-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2012

2012年お盆の旅(終) ~倉敷美観地区と神戸の夜景~

<お盆の旅全4シリーズはこちらから>
(1)錦帯橋・広島原爆ドーム夜景
(2)大和ミュージアム・しまなみ海道・松山城
(3)岡山後楽園ライトアップ「幻想庭園」
(4)倉敷美観地区・神戸港夜景

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


2012年お盆の旅もいよいよ最終日となりました。
せっかく岡山県にいるので、もう一つ行ってみたい場所がありました。
岡山県と言えば、後楽園よりもこちらがメジャーだったりするのかな、倉敷市です。


2012年08月14日 岡山県倉敷市 美観地区


倉敷と言えば、ちょっと地理をかじったことがある人なら知っている「水島コンビナート」がある街ですが、その対極をなす昔ながらの落ち着いた街、「倉敷美観地区」も有名ですね。
今まで一度も見たことがなかったので、楽しみにしていたスポットです。
道中激しい雨に降られましたが、倉敷に着いた頃には雨が止み、非常に蒸し暑い中の散策となりました。

(倉敷川の中橋より、倉敷考古館を眺めて)
倉敷市美観地区 中橋と倉敷考古館

あまりにもメジャーすぎる観光地ですよね。
この「美観地区」については今更説明するまでもないと思います。
倉敷川に沿って、白壁なまこ壁の家屋や蔵が建ち並び、柳の並木とともに独特な景観を作り出しています。
国の「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されています。
地元金沢市で言えば、ひがし茶屋街・主計町茶屋街・卯辰山麓寺院群がそれに該当するかな。

風一つなく、柳も水面もピタっと止まった、そんな倉敷川畔です。
夏だから、とにかく柳の緑が鮮やか。
倉敷美観地区 倉敷川と柳の並木


さて、ガイドブックでは倉敷の古い町並みを必ず「美観地区」と呼んでいますよね。
その影響が強いからか、「美観地区と言えば倉敷」、とずっと思い込んでいました。
あたかも倉敷にある一区画を指す固有名詞であるかのように・・・。

しかし今になって、この美観地区という言葉が一般名詞であることを知りました(^^;。
要するに、法や条例によって様々な規制をかけた上で、美しい均整のとれた景観を守っていく地区、というのが「美観地区」らしいですね。
知らなかったの、自分だけ?(笑)

さて、いくつか川畔の景色を載せていきます。

「倉敷川舟流し」の小さな舟が停泊していました。
これに乗って川面から町を見上げるのも面白いかもね。
残念ながら、この舟が動いているシーンは見ることができませんでした。
倉敷市美観地区 倉敷川に浮かぶ船

倉敷市美観地区 倉敷川に浮かぶ船


白壁の古い建物と柳の緑が、見事にマッチ。
倉敷美観地区 白壁の建物と柳並木

倉敷美観地区 白壁の建物と柳並木

倉敷美観地区 白壁の建物と柳並木

倉敷美観地区 白壁の建物と柳並木

倉敷美観地区 白壁の建物と柳並木


右手の建物は「倉敷館」というそうです。
それにしても、柳が濃すぎて対岸の建物がよく見えませんね(^^;
倉敷美観地区 倉敷館


町並みが美しいのは、倉敷川畔だけではありません。
かなり広い範囲にわたって、落ち着いた町並みが広がっていました。
倉敷美観地区

倉敷美観地区 街道沿いの土産物屋

非常に狭い路地。
う~ん、これはなかなか見られない光景だ!
倉敷美観地区


ってなわけで、思う存分倉敷を歩けました。
大原美術館はどうしたって?
そんなん知らんがな(笑)。

後は金沢へ帰るだけ(^^)。
まだお昼過ぎだし、ゆっくり金沢へ戻れるぞ!

お昼ご飯は近くの定食屋でままかりなんかを食べまして、お土産屋などを回って、14時過ぎにさて帰るぞと気合いを入れて車へ。
ちなみに、岡山・倉敷から金沢へは、京阪神の渋滞回避で舞鶴若狭道を使ってだいたい6~7時間。
今から帰れば夕食タイムには着くことができます。
明日は仕事だからゆっくり休まないといけないし・・・

と思ってたら、お義母さんが一言。

「岡山っちゃ、他に見るとこないがけ!?」(生粋の富山弁)

私『帰り道には見当たらないんすワ、姫路城でも行く?』

そして嫁が一言。

「そうや、神戸に行かん?」

こ、この人たちは・・・。
頭の中の帰着予定時刻の針がどんどん回っていくのを感じました。


2012年08月14日 兵庫県神戸市中央区 南京町・神戸港


さて、嫁の鶴の一声で神戸行きが決定。
もう明日のことは考えん。行ってやろうじゃないの、神戸!

山陽道は神戸付近で12kmの渋滞。
それを避けるため、姫路から下道、というか、しっかり整備されたバイパス群をひた走って神戸に着いたのが19時でした。

夕食は金沢ではなく、神戸(^^;。

神戸 南京町中華街の夜

倉敷の美観地区の余韻も吹っ飛ぶ、雑多な中華街。
そうそう、日本の三大中華街の一つがこの神戸の南京町です。
ここには何度か来たことがありますが、いずれも昼間でした。
夜の中華街は、飲食店のネオンが華やかで、昼間とはずいぶん違った「顔」をしていますね。

神戸と言えば、異人館に代表される洗練されたシャレた都というイメージです。
でも港町だから、いろんな文化が入り乱れているんですよね。
この南京町は、とても神戸らしくない雰囲気だけど、ある意味国際都市神戸らしい表情を持っています。
夕食は中華街でしたが、いや~、高かった(T_T)
神戸 南京町中華街の夜

神戸 南京町中華街の夜


お腹がいっぱいになったところで、帰ると思います?
いやいや、私だって神戸で行きたいところはある。
一度、「いかにも港町な夜景」ってな写真を撮りたかったんですよね。
ここは神戸。日本三大美港であり、日本三大旅客港。
いい夜景があるはずです。

たまたま南京町のすぐそばに夜景の名所がありまして、帰宅が遅くなるのを覚悟の上で寄ってみました。
憧れの神戸の夜景。
六甲山からの夜景はすでにクリアしているのですが、ポートタワーとメリケンパークを眺めるこの場所からの夜の光景は、「もしかしてこの旅で一番綺麗な写真が撮れたのでは?」と思うくらい、満足なものでした。
神戸港の夜景 神戸ポートタワーとともに

神戸港の夜景 神戸ポートタワーとともに

夜景を見終わったのは22時。
これより深夜の高速を爆走しまして、金沢の自宅に着いたのは翌2時半でした。

今回のお盆の旅、いろいろありました。

錦帯橋での水遊びに始まり、広島では原爆ドームや戦艦大和など戦時の日本を強く意識させられ、しまなみ海道では瀬戸内海の雄大な空と海を体感し、松江・岡山・倉敷では古き良き日本に触れ、最後は神戸で今の日本の姿を夜の光を通して見ることができました。

3日間の走行距離はおよそ1800km。
「錦帯橋」「1泊目広島」「2泊目岡山」の3点のみの縛り以外は、すべてその場の思いつきでの行動だったような気がします(^^;。
なんて無謀な・・・と思われるかもしれませんが、これが私の旅のスタイル。
予定がないのが結構楽しいんですよ(笑)。
お金も体力もかなり使ってしまいましたが、北陸にいては決して見ることができない風景や光景を、何より子供たちと一緒に楽しむことができたのが大きな収穫です。

以上、計4回にわたって、中四国の旅日記をお伝えしてきました。
季節はそろそろ夏から秋へ。
秋もいろんな場所が僕を誘惑します。
さて、次はどこへ行こうかな。


最後に、オマケで今年の冬に六甲山へ行ったときの阪神の夜景です。
今回はさすがに寄り道する時間はなかった。
道中はいろんな「三大もの」を見てきましたが、三大夜景も見て回りたいものです。

(2012年01月08日撮影 六甲山からの大阪方面の夜景)
六甲山からの夜景 大阪方面

(2012年01月08日撮影 六甲山からの神戸三宮方面の夜景)
六甲山からの夜景 三宮方面


【旅程】
岡山市→(国道2号)→倉敷美観地区

倉敷美観地区→玉野市(「コロプラ」の地域GETのため)→(国道30号)→岡山市内→岡山IC→(山陽自動車道)→山陽姫路西IC→(国道29号姫路西バイパス)→太子上太田IC→(国道2号太子龍野バイパス・姫路バイパス・加古川バイパス)→明石西IC→(第二神明道路)→井川谷JCT→(阪神高速7号北神戸線)→白川JCT→(阪神高速31号神戸山手線)→湊川JCT→(阪神高速3号神戸線)→柳原ランプ→神戸市元町

