13 2017

「一目千本」の桜並木!勝山の「弁天桜まつり」/雪山と鯉のぼりと清流と桜、贅沢な桜景色

「一目千本」とか「千本桜」の異名を持つ桜名所が各地にありますよね。
その名の通り、目を開けさえすればものすごく多くの桜が一気に見える場所。
中でも有名なのは奈良の吉野の桜とか宮城の白石川堤の桜で、僕も死ぬまでに一度はそういう絶景を楽しんでみたいものだと思いつつも、遠くてなかなか行けずにいます。
ところが、実は北陸の福井にも「一目千本」と言われている桜並木があったことを、今まで知らなかった!
「灯台もと暗し」とはまさにこのことか!

その名は「勝山弁天桜」
恐竜の里として全国的に知名度が上がってきた福井県勝山市。
悠々と流れる清流九頭竜川に沿って、「一目千本」の絶景が広がっていました!

20170416150400.jpg

20170416152549.jpg


実際には千本じゃなくて450本程度って言われていますが・・・
細かい数の話はこの際どーでもいい、「スゲー!」と思えればそれでいいのだ(笑)
実際、今回初めてこの場所を訪ねたのですが、どこまでも続いているかのように見える桜並木を見ると、「スゲー」って思いました。
地元金沢にはなかなかこういう景色がないですからねぇ。

20170416154405.jpg

ってなワケで、GW過ぎてからの投稿になりますが、2017年お花見記事のラストになります。
福井県自慢の「一目千本」をご覧ください!


2017年04月16日 福井県勝山市 九頭竜川河畔(弁天桜並木)


金沢からだと車で1時間半ほど、福井県の北東部にある勝山市。
勝山と言ってピンと思いつくのは「恐竜博物館」か、「ジャム勝」(スキージャム勝山)でしょうね~。
僕も今まではそのくらいしかイメージがなかったです(^^;。

ところが、春の桜が咲く時期になると、市内を流れる九頭竜川の畔にめいっぱい桜が咲くということをたまたまこの日丸岡の「竹田の里」で知り、福井県まで来たついでだから行ってみようと思って車を走らせました。
「弁天桜」と呼ばれているその桜名所は、勝山市のえちぜん鉄道勝山駅のほど近く、九頭竜川に架かる勝山橋付近の九頭竜川右岸にあります。
20170416152835.jpg
(九頭竜川に架かる勝山橋)


公共交通機関は鉄道があるものの、超ローカル路線ですから本数はあまり期待しないほうがいいかもしれません。
車でのアクセスがメインになると思いますが、お花見絶頂期の日曜の昼下がりであるにも関わらず気になる渋滞は「全くなし」
どちらかと言うと、県外からも人をバンバン集めるような桜の観光スポットとかではなくて、勝山市内や周辺に住んでいる方が気ままに桜と戯れる、そういう市民のためのお花見スポットであり、先日の小松の芦城公園みたいなものなんだなってのが第一印象。
よって車の数もさほどではなくて安心しました。

勝山と言えば恐竜と先ほど言いましたが、市内には恐竜のモニュメントも見られます。
九頭竜川の畔にも紅いのがいらっしゃったのですが、僕はどちらかというと桜並木の下でほほ笑む下のゆるキャラカップルが気になった(笑)。
20170416153917.jpg
(着ている服に名前が書かれていたけど、「チャマリン」「チャマゴン」なんだってさ。聞いたことねぇ~(笑)。)



さっそく勝山弁天桜の並木を歩いてみます!
桜の季節は「弁天桜まつり」が行われていて、堤の桜並木の下では露店などが軒を連ね、とても賑やかです。
特に夜はライトアップされて綺麗なんだとか。
弁天桜の夜桜はまた次の機会にしよう。
20170416150225.jpg

20170416153829.jpg


九頭竜川に架かる勝山橋の上から眺める景色が一番美かった!
およそ1.5kmに渡って、450本の桜がズラっと並ぶシーンは圧巻でした。
「一目千本」と言われているのもナットクの桜並木でした。
20170416153331.jpg

20170416153426.jpg



今年のお花見シーズンは、タイミングや天気に泣かされました。
開花が比較的遅かったのですが、咲き始めるとあっという間に満開を迎え、北陸で見頃ど真ん中だった週末は1回だけでした。
その貴重な週末の天気があまり芳しくなく、青空の下の桜を楽しむ機会がほとんでありませんでした。
でもこの日は午前中は薄曇りだったものの、午後は次第に青空が広がり、今年初めて真っ青な空の下で桜を観ることができたんです。
良かった、やっと綺麗な桜景色が楽しめたよ!これでもう今年の桜に心残りはありません!
20170416150535.jpg

20170416150451_1.jpg



残雪の春山をバックに咲き誇る桜、これが勝山弁天桜のオイシイ場面の一つかもしれません。
今年の北陸は雪が少なく、里山の雪も割と早めに解けたかもしれません。
20170416153505.jpg

20170416150739.jpg



そして弁天桜のもう一つの見所がコレではないでしょうか。
九頭竜川の風に乗って思いっきり泳ぐ鯉のぼりたち!
端午の節句にはまだ少し早いですが、弁天桜が咲く時期にはこうして九頭竜川をバックにたくさんの鯉が川風に乗って泳ぎます。
それにしても、川の流れとともに本当にいい風が吹いていました。
20170416152344.jpg

20170416152307.jpg


満開の桜と鯉のぼり。
二つの「春の風物詩」の共演が見事でした。
そういえば、今までありそうでなかった光景かもしれません。
20170416151814.jpg

20170416152601.jpg

20170416151157.jpg

20170416151122.jpg




残雪の山と、鯉のぼりと、一目千本の桜。
勝山の弁天桜だからこそ楽しめる贅沢な春の光景に、しばし時間を忘れました。
20170416151349.jpg



河川敷でお花見しているグループもたくさんありました。
ゴザを引いて机まで用意して、かなり本格的だよなぁ(^^)。
そう言えば、桜の絶景が見られる名所は今までいくつも訪ねたし、写真もいっぱい撮ってきたけど、こうやってまったりと桜の花を観ながら飲食を楽しんだことって最近はほとんどないかもしれん・・・。
どちらの花見が好きかって言われたら、僕はやっぱりトビキリの絶景をカメラ片手に数多く回るのが好きだと答えますが、こういういわゆる一般的な「お花見」もきっと楽しいんだと思います。
20170416150838.jpg



いつまでもこの時間が続いてほしいなと思いますが、そういえば娘たちを実家に預けていたんだった!
そろそろ金沢に向かって帰らないといけません(^^;。
満開の弁天桜はこの後さらに夕暮れ時や夜のライトアップで多くの人の目を楽しませたことと思いますが、残念ながら僕が桜を撮れる時間はこれにて終了!
それにしても、本当にいい日に弁天桜に来ることができたなぁと思います。
鯉のぼりと桜の姿をしっかり目に焼き付けて、これにて今年の桜は見納めです。
20170416153718.jpg


ちょっと暑いくらいの陽気でしたが、青空の下で明るい桜景色を楽しむことができました。
今度は夜の姿も楽しみたいです。



<勝山弁天桜>
【駐車場】あり(河川敷が駐車場になります)
【入場料とか】なし
【所要時間】1時間

【地図】


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

福井県 勝山市 弁天桜 九頭竜川 お花見 満開

0 Comments

Leave a comment