03 2012

真夏の夜 満月と湖と打ち上げ花火/片山津納涼花火まつり

今宵、満月です。
日の入りとほぼ同時に昇り始めた真ん丸な月は、次第に光を増し、ここ片山津で夏の風物詩・打ち上げ花火と出会いました。

片山津納涼花火まつり 満月と花火


片山津温泉の「片山津納涼花火まつり」では、連日連夜200発の花火が打ち上がります。
期間は8月26日まで。
たまたまこの日は期間中唯一の満月とあって、是非とも月と花火を一緒にカメラに収めたいと思い、仕事帰りに高速に乗りました。


2012年08月02日 石川県加賀市 柴山潟湖畔


途中、安宅PAで缶コーヒーを飲みながら、昇り始めた黄色い満月を撮影。
ごくごく薄い霞に覆われていましたが、天気に問題はなさそう。
花火前 夏の満月昇る


片山津の柴山潟に着いてから、30分ほど辺りを偵察。
何はともあれ、「月と花火」が一緒にファインダーに収まる場所を探さないといけません。
でもね・・・ここの花火は湖上打ち上げです。
正確な打ち上げ場所など分かりようがなく、しかも土地勘があまりない・・・。
運を天に任せて、湖畔で車を止めやすかった「中谷宇吉郎雪の科学館」の駐車場で待機しました。

雪の科学館からは、柴山潟と片山津温泉街、それに満月が綺麗に見渡せました。
夜の柴山潟湖畔 中谷宇吉郎雪の科学館より



それにしても蒸し暑い・・・。
水辺だからなおさら湿度が高かったのかもしれません。
エアコンの効いた車からカメラを取り出すと、みるみるレンズが曇っていくではないか。
ついでに眼鏡も(笑)。
正直、焦った。
少なくとも30分は外気に触れさせておく必要があるってのはホントみたいです(^^;。


花火は21時にスタート。
携帯の時計とにらめっこしてその時を待ちました。
そして21時、律儀に時間通りに始まりました!

まずは数発の閃光のみの花火、言ってみれば号砲みたいなのが打ち上げられます。
おおよその方角はこれでようやくつかめるわけです。
おぉ、思っていたよりも湖の真ん中寄りだ。
月との位置関係も、かなりいいんじゃない!?
片山津納涼花火 最初の花火


号砲から30秒ほど経って、本格的に花火がスタート。
次々とカラフルな花火が満月をバックに打ち上がっていきます。
片山津納涼花火 満月をバックに

満月の夜 片山津納涼花火(加賀市柴山潟にて)

片山津納涼花火 満月をバックに

片山津温泉柴山潟の花火

片山津温泉柴山潟の花火



小振りな花火が多いかと思えば、突然ひときわ大きな打ち上げの衝撃。
みるみる光の軌跡は高く昇り、月よりも高い位置で菊の花を咲かせました。
放物線を描いて舞い降りる火花が、満月を包み込むようです。
花火の火の粉が満月を包む(片山津納涼花火)



最後に、ベストショットがこれかな。
リモコンレリーズがないから、シャッターのタイミングはほとんど運任せでしたが・・・。
偶然にも、二輪の大きな花火が収まってくれました。
満月をバックに花火が上がる(加賀市片山津温泉にて)



ところで、2012年8月は、ひと月の中に満月が2度訪れる珍しい月のようです。
次の満月は8月も終わるころ。
さすがにその時には、もう少し過ごしやすくなっているでしょうし、月見はラクそうです。
ただ、打ち上げ花火と満月が共演する機会は、一年に一度、この日限りです。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

4 Comments

まっさ  

>蒼天さん

片山津の花火って、規模は小さいけど、乱れ打ちがない分結構「おしとやか」に写るものです。
それを加味した上でも穏やかだと感じられたとしたら・・・

それを「まっさカラー」として前面に出していこうかな(笑)。

もちろん、蒼天さんのお言葉は十分理解しています。
褒められるとかなり照れるタイプでして・・・(^^;

ありがたかったです。

さて、今日の清水の花火、楽しみですね。
夜空の花は、多少雲が多くとも大丈夫。
雨さえ降らなければ・・・。
小僧君とひと夏の思い出、十分堪能してください。

2012/08/05 (Sun) 03:39 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

おはよ。

言葉、足りなかったなぁ…花火を穏やかに撮れる人って少ないと思うよ、って書きたかったんです。
華やかさ、艶やかさ…賑やかさ、そういうものは大概当たり前に映る。
写真って、ある程度までの『そのまんま』は誰でも撮れるわけで。

穏やかさは花火の横顔ではなく、撮った人の眼差しなんだと思うよ。

2012/08/04 (Sat) 07:16 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>蒼天さん

コメントの微修正、バレました!?(^^;
少し酔った勢いで書いて、後になって少しだけ勢いが萎えたのかもしれません。
ナイショにしといてくださいね。

「Mr.ウェザーリポ」ってマジっすか!?
でもそのご友人と知り合ったあたりが、一番自然体で楽しんでいたかもしれないなぁ。
2匹のシーサーを並べて寒いギャグで季節を伝えてた頃もあったっけ。

伝えたいことがあるから撮るし、考えるし、書きます。
それが伝えたい人に伝わるなら、撮る努力も考える時間も書く手間も「心地よい汗」みたいなもの。
でも、この先、「真の」伝えるべき人たちにちゃんと伝わるのかが不安です。
そんな不安を抱いている人は結構いるんじゃないかな。

・・・ってなワケで、このブログが生まれました。
ここなら、不特定多数の人たちに自分の言葉で伝えられることになっています。

ほとんど宣伝してないから(ってかあっちじゃできないし)、今は閑古鳥ですが(爆)。

季節が巡って次の春や夏、誰かが何かを知りたくてたまたまこのブログを見つけたとき、
ちゃんとその人に何かが伝わることを願って・・・一応そんな感じで書いています。

さて、花火が穏やか・静かというのは・・・
人柄がもし滲み出てしまったのなら、写真としては失格だなぁ(笑)。
華やかに撮ったつもりだったんだけど。。。
ん~、修業します!(笑)

2012/08/04 (Sat) 01:43 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

向こうにも書いたけど。
花火と月に、穏やかな静かさを感じたんです。
写真だからかな…一瞬を留めた鏡像?違うな…うまく言えないけど。
穏やかさとか静かさって花火とは少しかけ離れてるよね。
でも、眺める写真はやっぱり静か。
人柄かな。

人柄っていえば。
31日のコメの微妙な修正に「大人だな」って思いました。
清水でリポーター始める時、御存知の友人がまっささんのことを「Mr.ウェザーリポ」って言ってたのを思い出しました。
あんなに楽しんでやってる人はいないと思うよ、って。

伝えたいことがあるから撮るし、書くんだと思います。
環境が変わっても、自分は自分だな…って。

うまく言えないな、やっぱり(笑)

2012/08/03 (Fri) 23:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment