03 2021

ほどよく雪が積もった兼六園雪景色(2020大晦日)/やっぱり北陸の冬はこうでなくちゃネ!

すでに桜も散り始めようとしている4月に雪の記事を書くのもちょっと変な気がしますが(笑)。

2021年シーズンの冬は、全国各地で記録的な大雪に見舞われたのは記憶に新しいと思います。
私の住む金沢もそれなりに雪が降ったシーズンでしたが、幸い「記録的」「災害レベル」という言葉までは使う必要のない、中の上レベルの冬だったかな、という印象です。
でも、降るときはかなりドカっと降りまして、直前の2シーズンが最深積雪7cm、3cmという致命的な少なさだったのに比べれば遥か斜め上を行く65cmの積雪に見舞われた日もありました。
下のアメダスの画像は、ちょうど金沢が今シーズン最も深く雪が積もった時のものです。
金沢で65cmというのは、温暖化・少雪が叫ばれている昨今ではかなり多い記録ですが、金沢以外の北陸県都が軽く1mを超えたのがセンセーショナル過ぎて、金沢の雪の多さはあまり語られなかった気がします。

hokuriku_heavysnow2020.png


金沢65cmも驚きですが、富山126cm・福井102cm。
富山や福井の人間に「雪大変だったよ~」なんて口が裂けても言えない冬でした。
それに、富山の人に「金沢は雪が少なくていいですよね~」なんて皮肉も言われたっけ。


さて前置きはこのくらいにしておきまして、本題に。
今冬最深の雪が降る10日ほど前、この冬初めてのマトモな雪景色がやってきました。
時は大晦日、まだ2020年のことです。
およそ3年ぶりに訪れた、北陸らしい雪景色。
是非、雪の似合う名園で楽しみましょう!


20201231093456.jpg

20201231095301.jpg


ってなワケで、今回の記事は金沢で久々に見られた冬らしい光景。
多すぎず少なすぎず、程よく雪の積もった兼六園の様子です。


2020年12月31日 石川県金沢市 兼六園


大晦日の金沢は、前日夜から降り続いた雪が程よく積もり、おおよそ10cmの新雪に包まれていました。
間もなく年越しを迎える非常に忙しない時でしたが、「今の雪景色を見逃がしたら次に見られる保証はない」という思いで慌てて兼六園に繰り出しました。
今思えばバカですよね、この10日後には「もういいっ」てくらいの雪を体験するんですがw
でも、2019年は7cm、2020年に至っては3cmという記録的に雪の少ない冬が連続したので、たった10cmの雪景色も非常に貴重に思えてならなかったのです。

大晦日の兼六園。朝の9時過ぎ。
さすがに観光客の姿はまばらでしたが、僕と同じように雪の積もった兼六園を一目見ようという人もチラホラいらっしゃいました。
ちなみに320円の入園料はこの日は無料。大晦日と正月三が日はどなたもタダで兼六園を楽しめます!
20201231102327.jpg


足元はちゃんと除雪がされています。
10cmほどの雪なら何の不自由なく園内を歩くことができますのでご安心を。
20201231093118.jpg


う~ん、やっぱり雪の兼六園いいね!
積雪があればいいってワケじゃない。
比較的少ない積雪でも、降った雪がまだ樹木にくっついていてまるで粉砂糖をふりかけたようなシーンがいいのです。
雪が止んでちょっと時間が経っちゃうと、すぐにハラハラと雪が地面に落ちちゃいますからね。
20201231093347.jpg


それにしても兼六園は久しぶりだ!
改めて振り返ってみると、前回僕が兼六園に来たのは2019年11月の紅葉ライトアップの時でした。
なので、実に1年以上も兼六園に来ていなかったことになります。
ホントはもう少し足繁く通って四季折々の名園の風景を楽しみたいところなんですけどね・・・特にこの年はコロナだなんだでなかなか出かけることも難しく、しばらくの間足が遠のいていました。


さて、入口から歩いて程なくして、早くも兼六園のクライマックス(笑)
ことじ灯籠と虹橋のお目見えです!
20201231093401.jpg


まるで絵葉書のような・・・はさすがに言い過ぎでしょうけど。
でもあまりにもここから見る景色が美しすぎて、きっとスマホだろうがコンデジだろうが、誰がシャッターを切ろうが、ため息の出る写真が撮れたハズだ(笑)
20201231093759.jpg

20201231093519.jpg



金沢の冬の風物詩、雪吊り
兼六園では毎年11月から3月にかけて、樹木の枝を重たい雪から守る雪吊りが施されます。
極度に雪が少なかった昨年と一昨年の冬はせっかくの雪吊りがほとんど機能することがなかったんじゃないかと思うのですが、今年は年を越す前に早くもバリバリ活躍中の様子でした。
兼六園の雪吊りの中で最もスケールの大きな唐崎松(からさきのまつ)。公式では「日本最大の雪吊り」と紹介されています。
この雪吊り群はたとえ雪がなくたって綺麗なんだけど、やっぱり雪がお似合いです。
20201231093906.jpg

20201231100411.jpg

20201231094957.jpg


僕が好きな雪吊りのシャッタースポットはこれ。
穏やかな日なら、霞ヶ池に映る「逆さ雪吊り」もバッチリ拝めます。
あと、年賀状用にこういうの1枚撮っておくのもいいんじゃないかと(^^)
20201231094315.jpg



数多くのシャッタースポットが存在する霞ヶ池。
兼六園の中で最も大きな池です。
運良く凛とした静かな朝に巡り合えれば、まるで水墨画のような名園の様子が鏡のように水面に映り、ダブルの絶景が楽しめるんです。
この日は若干水面が揺れて鏡にはなりませんでしたけどね。
20201231095149.jpg

20201231094850.jpg

20201231094718.jpg

20201231094746.jpg



雪が弱まって良かったなぁ~なんて思いながら歩いていたら、瞬く間に強く降りだす雪。
そして、雪が降ったかと思えば急に止んで青空が一部顔を出したり・・・。
この気まぐれ感が北陸の冬らしい。
20201231094338.jpg



園内をクネクネと曲がりながら流れる曲水も、雪をまとった姿が綺麗でした。
曲水の周りには桜の木が多く植えられていて、春には見事な薄紅色に包まれるのですが、雪桜って言うんですか、まるで白い花が咲いているかのような冬のシーンもなかなかオツなものです。
20201231095448.jpg

20201231095603.jpg

20201231100517.jpg



兼六園のモミジの名所でもある山崎山という小高い丘。
観光客がよく利用される兼六園の入口(桂坂口や真弓口)からは最も奥まったところにあって、そんなに人が多くなくてとても静かな場所です。
秋は丘のカエデが見事に染まって兼六園で一番の紅葉絶景が楽しめるスポットなんですが、雪が積もれば真っ白なセカイに。
紅葉期以外は比較的地味なスポットなんですが、雪が積もった時は是非足を運んでみてください。
20201231095909.jpg

20201231100059.jpg



最後に、雪をまとった金沢城石川門
多分、藩政期からこの景色はそこまで大きくは変わってないと思います。
今世紀に入り、金沢城公園は観光客に向けて結構整備されてきました。
五十間長屋を始めとする巨大な木造建築の再現や三御門の整備など、大型プロジェクトが何度も繰り返されました。
でも、なんだかんだ言って金沢城と言えばこの石川門なんですよね~、石川県民にとっては。
20201231102017.jpg

20201231102233.jpg



ってなワケで、冬の兼六園2020大晦日バージョンでした!
何度も繰り返し言うけれど、2019年と2020年の冬は、雪景色を撮りたい・楽しみたいという人にとっては絶望的なシーズンでした。
もう二度とマトモな雪景色は楽しめないのではないか、そんな今思うとバカみたいな不安を抱かざるを得ない冬が2年も続いたのですが、2021年のシーズンはちゃんと北陸らしい冬が戻ってきてくれて、ちょっと安心しましたね。
そりゃあ60cmを超える雪が積もるのは生活の面から言えばとてもしんどいんだけど、でも雪のない雨や曇りばかりの北陸の冬なんてちっとも面白くない。
北陸の冬は、雪が積もってナンボなんですよ。僕はそう思います。
20201231101756.jpg




<兼六園>
【駐車場】あり(有料)
【入場料とか】320円
【所要時間】50分

【地図】



【リンク】
兼六園めぐり
関連記事
スポンサーサイト



石川県 金沢市 日本庭園 雪景色 兼六園

6 Comments

まっさ  

>イーノさん

初めまして!コメントありがとうございます。
そしていつもご覧いただき、感謝しています(^^)

僕のカメラですが、そんなにいいものではないですよ(汗)。
もう10年以上前のモデルになるんですが、キヤノンのEOS 60Dってやつです。
今は90Dってモデルが後継機種としてラインナップされているそうです。

カメラやレンズは新しいのが欲しいんですけどね・・・
チビたちが成長してガッツリお金がかかる時期になったので、新しいカメラは当分お預けです(笑)。
今の機種が使えなくなるまで使い倒そうと思ってます!

2021/05/02 (Sun) 11:36 | EDIT | REPLY |   

イーノ  

初めまして!
まっささんの写真に影響されてカメラを始めてみようと思うのですが、まっささんが愛用しているカメラの機種が知りたいです!

2021/04/08 (Thu) 23:50 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

実はこの日兼六園を訪ねた時、「きっと雨降らしさんもこんな日は来ているんだろうな」と密かに思っていた私ですw
やっぱり来ていらっしゃってましたか!
ま、当然ですよね~。
兼六園を愛する人間は、この大晦日の雪こそ絶好のチャンスだと思うに違いないと思いました。
今年はもっともっとたくさんの雪が積もった日もありましたが、この程良く積雪した大晦日こそ今シーズンの最良のタイミングだったなと私は思うのです。

兼六園は雪があってナンボ。それは私も同意見です。
災害レベルの雪は困るけど、ほどよく積もって「綺麗だなぁ」と思えるレベルの雪は、将来もずっと降って欲しいと願っています。

2021/04/07 (Wed) 23:17 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

長らく沖縄で過ごされたぽてとぉ~さんにとって、この冬の65cmの積雪は結構堪えたかもしれませんね。
生まれてずっと金沢で過ごした僕でさえ、やっぱり雪かきでかなり体力使いましたよ(^^;。

少し昔までは50~60cmくらいの雪はごくごく当たり前だったんですが、ここ最近はそれくらい積もると災害レベルで報じられてしまいます。
それくらい、近年は雪が少なくなってしまいました。
多すぎる雪は困りものですが、でも北陸らしさを味わうには、ほどほどに雪が積もることも大事なんじゃないかなって思います。

雪かきは大変です。
でも、体を鍛えるトレーニングだと思えば結構楽しく雪かきできますよ。
頑張ってくださいね!w

2021/04/07 (Wed) 23:08 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

既に昨日の事もろくに覚えていない今日この頃ごろごろ・・・
大晦日な何してたんだっけか~?
と自分の行動を調べてみたら
やっぱり、兼六園だった。

ひょっとしたらすれ違っていたかもしれませんね~。
この時は「いい雪景色だ~」なんて、撮影してましたが
この後、約3週間後に地獄を見るとは思いませんでしたよ(;_;)

でも、やっぱり兼六園は雪があってなんぼですね。

2021/04/05 (Mon) 22:15 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

まるで水墨画のような美しい兼六園の景色に思わずため息がこぼれちゃいました。

今年の雪景色は、わたしにとっても初めての経験で、こんなに雪が積もるんだとただただ唖然としてしまいました。

北陸に引っ越してきて初めての雪かき、本当に腰にきましたー(´;ω;`)

2021/04/04 (Sun) 20:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment