-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24 2012

白山市おにゆりの里 オニユリとケイトウの花

先日、奈良のおふさ観音でお土産に買ってきた風鈴。
金沢でいい音奏でてます(^^)。

おふさ観音のお土産 風鈴

すっかり夏ですな~。


2012年07月24日 石川県白山市 八田おにゆりの里


白山市の海岸からほど近い松林の中に、「おにゆりの里」ってのがあります。
その名の通り、オニユリが無数に咲く場所。
そろそろ時期なんじゃないかと思い、早速昼休みに行ってきました。
白山市おにゆりの里 オニユリが咲き始め


これまで何度か夕日を見に来た場所ですが、その時はまだ蕾でした。
ところが今日行ってみると、チラホラと咲いているではありませんか!

この「おにゆりの里」、白山市ではイチオシの花の名所です。
石川県では珍しいオニユリの自生・群生地。
毎年7月下旬から8月中旬にかけて、斜面いっぱいにオレンジ色の花が咲き乱れるそうで、その数1万5000株。
地元新聞記事では付近の松林も含めて3万株と書かれていました。
一時は絶滅の危機にあったそうですが、地元の方々の保全運動が実を結んだそうです。
ありがたいですね。


さて、この日のおにゆりの里はまだまだ咲き始めといった感じでした。
ん~、まだ少し時期が早かったのかもな。
まだ大半が蕾で、「斜面を覆い尽くす」というには程遠かったのですが、それでもオレンジ色の可憐な姿を楽しむことができました。
見ごろまで、あと1~2週間くらいってとこかな。
白山市の松林に咲くオニユリ(おにゆりの里にて)

白山市の松林に咲くオニユリ(おにゆりの里にて)


しかし、なんで「鬼」なんて名前がついているんでしょうか。
すごく怖い名前ですが、姿は「鬼」とはかけ離れた可憐なものです。

調べてみると、

①黒い斑点のある花が赤鬼の顔みたいだから。
②ヤマユリに比べて大振りだから。「オニ」は他の近似種に比べて「大きい」ことを意味する。


という2つの説が出てきました。
私は後者を推したいです。
だって、いくらなんでも赤鬼って無理がないか!?(笑)

強いて言えば、この花が持つ花粉が「鬼」だと思いました。
衣服につくと簡単にはとれません(T_T)


おにゆりの里に咲くオニユリ(石川県白山市)

おにゆりの里に咲くオニユリ(石川県白山市)



オニユリの群生地のお隣にケイトウが咲く畑がありました。
こちらはまるで真っ赤な絨毯のように咲き乱れていました。
暑い中ですが、畑もアツい!
白山市のケイトウ畑

赤いじゅうたん 白山市のケイトウ畑

どう見たって、このケイトウのほうが赤鬼に似ていますね(笑)。



石川県金沢市 太陽が丘


夕空は羊の群れのような雲が広がりました。
こいつは結構染まるかも・・・
と期待しながら夕焼けタイムを待ったんですが、ホンノリオレンジ止まりでした(^^;
夏の夕暮れ 羊雲漂う (金沢市にて)


そんな中、向日葵がシルエットに。
ムシムシして不快指数の高い一日でしたが、いかにも夏らしい夕暮れでした。
ひまわり 夕暮れのシルエット



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

白山 オニユリ おにゆりの里 ケイトウ 向日葵 シルエット 夕暮れ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。