07 2018

日本三景、天橋立の絶景を見下ろす丘/2018年夏、美しい京都の海を訪ねる

今年の夏は暑かったですよね!
もはや「災害レベル」とまで言われたほどの暑さでお出かけするのも憚れるような夏でしたが、そこまで暑い夏だったからこそ、例年以上に海水浴やプールに出かけたという人も少なくなかったのでは?
実は僕もその一人でして、今年は暑いだけでなくとても長い夏だったから、いつも以上に水辺で過ごした時間が長かったように思えます。

今回の記事は、海。
地元石川の海ではなく、やや遠いところにある京都の海です。
地理に若干疎い人は、「え!?京都に海あったの?」と思うかもしれませんが、京都にも海はあります!
しかもその海がおそらく日本海の中で屈指の美しい海なんじゃないかと僕は思うんですよね。
その代表的な景観が、日本国民なら大半の人が知っているであろう「天橋立」です。
20180715123005.jpg


天橋立を楽しみたいなら、僕は「天橋立ビューランド」を強くすすめます。
天橋立は細長く続く砂の陸地ですが、僕が思うに天橋立は上から眺めてナンボの観光地だと思うんですよ。
多少お金はかかりますが、もし遠いところから天橋立を訪ねるのであれば絶対に外してはならないのがビューランドです。
そしてビューランドを訪ねたなら必ず経験してほしいのが「股のぞき」ですね。

20180715124652.jpg


下の写真は、ビューランドから見た景色を180度さかさまにしたもの。
「股のぞき」で得られる景観ですが、皆さんこの写真は何に見えますか??

20180715125459_gyaku.jpg


僕が住む石川県も、特に能登半島では綺麗な海が楽しめます。
しかし京都の海は、正直能登の海よりもさらに綺麗に目に映りましたね~。

それでは、真夏の天橋立ビューと丹後の海の記事を、お楽しみください。


2018年07月15日 京都府宮津市 日本三景天橋立


京都府の日本海にある国内有数の観光地、天橋立。
泣く子も黙る「日本三景」の一つですよね。
ちなみに日本三景のあとの二つはちゃんと言えますか??言えますよね??
宮城県の松島、広島県の厳島、そして天橋立。日本は山が多い国だけど、日本三景の全てが海に因んだ景色なんですよね。

金沢から車で250km3時間強。
天橋立に着いたのはちょうど昼時でした。
20180715130906.jpg
(写真天橋立駅ですが、僕は電車で移動したわけではありません(^^;)


到着して最初の感想が、「暑い」だったわ、もうホントに暑いんだって。
今年の夏は記録的名猛暑でしたが、天橋立を訪ねたこの日も例外なく暑い一日でした。
7月中盤なので年によってはまだ梅雨真っ只中という時期なんですが(近畿の平年の梅雨明けは7/21)、もう真夏でしたね。
ちなみにこの日の最高気温は京都市で38.7℃、天橋立から比較的近い日本海沿いの舞鶴市で36.3℃・・・

でもよ~く晴れた日だから、ビューランドからの眺めはさぞ美しかろうと、期待が高まります!
天橋立に来たらお土産屋を回ったり松林を歩いたりするのもいいですが、やっぱり高いところから見下ろしてこその天橋立だと思うんですよ。
20180715121713.jpg


麓からビューランドまでは、リフトでおよそ6分!
ちょっとした空中散歩です。
後ろを振り返れば天橋立が見えるのですが、ここはガマンしてまっすぐ前を見てリフトに乗りましょう。
そのほうが、頂上に着いた時に見た絶景に感動するハズ!
20180715122054.jpg


天橋立ビューランドに到着!
「飛龍観展望」と書かれていますが、ここから見下ろす天橋立がまるで天空に飛び立つ龍のように見えることから「飛龍観」と呼ばれているそうです。
20180715125853.jpg


天橋立ビューランドは、天橋立がよ~く見える山にある遊園地。
小さな乗り物などもあるけど、一番の目玉はやっぱりここからの眺めでしょ!
20180715125519.jpg


日本三景天橋立の大絶景!
ちょっと直射日光の下で立っているだけで立ち眩みするんじゃないかと思うくらいの厳しい暑さでしたが、絵に描いたような夏晴れの空と海と天橋立を見ていると、ほんの少しだけ暑さを忘れます。
最高の景色を味わえました。
20180715125459.jpg

20180715124302.jpg


天橋立を挟んで右側の海、宮津湾。
まるで海とは思えないほど穏やかです。
20180715123142.jpg



ここに来たら、絶対にやらなければならないのが、天橋立名物「股のぞき」
このクソ暑い中、来る人来る人ほぼ例外なくこうやって股の間から天橋立を眺めていて、傍から眺めていると滑稽で笑える。
20180715123726.jpg


そういう自分もやっていたんだが(笑)。
20180715123459.jpg


天橋立の景色を逆さにすると・・・
海を空に見立てれば、まるで龍が天空に飛び立つように・・・
見えなくもないけど、龍とかそんな立派なものじゃなくてヘビに見えてしかたないw
20180715123254_gyaku.jpg



そうそう、結構前になるんですが、かつてこの天橋立ビューランドに来た時に、当時まだ小さかった息子と一緒に小さなジェットコースターっぽいものに乗った記憶があるんです。
あまりスピードが出なくて子供向けのちょっとお粗末なコースターだったんだけど、その粗末さが逆に「落ちるんじゃね?」というスリルを呼ぶ絶叫マシンでした。
そして今は大きく姿を変え、「飛龍回廊」と呼ばれる展望通路に生まれ変わっていました。
クネクネと曲がりくねった通路がジェットコースターの名残りかな。
20180715122909.jpg




せっかくここまで時間をかけて来たんだから、ビューだけじゃなくて天橋立に立ってみよう!
ということで、麓に下りて天橋立を目指します。
20180715131515.jpg


天橋立は、ビューランドのリフトから徒歩5分ほどの近さですが、とにかくこの暑さ、5分歩くだけでもうヘトヘトでした。
こんな日は、普段全くやらない水上バイクがめちゃくちゃ気持ちよさそうに思えます。
今すぐ乗せてほしい~っ!
20180715131257.jpg


知っている人も多いかと思いますが、天橋立を歩いてみても、感想は正直「イマイチ」です
ただの細長い陸地に松がたくさん生えているだけといえばそれまでなんですよねぇ。
しかしこの天橋立、日本三景というどちらかというと文化的側面でよく語られがちですが、地理学においては我が国を代表する砂州地形ということでも有名です。
延々と続くこの細い陸地が自然によって作られたと思うと、感慨深いものがあります。
20180715131857.jpg


シャッタースポットでもある「日本三景の碑」。
この碑が立っているのはこの日本で僅か三か所のみです!
三か所ともとっくの昔に制覇しているのですが、ブログにUPしたのはこの天橋立が最初かな。
20180715131431.jpg


天橋立の散策路は府道天橋立線は日本の道100選にも選ばれています。
お馴染み道100選の碑もありました。
20180715132017.jpg


数多くのパラソルやテント。
うぉぉ、僕も早く海に入りたいぞ!
20180715131651.jpg


実はこの日京都の海に来たのは、天橋立が目的ではなく、別の本当の目的があったんです。
それはズバリ、「京都の綺麗な海で泳ぐ」ということなのだ!
天橋立は海水浴場へ行くついでに立ち寄っただけなんですよね(^^;。
爽やかな季節ならまだまだ砂州を歩きたいと思うんだろうけど、灼熱の天橋立はちょっと酷だった。
というワケで、散策を切り上げて目的地の海に向かいました。


京都府京丹後市 小浜海岸


天橋立の次にやってきたのが京都北部、天橋立から車で30分ほどのところにある小浜海岸。
「小浜」という文字を見るとつい「オバマ」と読んでしまうのですが、実はオバマではなくコバマと読むそうです。
お隣にある八丁浜海水浴場は大繁盛していましたが、そのほんのお隣の小浜はそれほど人が多くなくて、ゆったりと寛ぐことができました!
人は少な目だけど悪いビーチ化と言うと決してそうではなく、透明度が高くてエメラルドグリーンでとても綺麗な砂浜でした
20180715150333.jpg


実はこの日泳ごうと決めていたのは、「鳴き砂の浜」として非常に有名な琴引浜だったんですが・・・駐車場が満車で一切浜に近づくことができなかったんです(T_T)。
「満車 他の海水浴場へ行ってください」というような看板が出ていたので、琴引浜はあきらめて別の海水浴場を探すことになりました。
しかしまぁ、別の浜に行けって言われてもですね・・・琴引浜に行くのは鳴き砂を楽しむってのも大きな理由なんですよ。
別の浜も琴引浜と同じように鳴いてくれるのなら行きますけど、丹後の海で鳴く砂浜は琴引浜以外にありません。
代わりがないのに「よそへ行け」と言い切られるのはちょっと辛いですね・・・(^^;。
琴引浜を諦めて向かったのが、お隣にある小浜海水浴場です。
京都の有名な琴引浜と八丁浜に挟まれた小さなビーチで、正直県外から来た僕らには無名の海水浴場なのですが、こぢんまりとした浜は逆に小さな子供にもしっかりと目が届くので、親としても安心して子供を泳がすことができる浜でした。
20180715153902.jpg


水がかなり透き通っています。
そりゃ沖縄とか小笠原の海に比べれば美しさはかないませんが、日本海とは思えないくらい綺麗な色をした海。
しかも浜のすぐ近くを結構たくさんの魚が泳いでいるので、シュノーケリングにも向いている浜でした。
20180715153925.jpg

せっかく綺麗な海に来たのに、写真はほとんど撮っていなかった。
とにかく暑くて写真を撮ってる場合じゃなかったんですよね(^^;
そして京都の海があまりにも気持ち良くて、なかなか海から出たくなかったってのもあります(笑)。

ってなワケで、日本三景の天橋立と、京都の海でした。
記録的な暑さに見舞われた2018年の夏ですが、暑い夏だからこそこうして子供たちと十分に夏の海も楽しめたと思っています。
20180715162134.jpg


福井県や京都府、それに兵庫県など、若狭湾から山陰にかけての日本海は風光明媚で水の透明度がとても高く、ところどころ南国と見まがうような美しい海岸風景に出会えます。
今後も僕のブログで、そういった日本海の美しい風景を皆さまにお伝え出来たら・・・と思っています(^^)



<天橋立ビューランド>
【駐車場】あり(1回600円程度ですが、ガソリンを入れれば無料で車を止められるガソリンスタンドがあるのでオススメします!
【入場料とか】850円(リフト・モノレールの往復料金)
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
日本三景 天橋立ビューランド


<小浜海岸>
【駐車場】あり(1000円ほどはすると思うが、僕はやや遅い時間(15時)に行ったためか、「タダにしてあげる」と言われました!)
【入場料とか】無料
【所要時間】2時間

【地図】


【リンク】
夏の日本海 小浜海水浴場
京都の日本海を美しい写真と動画で紹介する素晴らしいサイト。京都の海へ出かける前にこのサイトだけは見ておきましょう!


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

京都府 宮津市 京丹後市 海岸風景 日本三景 展望台

2 Comments

まっさ  

>金沢小町さん

こんにちは♪
へぇ、昔この辺りに住んだことがあるんですね。
天橋立まで10分くらいならいつだって見に行けますが、その近さが逆に縁遠さの原因だったりしますよね。
僕も金沢の観光地はそんなに足繁く通いませんし(^^;

機会があれば、天橋立の雪景色を拝んでみたいものです。
近ければいくらでも見られるんでしょうが、冬場にここまで長距離ドライブとなるとちょっとキツいかな。

2018/11/04 (Sun) 07:51 | EDIT | REPLY |   

金沢小町  

ご無沙汰してます

こんばんは☆
久しぶりに訪ねてみれば住んだことのある地名が( ˊ̱˂˃ˋ̱ )
橋立まで車で10分?15分?だったのにメジャーすぎて股のぞき行ったことなかった(^^;;
そういや入院中は橋立の松原が見えるとこだったっけ…
懐かしく行ってみたくなりました(^^)

いっぱいだから他所行け
↑京都人らしい看板で笑ってしまったw

また来ますね(*^^*)

2018/11/01 (Thu) 21:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment