14 2020

国宝明通寺の本堂と三重塔/若狭の山あいに佇む北陸を代表する古刹へGo!

富山・石川・福井の北陸三県には2つの国宝建造物があります。
その一つは富山県高岡市にある瑞龍寺。広大な敷地にデーンと大伽藍が並ぶ結構壮大なお寺でした。
そしてもう一つの国宝建造物が、今回訪ねた福井県小浜市の明通寺(みょうつうじ)です。
今から遡ることおよそ1200年、あの教科書にも出てくる坂上田村麻呂が創建したと伝えられる北陸を代表する名刹です。

静寂に包まれた境内に、およそ750年の時を刻んだ国宝の本堂と三重塔
京都の大寺院のように見るものを圧倒する感じではないけれど、周りの素朴な風景に溶け込んだ落ち着いた佇まいが感じられる、いいお寺です。
20200906131432.jpg

20200906131036.jpg


ってなワケで、今回の記事は小浜市の国宝明通寺です。
結構前からこのお寺を一目見てみたいと思っていたのですが、ようやく訪ねることができました。
小京都小浜の古刹をお伝えいたします!


2020年09月06日 福井県小浜市 明通寺


小浜市は北陸の最も西のエリアで、北陸と言えどもほぼ京都北部と言ってもいいようなところです。
お隣の県だけど、金沢から北陸道・舞鶴若狭道を経由しておよそ2時間半もかかります。もうあと30分も頑張れば名古屋市や京都市に行けるくらいの距離感。石川や富山よりも、どちらかというと関西や中京方面からのほうがアクセスがラクかもしれません。
そんな小浜市は「海のある奈良」という異名を持つ町で、市内には多くの神社仏閣があり、それらを巡る旅が人気です。
さて今回訪ねた明通寺ですが、そのロケーションはちょっと意外でした。
小浜のお寺として知られているので、きっと小京都と呼ばれている市街地の近くに建っているんだろうと勝手に想像していましたが、実はとんでもなく町外れ、結構な山の中にひっそりと佇んでいるお寺なんです。
観光客が小浜駅を降りてさて明通寺に行こうと思っても、そう簡単には行けないところにあるので、車が必須かもしれませんね。


車を止めてまず目に入ってくるのは明通寺の山門です。
山門前の石段は結構傾斜がありました。雨や雪の日は足元注意かもしれません。
20200906124039.jpg


1687年に再建された山門。
1200年代の建物がある境内の中では比較的新しいほうかもしれないけど、それでも330年の歴史があり、市の文化財に指定されています。
とても立派な門です。
まだ青々とした楓の葉が彩を添えていましたが、秋が深まるときっと紅葉も綺麗なんだろうと思われます。
20200906124211.jpg


そしてお寺の山門でよく目にする金剛力士像(仁王像)もちゃんとあります。
明通寺のそれは随分と年季を感じます。もともと赤く塗られていたのかなと思いますが、結構剥げてしまっていますね。
なんでも1264年に造られたそうで、750年もの間邪気を追い払ってきたようです。
上へ吊り上がった眉とギョロっとした目が迫力あり。こんな顔で武器持って睨まれたらどんな悪党も腰抜かすわw。
20200906124317.jpg


境内は山あいにあり、本堂や三重塔へ向かうにはいくつかの石段を登っていきます。
奥へ向かうほど高い。そして一番高い位置に三重塔があります。
参道右手に寺務所があるのでここで拝観料500円を払います。
国宝を500円で見られるなら安いもんだ!
20200906124454.jpg

20200906131723.jpg



テクテクと参道を歩きます。楓の木が多いので、ここも秋深まれば紅葉のシャッタースポットになるハズ。
それにしても、想像以上に静かだぞここ!
この時お寺にいた観光客は、僕ら以外に2~3組ほどだけでした。新型コロナの影響もあるでしょうが、週末なのにこんなに静かな雰囲気の中で国宝のお寺が拝めるなんて、ちょっと贅沢かもしれません。
そして向こうに見える階段を登ると・・・
20200906124643.jpg



目の前に現れる国宝の本堂!その奥に国宝の三重塔!
ダブル国宝のお目見えです!

そうそう、これが見たかった景色だ!
20200906124816.jpg


シミなのかコケなのか、なかなか年季の入った建物に見えます。
20200906125122.jpg


国宝の明通寺本堂は、1258年に再建された鎌倉中期の建造物。
福井県内最古の木造建築で、およそ750年以上の歴史を重ねた非常に重厚な和の建築物です。
建築のことはよく分かりませんが、「大陸様式を採り入れつつも和の美も盛り込んだ優秀な密教建築」なんだとか。
ま、とにかく国が宝として認めた立派な建物なんです。
20200906130918.jpg

20200906131511.jpg


屋根のカーブが綺麗ですよね。
20200906130408.jpg


おいおい、これ国宝だぞ。
あまり変なことはするんじゃないぞw。
20200906125009.jpg


本堂の中はこんな感じ。
中には重要文化財の仏像三体などが安置されています(撮影はできません)。
20200906125242.jpg


仏像の裏手にはお願い豆地蔵なるものが無数にありました。なかなかの壮観です!
旗の裏に名前を書いてお供えすると、願い事がかなうんだとか。
家内安全、合格祈願、良縁成就、交通安全、先祖供養・・・
あらゆる人のあらゆる想いが、無数の豆地蔵に込められていました。
20200906130108.jpg

20200906130033.jpg


そして明通寺のシンボル、三重塔です。
世の中には五重塔なるものがあり、三重塔は少し見劣りするんじゃないかなと思いましたが、全然そんなことはない、立派なものです。
特に屋根の張り出しが大きいから、思っていたよりもどっしりと感じます。
塔の高さは22.9m。昔の人は機械一つ使わずによくもこんなものを作ったよなぁと感心させられます。
20200906131048.jpg

20200906130309.jpg

20200906130426.jpg


境内の池には鯉が泳いでいます。
100円で鯉のエサが売っているので、もしお子様連れでしたらエサやりをさせると喜ぶかもしれませんよ。
20200906130945.jpg


ってなワケで、前からずっと行きたいなぁと思っていた小浜の明通寺でした!
小浜には「国宝巡り」という観光コースがあり、市内の8か所の名刹古刹の伽藍や仏像を楽しめるそうです。
今回は時間があまりなかったので明通寺だけになってしまいましたが、明通寺だけでは小浜の良さはまだまだ語れないでしょう。
機会があれば、他のお寺も行ってみたいと思いました。
また来るぞ、小浜!



<棡山明通寺>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】500円(小学生250円、中高校生460円)
【所要時間】40分

【地図】


【リンク】
明通寺(公式)
関連記事
スポンサーサイト



福井県 小浜市 神社仏閣 国宝 日本遺産

2 Comments

まっさ  

Re: タイトルなし

この明通寺ですが、紅葉の時期は木々が色づいて綺麗になるみたいです。
秋もいいですし、また雪の降る冬もいいかもしれませんね~。
ただ、小浜までの雪道ドライブはちょっと疲れそう(^^;。

北陸では貴重な国宝建築物です。
ぽてとぉ~さんも是非足を運んでみてください!

2020/11/29 (Sun) 16:57 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

翡翠の回廊の中を巡る国宝の明通寺 見学お疲れさまでした。

まだ紅葉が色づいていなかっただけに紅葉シーズンになった時の風景がどんなに素敵なんだと感じる境内でした。

福井県の小浜といえば、石川県からですと確かにちょっと遠いですよね~
それでも素敵な境内の景色を堪能できたみたいで良かったです(*'▽')♪

2020/11/23 (Mon) 18:20 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment