25 2017

晩秋の志賀高原、青空と雪景色/高所は秋を通り越して冬の世界!

11月初頭の三連休。
この日は天気がすんばらしく、秋のお出かけには持ってこいの一日になりました。
この先、陰鬱な空の日がどんどん増えていきますが、その直前に見せてくれた目の冴えるような青空。
そんな日だから、「何か秋らしい思い出を」と思い、出かけたのは信州です。
目的はリンゴ狩りでした。

ところが、信州で目にしたのは秋を通り越してまるで冬のような光景!
標高の高い志賀高原では、真っ青な空のしたうっすらと雪化粧した絶景が待っていました!

20171105142300.jpg


もちろん、ちゃんとリンゴ狩りも楽しめましたよ(笑)。
麓では秋の味覚を楽しみ、そして高原では冬の風景を楽しむ。
今回の記事は、そんな二つの季節をいっぺんに味わうことができた晩秋の信州ドライブの様子をお伝えします!

20171105123506.jpg


2017年11月05日 長野県中野市 信州フルーツランド


文化の日が絡んで三連休となった11月最初の週末。
平地に比較的近い里にも紅葉前線が降りてきて、里では「THE 日本の秋」って感じの風景が楽しめるようになりました。
この日、我が家は紅葉狩りではなく「今年最後のフルーツ狩り」を楽しもうということで、北陸金沢から車でおよそ3時間、信州は中野市のフルーツランドに足を運びました。
フルーツ狩りと言えば、ブドウにモモ、イチゴにサクランボ、ナシやミカンやブルーベリーなどなどホント様々ありますが、11月を迎えて朝晩の冷え込みがだんだんと厳しくなるこの時期に信州でできるフルーツ狩りと言えば、もう「リンゴ狩り」一択なワケですよ。

ん~、リンゴか・・・
なんかこう・・・胸がときめかない(笑)


しかしまぁ、子供たち(特に今回は息子)のきっての要望、拒否するワケにもいかんので、お父さんは一生懸命車を走らせた!
20171105124820.jpg
(信州フルーツランド)


晩秋の信州は、もうあちこちでリンゴリンゴリンゴリンゴってな状態。
真っ赤なリンゴの実が、そこかしこの果樹園で実っていて、街道沿いではリンゴの市が開かれていてたくさんの観光客であふれかえっています。
かつて信州で仕事をしていた時期がありまして(リンゴが街路樹になっているような街で)、その時に現地の人に「こんなにたくさんリンゴがなってたら、泥棒し放題じゃない?」って聞いてみたら、意外にも首を横に振られました。
「信州の人はリンゴを見たって盗ろうという気になんかならないですよ」だって。
なんかもう当たり前すぎてありがたみがないというか、もはや食い物として見ていないというか・・・さすがリンゴ王国信州!と思いましたね~。

20171105122357.jpg


さて、これまでこのブログにもいろいろフルーツ狩りのネタをぶちこんできたワケですが、リンゴ狩りは初めてです。
ってか、リンゴ狩りは今回が人生で初めての経験なんです!
僕が思うリンゴ狩りの特徴は、ズバリとにかく安いということかな。
食べ放題のフルーツ狩りだと大人1000円子供500円を超えるのがザラなんですが、リンゴ狩りの場合は大人でも500円未満、子供に至っては200円台で楽しめるところがたくさんあるのです。
ここまで安いフルーツ狩りって他にありますか?あったら教えてください!是非行きたいんで(^^)
また、フルーツ狩りの場合はシビアな時間制限があったりしますが、リンゴ狩りはその点も安心。
っていうのも、想像してみれば分かることですが、リンゴって一度にそう何玉も食えたものではないですよね?大人ならせいぜい2~3玉、よほど贅沢な食い方をしても4~5玉食べれば大・大・大満足なワケです。
つまり、たとえ食べ放題の制限時間が僅か30分であっても、リンゴ狩りならお腹的にはかなり満足できる。
要するに、リンゴ狩りはコスパが非常に高いんですね~。

20171105122858.jpg


リンゴ狩りで気になるのは「いかにして皮をむくか」です。
皮ごと食べるという選択肢もあるにはありますが、もぎたてのリンゴを洗わずに食べるのはちょっと抵抗があるっていう人も少なくないでしょう。
また小さな子供には包丁やナイフを持たせるワケにもいきません。

でも、ここのリンゴ狩りでは専用の「皮むき器」がもらえます。持ち帰りもOK。
一見すると手作りの栓抜きみたいなアルミの器具を、リンゴに当てがってスーっとずらしていくことで、いとも簡単に皮をむくことができるスグレモノです。
20171105123003.jpg


いっただっきまーす!!
20171105123651.jpg

20171105122944.jpg


味は良くも悪くもフツーのリンゴです。
品種によって味も見た目も固さもさまざまなブドウやモモに比べて、リンゴは安定感があってハズレはありません。
今回は僕だけでも多分4~5玉は食べたと思います。おかげでお腹一杯になって、昼ご飯がいらなくなりました(^^;。
ウチみたいな大所帯ならば、安くてしかも十分お腹一杯になるまで楽しめるリンゴ狩りはオススメです☆

20171105123824.jpg



2017年11月05日 長野県下高井郡山ノ内町 志賀高原


リンゴ狩りをした中野市から車で山を上へ上へと駆け上ったところに志賀高原があります。
志賀高原と言えばウインタースポーツが有名ですが、志賀高原から草津白根山を経由して草津温泉へ向かう国道292号線は「志賀草津道路」と呼ばれていて、日本離れした景色が楽しめるドライブルートとしても有名。
僕はスキーやスノボはしないので、どちらかというと志賀高原と言えばドライブ、特に紅葉期のドライブが好きかな(^^)。

さて、リンゴ狩りが終わってから、「軽井沢に行きたい」という嫁の軽~い言葉に付き合う形で、国道292号を走りました。
軽井沢って・・・中野市から結構な距離があるんだぞ・・・。


途中の志賀高原は紅葉が綺麗かなと思っていたのですが、11月に入ると志賀高原は紅葉を見るにはちょっと遅い雰囲気でした。
ん~、さすがに1000mをはるかに超える高原は11月じゃ遅いわな。
しかぁし!
紅葉よりももっといいものを魅せていただいた!
標高1600mよりも上は、紅葉を飛び越えてなんと雪景色!
下の写真は1650m付近の「平床」というところですが、ここからうっすらと雪が積もり始め、正面に見える志賀高原のゲレンデは真っ白!
20171105134840.jpg


実はこの前日に日本列島は冬型の気圧配置になって、標高の高い山間部は雪が降ったみたいです。
でもその翌日、つまりこの日は高気圧に覆われて広~い範囲で快晴!
信州の高い山は、真っ青な空の下雪化粧し、見事な景色となったのでした。
20171105134926.jpg



まさかの雪と青空のコラボにテンション上がる!
ハンドルを切るたびに、圧巻の雪景色!まさかこんな景色に出会えるとは全く思っていませんでした。
途中いろんな場所で車を停めながら、夢中で写真に収めました。
私は北陸の人間ですが、やっぱりシーズンで初めて雪を見た時はいつになっても心躍ります。
特に青空の下の初雪なんて、滅多に体験できませんからね~。
20171105135458.jpg


せっかくだから、オープン前のゲレンデに立ってみました。
気温は0℃近く。麓に比べると信じられないくらい気温が低い。
しかも風が強めに吹いていたので体感温度はさらに下がり、とてもじゃないけどゆっくり写真など撮っていられないくらい寒かったです。
樹木には雪や氷が張り付き、樹氷のようになっていました。
20171105140008.jpg

20171105135820.jpg


今シーズン初の雪に興奮する姉妹たち。
見ての通り、冬用の服など用意してこなかったので、結構薄着で雪の中をはしゃぎまくっています。
20171105135840.jpg


そして、滑ってずっこけて雪まみれになって泣く。
ここまでがテンプレートやねw

20171105135937.jpg



志賀高原の中でも指折りのビュースポットと言えば、「横手山のぞき」という場所。この道を走るときは必ずここに立ち止まって景色を眺めます。
この日は麓こそうっすらとモヤがかかっていましたが、それが雲海っぽくもあってなかなかの絶景!
いっぽうで標高が高い場所は空気が澄んでいて遠く北アルプスの山並みまでクッキリ見えました。
足元に広がる志賀高原は緑の針葉樹と純白の雪のコラボレーション。
20171105142239.jpg

20171105142300.jpg

20171105142952.jpg



リンゴ狩りが目的だったのに、まさかこんな景色に出会えるなんて(笑)。
市街地ではいよいよ秋が深まり始めたかといった感じでしたが、2000mを超える高所はすでに真冬が到来していました。
志賀高原は、これからゴールデンウィークあたりまでのおよそ半年間にわたり、雪に閉ざされた長い長い冬となります。
20171105143006.jpg

20171105144211.jpg



この志賀草津道路の見所の一つが、日本国道最高地点の碑です。
長野県と群馬県の県境にある渋峠(2150m)よりも少しだけ群馬県側にあり、標高は2172mにもなります。そんじょそこらの高い山よりも高いトコロなのですよ。よくぞここまで登ってきました!
日本の国道の総延長は6万7000kmと言われていますが、その途方もない長さの国道の中で最も高い地点がココなのです。
そう考えるとなんだかムネアツ・・・なんですが、胸の熱さが一瞬で凍り付くくらい空気がツメタくて、すぐに車内に退散しました(笑)。
20171105143602.jpg


雪化粧した草津白根山。
普段なら樹木がなく岩肌が露出した殺風景な景色なんだけど、この日は違いました。
真っ白な白根山、これはこれで美しかった。
20171105143438.jpg

20171105144052.jpg


群馬県草津温泉側の遠望。
手前はうっすらと雪が積もってもはや冬の風景、そして標高が低い奥のほうの山並みは木々が紅葉していてまだ秋の風景。
二つの季節が一度に楽しめる景色でした。
20171105143502.jpg



ってなワケで、志賀高原で出会ったまさかの雪化粧でした!
この記事を書いているのは11月下旬で、すでに標高の低い山里にも雪が積もり、金沢や富山など市街地でも初雪を記録した後です。
もはや雪も珍しくはなくなりましたが、11月のアタマに雪景色が見られたということでテンションが上がった週末でした!
20171105142201.jpg

さて、今年はどんな冬になるのやら・・・
できればラクにそして楽しく過ごせる冬になってほしいものです・・・って、それは都合よすぎか(笑)。




<信州フルーツランド 中野インター店>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】490円(30分食べ放題のりんご狩り)
【所要時間】30分

【地図】


【リンク】
信州フルーツランド・中条フルーツ農場
(フルーツ狩り情報などはこちらを参考にしてください)


<横手山のぞき(志賀草津道路)>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料(付近のリフト等は有料)
【所要時間】1時間~2時間(志賀草津道路のドライブ所要時間)

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

長野県 中野市 山ノ内町 群馬県 中之条町 山岳風景 フルーツ狩り ドライブコース 雪景色

2 Comments

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
「兼六園くん」というのが懐かしすぎる!(笑)
そう、この子も早くも6年生です。時が経つのはホント早いものですよね。

11月上旬ということで、当然冬タイヤははいておらず、氷点下の山道の運転はさすがに気を遣いました。
まぁ群馬側からバンバン関東のナンバーの車が来ていたので、通れないことはないだろうと思っていましたが、一部は凍結していましたよ(^^;。
おかげで、とてもすがすがしい雪景色を楽しむことができました。

さて、金沢の平地で雪が積もるのはいつでしょうかね。
初雪はもう済んだみたいですし、師走に入ったので積雪は時間の問題かな。
早くタイヤ換えないと・・・(汗)

2017/12/03 (Sun) 09:16 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

あの兼六園君がこんなに大きくなったんですね・・・・・

って、車で6人移動は大変。
さては、キャンピングカーに買い換えましたか?(苦笑)

しかし、11月の上旬でこんな真っ白とは。
先日、地元でも霰降ったし、今年の冬将軍は手ごわそうですな。

2017/11/25 (Sat) 20:49 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment