花咲く季節 そうだ!なばなの里へ行こう!/イルミの名所で河津桜のお花見散歩

 09, 2017 09:28
三重県桑名市にあるなばなの里
冬から春にかけて国内最大級のイルミネーションに彩られるのは結構有名な話で、地元東海地方以外の人にとって「なばなの里と言えばやっぱりイルミネーションっしょ」というのがなんとなく共通の認識のような気がしています。
ですが、そもそもなばなの里のジャンルは「植物園」であり、いつ訪れても四季折々の花が楽しめる花と緑のテーマパークってのが本業のハズ。
今回はイルミネーションではなく、季節の花を楽しむためになばなの里を訪ねました。

3月下旬のなばなの里の主役と言えば、やっぱり河津桜!

20170325141252.jpg

20170325122704.jpg

見頃後半って感じでしたけど、見頃は見頃!
ソメイヨシノよりも一足早く春爛漫を味わうことができましたよ~。


2017年03月25日 三重県桑名市 なばなの里


そうだ、花を見に行こう!
というノリで朝から高速をかっ飛ばしてやってきたのは三重県なばなの里。金沢から車で3時間。途中休憩も含めると4時間くらい。朝ゆっくりめに出てきたので、なばなの里に着いたのはちょうどお昼くらいです。

なばなの里はタダの植物園ではありません。(そしてタダで入れる植物園でもない(笑))
「とにかくスケールがデカい」というのがなばなの里の魅力でして、花を見にちょっと遠くへドライブしたい、でも候補がなかなか思い浮かばない、そういうちょっと困ったときは、僕はなばなの里をお出かけ先候補に考えたりします。
そして今回、まさにそのタイミングが来たんですね。

ちなみに今日もいつもの「デコボコ姉妹」が旅のお供です(笑)。
20170325122314.jpg


真冬のイルミネーションの時の激混みのイメージがあるなばなの里ですが、昼間は特別なイベントでもない限り結構空いていたりします。
4月に入ればチューリップやソメイヨシノがワンサカ咲いて賑わうんでしょうが、河津桜や梅がひと段落し、そしてソメイヨシノやチューリップなどが咲き乱れる少し前の言ってみれば狭間の時期とあって、週末だけど園内は静かでした。
おかげで子供たちを安心して歩かせることができましたよ。

入園直後、アンパンマンが隠れているらしいことを知らせるボードが。
小さな子どもはこれを見た瞬間、目を輝かせます。
20170325122040.jpg



なばなの里は、今年に入ってこれで2回目です。
今年の初回訪問はお正月に家族みんなでイルミネーションを見に来たのですが、それからまだ3ヶ月しか経っていないということで前回の記憶もまだシッカリと頭に残っています。
しかし、当然のことながら夜のなばなの里と昼のそれとは表情が全然違うんですよね。
夜には見えなかった花とか、あるいはイルミの骨組みとか電球とか装置的なものがあらわになっちゃってて、あの美しい光の演出の裏側はこうなってたのか!、的な、本編に付属のメイキングDVDを見たような、そんなちょっとトクした気分に浸れましたね。

たとえば、こちらは「光の雲海」というイルミネーションの昼間の様子。
あの光のアーチの地味なこと地味なこと(笑)。それに足元にこんなにも花が咲くなんて知りませんでした。
20170325122504.jpg

20170102182946.jpg


それから、なばなの里のイルミネーションの中でも有名な「光のトンネル 華回廊」も、昼間見ると完全に別モノ、モノクロの世界。
イルミネーションの時はトンネルが人の波で埋め尽くされるのですが、人が全くいないというのがヘンな感じです。
これはこれで、見応えがある光景でしたけどね。
(ちなみに昼間は光のトンネルは立ち入り禁止です)
20170325132425.jpg

20170102193023.jpg


そして「メインテーマ」の舞台。
今年のイルミネーションのメインテーマは「大地」で、世界各国の大自然の様子が見事に光で再現されたものでした。
昼間は骨組みがあらわになって、まるで建設中のライブステージみたいな感じ。
20170325133704.jpg

20170102200245.jpg



さてイルミの話がメインではないのでこのくらいにしておいて(笑)。
春のなばなの里は、いろんな花があちこちに咲いていて目を楽しませてくれます。
3月は梅と河津桜ですが、下旬ともなるとさすがに梅のほうは見頃を終えた感じがします。
枝垂れ梅のとても綺麗な場所があるんですが、もう少し早めに来て見ておきたかった気もするなぁ。
20170325124124.jpg


梅苑で梅に代わって咲きだしていたのがスイセン。
まだ咲いていたのは一部でしたが、やがて足元を黄色やクリーム色に染めることでしょう。
20170325123946.jpg

20170325123651.jpg

20170325123911.jpg



3月下旬のメインの花は、何と言っても河津桜ですかね~。
今回はこれを目当てになばなの里まで来たと言ってもいいくらいです。
本当は青空をバックに咲く桜を拝みたかったんだけど、あいにくの曇り空。日差しもほとんどなかったのが残念でしたけど。。。
でも河津桜のピンクは曇り空でもしっかり色が出ます。
20170325122643.jpg


なばなの里には多くの桜の木があり、3月は河津桜が、そして4月はソメイヨシノが楽しめます。
河津桜の見頃は例年3月いっぱいということで、3月下旬のこの時期は見頃がそろそろ終盤かな~って感じで、だいぶ葉が目立つようにはなっていました。
でもソメイヨシノと違って河津桜は葉っぱが出てきてもすぐに花が散ることはありません。
葉っぱがないピンク一色もいいけど、ピンクと緑の共演も河津桜らしくてGoodです。
20170325130323.jpg

20170325122624.jpg

20170325123016.jpg


河津桜と菜の花のコラボレーションも見られました。
これは本場伊豆の河津で楽しみたい光景です。
20170325132328.jpg


満開の河津桜による「桜のトンネル」気分が味わえました。
20170325124955.jpg

20170325125643.jpg



ふと桜に覆われた空を見上げると・・・
おや!?あれはもしや・・・
まさかUFOではあるまいな(棒読み)
20170325125800.jpg


いえいえ、UFOではなく、なばなの里名物(!?)「アイランド富士」でございます(お約束)。
デッカイ円盤状の乗り物に乗って、地上45メートルまで上がり、そこで360度グルっと回ってくれるので、眼下のなばなの里はもちろん、濃尾平野を一望することができます。
20170325141349.jpg


しかし、いつも思うんだけどなんで富士山なんだ!?
別に富士山見えるわけじゃないのに、ちょっと唐突過ぎやしないかい?
デザインもちょっとリアリティがなくてどちらかというとバカっぽくてですね(笑)。
どうせなら富士山がないほうが引き締まった感じがしていいと思うんだけどなぁ。。。
「富士山と桜」を撮ってみたけど、やっぱホンモノと全然違うわ(笑)
20170325125702.jpg


人が割と少ない園内だから、天空を舞うアイランド富士はひと際目立つわけで。
当然子供たちは「あれに乗りた~い」ってなるワケです。
ところがアイランド富士は入園料とは別料金で、大人500円、子供300円が必要です。2人の子供を連れて入る場合は1100円もかかっちゃうんですよね。
かなり躊躇しましたが、どうしても乗りたいという娘の願望を断ち切ることはできず、今回初めて乗ることにしました。
20170325130736.jpg


しばし地上45メートルの空中散歩。
園内の様子が手に取るようにわかります。
もう少し天気が良ければ、遠くの山などが綺麗に見えたんですけどね~。
20170325131241.jpg

20170325131102.jpg



河津桜が終わると、次のなばなの里の主役はいよいよチューリップです。
例年3月下旬から見頃になるそうなんですが、今年はちょっと遅れがちなのかな、まだほんの一部しか咲いていませんでした。
20170325132621.jpg


この広大な「花ひろば」をチューリップが埋め尽くすそうなんですが、咲き揃うといったいどんな絶景になるんでしょうかね。
今年は厳しいかもしれませんが、また機会があれば満開のチューリップを拝みに来てみたいです。
20170325132723.jpg


あ!
そういえばアンパンマンはどこにいるんだっけ!?

危うく忘れるところでした(笑)
花ひろばに咲いている無数のビオラの花。青・赤・黄・紫、とてもカラフルですが・・・
20170325133215.jpg


引いてみると、なんとアンパンマンのキャラクターたちだったんですね~(^^)
子供たちもこれには驚いていました。
20170325133435.jpg

20170325133042.jpg



ってなワケで、春の花咲くなばなの里でした。
この時期、北陸ではまだ桜の便りはほとんど聞かれなかったんですが、一足早く春爛漫を楽しむことができただけでも良かったと思います。
なばなの里は四季を通していろんな花が楽しめますが、ちょうど3月から4月にかけてが最も華やかな時期なんだそうです。
今はチューリップも満開だろうし、もし春のお出かけ先に迷ってるなら、なばなの里を訪ねてみてはいかがでしょうか。
夜なら桜とイルミのコラボも楽しめるみたいですよ(^^)
20170325141331.jpg




<なばなの里>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】2300円(1000円分のクーポン券付。アイランド富士は別料金。)
【所要時間】2時間

【地図】


【リンク】
なばなの里


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Tag:なばなの里 河津桜 三重県 桑名市 チューリップ

COMMENT 0