28 2017

ゴールデンウィーク鳥羽湾クルーズ/不思議な遊覧船「龍宮城」に乗って、イルカ島へGo!

2017年GWの旅!
今年は紀伊半島をグルっと一周する2泊3日の旅を楽しんできました。
本記事より数回に分けて、紀伊半島で出会った綺麗な風景などを紹介したいと思います!

紀伊半島と言えば本州最南端の地。
「半島」といえども、和歌山・奈良・三重にまたがる非常に大きな半島でして、一日ではとても回り切れません。
でも、かつては国道42号線という下道を延々走っていたのですが、いつの間にか高速道路も整備されて以前に比べるとグルっと一周するドライブが随分ラクになったなぁという印象を受けました。

さて、初日は伊勢志摩です。
目玉にしたのは、子供たちもきっと喜んでくれるだろうと思って行き先に選んだ「鳥羽湾めぐりとイルカ島」という遊覧船の旅。
風光明媚な鳥羽湾の景色や、イルカ島で出会った絶景やイルカとのふれあいをお伝えします!

20170428152909.jpg
(イルカ島から眺めた鳥羽湾の景色)

20170428150525.jpg
(鳥羽湾クルーズ最大の見所、三ツ島)

20170428152006.jpg
(イルカ島のフレンドリーなイルカ)


そして、伊勢志摩でもう一つ外せない絶景地と言えば、志摩半島の英虞湾。
英虞湾を眺める展望台があったので、立ち寄りました!

20170428172625.jpg


ってなワケで、2017年GWの旅のはじまりはじまり。
紀伊半島の魅力を再認識する、いい旅でした(^^)


2017年04月28日 三重県鳥羽市 鳥羽湾


「鳥羽湾めぐりとイルカ島」は、鳥羽市の鳥羽水族館付近(鳥羽マリンターミナル)から遊覧船に乗って鳥羽湾をぐるっと回る一周50分の観光遊覧船クルージング。
単に船に乗るだけではなくて、途中「イルカ島」という離島に寄港するので、ここでイルカショーや散策、釣りなどを自由にひとしきり楽しんでから、再び遊覧船で本土に戻るという、半日くらいかけて楽しむ観光コースになります。

が!

この日は岐阜の養老でいろいろ遊んでいるうちにどんどん時間が経っていき、鳥羽湾に着いたのは15時前。
これは、イルカ島上陸を含む鳥羽湾クルーズを楽しめるタイムリミットになります。
相変わらず無計画というか。。。(笑)。
いや、計画を立てたとしても、家族旅行で計画通り進むことは稀なんだよな(^^;。

ってなワケで、今回の鳥羽湾クルーズの計画は以下のとおり。
途中、イルカ島で1時間だけ散策して、最終便で本土に戻るというものです。

<今回のタイムスケジュール>
鳥羽港(真珠島・水族館前) 14:45発

イルカ島 15:15着

 (およそ1時間の散策)

イルカ島 16:15発(最終の船)

鳥羽港(真珠島・水族館前) 16:40着



さて、真珠島・水族館前の船着き場でしばらく待っていると、僕たちが乗る船が近づいてきました。
ん!?なんか異様な雰囲気が漂ってるぞあの船・・・。
ポカーンと口を半分開けながら到着を待ちます。
20170428144105.jpg


遊覧船の名前は「龍宮城」
かの有名な浦島太郎さん主役のおとぎ話の世界が船内のあちこちに散りばめられているということで、小さな子供受けはよさそうな感じです。
が、なんとなく中華的な匂いが漂い、緑色の屋根とか金色の鯱なんてまんま名古屋城(龍宮城だからなんとなく身近なお城をモチーフにした?)だし、原色コッテリ。
大人にとってはとにかくただならぬ悪趣味感を覚える船ですが、まぁこれで外洋を何泊もクルージングするワケじゃないから多少の落ち着きのなさはガマンしましょうか(笑)。
20170428144127.jpg


・・・ってかさ、
鳥羽湾と龍宮城って何か繋がりありましたっけ!?
20170428144315.jpg


船の外観から漂っていた「ただならぬ悪趣味感」は船内からも漂っていました。
とにかく落ち着かないんですよねぇ。
真ん中にデーンと陣取っている中華レストラン風の丸いテーブルとか、一体誰が座るんやろか。
竿を持って突っ立っているのが浦島太郎らしいけど、そこに立っている理由が分からん・・・。
20170428144543.jpg


