17 2012

岡山後楽園 「幻想庭園」という光の演出/お盆の夜 三名園の優雅なライトアップ

2012年お盆の旅、2日目。
この日は朝の広島・呉から始まり、尾道からしまなみ海道を走って四国に上陸。さらに愛媛県の松山城を散策し、そこからまた来た道を戻るように東へ進みました。
当初、徳島市の阿波踊りを何としても観に行こうと思っていたのですが、松山市を出たのが夕方18時過ぎだったので、さすがにもう遅いだろうと思って断念。
だいたいこの日は岡山で宿泊の予定なのに、徳島へ行こうと本気で思った自分ってバカ!?(笑)

しかしまぁ、松山から直でホテルに帰っちゃうのはあまりにも勿体ないので、どこかへは寄ろう。
何かイベントはないかと調べてみると・・・
日本三名園の「岡山後楽園」で素晴らしいイベントをやっているではないか!
金沢に住み、小さな頃から兼六園に親しんできた僕にとって、同じ日本三名園に数えられる後楽園はずっとずっと行ってみたかった憧れの観光地なのです!
ならば今宵、行ってやろうではないか!
しかも「幻想庭園」という、特別な光の演出の日に!

岡山後楽園のライトアップ「幻想庭園」


2012年08月13日 岡山県岡山市北区 岡山後楽園


岡山後楽園は、金沢の兼六園、水戸の偕楽園と並ぶ言わずと知れた「日本三名園」のひとつ。
兼六園と同じく、国の特別名勝に指定されていて、日本を代表する美しい日本庭園として内外に知られています。
「後楽園」と言えば、関東方面の人なら東京の「小石川後楽園」を真っ先に思い浮かべるかもしれませんね。小石川後楽園も確かに日本を代表する特別名勝庭園ではあるんですが、やはり日本三名園の岡山後楽園にはかないっこないと思ってる。
後楽園と言えば、やっぱり岡山なのだ!

という持論は置いといて・・・
岡山後楽園では、毎年夏の期間、お盆の頃まで夜間特別開園が行われ、ライトアップが施されるとのこと。
その名も「幻想庭園」と呼ばれ、2012年は7月28日から8月15日まで連夜幻想的な光の和の世界を醸し出していたそうですよ。
特に期間中の満月の日(2012年は8月2日)は、大勢の観光客で賑わったそうです。だって、後楽園と言えば雪月花のうちの「月」を担当する名園ですからね!

そんな名園ライトアップを是非この目で見ようと思い、松山からおよそ190kmを走り倒しました。
途中瀬戸大橋を渡りましたが、そんなものには目もくれず。
家族には「どうせ間に合わないって」とさんざんイヤミを言われ続けながらも頑張って走った結果、なんと閉門5分前の20時55分に後楽園に到着!
ライトアップ終了が21時半なので、撮影が許された時間はわずか30分と少なかったのが心残りです。

足元ではゆらゆらと炎が揺れ、池にそって光の曲線を描いています。
ライトアップされた園内の木々と岡山城天守閣が、漆黒の空に浮かび上がっています。
それらが静かな池に映っています。
後楽園に入った直後から、その幻想的な世界に引き込まれてしまいました。
岡山後楽園 幻想庭園



実は後楽園については予備知識も何もありませんでした。なんせ生まれて初めて訪れた庭園ですし、そもそも最初は立ち寄ろうとは全く考えてなかったので(^^;。
後で調べてみたら、園内中央にあるこの広い池は「沢の池」と呼ぶそうです。
池の中には小さな島が3つあり、いずれもライトアップされていました。
沢の池の最大の島「中の島」と岡山城。
岡山城天守閣を借景とする美しい光景が広がっていました。
後楽園「幻想庭園」 沢の池の中の島と岡山城天守閣


右側の四阿みたいな小さな建物(釣殿と呼ぶそうです)があるのが「御野島」(みのしま)。
左の建物(島茶屋)があるのが「中の島」。
沢の池に浮かぶ中の島と御野島(岡山後楽園ライトアップ)


右手前の小さな島は、白砂青松が美しいと言われている「砂利島」。
そしてその奥には小高い「唯心山」が見えます。
この唯心山、平面的だった後楽園を立体的に見せる役割を担っているそうです。
山腹の斜面には初夏の頃にツツジやサツキが咲くそうです。春もきっと綺麗なんだろうなぁ。
沢の池に浮かぶ砂利島と唯心山(岡山後楽園ライトアップ)


茅葺きの建物は「廉池軒」と呼ぶそうです。
岡山後楽園は戦災により深刻なダメージを受けましたが、この廉池軒は園内では数少ない「戦災被害のなかった建物」のようです。
曲水が廉池軒をまるで鏡のように映しだしているのが印象的でした。
廉池軒を映す曲水(岡山後楽園ライトアップ)


島に架かる橋も美しかった。
この日はしまなみ海道とか瀬戸大橋とか、巨大な橋を数多く見てきましたが、この小さな「太鼓橋」のライトアップもなかなか美しいではないか。
中の島へ架かる「太鼓橋」 (岡山後楽園ライトアップ「幻想庭園」にて)


沢の池の向こうに見える「延養亭」
藩主の居間であり、後楽園では最も重要な建物という位置づけだったらしいのですが、残念ながら戦災で焼失してしまい、現在建っているのは戦後に再建されたもの。
お殿様の特等席だから、ここから見える景色にはとことん美を追求したのではないでしょうか。
僕も一度ここから見た後楽園ってのを楽しんでみたいものです。
ライトアップされた延養亭(岡山後楽園「幻想庭園」)


沢の池をグルっと回ったところでタイムオーバー。
「幻想庭園」が21時半までなので、30分しか見て回る時間がありませんでした。
ホントはもっと奥の方まで見たかったんだけど、しかたありません。
ここまで辿り着けただけでも喜ばしいことです。


さて、今回の旅で後楽園を訪れたことにより、今年日本三名園を全て回ることができました!

冬の金沢兼六園
冬の兼六園 ライトアップ
(2012年02月04日撮影)

春の水戸偕楽園
20120430091029_3.jpg
(2012年04月30日撮影)

夏の岡山後楽園
夏の後楽園ライトアップ
(2012年08月13日撮影)


長年の夢だった三名園制覇を成し遂げた、私にとってはとても意義深い日となりました。
ところで、三名園は時々「雪月花」にあてはめられることがあります。

雪:兼六園・・・雪吊りが施された冬の庭園
月:後楽園・・・借景に月を含めた夏の庭園
花:偕楽園・・・梅林が咲き乱れる春の庭園

そう、このシチュエーションを写真に撮ってこそ、真の「三名園制覇」なんでしょうね。
それから、偕楽園のライトアップと、後楽園の昼間の様子もまだ見ていません。まだまだ宿題が多く残っています。三名園との戦いは今後も続けていきたいと思います(^^)。


お盆の旅の2日目はこれにて終了。
いやはや、1日目以上に疲れてしまいました(^^;
さて、次の日は倉敷観光です。


【旅程】
松山城→(国道11号)→川内IC→(松山自動車道)→川之江JCT→(高松自動車道)→坂出JCT→(瀬戸中央自動車道=瀬戸大橋)→倉敷JCT→(山陽自動車道)→岡山IC→後楽園→岡山市内(泊)



【リンク】
岡山後楽園

<お盆の旅全4シリーズはこちらから>
(1)錦帯橋・広島原爆ドーム夜景
(2)大和ミュージアム・しまなみ海道・松山城
(3)岡山後楽園ライトアップ「幻想庭園」
(4)倉敷美観地区・神戸港夜景

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

後楽園 三名園 岡山 幻想庭園 ライトアップ 岡山城

2 Comments

まっさ  

>みんこさん

こんばんは♪
コメントありがとうございます。

松山から岡山へ向かう高速は幸い渋滞もなくスイスイでした。
どこか一か所でも渋滞があれば、間違いなく間に合っていませんでした(^^;
それにしてもヒヤヒヤしましたよ~。
日中の後楽園ならいつでもいけますが、夜のライトアップはお盆限定ですからね。
今回行けなかったらまた来年、ってことになってしまいます。
見られてほんとによかったです。

夜の庭園のライトアップは、兼六園よりも後楽園が上だと思いました。
兼六園にはない華やかさがありましたよ。

倉敷を散歩コースに組み込めるなんて羨ましいです。
是非ブログでも岡山県の綺麗な景色を見せていただけたらと思います。

応援、ありがとうございます☆

2012/08/18 (Sat) 21:57 | EDIT | REPLY |   

みんこ  

No title

間に合ってよかったですね。
とはいうものの、高速道路は混んでいませんでしたか。

後楽園はいまだに行っておりません。
兼六園が、やっぱりすきかもしれません(笑)

美観地区は、さすがに近所なので散歩がてら・・・。

ご家族連れでお疲れでしたね。ポチ☆☆

2012/08/18 (Sat) 13:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment