25 2018

砺波平野の雲海/濃霧がもたらしたサプライズ!散居村を見下ろす八乙女山より 

2018年10月06日 富山県南砺市 八乙女山


三連休の早朝、所用で富山県に向かっていたのですが、石川県と富山県の県境を過ぎた辺りから急に濃い霧に包まれました。
僕の地元金沢市では、平地で霧が出るのは年に1回あるかないかの非常にレアな現象。
一方、お隣富山県の砺波平野や福井県の福井平野では、頻繁ではないけれど年に何度かは必ず平地や市街地でも霧に包まれる日があります。

たまたまこの日は早朝から砺波平野は一面濃い霧に包まれ、もしかして、これって高いところに行くと雲海が見られるんじゃない?と思い、急いで近場の標高の高い場所を目指しました。

案の定、大雲海じゃないですか!
20181006075439.jpg



まるで2000mを超える高さにいるような、雲上のセカイ!
けれど実は平地のすぐ近く、標高600mほどの高さの場所で、この雲のすぐ下に南砺市や砺波市、それに砺波平野の散居村があるんです。
雲海といえば、標高のかなり高いところから見下ろさないといけないみたいなイメージですが、平地で濃い霧が発生している時であれば、里山からでも十分に雲海が見られるんですね~。
普段あまり見ることのできない想像以上の「絶景」に心奪われました!

20181006074752.jpg

ってなワケで、引き続き砺波平野の雲海風景をご覧ください(^^)


ところで、朝晩に盆地などで霧が発生する条件ってのを調べてみました。
・空気中の水蒸気が比較的多いこと
・急に気温が低下すること
・風が弱いこと


海に面した平野部ではなかなかこの条件が揃わないんですが、北陸地方でも砺波平野・福井平野・大野盆地などは三方以上を山に囲まれた地形になっていて、朝晩風が弱く冷えやすい。霧が発生しやすいんです。
この日は南からやってきた台風25号が日本海に抜けて、この後北陸のはるか北を通過すると予報されていましたが、もしかすると台風が連れてきた湿った空気が早朝に放射冷却で冷やされて、霧になったのかもしれません。


さて、砺波平野を高所から見下ろす場所、しかも車で気軽に行ける場所となると、候補はいくつかに絞られます。
どの展望スポットも、散居村の眺めが美しい!

・医王山夕霧峠(金沢市・南砺市) 標高840m
20181103145229.jpg




・高清水林道展望広場(南砺市) 標高800m
20150922144027.jpg




・散居村展望台(砺波市) 標高430m
20130824130053.jpg




・閑乗寺公園(南砺市) 標高300m
20130828095254.jpg





しかし今回目指したのは上のいずれでもない場所で、八乙女山(標高756m)という山の頂上近くにある展望台。
Google Mapだと「大谷ハンググライダー離陸台」と記されている場所で、標高は610m、駐車場&東屋のある展望スポットです。
閑乗寺公園から続く林道を上へ上へとだいたい15分くらい進んでいくと、突如現れる広い場所です。
なぜここかっていうと、麓からのアクセスが比較的良いのと、ある程度標高が高いこと、この二つをバランスよく満たすからです。
20181006075540.jpg



八乙女山から、北方向の展望。
雲海の向こうに能登半島の山並みが見渡せます。
20181006074806.jpg


下の写真中央やや右上の山は高岡市の二上山(274m)。
二上山の麓の高岡市街はうっすらモヤがかかっていますが濃い霧にはなっていないようです。
20181006075637.jpg



続いて八乙女山から、北西方向の展望。
小矢部市の稲葉山(347m)が見えています。
20181006074914.jpg


風車があるのが稲葉山山頂。その奥には能登の最高峰宝達山(637m)が見えています。
稲葉山からの散居村の景色も綺麗なんですよね~。
稲葉山の牧場やその施設はだいたい標高250m~300mにあるので、雲海のてっぺんの高さはだいたい250mくらいじゃないかと思われます。
20181006075108.jpg



続いて八乙女山から、西方向の展望。
医王山(939m)が腰から上を出しています。
20181006074829.jpg


イオックスアローザスキー場関連の麓の施設がギリギリ雲海の上。
ってことは雲海のてっぺんの高さはだいたい350mくらいかな。
20181006075150.jpg



ビッシリと雲の布団に覆われた砺波平野。
これだけ近くでしかも見渡す限りの雲海になると、高さの感じがわからなくて、まるで雲の上を歩いて行けそうな錯覚を覚えました。
20181006075348.jpg

20181006075300.jpg


帰り道に立ち寄った閑乗寺公園。
ここは標高300mですが、ちょうどこの辺りが雲海のてっぺんと同じ高さでした。
目線とほぼ同じ高さに雲のてっぺんが見えているのがなんだか不思議な光景。飛行機に乗っているみたいでした。
20181006080620.jpg


この1時間ほど後には、ビッシリと砺波平野を埋め尽くしていた霧は瞬く間に消えていきました。
「雲散霧消」という言葉がありますが、まさにそんな感じでしたね~。
ってなわけで、砺波平野の雲海でした。
どれほどの頻度でこのような光景が見られるのかはわかりませんが、平地で非常に濃い霧が出ているときは雲海のチャンス。
標高400mほどの高さなら、まるで別世界の光景が楽しめますよ。



<八乙女山展望台(大谷ハンググライダー離陸場>
【駐車場】あり
【入場料とか】無料
【所要時間】10分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

富山県 南砺市 展望台 雲海 山岳風景

0 Comments

Leave a comment