そして、悪ガキにイジメられているカメ。
いつの間にかウチの娘も悪ガキに混ざってイジメてるし(笑)。
このカメを浦島太郎が救うことによって、龍宮城でのHappyな生活が始まるんですよね。
20170428144459.jpg


甲板に出ると、乙姫と、玉手箱を開けてしまった浦島太郎。
物語のクライマックスを再現しているんだな~と思いましたが、待てよ、乙姫と対面して玉手箱を開けるってのはただならぬ違和感を覚えます。
これって、まるで乙姫に「いいから早く開けろよ」と脅されて、仕方なく玉手箱を開けたようにしか見えないよね。
20170428144707.jpg


箱を開けた瞬間、急激に老いたことを知ったときの顔。
騙されたことっを悟った瞬間の絶望の顔です。
浦島太郎がちょっとだけ気の毒に思えました。
この顔だけは「よくできているよな~」と感心(笑)。
20170428144721.jpg

そんなこんなで異様な雰囲気満載の遊覧船ですが、慣れってのは怖いもので、15分も乗っていればこの世界観が自然に感じるようになってました(^^;。


船内を探検しているうちに遊覧船は鳥羽マリンターミナルに寄港し、いくらかお客さんを詰め込んで再び出航。
ここからおよそ15分で、イルカ島に着きます。
20170428145604.jpg


途中、遊覧船は鳥羽湾を代表する景勝地として知られている「三ツ島」のそばを通ります。
その名の通り、三つの小島がほどよい間隔で綺麗に並んでいます。
どうしたらこんな地形が出来上がるのか不思議ですねぇ。
20170428150518.jpg

20170428150730.jpg


このテの遊覧船によくある光景ですが、船からエサをあげるせいか鳥がムチャクチャ寄ってきます。
カモメならまだ雰囲気あるんだけど、鳥羽湾の場合はなぜかトンビが多かった。
個体がデカいから近づいてくると大人でも結構ビビります(笑)。
20170428150913.jpg



そうこうしている間に、遊覧船はイルカ島へ入港しました。
イルカ島は、本名を「日向島」(ひなたじま)と呼ぶそうで、周囲2kmの小さな無人島。
鳥羽湾めぐりの遊覧船に乗らなければ上陸することができない島で、全体が「イルカ島海洋遊園地」になっています。
遊園地って言ってもジェットコースターや観覧車があるワケではなく、イルカショーとアシカショーがメイン。あとはお土産物屋さんかな。
ちなみに入園料は遊覧船の乗船料にすでに含まれているので、別途お金を払う必要はありません。
20170428151312.jpg


これぞ昭和のテーマパークって感じですね~。
このテのレジャー施設は最近あまり見かけなくなりました。
時代の流れとともに洗練されるか、あるいは淘汰されるかのどちらかで姿を見なくなっていったと思うのですが、鳥羽湾ではまだまだ健在です。
20170428161120.jpg

20170428151901_1.jpg


「フリッパープール」という施設は、ガラス張りになっていてプールの中が観察できます。
子供たちが近づいていくと、イルカさんがお出迎え。
手の動きに合わせて体を動かしてくれるというサービス精神旺盛さ。とても人懐っこいイルカでした。
20170428152001.jpg



島は標高56mあり、頂上には展望台があって眺めがすこぶるいいそうです。
せっかく来たんだし、頂上の展望台から鳥羽湾を一望してやろうではないか。
じゃないと、フォトジェニックなシーンが一切なく鳥羽湾クルーズが終わってしまいそうなので(笑)。

島の頂上へは徒歩でも登れるのですが、時間があまりなかったのと子供がブーブー言う可能性があったので、文明の利器リフトに頼ることにしました(^^;。
ちなみにこのリフトは入園料とは別料金設定でして、料金は大人子供関係なく往復一人500円、3人だと1500円。
絶対高いぞ!
ですが、「嫌なら歩けば?」ってことなんでしょうね。分かりました、払います・・・。
イマドキの観光地には珍しい一人乗りのリフトで、抱っこ乗りは禁止。あまり小さな子供には向いていません。
この春6歳になった娘がちゃんとリフトに一人で乗れるか心配だったけど、親の心配をよそにちゃちゃっと自分で乗りました。
へぇ、一人でリフトに乗れるんだ~、と、ちょっと感心しながら頂上へ。
20170428152357.jpg


頂上にあったこの看板で初めて気が付いた。
そうだ、ここは一応国立公園だったんだ!
20170428153733.jpg


頂上は確かに眺望抜群。
「ハートロックベル」という恋人の聖地ばりの鐘があり、イルカ島のシャッタースポットの一つとなっていました。
20170428153641.jpg


そして、ひと際高くそびえるのが「富士見展望台」
その名前から、もしかして条件が良ければ富士山が見えるのではと思いましたが、ネットで調べる限り富士見展望台から富士山が見えたという報告は見つけられません。
ってことは、富士見という名前はウソなのか!?
20170428153858.jpg



しかしまぁ腐っても展望台です。
一番上からの眺めは360度の大パノラマ!鳥羽湾では最高の部類に入るのではないでしょうか。
その美しさは思わず息をのむものでした。
では、イルカ島の頂上富士見展望台から眺めた鳥羽湾の風景をご覧いただきましょう。
まずはこちら、鳥羽湾のシンボルともいえる三ツ島が見えています。
20170428152810.jpg


続いて飛島。
まるで飛び石のように幾つもの島が連なっています。
これらの島を境に、手前が鳥羽湾、そして奥が伊勢湾です。
この写真の奥には鈴鹿や四日市などの都市があるハズなのですが、全く見えずまるで広大な海原のようです。
こうやって見ると、伊勢湾って意外に広いことが分かります。
20170428153126.jpg


続いて、写真左が浮島。
写真右がごく一部しか写ってないけど、鳥羽湾最大の島答志島です。
20170428153153.jpg


写真中央の島は、鳥羽湾で2番目に大きい菅島。
そして、鳥羽湾をゆっくり進むのは遊覧船「龍宮城」です。
20170428153253.jpg

20170428153302.jpg


細長く伸びているのがイルカ島の一部。
その奥、白い立派な建物が建っているのが本土です。
20170428153323.jpg



イルカ島の頂上からの眺めを楽しんでから、この日最後のイルカショーを楽しみました。
イルカショーは、普段は「イルカ池」という広いプールで行われるんですが、この時はフリッパープールというちょっと狭いプールで行われました。
プールの規模は全然イルカショーっぽくないんだけど、狭いからこその迫力というか、手が届きそうな間近なところでイルカを楽しむことができました。
20170428160031.jpg

20170428160518.jpg

20170428160453.jpg


イルカを間近に楽しめるからこそ、海水丸かぶりなんてのもあります。
カメラを構えていたら、いきなり海水を被ってずぶぬれになってしまいましたが、下の写真はその直前のものです。
20170428160729.jpg


イルカショーが終わった後、船を待っているときに飼育員さんが僕のところに駆けつけて来て、
「カメラは大丈夫ですか?すみません!」
と謝ってきたのにはビックリしました。
飼育員の方、ちゃんと観客のことも一人一人見ていたんですね。
このイルカや飼育員の方との距離の近さが、イルカ島のイルカショーの他にはない特徴かもと思いました。



島の滞在時間はわずか1時間ほどでした。
あっという間に時は過ぎて、最終の船に乗ってイルカ島を後にしました。
また来たいかって言われると微妙ではありますが、まだ一度も鳥羽に訪ねたことのない人なら立ち寄る価値はあると思います。
何より、子供たちが楽しんでくれたのが嬉しいですね!
ってなワケで、ファミリーにオススメな鳥羽湾クルーズでした。
20170428162352.jpg



三重県志摩市 横山展望台


鳥羽湾クルーズのあと、もう少し足を伸ばして英虞湾(あごわん)が綺麗に見える展望台に立ち寄りました。
その名は「横山展望台」
英虞湾と言えば真珠の養殖で有名ですが、典型的なリアス式海岸で、無数の入り江がある独特な景観も有名。
その英虞湾の様子を高い位置から見下ろすことができる展望台ということで、是非とも訪ねたかったスポットです。
20170428173213.jpg

20170428173242.jpg


横山展望台から眺めた英虞湾の眺め。
まるで川のように見えますが、これは海なんですよね~。
20170428173617.jpg

20170428172707.jpg


美しい海岸風景にしばし酔いしれた夕方でした。
20170428173511.jpg



ってなワケで、GW家族旅行第一日目は無事終了。
今年のGW旅は紀伊半島をめぐる2泊3日の旅でしたが、1日目はあっと言う間に終了。
さて翌日は紀伊半島最大の観光地、那智の大滝を目指します。
紀伊半島は何度か訪ねたことがあるんですが、那智の大滝は初めてなので楽しみでした!



<鳥羽湾めぐりとイルカ島>
【駐車場】あり(有料)
【入場料とか】1800円(遊覧船乗船料+イルカ島入場料 リフトは別途一人500円が必要)
【所要時間】2時間(遊覧船+イルカ島展望台+イルカショー)

【地図】



【リンク】
鳥羽湾クルーズ(志摩マリンレジャー株式会社公式


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

6 Comments

まっさ  

>なべちゃんさん

こんばんは。
なべちゃんさんも伊勢志摩ドライブの記事を上げていましたよね。
今まで鳥羽や伊勢は何度も行ったことがあるんですが、実は英虞湾はまだ一度も見たことがなかったんです。
上から眺めてきましたが、大変綺麗な光景でした。
夕方になってしまいましたが、できれば日の出を眺めてみたい。
きっと綺麗なんでしょうね。

次回の伊勢志摩は是非鳥羽湾クルーズもお楽しみください。
あの「龍宮城」はネタには事欠きませんよ。
珍スポット的でもありますが、でもイルカ島展望台からの眺めはかなりハイレベルです。
それを見るだけでも、コテコテの「龍宮城」に乗る価値はあるってもんです(笑)。

2017/06/03 (Sat) 20:51 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
え!?金沢出張ですか!?
しかもまったり百万石まつり見てみたいってことは、今まさに金沢にお越しになってるところですか??
百万石まつりは今日ですからね。

僕も沖縄出張入らないかな、なんて密かに思っています。
あまり長い出張は厳しいですが、一週間くらい沖縄で遊びたい、じゃなかった、出張だから仕事でしたね(笑)。

では、よい金沢出張を!
ブログの記事を楽しみにしています。

2017/06/03 (Sat) 20:27 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
イルカ島に寒い時期に行くのはちょっと辛いかもしれませんね。
とは言っても、鳥羽なら北陸よりも随分暖かい冬なんでしょうね。

英虞湾を始め、紀伊半島の海は朝日や夕日がとても綺麗なイメージがあります。
今回の旅ではかなわなかったけど、私もいつか撮りにいきたいです!

2017/06/03 (Sat) 20:21 | EDIT | REPLY |   

なべちゃん  

こんばんは。

おぉ!伊勢志摩に行かれたのですね!
横山展望台から見る絶景・・・今年訪れた際の記憶が鮮明によみがえってきます(^^)

遊覧船「龍宮城」は突っ込みどころが多すぎますね。。。
ただ、浦島が玉手箱を開けたときの絶望感はとても伝わってきましたw
(顔も身体も真っ白なのは何故なのか?と問いたくはなりますが・・・)

やはり伊勢志摩、湾内の島々を望む景色は良いものですね。
また行きたくなりました。

その時は是非私も「龍宮城」に・・・あ、いえ何でもないですw

2017/06/02 (Fri) 00:09 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

GWの旅お疲れさまでした

イルカショーや遊覧船といろいろなイベントを満喫出来てよかったです
それにしてもこの遊覧船のデザイン・・・最初から見ていて、飲んでいたコーヒーを吹き出しそうになっちゃいました><


追伸:まさかまさかの金沢出張が入ってきました!
訪れた際は、金沢百万石まつりをまったりと見てみたいなぁ~と思います♪

2017/05/31 (Wed) 22:56 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

GWの旅は鳥羽から始まったんですね^^
僕達も鳥羽には行きましたよ^^
この遊覧船にも乗りましたわ。
なんだ、これは、と僕も思ったことを思い出しますw
イルカ島も行きましたが、寒い時期だったので
早々に撤退しました。
英虞湾、行っていないんですよ~~~
夕景を撮りに行きたい場所です!

ポチッ全部!

2017/05/29 (Mon) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment