19 2017

飛騨せせらぎ街道と大倉滝の紅葉/水の音と深まる秋を楽しむドライブ&ハイキングコース

2017年の紅葉シーズン、皆様はどこかへモミジ狩りに出かけましたか?
今年はガッツリと遠出をしての紅葉巡りはしていないのですが、比較的近場で子供たちも連れて気軽に行けるような紅葉名所をいくつか回ってきました。

まず最初に訪ねたのは11月のはじめ。
岐阜県を代表する紅葉名所であり、ドライブやツーリングの人気コースにもなっている「飛騨せせらぎ街道」です。


この道の紅葉はいろんな楽しみ方があります。
車窓を楽しむのもアリですが、できればいろんな場所で車を停めてゆっくり楽しんだほうが絶対Good!
色づいたモミジのある公園で紅葉狩りしたり・・・
20171103110725.jpg


結構本格的なハイキングで、迫力ある滝と紅葉のコラボを楽しんだり・・・
20171103120841.jpg


山の木々や水に触れて大自然を味わう紅葉狩り。
活発な小さな子供たちも楽しんでくれますよ(^^)
ってなワケで、2017年の紅葉レポート、まずはせせらぎ街道からスタートです!

20171103120533.jpg


2017年11月03日 岐阜県高山市 飛騨せせらぎ街道


高山市・郡上市の山間部を走る快走ドライブルート、飛騨せせらぎ街道
その名の通り飛騨地方の山間部流れる渓流に沿って続く道路で、飛騨高山と郡上八幡を結び、長さは70km、標高差は700mにもなります。
11月近くになると街道沿いの山々はてっぺんのほうから次第に紅葉が始まり、麓の郡上八幡まで紅葉前線が駆け下りてきます。
気軽にモミジ狩りとドライブが楽しめるとあって、特に岐阜や愛知など東海方面では知名度の高い紅葉スポットとして人気があります。
20171103111119.jpg


時は11月アタマの三連休の初日。
この時期の北陸・飛騨で紅葉が楽しめるスポットはいくつかあります。
おおむね標高は500~1000mで、たとえば富山県の黒部峡谷鉄道トロッコ列車や、石川県の白山白川郷ホワイトロードの下半分なんかがパーフェクトな見頃だと言えるでしょう。
そして、このせせらぎ街道も11月初頭に見頃を迎える紅葉名所の一つです。
天気はほぼ快晴で、青空の下、赤や黄に色づいた木々を楽しむことができました!
20171103111007.jpg



70kmを超えるロングドライブルートなので、途中散策もしながら全線を駆け抜けるとそれなりに時間がかかってしまいます。
が、どうしてもこの時期だからこそ時間をかけてでも向かってみたい先があるんです!
それはせせらぎ街道随一のシャッタースポット、「大倉滝」です。

大倉滝への行き方は3つ。
①百滝コース
②いにしえコース
③眺望コース

の3つのコースがあります。
大半の人は車で滝の近くまで乗りつけられる「③眺望コース」を選択すると言われていますが、ここのオススメは「①百滝コース」なんです。

ookurataki_walkingroute.png
(大倉滝へ向かうコースの案内)

百滝って、名前聞いただけでもなんだかワクワクしますよね!
ただしこの百滝コース、駐車場に車を停めてから山の中の遊歩道(おおくら滝遊歩道)を35分(標準的な大人の場合)歩かなければなりません。
片道35分なら往復70分。
子供も連れているからゆっくり歩き、途中ちょっとずつ休んだりしながら向かって、滝のそばで20分くらいまったりするとなると、1時間半はかかるな・・・。
これはなかなかのハイキングになりそうだ。
滝へ続く遊歩道の入口で一呼吸おいて、よし、行くぞ!
20171103111939.jpg

20171103111628.jpg


遊歩道と言ってもほぼほぼ登山道な感じ。
舗装はされていないし、岩場や急な階段などもコース上に立ちはだかっています。
登山靴とまでは言わないけど、せめて履きなれたスニーカーは必要かな。
小さな子連れには少しハードルが高く思いますが、4歳くらいであれば女の子でも頑張れば登れます!(うちの娘が実証済み)
20171103112316.jpg


紅葉した木々に暖かな秋の日差しが降り注ぎます。
あ~、なんともすがすがしくて気持ちがいい。
こういう感じは車の中じゃあ味わえません。
20171103113216.jpg

20171103113422.jpg


「百滝コース」という遊歩道なだけあって、沿道には渓流が流れていて、小さな滝がいくつも見られます。
いずれも規模は小さいんですが、名前のついていない滝も含めれば相当数の滝があるんじゃないかな。
滝が多いから水の音もよく聞こえてくる。
せせらぎ街道の名前にふさわしい遊歩道だなぁ。

マイナスイオンたっぷりだし、せせらぎの音が耳に心地よい。
20171103113017.jpg
(羽衣の滝)

20171103112500.jpg
(流れ落ちる渓流)

20171103112750.jpg
(竜涎の滝)

20171103113945.jpg
(無名の滝)

20171103114806.jpg
(登竜門滝)

20171103114841.jpg
(登竜門滝と紅葉)



・・・ってな具合で、山の紅葉とせせらぎや滝を楽しみながら歩くことおよそ40分。
大倉滝に到着しました!
いや~、ここまでよく頑張った!
20171103115631.jpg


紅葉と大倉滝。
紅葉のピークからほんの少しだけ時期が後ろにズレていたかもしれませんが、それでも見事な光景です。
これを見てこそ、せせらぎ街道を楽しんだ!と言えるのではないかと。
20171103115815.jpg


滝の落差は30m。
数字的に決して大きくはないし、写真でもそんなに大きな滝には見えませんが、実際に真下から見上げると結構迫力あるんです!
20171103115740.jpg


嬉しかったのは虹ですね~。
滝の水飛沫により、見る角度によっては本当にクッキリ見えたし、副虹もうっすらと確認できました。
細かい水飛沫が顔に当たり、火照った体がスーっと冷えていく感じがしました。
20171103120359.jpg

20171103120006.jpg


ここまでよく頑張りました!
ご褒美の虹を存分お楽しみあれ(笑)。
20171103120527.jpg



さて、大倉滝の観瀑の後は、来た道を引き返して駐車場まで戻り、さらにドライブの続きです。
とは言っても、メインディッシュの大倉滝を見終わった後だし、しかも遊歩道でかなりの体力を使ってしまったので、なんかもう充足感に満たされてしまってマジメに写真を撮らなかった(笑)。

標高1000m付近ともなると、辺りの木々は葉が散り始めていてちょっと寂しい雰囲気にも。
20171103125731.jpg


そんな中、ひと際真っ赤な木があったので、パシャリ。
ここの歌碑と真っ赤に色づく木はせせらぎ街道の紅葉の中でも指折りのシャッタースポットと言えます。
駐車場が整備されていて川へも下りられるので、多くの人で賑わっていました。
20171103125045.jpg


せせらぎと紅葉、あるいは池と紅葉、神社と紅葉。
沿線にはこのように紅葉の映えるシーンがあちこちに散らばっていました。
お気に入りのシャッタースポットを探しながらのんびり走るのがこの道の楽しみ方ですかね~。
20171103125250.jpg

20171103133736.jpg

20171103130755.jpg

20171103134532.jpg



ってなワケで、せせらぎ街道の紅葉でした!
ここの紅葉を見に来たのは今回が3回目になりますが、今回は今までで一番綺麗だったと思います。
時期的に良かったのもあるけど、何より天気ですね。
今年の秋は週末の晴天率が妙に低かったように思うのですが、この3連休は天気に恵まれ、今年一番の紅葉狩り日和だったかもしれません。
20171103111201.jpg


今回の記事にはありませんが、せせらぎ街道沿いには魅力的な道の駅もあり、散策を楽しんだりお土産を買いあさったりもできます。
ただこの時期は本当に人が多くて駐車場も大混雑します。
時間に余裕を持って出かけるのが吉かな。



<せせらぎ街道 大倉滝>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】1時間30分(往復とも百滝コースを使用)

【地図】


【リンク】
せせらぎ街道ドライブマップ(ひだ清見観光協会)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

岐阜県 高山市 郡上市 紅葉 ドライブコース 山岳風景 渓谷 ハイキング

0 Comments

Leave a comment