-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2012

2012 輪島大祭 ~奥能登の晩夏の一大風物詩~

総漆塗りの豪華なキリコが練り歩く。
今回の記事は奥能登の夏の終わりを告げる風物詩、「輪島大祭」です。
夜の街でキリコが織りなす美しさと迫力を「体感」してまいりました。
この輪島大祭が終わるとともに、夏の終わりを間近に感じるものです。

輪島大祭 キリコの行列

輪島大祭 太鼓をたたく子供たち



2012年08月23日 石川県輪島市 河井町


先日、「珠洲市宝立七夕キリコ祭り」を間近で眺めたことから、すっかり能登のキリコに魅了されてしまいました!
今回もキリコ祭りの様子ですが、舞台は珠洲よりもちょっぴり近い輪島です。
以前からこの輪島大祭を「見に行けたらいいな」と思っていたのですが、その願いがようやく実現しました。

職場を出たのは18時過ぎ。
珍しく「定時ダッシュ」を決めて能登有料をかっ飛ばし、輪島には20時に到着しました。
すでにキリコが街を練り歩き、神社に集結しようとしていました。
目立っていたピンクのキリコ(輪島大祭にて)

輪島大祭 総漆塗の豪華なキリコ


ここらで輪島大祭について簡単にご説明しときましょう(^^)。
能登半島には大小様々なキリコ祭りがあり、その数はおよそ200と言われているらしく、夏の間は毎週どこかで必ずやっていると言っても過言ではないそうです。
すごいですね~!

その中でも輪島大祭は有名で、数多くある能登のキリコまつりの中でも規模が大きなものとして知られています。
8月22日から25日までの4日間にまたがって、市内の4つの地域(河井町、海士町、鳳至町、輪島崎町)でそれぞれ独自のお祭りが行われ、その総称を「輪島大祭」と呼ぶそうです。

なんでも、舳倉島(ヘグラジマ・輪島市の北方約50kmに浮かぶ小さな島)の女神と輪島の男神が松明の灯りを目印にして一年に一度会うという、七夕の織姫彦星伝説にも似たシチュエーションをこのお祭りで演じているそうですよ。
今回は23日に行われた河井地区の「重蔵神社大祭」を見てきました。
この日は、同じく輪島大祭の一つ、「奥津比咩神社大祭」の「おみこし入水神事」も行われたそうですが、こちらは夕刻の行事なのであいにく時間は合いませんでした(^^;

ちなみに、祭りのピークの時間帯に合わせて向かいましたが、車は輪島市役所前の広い駐車場(無料)にラクラク止めることができました(週末だと様子は違うかも!?)。
駐車場から祭り会場へのアクセスは、太鼓の鳴る方へ徒歩20分ほど。
迷うことはまずないでしょう。


キリコは河井町の各地区から集まり、その数は20基を超えるそうです。
一度重蔵神社に集結し、そこでとにかくドンジャラドンジャラ賑やかに太鼓の乱打が行われます。
たくさんのキリコが集まって太鼓を打ち鳴らすシーンは見応えあり!
輪島大祭 キリコが重蔵神社に集結

輪島大祭 キリコが重蔵神社に集結



それにしても神社前はすごい人の数です。
ちなみに、今回のお祭りの写真は、大半が三脚を使用していません(^^;。
少しブレた感じの写真が多いですが、勘弁してください。
だって、人混みの中で三脚ってのはすごく動きにくいし、そもそもカメラを頭よりも上に持ち上げて撮らないとキリコが写らない。
それくらい、人が多かったんです。
賑わう輪島大祭 重蔵神社にて


小さな子供たちも積極的に祭りに参加し、子供とは思えない大人顔負けの太鼓演奏を繰り広げていました。
次の時代のキリコ祭りを担うホープですね。
輪島大祭 太鼓を叩く子供たち

輪島大祭 太鼓を叩く子供たち


おばあちゃんに法被を直してもらって、いざ出陣?
輪島大祭 おばあちゃんと子供



さて、キリコの行列はいよいよ神社を出て、近くの海岸の広場へ向かいます。
その間もずっと太鼓の音が鳴り響きます。
一瞬たりとも静まることのない、賑やかなお祭りです。
輪島は普段はとても静かな街なんですけどね、ほんと盛り上がってます。
輪島大祭 輪島市街でキリコの大移動


街路樹のサルスベリ(百日紅)がキリコを見守ります。
輪島大祭 キリコを見守るサルスベリの花


祭りはクライマックスの「松明神事」に移ります。
大きな広場に立つ松明に火が灯され、そのまわりに集まった若者たちの目前で火の粉を散らしながら松明が倒されるというもの!
しかも松明の上には「御幣」という、神様のお祓いを受けた何かしらが3本刺さっていて、倒れて火に包まれた松明からこの御幣を奪い合うというもの!
ん~、なんとも危険な香りのする、夏らしい祭りです。

こちらが火が灯される松明。
着火される瞬間をみんな待っています。
輪島大祭のクライマックスを飾る松明


松明神事の会場に、全てのキリコが集結。
これも見応えあるシーンでした。
輪島大祭「松明神事」前 全てのキリコが集結


かわいらしい子供キリコも到着しました。
時刻はすでに23時前。
みんな眠くならなかった?
輪島大祭 元気いっぱいの「こどもキリコ」



いよいよ松明に火が灯されました!
固唾をのんで、松明が倒れてくるのを待ちます。

輪島大祭 いよいよ松明に点火



うわ!
いきなり倒れやがった!
こんなに早いのかああああ!!!


実は松明に近づこうと歩いているときに、いきなり「ワー」という歓声を聞き、慌ててシャッターを切ったんですが、松明はすでに地面に倒れた直後。
その瞬間、ものすごい火柱が上がり、さらに「御幣」を取りに行こうと駆け出した男たちのすごい声が聞こえてきました。
何が起こったのが一瞬わからなくなりました。
ただ言えるのは、熱い。
火が熱い!
ってか、すごいぞこの祭りは。
輪島大祭 倒れた松明と火柱

輪島大祭 倒れた松明と走る男たち


パチンパチンと弾けながら、みるみる松明が燃えていきました。
輪島大祭 倒れた松明



最後は、消防の方が消火器で火を消し、松明神事は(多分大きな怪我をする人もなく)終了。
最後、立ち込める白煙の中、沢山のキリコが並ぶシーンがこの祭りでは一番感動的だったかもしれません。
幻想的!キリコに白煙立ち込めて(輪島大祭にて)



この後駐車場に戻りましたが、日付が変わっても太鼓の音が響いていました。
こうして、23日に行われた輪島大祭の「重蔵神社大祭」が終わりました。

輪島が輪島じゃないみたいに賑やかで活気に満ちた夜でした。
それにしても、こういうお祭りをふるさとに持っている人たちって、羨ましい限りです。
能登のキリコ祭りをいつまでも守ってほしいと思いました。

輪島大祭は、この後も8月25日まで開催されています。



【リンク】
キリコ祭 キリコの灯 -のとネット-
輪島大祭 -輪島市観光協会-


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

- 8 Comments

ぼうず鹿  

初めて書き込みます。

まっささん。初めまして。
写真のピンクのキリコ(桜をあしらったヤツ)で主に囃子方(太鼓と笛)をやっていた者です。
我々の会のキリコをキレイに撮って頂いてありがとうございます。
下手な動画よりよっぽど大祭の雰囲気が出てて、去年のことを思い出させてくれます。
県外の知人に輪島大祭を説明する際に、勝手にこのページをよく紹介させて頂いてます。
そのくらい地元民から見てもよく撮れていると思います。
桜をあしらったキリコはおそらく今年で見納めになると思いますので、お時間とご都合と体力?の許す限り、是非今年も輪島大祭にお越し下さい。
お待ちしてます(^^)



2013/04/20 (Sat) 21:41 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/08/30 (Thu) 12:10 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>sawaさん

こんばんは♪
sawaさん、コメントThanks!
ぶっちゃけ、ちょっと恥ずかしい(笑)。

輪島大祭の次の日はムチャクチャ眠くて眠くて・・・。
次の日は久しぶりにデスクで気を失うくらいでした。
もうこの歳になると徹夜はダメかも・・・。
もし仕事もせずにカクンカクンする「まっさ」に気が付いたら、ひっぱたいて!(爆)

能登のお祭りにこれほど興味を持ったのは今年が最初。
自分も石川県人だけど、キリコ祭りは名前しか聞いたことがなくて、さほど興味も示しませんでしたが・・・
モヨモヨのスピーチが僕を変えました。
能登のキリコって、ホント見ていて楽しいですよ。
興味が出てきたなら、是非見に行ってみてください。

そうそう、今日・明日と志賀町富来の「八朔まつり」ってのをやってるみたいだけど、肉体的に疲れ果てちゃって見に行けなかったです。
今頃はヤンチャに盛り上がっているだろうなぁ。

「腕がいい」なんてとんでもない(^^;。
でも、ありがとうございます☆

2012/08/25 (Sat) 18:58 | EDIT | REPLY |   

sawa  

こんばんわ

毎回、まっささんの情熱と行動力には驚かされます。
徹夜も厭わないブログ更新には、我が目を疑うことも・・・(笑)

さて、石川県人ですが、能登のお祭りには行ったことがないことに気づきました。
キリコ祭り、写真でも十二分に伝わってくる力強くて華やかなお祭りですね!!! 
(まっささんの腕がいいから?)
ちょっと興味が出できました。(o^∇^o)ノ

2012/08/25 (Sat) 18:37 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

さすがに・・・体の負担はハンパなかったです(^^;
昨日(金曜日)は家に着いた瞬間に眠り、今日の昼前まで寝てましたから(笑)。
食事ですが、輪島大祭は輪島に着いたのがちょうど祭りのピークで、食べてる暇はなく・・・
夕食を食べたのは朝日が出た後でした(爆)。

キリコに高価な漆をふんだんに使うことからして、輪島の人の気合いの入れ方ってのがうかがえます。
漆職人も、お金がどうこうって話は抜きにして、自分の技が祭りのキリコに使われることを誇りに思っているんじゃないかと思います。

「越中強盗 加賀乞食 能登は優しや土までも」
と言います。
この手の言葉は実はいっぱいありまして、「越前詐欺・若狭馬鹿」なんてのも加わり、北陸の地域性・県民性をややシニカルに表しています。
そんな中で、能登だけはとてもいい扱い(笑)。
まぁほんの少し旅をしただけでも、そのことはすごくわかるんですよね。

今日は体を休める日ということで、ぐーたらぐーたら過ごしています。
月・火は夏休み後半戦ですが、そろそろ秋らしくなってくるかと思いきや、猛暑の予報もあり。
ま、そのほうが夏らしくていいのかも(笑)。

2012/08/25 (Sat) 17:25 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

こんばんは

…タフすぎですって。
仕事終えてから移動…ってのはともかく、夜明けまでブログ更新して、そのまま仕事?
毎度気になるのはちゃんと飯食ってるのか(なにしろ料理人なんで(笑))
だんだん、やんちゃな弟を見てる気分になってきました(爆)

そういえば、今日は旧暦の7月7日。
七夕は元々中国の行事だと思いましたが、この祭りの由来に思わず納得です。
輪島塗のキリコ…料亭で使う漆器の値段を思い出すにつけ、一体どれだけの価値があるのか想像だに怖かったりして(^^;)
金銭的価値もさることながら、そのキリコにこめられた熱い思いは数字に変換は出来ないもんね。
素晴らしい祭りです。

『能登はやさしや土までも』…暮らす人々の思いをすべて抱きとめ、旅人を迎え入れるやさしさですね。

ところで。
南砺城端の向日葵畑、小さな太陽系が集まってるみたいに見えました。
夏秋同居、しばらく続きそうですね。

2012/08/24 (Fri) 23:50 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

Re: こんにちわ♪

こんにちは♪
石川県民の私ですが、輪島塗の相場がイマイチ分かってないんですよね。
値が張るというのはなんとなく知っていますが、そんなに高いものなんですか?
小さなお椀や箸でも高価なのに、デカいキリコだといったいいくらかけてるんでしょうね・・・。

輪島大祭、なかなか良かったです。
能登は海にグルっと囲まれてるので、海と触れ合う祭りも多いそうです。
それに、海の男の祭りってかなりワイルドで見ごたえあるんですよね(^^)

湘南にも神輿で海に入っていくような有名な祭りがあったと思います。
あれも一度見てみたいなぁ。
人の数はこちらの比じゃないでしょうね(^^;

いつもありがとうございます☆

2012/08/24 (Fri) 13:11 | EDIT | REPLY |   

カシオペア  

こんにちわ♪

漆塗りのキリコ、輪島塗ですよね…何と贅沢な…(^^)
私は塗り物が好きですが、輪島だけは高過ぎて手が出ません。
でも見ているだけでも優雅な気分になれますね。

そしてお祭りも大好きで、見ているとワクワクします(^^♪
昨日も江ノ島でチビッコが神輿を担いでいました~楽しそうでしたよ~(^^)

応援ポチッ☆

2012/08/24 (Fri) 09:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。