14 2019

能登の紅葉名所を巡る!平等寺の紅葉と西慶寺の巨大ヤマモミジ

石川県の紅葉と言えば、金沢の兼六園、小松の那谷寺、加賀の鶴仙渓など、主に南側半分の加賀地方に目が行きがちですが、実は能登地方にもなかなか味のある紅葉名所があるのです。

奥能登の花の寺として知られている平等寺
あじさい寺として有名なこのお寺ですが、最近は紅葉名所としても注目を集めつつある気がします。
平等寺の紅葉の見所は何と言っても十三仏を彩る赤や黄のモミジたちではないでしょうか。
僕みたいにあまり信心深い人ではなくても思わず手を合わせたくなるような、そんな紅葉風景が広がっていました。
20191117115852.jpg

20191117121146.jpg


それから、平等寺の紅葉とセットで楽しみたいのが、輪島市の西慶寺です。
こちらの紅葉は、石川県の天然記念物に指定されている見事な一本木のヤマモミジ!
これほど大きな木の紅葉はあまり見たことがないので驚きましたね~。
20191117132424.jpg

20191117132529.jpg


ってなわけで、2019年紅葉シリーズ第2弾は、能登半島随一の紅葉名所、十三仏とのコラボが楽しめる平等寺と、スケールの大きな紅葉が楽しめる西慶寺の様子をお伝えします!
能登の紅葉もなかなか見応えがありますよ~。


2019年11月17日 石川県鳳珠郡能登町 平等寺


奥能登の「花の寺」「あじさい寺」として知られている平等寺というお寺。
これまで何度か紫陽花を見に行ったことがあるし、このブログにも記事を書いたことがありますが、実は花だけではなく秋の紅葉も綺麗なお寺なんだと知って、早速週末に向かってみることにしました。
時期は11月中旬で、例年金沢など北陸の市街地で紅葉がピークに差し掛かる頃ですが、今年はちょっと見頃が後ろにずれている気もしていて、奥能登では今頃がちょうどいい塩梅かなって思ってました。
のと里山海道を終点(能登空港IC)まで走り、空港の脇を通って珠洲方面へ向かうと、「モミジが見頃です」の幟が立っていました。
金沢から2時間ほど車を走らせて、ようやく着いた奥能登の名刹、平等寺。
20191117123716.jpg


山門をくぐった先の階段で、さっそく目に入ってくる鮮やかななモミジ。
これまで平等寺が紅葉のお寺というイメージがあまりなかったので、モミジに彩られら境内はちょっと意外でもありました。
20191117114904.jpg


前に紫陽花を見に来たのは3年前の夏でした。
そうそう、この階段、夏は左右が紫陽花で彩られてたっけ。
20191117123439.jpg



この日の天気は薄曇り。
青空はあまり見えませんでしたが、柔らかな日差しが注いでいて暖かくて、まずまずの紅葉狩り日和でしたね~。
20191117114947.jpg

20191117115006.jpg

20191117122159.jpg


足元にも散紅葉。
緑と赤の色のコントラストがイイですね。
20191117123246.jpg



夏に紫陽花を見に来た時には気が付かなかったのですが、境内の散策路には結構多くのカエデの木が植えられています。
その数はおよそ200本なんだとか。
いずれもまだ若い木なのか、他の紅葉名所に比べると木々の背が少し低いな~という印象を少し受けました。
平等寺のカエデは今はまだ成長段階で、この先木がさらに大きくなったら、もっともっと美しい紅葉が拝めるんでしょうね!
20191117121203.jpg

20191117115819.jpg

20191117121357.jpg

20191117122046.jpg



平等寺の紅葉の特徴は、境内に数ある十三仏と紅葉のコラボです。
仏像と紅葉って・・・なかなかシブいじゃないですか(笑)。
20191117115645.jpg


平等寺の散策路には十三仏(初七日から三十三回忌までの13回の追善供養を司る仏様・菩薩様の総称)の仏像が配置され、それらを拝んで散策するのがこのお寺の味わい方でもあるんですね。
仏像の傍らにカエデが植えられているケースが多くて、モミジの赤や黄がまるで仏像を彩るかのようでした。
しかし十三仏って言われても・・・正直顔と名前は全く出てきません(^^;
でもご安心ください、仏様が座っている台座にはちゃんとお名前が掲げられているので。
釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、薬師如来、弥勒菩薩・・・
なんだか聞いたことあるなぁって名前の仏様や菩薩様が次々と登場します。
20191117115402.jpg
(釈迦如来)

20191117115607.jpg
(文殊菩薩)

20191117115910.jpg
(普賢菩薩)

20191117120125.jpg
(弥勒菩薩)

20191117120442.jpg
(阿閦如来)

20191117115940.jpg
(地蔵菩薩)

20191117120154.jpg
(薬師如来)


仏様はみなさん、優しいお顔立ちをしています。
20191117120453.jpg

20191117121223.jpg



おっと、こちらは仏像じゃなくて、ニンゲン(笑)。
色づいたカエデの葉と触れ合えるのも、お寺の紅葉ならではです。
20191117123123.jpg


今回、平等寺を紅葉の一番ピークの時期に訪ねました。
でも観光客は少なくて、都会のお寺なんかと違って静かでゆったりと紅葉狩りを楽した気がします。
日常の喧騒から離れてこの静けさを味わえるのも、奥能登の紅葉名所のいいところだなぁと思いましたね。
20191117123032.jpg


石川県輪島市 西慶寺


平等寺から西へ車でおよそ40分、今度は輪島市門前にある西慶寺を訪ねました。
このお寺は何が有名かっていうと、境内にあるヤマモミジの巨木、これに尽きます!
駐車場に車を停めるや否や、すぐにその巨大な紅い一本木が目に飛び込んできたのですぐに分かりました。
いや~本当にご立派な木です!
20191117132612.jpg

20191117131752.jpg


まだ完全に紅葉しきっているワケじゃなくて、上のほうは少しだけ薄紅葉な感じもします。
全体的に見ると真っ赤ではなく、ちょっとオレンジっぽい感じ。
20191117132152.jpg



西慶寺のヤマモミジは樹高20m、樹齢500年、石川県最大級のヤマモミジと言われていて、県指定天然記念物でもあります。
木の傍らには、とにかく立派な木なんだということを伝える案内板も見られます。
お寺の庭園にあたる場所にあり、周りは綺麗に整えられていました。腰掛ける椅子もあります。
20191117131514.jpg


大きいから木から随分離れないと全体像を一枚に収められません(^^;。
これほどまでに大きくなるまでに500年の歳月をかけたわけです。
人間の一生の軽く6~7倍の長さをずっとこの地で倒れずに生きてきたんだから、素直に称賛したくなるよね。
また、これほど立派に育つことができたのは、木の生命力の強さだけでなく、代々このお寺を守ってきた人たちの木を大切にする想いもあったからなんじゃないかな。
大樹を見上げながらそう思いました。
20191117132516.jpg

20191117132534.jpg


大きく垂れ下がった枝と真っ赤に色づいた葉を内側から眺める。
巨木ならではの楽しみ方。
20191117132656.jpg

20191117131651.jpg


ってなワケで、西慶寺のヤマモミジの紅葉でした。
たった一本だけの紅葉ですが、いろんな光景を楽しむことができました。
このヤマモミジを語るときに、よく「一本で庭をなす」と言われるのですが、その理由が分かりました。
紅葉はもちろん見応えがあるのですが、青々と若葉が茂る初夏や、純白に包まれる冬もきっと楽しめるんじゃないかと思います。
また別の季節に来てみようかな。
20191117132829.jpg




<平等寺>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】200円
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
能登花の寺 十三仏とアジサイ寺 平等寺


<西慶寺>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】20分

【地図】
関連記事
スポンサーサイト



石川県 輪島市 能登町 紅葉 神社仏閣 日本庭園 能登半島

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/12/24 (Tue) 17:36 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

能登って紅葉のイメージはあまりないんですよね。
でも今回訪ねた平等寺はなかなかの見応えでした。
カエデの木がまだ若い感じだったので、これからもっと素晴らしい紅葉名所になりそうな予感です!

今回は記事にはしませんでしたが、輪島市門前の総持寺も紅葉が楽しめます。
でもこのお寺は2007年の能登半島地震の復旧作業がいまだに続いていて、境内はアチコチで工事中でしいた。
いち早い復活を心待ちにしています。

2019/12/21 (Sat) 18:28 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

奥能登の紅葉名所巡り お疲れ様でした。

奥能登といったら、夏のキリコ祭りを筆頭に白米千枚田や輪島の朝市に見附島のイメージが強かっただけに、こんなにも見事な紅葉スポットがあるなんてビックリしました。

さすがまっささんと絶賛しちゃうくらい北陸の紅葉スポットのセカイに終始驚きながら日記を読んでしまいました~(*'▽')♪

2019/12/15 (Sun) 21:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment