28 2018

五箇山・合掌造り集落の桜風景/厳しい冬を抜けて、五箇山にも春が来た

世界遺産の五箇山合掌造り集落
四季折々様々な情景を醸し出してくれるので、写真好きじゃなくても五箇山を愛する人は多いと思います。

五箇山は春になると集落内の桜がいい感じで咲き、伝統の合掌造り家屋との見事な「和のコラボ」が楽しめるらしいことは聞いていました。
しかし、写真の世界に足を踏み入れてから軽く7~8年経って、これまで結構な回数五箇山を訪ねてはいろんな季節の風景を楽しんできた私なのに、実は桜が咲く時期に五箇山に行ったことがないことに昨年気が付いてしまいました。
そこで、急遽五箇山へ!
噂通り、見事な和のコラボが楽しめましたよ!

20180415094429.jpg

20180415095806.jpg


なぜ五箇山の桜を今まで見ていなかったか。
それは、五箇山で桜が咲く時期は、すでに麓の街ではチューリップとかに話題が移っちゃって、桜の存在がやや薄れてしまうからかもしれません(^^;。
あるいは普段あまり見ることのできない桜景色を追い求めて、五箇山ではなくもっと遠い街を見ていたのかもしれません。
今年は遠出をする時間もなかなか取れなかったのですが、それが功を奏して、地元北陸の綺麗な桜景色を再認識することができました!
写真の枚数はそんなに多くはないのですが、今年最後に撮った桜たちの写真をご覧ください。


2018年04月15日 富山県南砺市 菅沼合掌造り集落


今年の北陸の桜はかなり早かったのですが、山里の桜も同様に早かった!
今回訪ねたのは山深い五箇山の中でも最奥地に位置する世界遺産菅沼合掌造り集落。
時期は4月のど真ん中の15日でしたが、すでに当地の桜は満開でした。
例年なら五箇山の桜の見頃は4月下旬のハズなので、今年(2018年)は1週間かそれ以上早かったと思われます。

展望台から見下ろした集落は、まだ雪が残りつつも、満開の桜が彩を添えていました。
20180415093647.jpg

20180415093804.jpg


さて五箇山の桜ですが、桜の名所特集みたいなところにはあまり出てこないかもしれません。
実際、富山県で花見を楽しみたいなら五箇山よりもアクセスが良くてしかも桜景色の美しいところが他にもいっぱいありますし、地元の人でも五箇山の桜を見たことがあるという人は少ないです(私調べ)。
五箇山は桜の名所としてはそんなに名高いところじゃないし、同じような趣旨の観光名所である白川郷のほうがよほど華があって人気が高いです。
別に五箇山の桜をディスる気は全くないですが、あまりにも期待値を高く設定し過ぎてしまうと、若干肩透かしを食らった気分になってしまうかもしれないので、気をつけてほしいと思います。
でもさ、僕が思うに五箇山の良さはこの「地味さ」にあるのだ!
日本の原風景と桜景色をゆっくりと楽しみたいなら、オススメします!
20180415094158.jpg


この日の天気は朝からあいにくの雨。
日中でも気温は10度くらいまでしか上がらず、この時期にしては結構肌寒い一日になりました。
普通に街でお花見をしようと考えるならば、この天気は「最悪」の部類に入るかもしれません。
でも五箇山で桜を楽しむなら、青空ピーカンよりも逆にこういうシットリとした雨空のほうが、五箇山らしい雰囲気が出るような気がします。
だから僕は五箇山へ行く時はそんなに天気を気にしていません。五箇山観光は雨でも「No Problem」なのです!
古い町にはやっぱり雨が似合いますよね。
20180415093845.jpg



菅沼合掌集落の定番のシャッタースポットがこちら。
車がなければなおよしだったんですけどね~。
手前の田んぼに水が張られると、条件が良ければまるで鏡みたいに合掌造り家屋が田んぼに映ることがあり、これが菅沼の春を代表するシーンにもなっています。
特にライトアップの日は大混雑。
でも、桜の咲く時期はここよりももっと桜が綺麗なスポットがあるので、人はみなそちらへ向かいます。
静かなものだ。
20180415095037.jpg


桜の時期に写真に収めたいのは、やはり桜と合掌造りのコラボですよね!
菅沼集落の桜の数はそんなに多くないのですが、合掌造りと桜を同じ写真に収めることができるスポットは何か所かあり、そこに人が集まります。
特に地元住民用の駐車場にほど近い桜(貯水池?の畔の桜)は菅沼の中でも咲きっぷりがよく、桜花爛漫の時期は菅沼を代表するシャッタースポットになっているみたい。
20180415094312.jpg



茅葺屋根の家屋と桜。
このコラボは、今となっては見たいと思ってもそう簡単に見られるものではないですよね。
この情景が今でも残っていることを感謝せねば・・・。

五箇山さん、ありがとう!

合掌集落で写真を撮ると、ちょっと地味めな雰囲気の写真が多くなりがちですが、春は桜が彩りを添えてくれます。
晴れていればもっと華やかだったと思います。
20180415095652.jpg

20180415094645.jpg

20180415094742.jpg


五箇山定番の桜景色です。
20180415095236.jpg



4月中旬、山里にも桜花爛漫の季節が訪れ、ここからは一気に初夏らしい明るい緑があふれ出し、麓の季節に追いつきます。
新緑の五箇山も本当に綺麗なので、梅雨入り前のこの時期に是非楽しんでいただきたいと思います。
今年の冬は大変厳しかったのですが、桜の咲いたこの時期には、その厳しい冬の名残を高い山に僅かな残雪として残すのみとなっていました。
終わらない冬はないってことですかね。
今年はあまり多くの桜を収めることができなかったのが心残りですが、今年最後の桜景色として眺めた五箇山の桜は、冷たい雨をものともせず元気だったのが印象的でした。
20180415085257.jpg



<菅沼合掌造り集落>
【駐車場】あり(500円)
【入場料とか】無料
【所要時間】30分

【地図】


【リンク】
世界遺産 五箇山菅沼合掌造り集落


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

富山県 南砺市 世界遺産 桜景色 重要伝統的建造物群保存地区 五箇山

0 Comments

Leave a comment