01 2017

夏の郡上八幡に行ってきた!(前編)/街のシンボル郡上八幡城から城下町を見下ろす

夏のとある週末、少しだけドライブをしたくなって、岐阜県美濃地方の山あいにある小さな町、郡上八幡に行ってきました!
東海北陸道を使って金沢や富山から2時間、反対方向の名古屋からなら僅か1時間。
高速のインターチェンジの名前になっている(郡上八幡IC)し、市街地を見下ろす山のてっぺんに立派なお城があって高速道路からもよく見えるので、結構多くの人が郡上八幡という名前くらいは知っているんじゃないかな。

郡上八幡といえばやっぱり「城」。今回の郡上八幡そぞろ歩きは、街のシンボルにもなっている郡上八幡城からスタートです!

20170820123813.jpg
(郡上八幡城)


そして郡上八幡はお城だけじゃないってことがよく分かりました!
街のあちこちに古い町並みやお寺、それに美しい水辺などの見所があって、夏のそぞろ歩きがとても楽しい街だと言えます。

20170820142145.jpg
(やなか水のこみち)

ってなワケで、思いつきで出かけた夏の郡上八幡をお伝えします(^^)。
前編は郡上八幡城。そして郡上八幡の城下町散策は後編で!

20170820143236.jpg
後編 郡上八幡散策はこちら

2017年08月20日 岐阜県郡上市 郡上八幡城


お盆も過ぎて晩夏になったとは言え、暑い一日になりました。
暑い日は海や山などに向かいたくなりますが、この日は雲が比較的多くて海や山の雄大な景色を楽しむにはちょっと空が・・・なので、自然系ではなく文化系の見所、要するに古い町並み散策に向かうことにしました。

金沢からサっと行けちゃう古い町並みと言えば、真っ先に思い出すのは飛騨高山ですが、すでに何度も訪ねているのでイマサラ感ありますし、どうせ高山に行くならお祭りの時期とか桜や紅葉、雪景色などもっと綺麗な時期に置いときたい。

20150705161224.jpg
飛騨高山 さんまち通りの古い町並と高山陣屋をそぞろ歩き


高山のお隣の飛騨古川ってのもなかなかいい街です。用水に鯉が泳いでいるし、最近は某国民的ヒットアニメの舞台にもなってにわかに脚光を浴びるようになりました。
でも何年か前に一度歩いているしなぁ・・・。
20150705122711.jpg
飛騨古川 白壁土蔵街をそぞろ歩き/瀬戸川のせせらぎと鯉が癒してくれる古い町並み


なんて思ってたら、ふと脳裏に浮かんだのが郡上八幡でした。
郡上八幡は街の規模や食べ歩きの楽しさでは高山にかなわないものの、高山とはまた違う魅力があります。
まず第一に、郡上八幡には観光できるお城があり、お城と市街地とセットで城下町の趣が楽しめること。高山も一応城下町らしいのですが、あまりお城というイメージはないですよね。
それから、「水のまち」というサブタイトルがついていること。街のいたるところに綺麗な水が流れていて、暑い夏に訪ねるにはちょうどよさそうなイメージです。
そんなワケで、行き先は郡上八幡にケッテーイ!


さてまず最初に訪ねたのは、街のシンボルでもある郡上八幡城です。
市街地のすぐそばに聳える山の上に城が築かれていて、お城を見るためには軽く「登山」をしなければなりません。
暑いのに歩いて登れるか!と思うでしょうが、幸い車でも城のすぐ近くまで行けます。しかも駐車料金は無料!
ただし非常に狭い山道で所々切り返ししなければ曲がれないコーナーもあったりします。徒歩でお城に向かう人も多く歩いているので、運転には注意が必要です。

駐車場で車を降りれば、目の前に野面積みの石垣が!
20170820123414.jpg


山の中にあるお城だからとにかく緑が多い。
ただの緑ではなくて、秋になると真っ赤に燃え上がるタイプの緑です。
晩秋の頃はさぞや紅葉が美しいと思いますが、5月の新緑の時期もいいでしょうね~。
20170820123554.jpg

20170820132630.jpg


ここの標高は350mほど。
郡上八幡の街自体が盆地で少し標高が高いところにあり、市街地からの高さはおよそ130mとのことです。
20170820131749.jpg


眼下には城下町。いい眺めじゃないですか!(^^)
右のほうには吉田川の流れ、それに東海北陸自動車道の橋脚が見えています。
20170820124100.jpg



郡上八幡城の天守閣を見上げるシャッタースポットより。
城下町の規模を考えるととても立派な天守閣ですが、実は郡上八幡城は廃藩置県とともに廃城になって取り壊されてしまい、今見ることができるこの天守は大垣城を参考にして昭和に入ってから再建されたものなんだそうです(復元天守ではなく模擬天守)。
え~~~、ショック!
もともとの姿を再現したワケじゃないのかよぉ・・・。

模擬天守と聞くとなんかちょっと騙された気分になってしまいます。
もともとの姿はどんな感じだったんでしょうか。
20170820132407.jpg

20170820123941.jpg



でも、各地でよく見られる再建天守に比べると、郡上八幡城の天守閣にはホンモノっぽい重厚感を感じてしまうんです。
それは第一に木造であることと、それから再建からすでに80年以上が経っていて天守自体がもはや文化財的な風格を帯び始めているからなのだと思われます。
ちなみに、現存する木造再建天守としては国内最古だそうですよ。結構すごいじゃないですか!
20170820124500.jpg


チケット売り場より見上げた本丸。
天守閣の手前にある門は本丸門で、入城ゲートになります。左手の小さな櫓は「桜の丸隅櫓」。
20170820124342.jpg



門をくぐると・・・
20170820125516.jpg


真正面にデーンと白亜の天守閣!
20170820131450.jpg


天守閣の内部は資料館になっているので、歴史に興味のある人なら楽しめると思います。
歴史だけでなく、郡上八幡の城下町の特徴なんかもパネルなどで説明されていました。お城を見た後に郡上八幡の市街地を回るゾという人にとってはなかなかの予習材料になると思います。
歩くたびにミシミシと床が軋むのも木造ならでは。
20170820130243.jpg

20170820130342.jpg


天守閣の中に吊り下げられていた巨大バナー。
ほほぉ、紅葉の時期になると郡上八幡城はこうなるのか!
こりゃやっぱり一度見に来ないとなぁ。
それにしても「天守炎上」というキャッチコピーは鮮烈でかなり目を引きますが、「炎上」って文化財的にどうなんだろ(笑)。
20170820130206.jpg


窓から見下ろした桜の丸。
20170820130232jpg.jpg



そして天守閣最上階です。
どこのお城にも共通して言えることですが、天守閣の最上階はとても風通しが良い!
めちゃくちゃ気持ちいいではないか!
ここまで結構歩いて汗だくになっていたのですが、天守閣を吹き抜ける風がとても心地よく、汗もスーっと引いていきました。
そして郡上八幡城の場合、天守閣最上階からの眺めも格別です。
20170820130544.jpg

20170820130632.jpg

20170820130723.jpg


ってなワケで、郡上八幡城でした。
最近、娘たちと一緒にお城を回る機会が多いのですが、少しずつお城が好きになってきたようで、今回も娘たちのほうが楽しんでいるようでした(笑)。
将来は歴女の道を歩むんですかね?
20170820123904.jpg


郡上八幡と言えばお城ですが、お城だけを見てこの街を出てしまうのはあまりに勿体ないと思います。
ちゃんと城下町に下りてその風情も楽しまなきゃ、郡上八幡に来たとは言えないね!
ってなワケで、城下町散策編に続きます。



20170820143236.jpg
後編 郡上八幡散策はこちら


<郡上八幡城>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】310円(天守閣)
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
郡上八幡城(公式)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

郡上八幡 郡上八幡城 郡上市 岐阜県 城下町 天守閣

0 Comments

Leave a comment