-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 2017

能登半島から冬の北アルプスを望む!/奥能登珠洲からも海越しに3000m級の山々が見えました!

2017年02月04日 石川県七尾市・珠洲市・能登町 能登内浦海岸


冬の北陸は連日曇りや雨・雪が続き、ウンザリすることもしばしばです。
せめて白銀の世界が広がればまだ救われるけど、近年は必ずしも雪景色が楽しめるワケではないですからね・・・
そんな北陸に住んでいると、冬のとびきり澄んだ青空が恋しくなり、稀にそんな空が広がった週末になると、とにかく景色を見にお出かけしたくなります。

北陸には、冬晴れの日に是非とも楽しんでほしい景色があります。
それは真っ白な雪をいただいたダイナミック山並みが連なる、北アルプス・立山連峰の絶景!
特に海の上に3000m級の山々が連なるシーンは、日本はおろか世界中探しても、この北陸くらいしか見られないそうです。

この絶景を楽しむためには、お膝元の富山県がベストなワケですが、何も富山だけの光景ではないのだ。
冬の北アルプス遠望を気軽に楽しみたいなら、能登半島の奥能登だって超オススメです!

20170204162938.jpg

20170204153622_1.jpg


能登半島には温泉もあるし、最近は「能登丼」というグルメも流行ってるし、冬だっていろいろ楽しめます。
今回は冬晴れの能登半島に向かい、「海の上の北アルプス」を中心に堪能してきました!
その様子をご覧ください。

20170204122856.jpg


七尾市 和倉温泉


冬の北陸にしては珍しく晴れ渡った2月の週末。
めちゃくちゃ空が綺麗だったので、家に閉じこもってはいられず、娘二人を連れてドライブへ出かけました!
どこか遠いところへ行きたくもなるんですが、家を出たのがすでに11時とかだったんで(遅!)、行けたとしても石川富山あたりだろうと考えましたが、ふと、「こんな天気のいい日に能登へ出かけたら、綺麗な海岸風景が楽しめるんじゃないだろうか、あわよくば北アルプスや立山連峰も!?」なんて思い、能登に向かってハンドルを切りました!

でも単に運転して写真撮って・・・じゃ子供たちがあまりいい顔しないだろうから、ちょっと変わった体験(・・・っていうほど珍しいものでもないけれど)ということで、まずは七尾市にある和倉温泉に。
七尾湾はとても穏やかで、ほぼ快晴とも言える冬晴れの青空を映していました。
20170204124628.jpg

20170204124554.jpg


和倉は北陸を代表する温泉街で、多くの観光客がやってくる能登の観光拠点です。
和倉と言えば、高級旅館「加賀屋」が代名詞にもなっていますね。
加賀屋さんは「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」で36年連続総合一位を獲得してきた老舗旅館ですが、残念ながら昨年首位を福島の旅館に奪われてしまい、話題になっていました。
僕たちの世代は、生まれた時からあるいは物心ついた時から「日本一の旅館と言えば和倉の加賀屋」でしたから、この首位陥落のニュースはちょっと衝撃的でした。

さてそんな和倉温泉ですが、気軽に立ち寄れる足湯があるのでさっそく入ってみました。
和倉温泉の「湯っ足りパーク」というところにある、「妻恋舟の湯」です。
ところで足湯って、入る?浸かる?浸ける?
なんて言えばいいんだろう(笑)。
20170204124327.jpg


初めて和倉の足湯を体験したんですが、この足湯施設は思っていたよりも結構大きい。
それこそ湯っ足りと入ることができます(^^)。
この日は冬期間だったため板の壁がうちつけられていますが、冬以外なら下の写真の左側の板は全て取っ払われてオープンエアーとなり、眼前の七尾湾の風景を眺めながら足湯を楽しめるそうです。
20170204123837.jpg


チョロチョロと流れ落ちる温泉。
足湯はちょうどいい湯加減でしたが、ちょっとこのお湯を足で触ってみたところ、やけどしそうなくらいむちゃくちゃ熱かった!
(当たり前だっつーのっ!)
小さなお子様連れは、直接当たらないように気をつけたほうがいいかもね。
20170204122738.jpg


比較的暖かい日ではあったんだけどね。
でも冬場の足湯はホント温まります。
娘たちも思った以上に喜んでくれたみたい。小さな子どもも足湯は好きなんですね~。
20170204123411.jpg

20170204123342.jpg


七尾市 別所岳サービスエリア


さて、お次は和倉温泉から車で30分ほどのところにある、のと里山海道の別所岳サービスエリアに立ち寄りました。
ここは別所岳という山の中腹にあり、能登半島でも比較的雪が多い場所です。七尾や和倉温泉では全く雪が無かったけれど、サービスエリアは雪が残っていて真っ白でした。
ここには七尾湾を一望できる「能登ゆめてらす」という無料の展望施設があり、ちょっとした人気スポットになってます。
晴れて運のいい日には、七尾湾や能登島の向こうに遠くアルプス、立山連峰まで遠望できるということで、ちょっと期待が高まります!
20170204132953.jpg


この日は立山が見えるのはほぼ間違いない(道中すでに見えていた!)。
この展望台に登れば、きっと綺麗に見えるに違いない!
期待が高まります!
ちなみにおそらく冬季だからだと思うのですが、展望台へはエレベーターでしか行けませんでした。
眺めの良さそうな階段やスロープは立ち入り禁止でした。
20170204133124.jpg



展望台から眺めた景色は、やはり最高でした!
目の前に広がるのは七尾湾と能登島、その向こう側にはまるで屏風のようにそびえる真っ白な北アルプス・立山連峰の3000m級の峰々がクッキリ!
空気が澄んだ冬だからこそ見られる、能登の絶景です。
20170204133433.jpg


アルプス北側。
白馬連峰(2932m)とか新潟焼山(2400m)とか、そのあたりでしょうか。
金沢からはなかなか見られない山並みです。
20170204133440_1.jpg


アルプス南側。
逆光気味になるから若干霞んでしまいますが、立山連峰が見渡せます。
剱岳(2999m)、立山主峰(3015m)、薬師岳(2926m)が見えています。
20170204133440_2.jpg


真正面に見える白馬連峰。
加賀の明峰白山を彷彿とさせる真っ白で美しい容姿です。
20170204133518.jpg


能登島と本土を繋ぐ二つの橋、手前の「ツインブリッジのと」と奥の「能登島大橋」が見えています。
その向こうにあるなだらかな山は薬師岳ですかね~。
20170204134010.jpg


このサービスエリアは奥能登方面へ向かう時にはちょくちょく休憩に使っていたのですが、この展望台に立ったのは初めてです。
七尾湾の景色が綺麗だとは聞いていたけれど、こんなに綺麗にアルプスの峰々が見える日は少ないかもしれません。
いい日に来ることができました!

ただ、能登ゆめてらすから眺める3000m級の峰は、いずれも海の上にそびえるものではありません。
展望台と富山湾の間には能登島や崎山半島があり、その低い丘の上に見える形となります。
能登に来て北アルプスや立山連峰を眺めるなら、やっぱり海の上にそびえる姿を眺めたい!
ってなワケで、さらに能登半島を奥へ奥へと進みました。


珠洲市 見附島(軍艦島)


能登半島から美しい立山連峰を眺めるスポットと言えば、半島の付け根にある富山の氷見が有名ですが、僕が向かったのはそっちじゃなくて半島のもっと奥のほう。
珠洲市にある能登を代表する景勝地見附島(軍艦島)です。
ここまで来ると立山やアルプスからは結構距離が離れてしまいますが、それでもくっきり見えてました!
20170204153155.jpg

20170204154302.jpg



散歩をしていた地元の方にお話を聞いたのですが、ここまで綺麗に見えるのはやはり珍しいとのことでした。
能登の内浦海岸からこれらの山が見えるのは、年間20~30日程度と言われています。その中でもいろんな見え方があるわけで、中にはボンヤリしていたり、曇り空だったり、山頂が雲隠れしたりする日もあると思います。
快晴の空となるともっと少くて、数える程しかないでしょうね。
改めて、いい日に来たなと(^-^)
一度見てみたかった、軍艦島の勇姿と美しい冬の北アルプスの絶景、しかと目に焼き付けられました!
20170204153622.jpg


軍艦島に雪が積もっていたら最高だったかも!?
いやいや、そこまで贅沢は言えないか。
20170204153829.jpg


世界的に見ても珍しい、海上にそびえる3000m級の山々の景観。
これは何も富山県の専売特許ではなく、石川県からも楽しめます。
富山県に比べて遠いから山並みが少し小さいし条件も厳しいけど、港の防波堤や市街地の煙突が割り込んでしまう雨晴なんかに比べると、奥能登からの景観はまさに海の上、水平線上に壁があるみたいに見えます。
対岸の平地が見えないのは、やっぱり地球が丸いから!?
20170204154040.jpg
(白馬岳方面 多分・・・)

20170204160903.jpg
(火打山・焼岳方面 多分・・・)


こちらは立山や剱岳。
残念ながら立山連峰は陸地の上になっちゃうんだね~。
20170204154128.jpg


こんな日はめったにないんだぞと娘に言っても、あまり響かないようで。
それよりも鐘の音のほうがよほど心に響いたか(笑)
20170204153347.jpg


能登町の海帰り道にふと出会った海岸風景と北アルプス。
珠洲市のお隣、能登町真脇の海です。
内浦海岸ではもうずっとこのような絶景を眺めながらの爽快なドライブでした。
ほんとに見とれてしまうので、脇見運転に気をつけないと!
20170204162702.jpg

20170204163039.jpg



さて、ここまでは能登半島からの北アルプスや立山連峰でしたが、ここからはおまけで、金沢市から見た北アルプス、立山連峰も少しだけご紹介!

2016年12月03日 石川県金沢市 医王山夕霧峠


実は、金沢市からも条件が良ければ立山連峰が見えます。
だけど市内から見えるエリアは海岸に比較的近い場所に限られていて、大半の市民は山の陰になって見られないか、もしくはビルに隠れていて気がつきません。
それに多分、晴れていても探そうとしない。
普段の会話の中で、「今日は立山見えたね~」っていう言葉を今までほとんど聞いたことがないんですよね。クッキリ見えていても!
まぁ金沢市民にとって立山ってあまり思い入れがないんですよ、きっと。

でも僕は違います!
見えそうな日は、海岸部じゃなくて市内の山の方へ向かいます!
富山県との県境、医王山の夕霧峠というところです。
20161203134129.jpg


この日は初冬でまだ積雪がなく、車で一気に峠まで走りました。
峠には小さな展望台があって、ここからの眺めが何気に絶景!
おそらく、金沢市内で車で到達することができる場所の中では屈指の景観スポットだと思います。
20161203134152.jpg



西に目をやれば、日本海と金沢市街が一望できます。
夜にここから眺める夜景や漁火はほんとに綺麗。
ただし山奥過ぎて夜はちょっと勇気が必要。
20161203132235.jpg


振り返って東に目をやれば、ガラッと雰囲気が変わって富山の砺波平野と南北に長く続く北アルプスの峰が見えます。
20161203132418.jpg



立山連峰や北アルプスが見えるかどうかは、実は自宅を出てからこの展望台に立つまでは全く分かりません。
賭けなんですが、この日は読み通り綺麗な姿を見ることができました!
こちらは立山・剱。
20161203132948.jpg


立山連峰へズームイン。
20161203132615.jpg


特筆すべきは、立山連峰だけでなく、槍・穂高も見えることです。
能登や高岡の海岸からはさすがにこれらは見えませんが、金沢からなら見えるんです。
(まぁ限りなく富山に近い、というか半分富山に足突っ込んでる場所だけど)
20161203132916.jpg


槍ヶ岳って、やっぱり特別ですよね。
山好きの人はもちろんだけど、僕みたいに山を登らない人でもその姿は憧れです。
展望台でも多くの人が、「槍ヶ岳はどれ!?」「槍見えてる!」って騒いでいました。
20161203132728.jpg

20161203132801.jpg



ってなワケで、石川県の能登半島、それに金沢近辺から眺めた北アルプスや立山連峰、いかがだったでしょうか!?
僕の予想だと、結構多くの人にとって石川県と北アルプスって結びつかないんじゃないかと思います。
でも天気が良ければこうやって石川からも3000m級の山脈を楽しむことができるんですよ~。
20160208113233.jpg
(金沢近郊の内灘町より立山連峰を望む)


毎冬一度くらいはこういう天気の日に山を見にドライブしたいと思ってるんですが、この冬も見られて良かったです!



<和倉温泉 妻恋船の湯(足湯)>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】20分

【地図】


【リンク】
和倉温泉観光協会


<別所岳サービスエリア(能登ゆめてらす)>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】



<見附島>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

- 14 Comments

まっさ  

>隼斗さん

パワフルHIROさんのブログより、お越しいただきありがとうございます!

富山県の方と立山連峰って、切っても切れない関係ですよね。
毎朝まずは立山のほうを見て、今日の天気を知る、そんなイメージです。
建物の設計も、立山が綺麗に見えることを意識した作りになっているなんて、いかにも富山らしいですね!

石川県からもご覧のように立山連峰・北アルプスが綺麗に見える日が年に何度かあります。
富山に比べれば随分遠くに見えるのですが、石川県民にとってみれば、立山が綺麗に見える日は単に天気がいいんじゃなくて、「年に数度の極上の青空」の証明にもなってます。
隼斗さんも、そんな日に石川県をドライブできればいいですね!

今後も当方のブログをよろしくお願いします!

2017/03/04 (Sat) 09:38 | EDIT | REPLY |   

隼斗  

立山連峰の魅力に圧倒されました

富山県民はとにかく見えたら1日に何回も見るとテレビで紹介されたくらい、
とにかく雄大な立山連峰が大好きです。
一つの山だけが高い富士山とは違って、3000m級の山岳が広大に並ぶ光景に圧巻します!!

富山市内のビルの間から見えるこの立山連峰や、オフィスから見える立山連峰に癒されてるサラリーマンやOLも多く、
テナントの中には休憩室は立山連峰が一望出来る側に設計する会社も増えてるんですよ。
仕事の休憩時間、見ててホントに癒されますし、登山したい思いが強くなります。

今回、知人のパワフルHIROさんのブログで、こちらのブログを紹介されており、
絶賛されておりましたので、初めて訪問して自分も感動中。
石川県からの眺めも最高だと知り、石川県へのドライブが今年はもっと増えそうです。
しかし最高に恵まれた天気での撮影が羨ましいです。

2017/02/22 (Wed) 11:24 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>金沢小町さん

こんばんは♪
この日はスカっと澄んだ真っ青な青空だったので、さぞや雨晴は綺麗だろうなと思ったんです。
もちろん雨晴海岸へ走ることも考えたのですが、もっと遠いところからも立山連峰が綺麗に見えるんじゃないかと思い、能登に向かいました。
案の定、美しい北アルプスの光景に出会えました。

立山は登るもよし、眺めるもよし、本当にいい山ですよね。
特に冬の富山平野からの眺めは、富山県民が羨ましくも思います(冬晴れの白山も相当綺麗ですが、金沢市街からはあまり見えませんからね・・・)。


また来年も、海越しの真っ白な3000mをどこかで楽しみたいと思います!

2017/02/18 (Sat) 23:16 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みぽははさん

やっぱり・・・あの山ってクマがいっぱい生息してますよね。
若い頃は夕霧峠へ夜景を見によく行っていたものですが、その話を聞くと夜の夕霧峠には近づけなくなりました(^^;

しかしあの峠からの朝日も綺麗なんでしょうね。夏の時期だとちょうど立山連峰あたりから太陽が顔を出すのかな?
私はまだ見たことがないんですが、いつか見てみたいと思っています。
それから、きっと条件が良ければ砺波平野方面に雲海が見られるかもしれませんね。
そういうのを狙えるのは、定年退職した後かな(笑)。

能登は雪が少ないイメージですが、途中の里山海道は結構山の中を走るので真冬は雪が多いです。
3月になれば雪も解けているでしょうが、なるべく早めに行かないと春霞に包まれちゃいます。
春はすぐそこだし、急ぎましょうね!

2017/02/18 (Sat) 23:09 | EDIT | REPLY |   

金沢小町  

立山の魅力

立山の魅力に取り憑かれた1人です(*^^*)
冬晴れは内灘に走りますがなかなかスッキリ見れませんよね(^-^;
この日は朝から晴天だったのでもしや?と仕事帰りに一気に雨晴海岸へ走ったんですよ
雨晴で撮ってたので能登半島もきれいに見えていましたよ( v^-゜)♪
もちろん一眼レフがたくさん居ました( ´艸`)ムププ

2017/02/18 (Sat) 15:43 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

立山連峰が素晴らしく撮れていて思わずため息が・・・

夕霧峠からの朝日を撮りたくて夜明けを目指してルンルン気分で
車を走らせ行ったのですが
朝日を撮り終え帰る準備をしていたら
近くにいた人が「そこと」「こっちと」「あそこが」と指さし
クマのねぐらだよと淡々と教えてくださり
大急ぎで帰ったことも懐かしく思い出されます

雪道の運転は自信がないので3月に入ったら
一度能登へ行こうかなんて思っていますが
素敵な自然が撮れるかしらと楽しみにしています。

まっささんのアルバムは人を誘いますね

2017/02/13 (Mon) 18:21 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
そちらからだと、富士山のクッキリ具合で空気の透明度が測れそうですね。
真冬に湘南から見た富士山の美しさったら、今でもしっかり覚えています。


能登や金沢は、普段は立山連峰や北アルプスが見えないんですが、このように真冬の晴れ間が広がった場合に限っては、比較的高確率で見ることができる気がします。
やはり遠い景色がクッキリ見えるのは冬ですね!
気温が低くて空気中の飽和水蒸気が少ないからでしょうね~。

やがて空が霞む春がやってきます。
この日みたいなクッキリとした山々は、この冬あと何回見られるかなぁ。

2017/02/12 (Sun) 17:21 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

素晴らしい眺めに見惚れます。
ほんとに冠雪のアルプスが近くにあるように見えてますね。
こちらも空気の澄んだこの季節は海岸線から江の島にいる人が
見えるくらいに近く見えたり、伊豆の山々がくっきり、
電柱までみえてるって時がありますよ。
今だけのお楽しみかもしれないですね。
それにしても素晴らしいアルプスの山々の姿です

2017/02/12 (Sun) 07:12 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>なべちゃんさん

こんにちは♪
地元の方もビックリするくらい綺麗に見えていました。

以前、夏の猛烈フェーン現象の時に、同様に奥能登からクッキリとした立山連峰や北アルプスを見たことがあるんですが、今回は冬。
夏の黒い姿よりも、やっぱり雪をかぶった真っ白な姿がアルプスの峰々にはお似合いだと思いました。
関東などの太平洋側と違って、北陸の冬は滅多に快晴になることがないので、条件としては厳しくなってしまいます。
でも、なべちゃんさんなら・・・何かが起こりそうな気がする!(笑)

2017/02/11 (Sat) 09:41 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
能登からも綺麗にアルプスが見えるんです!
能登から見たアルプスは、日本海の真上に、それこそ何の障害物もない姿を拝むことができます。
そして、アルプスがとにかく長大であることを実感すると思います。

和倉計画、ポシャっちゃったんですかぁ。
残念でしたね。
私たち地元民は行くとしたら忘年会とか慰安旅行とかになります。
プライベートじゃやっぱり足湯くらいかな(^^)。
和倉は能登の観光拠点として優れているので、もしまた能登旅行を計画される際は和倉に泊まってはいかがでしょうか。

2017/02/11 (Sat) 09:35 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
「立山が見えると翌日雨が降る」は、この地域の割と有名な観天望気みたいですね。
今回もまさにそれが大当たりして、翌日の日曜日は見事に天気が崩れました。

しかし珠洲はやっぱり遠いですね。
今回はところどころ寄り道したし、別所岳で食事したりもしたので、見附島着は15時過ぎていました(^^;。
4時間って、名古屋とかそんなレベルですね・・・。同じ県内なのに!

2017/02/11 (Sat) 09:30 | EDIT | REPLY |   

なべちゃん  

こんばんは。

立山連峰をはじめ雄大な山々の姿、実に見事ですね!
これだけ天気が良ければ、これでもか!と言わんばかりに見られるんですね。
(私もこういう日に北陸を訪れてみたいっ!)

本当に条件が揃わないと綺麗に見られないからこそ、
見られた時の感動はひとしおですよね(^^)

ツインブリッジのとや、軍艦島の写真を見ていると北陸ドライブの思い出が・・・(´▽`)





2017/02/10 (Fri) 23:45 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

能登からこんなに綺麗にアルプスが見えるんですね~~
冠雪したアルプスの山々の美しいこと!
行ってみたいですね^^
一度だけ和倉温泉への旅行を計画したことがありますが
ポシャッ手しまいました(^^;
又、計画したいです!

ポチッ全部!

2017/02/10 (Fri) 21:55 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

あのね・・・・

能登半島からこれだけくっきり立山連峰が見えた次の日は





天気が悪くなると言われております。

しかし、よく行きましたね11時から(笑)
見附島だけでも、遠いですよ。

2017/02/10 (Fri) 21:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。