20220416164943.jpg

20220416170124.jpg

20220416170145.jpg


ってなワケで、飛騨古川の桜名所、宮川堤防の御所桜でした。
観桜期は毎晩ライトアップが行われていて、どちらかというと夜の光景のほうが知られているし、情報も多い気がします。
でも、夜桜が綺麗なところは漏れなく昼も美しい。
もしライトアップ目当てで来るのなら、こうして日没前の明るい御所桜の並木を歩いてみるものいいんじゃないでしょうか。
20220416165105.jpg

今度は是非、ライトアップを見に来たいです!



飛騨古川の町並み散策(白壁土蔵街)
飛騨古川の雪景色/冬の白壁土蔵街散策 白い雪に包まれた白い壁の町並み

飛騨古川の雪景色/冬の白壁土蔵街散策 白い雪に包まれた白い壁の町並み

飛騨古川はご存知でしょうか?高山から国道41号を走れば15分から20分程度で着くほど、高山からは近い町なのですが、高山の影に隠れてしまい知名度は今一つかもしれません。実はこの飛騨古川にも「古い町並」があって、そぞろ歩きやちょっとした食べ歩きが楽しめるのです。高山は毎年国内外から本当に多くの観光客が訪れてドンデモなく混雑しているのですが、古川はいい意味で垢抜けてなくて、人が少なくて、とても落ち着いた風情が...


当ブログ桜の記事一覧(リンク集)

当ブログ桜の記事一覧(リンク集)

当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。四季折々の日本の風景を追い求めて、写真に切り取り公開し、皆様の旅の参考にしていただくのが当ブログの趣旨です。特に春の桜の景色はとても好きで、毎年春を迎えるとソワソワしてしまうんですよね(^^;。当ブログにもこれまでに数多くの桜の記事を掲載してきましたが、それらをザっと見渡すことって、ブログの特性上なかなか難しいんですよね。そこで、思い切って桜の目次ページを...



<飛騨古川 御所桜>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】20分

【地図】


【リンク】
御所桜(飛騨市観光サイト「飛騨の旅」)
関連記事
スポンサーサイト



岐阜県 飛騨市 桜景色 並木

0 Comments

コメントを投稿する