-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19 2012

海の日猛暑の日の風景/真夏の千里浜なぎさドライブウェイ・太陽が丘並木・徳光海岸の夕日

海の日の金沢は午前中からグングン気温が上がりました。
なんと午前9時台で35℃の「猛暑日」を達成
この時点では当日の全国一の気温をマークしました。

外に出た瞬間に異様な暑さを感じ、環状道路の温度計を見てみると・・・
猛暑の中の温度計 金沢市の幹線道路にて

ひぇぇ。
36℃っすか!
今はまだ10時過ぎですよ!!
どこまで上がるつもり!!!


今となってはこれよりももっとセンセーショナルな温度計はUPされているでしょうが・・・(笑)。
ちなみに、この温度計はモロ日向に設置されていますが、表示される気温は気象台の観測値にかなり近い数値であることは実証済み。
現に、この写真を撮影した時間、金沢市は36.4℃(当時としては今年に入ってからの全国一の高温)を観測しています。

そんな今日は海の日。
そうだ、海へ行こう!


2012年07月16日 石川県羽咋市 千里浜なぎさドライブウェイ


石川県の観光地の中で、ズバ抜けて「他にはない」と言い切れるのがこの海岸。
自動車で砂浜を疾走することができる、「なぎさドライブウェイ」です。
大盛況のなぎさドライブウェイ

真夏の千里浜なぎさドライブウェイ(石川県羽咋市)


猛暑日に加え海の日。
そりゃあ誰だって海に来たくなりますよね。
真夏のなぎさドライブウェイは、まるで延々と続く駐車場、「なぎさパーキングエリア」のようです(笑)。
間違っても、砂浜を「疾走」することはできません(^^;。

ちなみに・・・
千里浜海岸がなぜ車で走れるかといいますと・・・、
この砂浜の砂の粒子が大変細かく、それらが適度な海水を含むことで固く引き締まり、自家用車でもバイクでも観光バスでもハマらないってワケです。
このような砂浜は全国でも極めて珍しい・・・ってか、ここくらい!?
走ったことがない方は一度試してみてください。
普通のアスファルトを走るのとあまり変わらない感覚で波打ち際のドライブが楽しめます。

さて、普段のこの道は別段ルールもなく、飛ばしたきゃ飛ばす、止まりたきゃ止まる、ドイツのアウトバーンも真っ青なお気楽な道なのですが(かといって危険な運転はNG)、やはり多客期はいろいろと制限が加わります。
砂浜には道路標識がお目見え。これも夏の風物詩・・・かもしれません。
なぎさドライブウェイ 海水浴シーズン限定の道路標識

最高速度30km/h、本線(とされている部分)は駐車禁止。
さらに追い越しも禁止です。
真夏は本当に沢山の人や車で賑わいますので、運転にはくれぐれもお気をつけくださいね。



石川県金沢市 太陽が丘


それにしても暑い・・・。
金沢市は昼下がりに最高気温36.8℃を観測。
これは、群馬県館林の37.6℃、富山県魚津市の36.9℃に次ぐ、海の日全国第三位の高温でした(^^;。
金沢でここまで気温が上がるのは結構珍しい。
7月としては観測史上4番目、通年では2004年08月02日に記録した「37.4℃」以来です。
道理で、最近経験しなかった暑さだったワケだ。

日差しが強く、空が青い。
クラクラしてしまうほどの暑さですが、こんな日は何気にクッキリした風景写真が撮れるんですよね。
太陽が丘のメタセコイア並木も、いつにも増して鮮やかでした。
太陽が丘 真夏のメタセコイアの並木道

太陽が丘 真夏のメタセコイアの並木道

猛暑の中 太陽が丘のメタセコイア並木



石川県白山市 徳光海岸


さて、海の日の締めくくりは海に沈む夕日を見ようと、白山の徳光ハイウェイオアシスへ。
沈む少し前に、海が金色に輝く様子がとても綺麗でした。
波打ち際で遊ぶ人たちのシルエットが印象的でしたね~。
海の日 黄金色に輝く日本海(白山市徳光にて)

夕日で輝く海と親子連れ(白山市徳光にて)


非常に暑い一日でしたが、だからこそ海での思い出を作れた人も多かったと思います。
そんなワケで、2012年の海の日は終わってみれば「いい日だった」と言えそうです。
海の日 日本海の夕暮れのシーン



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

海の日 猛暑 猛暑日 千里浜 なぎさドライブウェイ 白山 徳光 夕日

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。