神戸市元町→柳原ランプ→(阪神高速3号神戸線)→湊川JCT→(阪神高速31号神戸山手線)→白川JCT→(阪神高速7号北神戸線)→有馬口JCT→(六甲北有料道路)→神戸三田IC→(中国自動車道)→吉川JCT→(舞鶴若狭自動車道)→小浜IC→(国道27号)→敦賀IC→(北陸自動車道)→金沢市


【ウェザーリポートタイトル】
・汗を拭き拭き美観地区
・港町 ウォーターフロント

<お盆の旅全4シリーズはこちらから>
(1)錦帯橋・広島原爆ドーム夜景
(2)大和ミュージアム・しまなみ海道・松山城
(3)岡山後楽園ライトアップ「幻想庭園」
(4)倉敷美観地区・神戸港夜景


いつも応援ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。よろしければポチ☆お願いします。

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

倉敷 美観地区 神戸 中華街 南京町 夜景 ポートタワー 港町

- 6 Comments

まっさ  

>eccoさん

こんにちは♪
今年のお盆、確かに天気はイマイチだったんですよね。
直前の予報では日本全国見事に「雨」。
でも、蓋を開けてみると雨は少しは降りましたがほとんどが薄曇り程度。
写真的には不満な空だったけど、雨に打たれずに済んだだけでもラッキーだったかな~。
ってか、蒸し暑くてたまらんかった(^^;

ほぉ、eccoさんも同じ旅を?
11年前って言うと・・・自分は23・・・あ、同い年でしたね(笑)。
しまなみ海道ドライブは良かったけど、難点は「撮れない」ということ。
様々な形の橋や美しい瀬戸内の海を撮る場合は、車よりも自転車が断然イイと思いました。
ただし、全部回ると最速でも丸一日かかりそうですね。
あそこは車で1時間ほどで走り抜けるよりも、まったりと、自由に、自分の足で旅するのがいい。
なんだかもう一回しまなみ海道に行きたくなってきました。
自転車でね(^^)。

今回の旅は断腸の思いで「花絶景」を外しました。
↑実はコレ、嫁さんには一番ウケがよくないジャンル・・・特に夏場は。
その代わり、女性が比較的好むルート(岩国・広島・松山・倉敷・神戸)を沢山採り入れたので、
家族ウケは良かったかなと思います(^^;
今度は思いっきり趣味をメインにした旅をしたいです。
その場合は、一人で行かなきゃなぁ・・・。

2012/08/22 (Wed) 11:35 | EDIT | REPLY |   

ecco  

いまさらながら…(^^;

こんにちは♪
いまさらながら、こちらにコメントさせていただきますね。

「お盆の旅 全4シリーズ」
写真と、いつもの軽快な文章で大いに楽しませていただきました♪
私の今年のお盆と言えば…、訳あって家を留守にしていた母に代わり実家で過ごしました。
お天気も、何だかイマイチでしたよね。(´・_・`)

中国・四国と言えば、私も23の時(もう11年前になるんだぁ…)に一人旅をしたことがあります。
その時の思い出と重ねながら、懐かしく読ませていただきました♪
山口・兵庫を除いた旅程がよく似ていたので、ちょっとビックリしたんですよ。(笑)
簡単に書くと、広島(平和記念公園・宮島・尾道)→愛媛(今治)→岡山(岡山城・後楽園・倉敷美観地区)
ってな行程です。尾道~今治間のしまなみ海道を自転車で走破しようという計画も立てていたんですが、
悪天候のため敢え無く断念することに… そんな思い出もあります。(^_^)
瀬戸内の豊かな自然がギュッと詰まった景色、また見てみたくなりました。

長い道のり。しかも、お盆休み真っ只中に車で移動とは… 恐れ入りました。
家族旅行ということで、自分の趣味に時間を割けない場面も多かっただろうに、
上手にやりくりされているところが「さすがだなぁ~」と思いました。
息子さんにとっては、間違いなく「夏休み一番の思い出」になったでしょうね。
まだ小さな娘さんには、記憶に残らなくても 家族と楽しい時間を過ごした温かい感覚を味わえたはず。

道中、本当にお疲れさまでした。
こうして色んな場所を一緒に旅しているような気分にさせてもらえるのも、ブログならではですね。
季節は徐々に夏から秋へ向かっています。
空の色や風の匂いが、ここ数日 秋めいてきたように感じます。
早くも秋の景色を思い浮かべて、ウキウキしてしまうこの頃です♪ (*´∀`*)

2012/08/21 (Tue) 16:37 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>カシオペアさん

初めまして♪
お立ち寄り、ありがとうございます。
私も倉敷は初めてでして、結構広範囲にああいう落ち着いた風情のある町並みが広がっていて驚きました。
金沢にも古い町並みはありますが、もっとこぢんまりとしていますからね。

そちらは鎌倉・湘南が本拠地かな?
金沢からは結構距離がありまして、まだゆっくり訪ねたことがありません。
是非いつか、撮影の旅に行きたいと思っています。

これからもよろしくお願いします(^^)

> ブログランキングからやって来ました。
>
> 倉敷美観地区の佇まい、何とも言えませんね~この様な街並みが好きなんです(^^)
> 此処は私も行こうとしていますが、なかなか機会が無くて…
> 神戸の夜景もナイスです\(^o^)/
>
> 又お邪魔しますね~応援ポチッ☆

2012/08/19 (Sun) 23:14 | EDIT | REPLY |   

カシオペア  

初めまして

ブログランキングからやって来ました。

倉敷美観地区の佇まい、何とも言えませんね~この様な街並みが好きなんです(^^)
此処は私も行こうとしていますが、なかなか機会が無くて…
神戸の夜景もナイスです\(^o^)/

又お邪魔しますね~応援ポチッ☆

2012/08/19 (Sun) 09:43 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

普段は清水や静岡、政令指定都市のリポートを見ているから、
自分なんかよりよっぽど都会人って感じがしてたんですよね。
蒼天さんの故郷、飯南町頓原ってのを検索してみると・・・

「頓原天然炭酸温泉」ってのが出てきた。
「ラムネ銀泉」とも言われていますが、これは気になる。
もしかして、浸かると炭酸ジュースみたいにシュワシュワするの??
うちのチビが湯につかるのが大好きで、炭酸温泉だと喜ぶかもしれません。
旅の途中に立ち寄ると、疲れも癒えるかな。

で、それぐらいしかHITしないのがある意味すごい(爆)。
もっともっと、頓原の情報を発信しないといけませんよ!

小僧くんとバイクを並べて走りに来るってことは、早くてだいたい17~18年後ですね。
その頃にはうちの娘も年頃だけど、ちゃんと家にいるのかなぁ(汗)。
まぁ何らかの手段で連絡くださいな。
お茶ぐらいは用意できると思いますから(笑)。

秋が近づいています。
このところの不安定さも、もしかして夏と秋が激しくぶつかりあっているのではと思うこのごろ。
次の旅は全く予定がありませんが、またいつものごとく「ヒョコっと」富士山麓に現れたりしますんで、よろしく!(^^)v

2012/08/18 (Sat) 22:26 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

お疲れ様でした(笑)

こんばんは(←ある意味再び)

もう終わっちゃった…ってのが正直な感想。
読み返しても飽きないもん(笑)
それだけ、西の風景に飢えてたってのもあるし、どこも『バイク日帰りコース』だからさ。
懐かしくて。

その上、楽しんでるのがありありわかるテンポのよさ。
わけあって現在ヒマを持て余しているんですが、存分に楽しませていただきました。

ところで。
飯南の長閑さなんて序の口。
実家のある頓原あたりはもう…なんと申しましょうか(笑)
清水が都会に思えるくらいだもんな~やっぱり、日本の町は港から開けていったんだろうね。
神戸・横浜には及ばなくとも、清水も外へ意識が向いてる。

いつか、太陽が丘へバイク並べて走りますよ。
あのメタセ並木、絶対に撮りに行きます。

次の旅、楽しみだね。

2012/08/18 (Sat) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。