19 2018

能登半島の名刹 五重塔が美しい妙成寺の雪景色

2018年01月15日 石川県羽咋市 金栄山妙成寺


能登半島の付け根にあたる羽咋市に、五重塔で有名な妙成寺(みょうじょうじ)というお寺があります。
北陸地方で五重塔というのはあまり聞かないのですが、それもそのはず、古くからの木造の五重塔は北陸では妙成寺だけにしかないんだとか。
とても貴重な存在なんですね。

さて1月中旬の大雪の後、北陸地方は広く青空が広がりまして、またとない「雪見日和」になりました。
こんな日は家でゆっくりしているのはもったいないので、金沢から車で一時間ほどのところにある妙成寺を訪ねました。
目的はもちろん、雪が積もった寺院、そして五重塔を楽しむことです。
20180115102653.jpg


つい2日前には金沢で62cmの雪が積もる大雪だったのですが、羽咋市周辺はそこまで深い雪にはならなかったようで、この日の積雪は20cmほどだったと思います。
境内は雪かきがしっかりされていて、歩くには問題ないレベルでした。
降ってから少し時間が経ってしまっていたので屋根や樹木からはほとんど雪が落ちてしまっていました。
20180115102808.jpg


妙成寺は能登随一の規模を誇るお寺で、規模だけでなく文化財としての価値もまた能登随一。
境内には計10棟の国指定重要文化財があり、将来的には国宝への指定も視野に入れているんだそうです。
もし国宝になったら、建造物としては北陸で3件目、石川県では記念すべき第1号になります。
是非指定されることを願っています!


国指定重要文化財の仁王門
「屋根からの落雪注意」の立て看板がありました。
これだけ立派な門ですので、屋根の上に積もる雪の量もハンパないと思います。
屋根瓦には雪の塊がまだ少し残っていたので、頭上を気にしながら門をくぐります。
20180115103028.jpg


では、この門をくぐって、北陸唯一の五重塔を見ていきましょう!


で~ん!
仁王門をくぐるやいなや、目の前に五重塔が立ちはだかります。

ん~、やっぱり日本の寺院は美しい!
20180115103203.jpg


妙成寺の五重塔について。
建立は1618年とのことで、今年でちょうど400年の節目を迎える国指定重要文化財。
高さは34メートル強で、付近の田園地帯からもこの五重塔がよ~く見えるんですよね。
妙成寺は加賀・能登・越中の三国の交点にあたる交通の要衝に立地し、この高い五重塔がまるで城郭の天守のように見張り櫓として機能していたんだとか。
冬の北陸は雷の多発地帯であり、多くの建物が落雷によって焼失しています。
そんな中で、今でも往時の姿を残しているのは感心しますよね。
20180115103455.jpg

20180115103337.jpg

20180115103643.jpg


こちらは大きな釈迦如来立像が安置されている「丈六堂」というお堂です。
20180115103814.jpg


高さ一丈六尺の仏像だから「丈六堂」ですか、なるほど。
一丈六尺と言えばおよそ5mになります。
下から見上げると迫力があります!
20180115103911.jpg



お次はこのお寺の本堂です。
五重塔と同様に国の重要文化財に指定されています。
大きな建物だから結構離れた場所から写真を撮らないと収まってくれないんですが、そのシャッタースポットが雪に埋まっていたので難儀しました(^^;。
20180115105144.jpg

20180115104149.jpg

20180115105409.jpg


この本堂を中心として、三つのお堂が横一列に並んでいます。
その名も「三堂横並びの配置」というのが、この妙成寺の大きな特徴なんだとか。
この日蓮宗寺院の特徴を往時のまま残されているのが全国でこの妙成寺だけらしい。
へぇ~、そうなんだ~。
こういうの、意外とありそうな気がするんですが、貴重なんですね。
ならば三堂横並びの写真を撮ろうと思ったんだけど、スケールが結構大きくて二堂ずつしか入らないんです(笑)。

本堂に向かって左側にあるのが「三光堂」
20180115105033.jpg


そして本堂向かって右側にあるのが「祖師堂」
20180115104953.jpg



最後は書院です。
こちらも国指定重要文化財なんですが、建物よりもその隣にある庭園がこのお寺の中では比較的有名。
特にカメラ好きならば、五重塔と合わせて庭園からの眺めは是非とも撮っておきたいところ。
20180115105532.jpg


書院の縁側から見た書院庭園が美しい!
これが妙成寺のパンフレットなどで使われている、妙成寺を代表する景観です。
20180115105650.jpg


ちょうど書院から五重塔が見えるように木々が手入れされているっぽい。
全てが見えるわけではなく、上半分だけが顔を覗く程度なんですが、この若干控えめな演出がまたなんとも・・・。
五重塔は借景であり、主役はあくまで庭園だということがわかります。
20180115105900.jpg


ってなワケで、能登半島の名刹、妙成寺でした。
実はこのお寺、写真を撮りにきたのはこれで3度目です。
これまでブログにアップしようと思いつつも、写真を撮ってから時間が経ってしまってお蔵入りにしてしまっていたのです。
2回続けて(苦笑)。
今回はいい天気でしかも純白の雪景色に出会うことができ、めでたくブログアップもできました(^^)。

国宝指定を目指しているだけあって、とても立派なお寺でした。
車でないとアクセスが難しい場所にあるのですが、遠方から北陸へ、そして能登へお越しの際は是非立ち寄ってみてください。



<金栄山妙成寺>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】500円
【所要時間】40分

【地図】


【リンク】
妙成寺公式ホームページ

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

石川県 羽咋市 神社仏閣 雪景色 能登半島 日本庭園

0 Comments

Leave a comment