-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09 2017

越前海岸の水仙群生地を訪ねて/日本海の冷たい風にも負けずに咲く!日本三大水仙群生地のひとつ

冬の越前海岸と言えば、日本海の冬の味覚の王様「越前ガニ」が超有名ですが、そんな高級なカニなど僕ら庶民の口にはなかなか入ってこない代物です。
ましてやカニを食べに聖地の越前海岸へ行くなんて、そう滅多にあるものではございません!

でも、越前海岸の冬の風物詩はカニのほかにもう一つあるのはご存知ですよね?
カニ並みに全国的な知名度を誇り、カニと違って時期さえ合えば誰でもタダで楽しめる冬の風物詩を。
そう、「越前水仙」です。

なんだ、食べ物じゃないのか・・・

とガッカリしないでくださいね(笑)。
越前海岸のスイセン、スゴいんですから!
海岸の山肌をクリーム色に染めるほどの大群生は、「日本三大水仙群生地」の称号を手にする日本屈指のスイセン名所。
いったい何万本、いや、何百万本咲いているんだろう・・・

20170107144851.jpg

20170107143712.jpg


冬の冷たい潮風にも負けず咲く姿に、「今年も一年頑張ろう」って気持ちを奮い立たされたかどうかは一旦置いといて、1月3連休に訪ねた越前海岸の水仙群生地の様子をお伝えします。

20170107144025.jpg


2017年01月07日 福井県丹生郡越前町 梨子ヶ平地区


越前海岸は、泣く子も黙る日本三大水仙群生地のひとつです。
「三大」と言うからには越前海岸以外にあと2つ有名な群生地があるということ。
この際だから全部覚えておきましょう。

<日本三大水仙群生地>
①千葉県南房総(鋸南町)
②福井県越前海岸
③兵庫県淡路島(灘黒岩水仙郷)


関東・北陸・関西と、ほどよく散らばっているので、一年で3つ全部を訪ねるのは難しそうですね。

越前水仙は福井市・越前町・南越前町にまたがる越前海岸沿いで栽培されるニホンズイセンのブランドでして、栽培されている畑の面積は60haにもおよび、スイセンの産地としては国内最大規模。
早春の越前海岸(国道305号)をドライブすると、アチコチの山肌や道の脇の畑を、膨大な数のスイセンがクリーム色に染めるシーンを目の当たりにすることができるのですが、そんな中で、じゃあどこを見ればいいんですかって話になりますよね。
観光用の施設もあることはあるんですが、それよりも何も着飾っていないスイセン畑のほうが見応えがあり、オススメです。
特に越前町の梨子ヶ平(なしがだいら)地区の周辺がオススメです。
まるで鼻のように日本海に突き出した越前岬の断崖上にあり、いわば「水仙の秘境」。
国道から離れ、狭い急こう配の山道を進んでいかなければならないので、積雪・凍結時は運転注意!
シャッタースポットと行き方は下の地図を参考にしてください。
越前水仙マップ
(越前町梨子ヶ平付近の地図)



実は昨年の同じ時期も越前海岸に来たのです。
その時は天気が悪くて寒くて、冬の北陸らしい鉛色の空でした。
一応写真は撮って来たのですが、暗くてイマイチだったのでブログアップは見送っていたんですよね~。
20160110131911.jpg
(2016年01月10日撮影)


一方、今回は薄い雲が広がりつつあったものの安定した空で、日差しもあり、絶好の「スイセン日和」でした。
雨や雪の日が多い1月の北陸では奇跡的な週末の晴天!
昨年と服の着こみ方も違いますね(笑)。
ただし腐っても冬には違いないので、海から吹き付ける風はやっぱり冷たい!
20170107141352.jpg




まずは梨子ヶ平台地というところ。
日本海と呼鳥門(越前海岸で最大のみどころ)を見下ろす場所で、崖の急斜面に幾万本のスイセンが咲き乱れます。
20170107141221_1.jpg

20170107141152.jpg


呼鳥門側はあいにく強烈な逆光(^^;。
でも、このロケーションは夕日がさぞ美しいと思うんです。
今回は夕日の時間を待たずに雲が広がってしまいましたが、チャンスを狙おうと夕方前まで多くの写真愛好家たちが集まってカメラを構えていました。
それにしても、今年も見事な咲き具合!
20170107141431.jpg


もともとこの越前海岸付近は北陸の中でも温暖で雪が少ないエリアです。
特にこの冬はまだ目立った寒波がやってきてなくて、年末年始はとても穏やかでした。
スイセンは雪が降るとすぐに傷んでしまいますが、この冬は(おそらく)まだ一度も積雪してないためか、特に元気いっぱいのように見えました。
20170107141333.jpg

20170107145216.jpg



梨子ヶ平台地から少し車を走らせると、パっと視界が開けた先に無数の棚田が見えました。
梨子ヶ平千枚田です。
石川県の能登半島にも千枚以上の水田が並ぶ千枚田という名の観光地があります(正確には白米千枚田と呼ぶ)が、福井の千枚田はお米じゃなくてスイセンを作っています。
この時期の梨子ヶ平千枚田は、スイセンの花でほんのりクリーム色にも見えます。
20170107141745.jpg

20170107143211.jpg



さて次に向かう先は、越前海岸水仙群落の中でもイチオシのシャッタースポット、梨子ヶ平園地です。
ここへは車で直接乗りつけることができまないので、梨子ヶ平の集落付近でいったん車を降り、しばらく遊歩道を歩きます。
駐車場が整備されていないので、車を止める場合は交通の邪魔にならないよう気をつけてくださいね。

遊歩道は↓こんな感じ。
歩きにくいことはないのですが、途中足元が少々悪い箇所があるので、雨の日は注意が必要。
20170107142744.jpg

20170107150050.jpg


遊歩道を歩くことおよそ10分、梨子ヶ平園地の水仙群生地に到着しました!
福井の観光用ポスターなんかにもよく使われている光景です。
昨年ここに初めて来たときは、あまりの水仙の多さにビックリしたのを覚えています。
今年は天気がいいだけでなく咲きっぷりも比較的良くて、「いい日に来られたなぁ」と思いました。背景の日本海もいつもはもっと白波が立っているはずですが、この日は青く、穏やかでした。
20170107143457.jpg

20170107145810.jpg

20170107145731.jpg

20170107143815.jpg

20170107143637.jpg


潮風に晒されていると、だんだん手がかじかんできます。
幸い、集落には自動販売機があってそこで温かい飲み物を買えます。
娘はこの日はおしるこを片手に散策を楽しんでいました。
20170107143335.jpg


時々海から吹く風に乗ってフワっとスイセンの甘い香りが漂ってくるのがまたいい。
もしこれで空気が暖かければそれこそ「春」って感じなんですが、さすがにそこまで暖かくはない。
やっぱり潮風は冷たいんだよ~。
でも、冬の柔らかな日差しを浴びて咲くスイセンの姿を見ていると、一瞬ですが春が来たって錯覚してしまいます。
20170107143852.jpg

20170107145008.jpg

20170107145621.jpg

20170107145044.jpg



最後に立ち寄ったのは、越前岬の上に建つ「越前岬水仙ランド」という観光客向けの施設です。
ここの大きな水仙園も見応えがあって、満開の時には付近一帯でおよそ1500万本のスイセンが咲くそうです。
ここまで見てきた栽培用のスイセン畑とは若干雰囲気が違いますが、ここなら駐車場もあるし、車を降りたらすぐ目の前にスイセンが咲いていますし、人が多く集まるの場所なので安心・安全ですね。
20170107152103.jpg

20170107152508.jpg


最後に、越前岬灯台をバックに咲く越前水仙。
20170107152908.jpg



ってなワケで、日本三大水仙群生地のひとつ、福井県の越前海岸でした!
他の三大名所と違ってここは日本海側なので、時には荒波が叩きつけ、時には吹雪に晒され、時には冷たい雪に埋もれてしまうとても厳しい場所なのですが、そんな冬の気候に負けずに可憐に咲く姿には、やはり励まされますね~。
今回、急速に雲が広がったので夕日や夕焼けは見られませんでしたが、いつか天気がいい日には、夕暮れに黄昏る水仙ってのも見てみたいと思いました。
越前海岸の水仙、また見に来ます!
20170107143949.jpg



<越前海岸の水仙群生地(梨子ヶ平周辺)>
【駐車場】あり(ただし一部の観光用施設のみ。梨子ヶ平園地など断崖の水仙畑は基本的に路肩に駐車。)
【入場料とか】無料
【所要時間】1時間20分

【地図】



【リンク】
えちぜん観光ナビ
開花時期は開花状況が見られます!カニのページに惹かれますが(笑)

越前岬水仙ランド

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

福井 越前町 越前水仙 スイセン 三大水仙群生地 水仙ランド

- 2 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
関西でこれほどの規模で水仙が咲くところってどこでしょう?
少し遠いかもしれませんが、淡路島は結構有名ですよね。
一度見に行ったことがありますが、今度は一眼レフを持って撮りにいきたいです。

土佐けんさんも、助手さんと一緒にどこか名所へ出かけてみてはいかがですか?

こちらこそ今年もよろしくお願いいたします!

2017/01/15 (Sun) 14:34 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

今日、助手を水仙の撮れる場所に連れて行きましたが
この群生を見せられると、こう言うところに連れて行ってよ、と言います。
大阪周辺にはないだろう(^^;

今年も素敵な画を楽しみにしています^^

ポチッ全部!

2017/01/09 (Mon) 22:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。