tag: 兼六園  1/4

金沢城石川門の桜景色(2021)/あまりにも早く訪れた桜花爛漫の季節!

2021年の桜は、全国各地であり得ないほど早くやってきてあっという間に走り去っていきましたよね。。。僕の住む石川県も明らかに異常に早く桜花爛漫の季節を迎えました。まだ4月に入ったばかりだというのに、すでに散り際を迎えようとしていた満開の金沢城石川門。なんとかギリギリ散る前に、美しい石川門と桜のコラボレーションを眺めることができました!憎き新型コロナがやってきてから2回目の春。1年前と状況はあまり変わっ...

  •  1
  •  0

ほどよく雪が積もった兼六園雪景色(2020大晦日)/やっぱり北陸の冬はこうでなくちゃネ!

すでに桜も散り始めようとしている4月に雪の記事を書くのもちょっと変な気がしますが(笑)。2021年シーズンの冬は、全国各地で記録的な大雪に見舞われたのは記憶に新しいと思います。私の住む金沢もそれなりに雪が降ったシーズンでしたが、幸い「記録的」「災害レベル」という言葉までは使う必要のない、中の上レベルの冬だったかな、という印象です。でも、降るときはかなりドカっと降りまして、直前の2シーズンが最深積雪7cm、...

  •  6
  •  0

初夏の兼六園と金沢城公園/緑が眩しく、カキツバタ咲き乱れる初夏の名園

兼六園はどの季節がオススメですか?よくそんなことを聞かれるのですが、春夏秋冬どの季節に訪れたって綺麗だと思うんです。ハズレはありません。僕個人が特に強くオススメしたいのは雪が積もった姿なんですが、雪に慣れていない人の場合はちょっと難しいかな。いっぽう、初夏の兼六園も写真好きにはたまりません!特に5月下旬から6月上旬にかけて、緑多い兼六園では、曲水に4万本のカキツバタが咲き乱れ、その景観は見事!経験則...

  •  2
  •  0

兼六園の雪景色(2018シーズン)/積雪30cm、大雪の後の日本庭園を歩く

2018年、あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします!今年一枚目の写真は、昨年12月の大雪の時に撮影した兼六園の雪景色。これを見なければ、冬が来た気がしないんですよね(^^)年明けの前になりますが、師走もおよそ半分が過ぎた週末、12月中頃にしては珍しく金沢の市街地で大雪となりました。僕は50cm以上積もらないと「大雪」とは表現したくないんですが、今回は午前中のわずかの時間で一気に30...

  •  7
  •  0

春が来た!弥生の兼六園散歩(2017)/梅の香りを楽しみながら冬の名残りを惜しむ

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園。四季折々の美しい日本庭園を楽しめるとあって、多くの観光客を集めています。兼六園と言えば冬の雪景色や春の桜景色、そして晩秋の紅葉が何かと話題になりますが、新幹線開業後は週末はほぼ例外なく賑わっていて、もはや兼六園にオフシーズンというものはないと言っても過言じゃないでしょうね。最近は和服で着飾って金沢を歩くのが若い女性の間ではブームっぽくなっていて、数年前では全く見か...

  •  9
  •  0

晩秋の兼六園で紅葉狩り散歩/兼六園の紅葉は今年も綺麗でした!

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園。四季折々美しい光景で魅せてくれますが、特に晩秋の紅葉期はライトアップやイベントが盛大に行われ、兼六園にとっては一年のうちでも一・二を争う賑やかな季節と言えます。ここ数年兼六園の紅葉を見ていなかったので、今年こそはと思っていたんですが、とある晩秋の週末、娘たちを連れて紅葉狩り散策してきました。兼六園の紅葉と言えば、赤く染まる木だけではなく、樹木に施された雪吊りも絵に...

  •  4
  •  0

金沢城と兼六園を彩る満開の桜(2016)/北陸三都桜名所めぐり(その2)

前記事で、富山イチバンのお花見名所、松川公園をお伝えしましたが、すぐさま金沢に戻り、その足で今度は金沢イチバンのお花見名所、金沢城公園と兼六園を訪ねました。ここには毎年桜を見に来ていますが、やっぱり何度見ても飽きないわ。地元だから贔屓目もあるかもしれませんが、やっぱり金沢城の桜サイコーです!ってなワケで、北陸三都桜名所めぐりの第2弾は、金沢城公園と兼六園です。(金沢城石川門)(特別名勝兼六園)今年...

  •  8
  •  0

兼六園に「雪吊り」が帰ってきた!晩秋の名園に冬の風物詩がお目見え

北陸の里もそろそろ紅葉が本格的に楽しめるようになってきました。金沢にある日本三名園の一つ兼六園も紅葉の名所ですが、園内の木々が真っ赤に染まるほんの少し前に、一つ先の季節である「冬」の風物詩がお目見えし、やがて紅葉と共演します。兼六園の冬の風物詩と言えば、誰が何と言おうと雪吊りです!実は、兼六園は二つ存在する。一つは雪吊りのある兼六園で、もう一つは雪吊りのない兼六園だ。(by 管理人)と偉人(え?)に...

  •  13
  •  0

夏の兼六園もなかなかいいね! 苔と青葉に包まれた緑深き名園

日本三名園のひとつ、金沢市の兼六園。兼六園の名前の由来は、宏大(こうだい)、幽邃(ゆうすい)、人力(じんりょく)、蒼古(そうこ)、水泉(すいせん)、眺望(ちょうぼう)の六つの「イイカンジ」を兼ね備えていることだと言われていますが、夏の兼六園に来てまず感じるのは、これら六勝のうちの「蒼古」です。夏は天気が崩れるとジメっとした感じがやや不快かもしれませんが、こういう時こそ名園の苔むした情景が似合う気が...

  •  2
  •  0

初夏の兼六園を彩る新緑と紅白のツツジたち/ゴールデンウィークの兼六園散策

木々の緑がイキイキとしはじめる初夏。この季節の日本三名園・兼六園は、ツツジ、カキツバタ、サツキなどの花が次々と咲いて、1年で一番カラフルな光景になります。GW後半のとある日、たまたま朝に時間ができたので、初夏の兼六園を訪ねてみました。新緑が眩しい時期ですが、ところどころ赤や白のツツジの花が彩りを添えていて、この時期らしい風情を味わえましたよ(^^)(霞ヶ池)(曲水)(ことじ灯籠)ゴールデンウィークの兼六...

  •  4
  •  0