29 2020

金沢城うっすら雪化粧/2020冬、歴史的超暖冬の中の貴重な雪景色

2020年の冬は本当に雪が少なかった!
雪が積もらないまま立春を迎え、「金沢、まさかの雪が積もらない冬到来か!」とまで思ったのですが、かろうじて無雪の冬という汚名(?)は免れました。
でも、積もったのはわずかに3cmですよ、しかもこれが今冬一番の積雪です。
マトモな雪景色にはならなかったのですが、これでも今年の冬にとっては貴重な貴重な雪の光景
カメラを持って出かけなければ!

ってなワケで、どこへ行こうかちょっと迷ったんですが、久しぶりに金沢城公園を歩くことにしました。
うっすらと雪が積もった光景は、春先か、あるいは師走の半人前の雪かと思ってしまうのですが、これが真冬の光景です(笑)。

20200209104108.jpg


雪景色の美しい金沢城の庭園。
ようやく白いセカイが広がり、ガイドの方々も安堵の表情?

20200209100729.jpg


てなワケで、この冬僕が金沢で見た唯一無二の雪景色をお伝えします!
ちなみにこの暖冬のおかげで金沢の桜は史上最早で咲いております。
ほんと、記録づくめの冬だったんだなぁ。


2020年02月09日 石川県金沢市 金沢城公園


2020年の冬は極端に雪が少なく、金沢で雪景色を見ることはほとんどなかったです。
昨シーズンも異常なほど雪が降らなくて「どうしちゃったんだろう」と思っていたのですが、今シーズンはそれを上回る超絶暖冬少雪。
なんと、最も雪が深く積もったのが3cmです。
北陸で最深積雪3cmって・・・(笑)
この雪の少なさはほぼ全国的に見られたもので、北陸4都ではいずれも太平洋側あるいは南国のような記録となりました。
富山市だけはまぁまぁ積もった(とは言え例年に比べれば降ったうちに入らないくらいのレベル)んですが、それ以外の県庁所在地はあまりの雪の少なさが逆にインパクト強烈な冬だったと言えます。

(最深積雪/降雪量)
新潟市 1cm/5cm
富山市 15cm/34cm
金沢市 3cm/17cm
福井市 4cm/7cm


その「3cm」という今冬最も多くの雪が積もったタイミングで、この冬唯一の貴重な雪景色を拝みに金沢城公園へ繰り出しました。
この日雪見を逃していたら、今シーズン金沢で雪が積もったシーンを見るタイミングはなかったですね。

あまりにも暖かな冬で思わず早く咲いてしまった紅梅に、うっすら白い雪。
梅たちにとっては調子を狂わされる冬だったかもしれません。
20200209095855.jpg

20200209095935.jpg



金沢城で最も雪景色が綺麗なところと言えば、やっぱり玉泉院丸庭園ですかね。
北陸新幹線開業直前の2015年3月に復元された金沢城内の新名所。
完成から5年が経って、兼六園と並び金沢を代表する庭園の一つとして知名度も随分上がってきた気がします。
休憩所の玉泉庵から見下ろした庭園は真っ白!
冬の間は薄茶色の枯れた芝で覆われていますが、そこに純白の雪がうっすらと積もりました。
20200209100551.jpg


休憩所のスタッフの方が近づいてきて、とても嬉しそうに「今年初めてなんですよ!真っ白になったのは!」と話をされていました。
多分この日まで、雪景色を楽しみに金沢を訪れた多くの観光客と雪が少ない冬を憂いていたんだと想像されます。
積もったのはたかが3cmですが、されど3cm。
雪が全くない景色よりもはるかに冬らしい光景を楽しむことができました。
20200209100708.jpg

20200209100739.jpg


庭園に植えられた幾本もの松の木に雪吊りが施されていますが、冬の間はこの雪吊りが庭園に立体感をもたらしてくれます。
兼六園もそうなんだけど、特にこの玉泉院丸庭園は雪吊りの有無で全然違った趣を感じられるので、少なくとも夏と冬、2回は訪ねていただきたいお庭かな~。
20200209101054.jpg


庭園を挟んで向こう側に、覆いに隠された建物が見えていますが、これはかつて金沢城の玉泉院丸と尾山神社を結んでいた「鼠多門」(ねずみたもん)および鼠多門橋の復元工事です。
延期が決まった2020年東京オリンピックの開催前に完成させようと工事が進められてきたもので、これができれば繁華街から尾山神社を経て金沢城・兼六園まで回遊ができるようになり、城下町金沢の散歩がより楽しくなりそうですよ。
20200209101244.jpg


鼠多門の完成により、この辺りの景観がガラっと変わるんでしょうね。
どんな門ができるか楽しみ!
20200209112657.jpg



玉泉院丸庭園は石垣も見事!
金沢城には様々な石垣がアチコチで見られ「石垣の博物館」と言われていますが、この辺りの石垣は、城を守るためではなく「観る」ことを主目的として造られたらしい。
背景に連なる立派な石垣は、玉泉院丸庭園をより美しく魅せるためのパーツなんだそうです。
20200209101529.jpg

20200209101802.jpg



庭園から見えていた古い建物、重要文化財の三十間長屋です。
今では城内いろいろな櫓や長屋、門が復元されていますが、一昔前の金沢城は石川門とこの三十間長屋、そして鶴丸倉庫という蔵しかなかったんですよね。
なんとも寂しい城内でした(っていうか、金沢大学のキャンパスだったから一般人はそもそもお城に入れなかった)。
つまり、この三十間長屋は、藩政期から残る数少ないとても貴重なものなんです。
20200209103407.jpg

20200209102327.jpg


なんだと!?
扉が開いているだと!?

20200209102355.jpg


三十間長屋は普段は非公開で中に入ることができないんだけど、この日はたまたま特別公開が行われていて、内部を見学することができました。
内部にお邪魔するのは今回が初めてでちょっとドキドキしました(笑)。
さてその内部はと言いますと・・・外見から容易に想像がつきますが、「単なる細長い倉庫」でした(笑)
でも、昔の建築技術が今に残る大変貴重な遺構のハズで、お城の復元にも大いに貢献したであろうと想像できます。
20200209103027.jpg

20200209102757.jpg


三十間長屋から見下ろした玉泉院丸庭園。
特別公開の時のみ見ることができる貴重な光景かもしれません。
20200209102545.jpg



金沢城本丸の櫓跡からの街の風景。
雪が降るといつも以上に綺麗です。もう少ししっかりした積雪であればまた違った感じなんでしょうが(^^;。
ここから見える森は兼六園。今回兼六園には入らなかったけど、きっと名雪化粧した名園も綺麗だったでしょうね。
20200209103831.jpg

20200209103904.jpg

20200209104229.jpg



まるでお城っぽくない建物ですが、三十間長屋と同様に金沢城の中で数少ない現存建造物であり重要文化財でもある鶴丸倉庫
実はこの建物だけはまだ中に入ったことがないんです。
たまに特別公開されているようなので、今度機会があったら中も見てみたいな。
20200209104550.jpg



金沢城の代名詞にもなっている五十間長屋・菱櫓・橋爪門続櫓からなる建造物群。
こちらも雪景色と言えばまぁそうなんですが、金沢城の建物はもともと屋根瓦に鉛が使われていて全体的に白っぽいので、雪が多少積もってもあんまり代り映えしないのです(笑)。
20200209104448.jpg


お城では縦に長い天守が重宝されますが、金沢城では天守がない代わりに横に長いこれらの建物が主役。
右の櫓が菱型をした「菱櫓」、左の櫓が2015年に復元された橋爪門に続く「橋爪門続櫓」、その二つの櫓を繋ぐ五十間長屋。
横の長さは実に100m近くあって、その長さは建物の外よりも中のほうがより実感できます。
20200209105054.jpg

20200209105146.jpg

20200209105529.jpg

20200209110056.jpg


冬らしくない冬ってのはこれまで何度か過ごしてきたけど、ここまで冬らしくなかったのは初めてでした。
この日も決して雪景色と言えるほどの立派なものではなかったのですが、ようやく金沢にも雪桜が花開き、短い冬をなんとか演出していました。
せめて桜はシッカリと咲いて、春らしさを演出してほしいものです。
20200209111752.jpg

20200209110159.jpg


石川県金沢市 卯辰山公園見晴らし台


最後に、オマケで卯辰山公園から見下ろした金沢の町。
お城とは違って金沢には黒い屋根瓦の家が多く、真っ白な雪が積もるといつもとは随分違う光景に様変わりします。
黒瓦の町並みを見下ろしたければ卯辰山がベストスポットで、見晴らし台は車で簡単にアクセスできるからオススメ。
20200209113828.jpg
(もりの里方面)

20200209113916.jpg
(兼六園方面 左上に唐崎松の有名な雪吊りが見えています)

20200209113956.jpg
(金沢城公園)


ってなワケで、この冬なんとか収めることができた金沢の雪景色でした。
来年の冬こそは、ちゃんと雪景色魅せてくれるでしょ~ね!?



<金沢城公園>
【駐車場】あり(有料)
【入場料とか】無料(五十間長屋等は入館料320円必要)
【所要時間】1時間20分

【地図】


【リンク】
金沢城公園
関連記事
スポンサーサイト



石川県 金沢市 雪景色 金沢城

5 Comments

まっさ  

>みぽははさん

金沢は天気が悪いとは言われますが、でも冬は雪が降ってナンボですよね。
今年の冬はその雪が奪われてしまい、金沢の冬らしい光景にはほとんど出会えず仕舞いでした。

極端に雪の降らない冬はこれで2シーズン連続です。
最近は、「どうせまた降るだろう」とは言えなくなってきているので、少しでも雪が積もればカメラを持って外に出たくなります。

それにしても、カメラとか、冬らしさとか、そういうのを抜きにすれば、今年ほど過ごしやすくて恵まれた冬もないんですけどね。
ホント、ラクな冬だったと思います。

2020/04/05 (Sun) 05:44 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ケメさん

大変ご無沙汰しております、お元気していたでしょうか?
そうそう、今年の冬は金沢でも連日初夏とまでは言いませんが、春先のような気候が続きました。
全く雪が降る気配がなく2月の節分過ぎまでやってきたワケですが、ここに来てようやく冬らしいかな、と思える日が来たのです。
ちょっと異常な冬でしたよね。

現在書いている記事は、まだそれほど新型コロナで騒がれてはいなかった頃のものですが、最近は北陸でも決して安心できる感じじゃないので、どことなくピリピリしたムードが広がっています。
少しでも癒されたのであればとても嬉しいかな(^^)

また当ブログに遊びに来てくださいね!

2020/04/05 (Sun) 05:39 | EDIT | REPLY |   

大嶋昌治  

携挙

はじめまして。福井市在住の大嶋昌治(おおしままさはる)と言います。聖書預言を伝える活動をしています。

間もなく、エゼキエル書38章に書かれている通り、ロシア・トルコ・イラン・スーダン・リビアが、イスラエルを攻撃します。そして、マタイの福音書24章に書かれている通り、世界中からクリスチャンが消えます。その前に、キリストに悔い改めて下さい。2020年を悔い改めの年にしてください。携挙に取り残された後のセカンドチャンスは、黙示録14章に書かれています。

管理人様は4児の父との事ですが、是非とも、子供達にイエス・キリストを伝えてください。学校が休みになっている、この機会に、子供達に選択の機会を与えてください。子供達が、イエス様を信じるか、信じないかは、彼らの問題です。しかし、選択の機会を与えるのは、親の義務です。子供達にキリストを伝えないまま、携挙の日を迎える事がないようにしてください。

2020/04/04 (Sat) 06:31 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

やっぱり金沢は雪が似合いますね
素晴らしい作品が並んでいて感動しました
うっすら刷毛で履いたような雪の風景が最高です

あの日は何度も早く行かなければ雪が溶けると焦りながら
結局出かけられず、また次の雪を待ちましょうと思いましたが
とうとう雪のない冬を越したようです

2020/04/02 (Thu) 14:03 | EDIT | REPLY |   

ケメ  

積雪の日

まっささん、ご無沙汰しています。
この日は近所でも霙が降りました。前日の初夏のような気温から一変しました。
新型コロナウイルスの影響で不必要に物が買えなくなったりしていますがまっささんのホンワカしたブログにとても慰められました。
ありがとうございました。
また、楽しみにしています。

2020/04/01 (Wed) 13:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment