-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18 2016

晩秋の兼六園で紅葉狩り散歩/兼六園の紅葉は今年も綺麗でした!

日本三名園のひとつ、金沢の兼六園
四季折々美しい光景で魅せてくれますが、特に晩秋の紅葉期はライトアップやイベントが盛大に行われ、兼六園にとっては一年のうちでも一・二を争う賑やかな季節と言えます。
ここ数年兼六園の紅葉を見ていなかったので、今年こそはと思っていたんですが、とある晩秋の週末、娘たちを連れて紅葉狩り散策してきました。


兼六園の紅葉と言えば、赤く染まる木だけではなく、樹木に施された雪吊りも絵になります。
紅葉と雪吊りのコラボは、言い換えれば秋と冬のコラボ。
季節の変わり目が見事に表現されたこのシーンこそが、兼六園紅葉の醍醐味ですかね!
20161120121344.jpg

20161120123937.jpg


今年もいくつか紅葉名所を見てきましたが、そんな紅葉巡りの締め括りは地元金沢の兼六園。
北陸新幹線開業以降、国内外からの観光客が大幅に増えましたが、やっぱり地元の紅葉狩りは落ち着くわ(笑)。

20161120132214.jpg


2016年11月20日 石川県金沢市 特別名勝兼六園


11月中旬のとある週末。
北陸の市街地の木々も秋色に染まり、金沢で一番の紅葉名所兼六園も見頃を迎えて観光客で賑わうようになりました。
こうなると、今年の紅葉もいよいよ終盤だなって思います。

金沢市民だから兼六園の紅葉なんていくらでも見ているだろうと思うかもしれませんが、振り返ってみると意外なことに2013年の秋以来兼六園の紅葉は見ていなかったんです。
2014年は肺炎で入院してたし、2015年は何かと忙しくて紅葉どころではなかった。
そして今年、2016年に3年ぶりに晩秋の兼六園を訪ねることができました(^^;。

今回の紅葉散策のお供は、いつものごとく長女&三女のお転婆ドタバタコンビ(笑)。
「兼六園に行くぞ」というと渋い顔をするかと思いきや、逆に喜んでくれました。
まだこの年齢の子にとっては、兼六園散策も公園の散歩もあまり違いがないみたいw
20161120132242.jpg



早速、兼六園で一番のシャッタースポット、霞ヶ池とことじ灯籠、そして雪吊りのシーンです。
もはや説明は不要かと思いますが、11月になると兼六園は一斉に冬支度が始まり、下の写真に写っている松の巨木を皮切りに園内のおよそ700本の樹木に雪吊りが施されます。
これを見ると、「冬が来た~」って思うんですよね。
ここに立てば兼六園のシンボル「ことじ灯籠」と、冬の風物詩雪吊りと、秋の風物詩紅葉が一緒に見ることができる、まさに絶景スポットなんですが、いかんせん天気がアレでしかも逆光、写真的にはイマイチでした(^^;。
20161120120105.jpg


ことじ灯籠は、兼六園の、そして金沢市のシンボルです。
僕のPCの中には、いったい何枚のことじ灯籠の写真があるんだろう・・・と思うくらい、これまで何度も何度もこの灯籠を撮って来たんですが。
手前味噌かもしれないけど、やっぱりいつ見てもイイネ!って思います!
20161120120122.jpg

20161120120525.jpg

20161120120924.jpg

20161120120314.jpg



でも、娘たちは灯籠ガン無視(笑)。
笑顔は振りまくものの、後ろにある灯籠が街のシンボルで非常に貴重なものであるなんてつゆ知らずって感じです。
オマケに人のスマホを奪ってポケ〇ンGoを始めるし(苦笑)。
お前たちも、いずれその背後にある灯籠の良さに気づくだろうよ。
20161120120234.jpg


虹橋の上は人がひっきりなしに通ります。
橋の上では寛がないでね(^w^)
20161120120141.jpg



紅葉の名所として名高い兼六園ですが、モミジを売りにしている寺院や公園とは趣が違います。
決して園内の至るところで木々が真っ赤になるワケではなく、むしろ緑のほうが多い。
だから、他のモミジの名所のようなド派手な紅葉を期待しちゃうと、兼六園の紅葉は少し物足りないかもしれません。
でもね~。
何ていうか、そういう赤く染まる木々を要所要所で少しばかり採り入れた上での「完成された美」ってのが兼六園の紅葉のウリなワケですよ。
兼六園にとって紅葉は決して主役ではなくて、あくまで名園を彩る一つの要素に過ぎないんです。
つまり、どこを切り取るかはその人の自由なワケで。
お気に入りの紅葉スポットを自ら見つけて撮るのが、兼六園の紅葉の楽しみ方かもしれません。
20161120120438.jpg

20161120120941.jpg

20161120122812.jpg

20161120123424.jpg

20161120130243.jpg

20161120131803.jpg

20161120131452.jpg



兼六園の冬の風物詩、雪吊り
北陸特有の湿った重い雪にも木々が耐えられるように、樹木に施される先人の知恵の結晶です。
雪吊りのある光景は冬の北陸では割とメジャーなシーンなんですが、やはり兼六園の雪吊りは別格!
ここまで立派な雪吊りは、兼六園以外ではなかなかお目にかかれません。
20161120122159.jpg


霞ヶ池に映る「逆さ雪吊り」。
これもこの時期の風物詩。
青空ならばもっと綺麗なんだけどねぇ。
20161120122408.jpg



兼六園ならではの紅葉シーンと言えば、やっぱり「雪吊りと紅葉のコラボレーション」でしょうね~。
かたや去りゆく秋、そしてかたやこれからやってくる冬。
二つの季節の風物詩が見事に融合し、バトンタッチ劇を見ているよう。
20161120130414.jpg

20161120123008.jpg

20161120122832.jpg

20161120140441.jpg



特に、栄螺山(さざえやま)と名付けられた小高い丘からの眺めは、晩秋の兼六園を象徴する光景です。
ここは紅葉ライトアップのポスターなんかにもよく使われます。
この時期の兼六園の中ではことじ灯籠に次ぐシャッタースポットかな。
20161120124009.jpg



兼六園で最も賑やかに木々が染まるスポットは、やや奥まったところにある山崎山という小高い丘周辺。
園内で最も見応えがある紅葉が楽しめる場所なんですが、園内散策のメインとなる霞ヶ池から離れた場所にあるせいか、そんなに人が多くなく、落ち着いて楽しめます。
兼六園に潤いをもたらす曲水(辰巳用水)とともに。
20161120132002.jpg

20161120132519.jpg

20161120132657.jpg


山崎山の豪快な散り紅葉。
小高い丘を一面黄色に染めていました。
今年の秋も、そろそろ終わりですかね~。
20161120132751.jpg

20161120132851.jpg


時計を見れば、あっという間に2時間が経っていました。
真っ赤に染まるモミジを眺めながら歩いていると、あっという間に時間が過ぎてしまいますね~。
グルっと兼六園を回ってお疲れの二人でしたが、茶店のジュースで元気回復!
ではそろそろ帰りますかね。
20161120135520.jpg


ってなワケで、晩秋の兼六園、紅葉狩り散策でした。
今年は秋の到来がややゆっくりに思っていたのに、東京じゃあ五十ン年ぶりに11月の初雪が降ったりと、なんだか非常にせわしない秋だったように思います。
この記事を書き上げた数日前には、いよいよ金沢でも今年初めての雪景色となり、兼六園もこの写真とは全然違う真っ白な冬モードに突入しました。
これからしばらくは厳しい季節ですが、今年も兼六園の冬景色を堪能できたらなと思います。
20161120135638.jpg



<特別名勝 兼六園>
【駐車場】あり(有料)
【入場料とか】310円(石川県民は毎週土日は無料になります)
【所要時間】2時間

【地図】



【リンク】
兼六園(石川県公式)
兼六園めぐり(兼六園観光協会)

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

金沢 紅葉 兼六園 三名園 ことじ灯籠 雪吊り

- 4 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
私もこの年の瀬は忘年会やら何やらいろいろありまして、なかなか年末のご挨拶に伺えなくてスミマセン(^^;。
今頃は高知で地元の方々とめちゃくちゃお酒飲んでるのでしょうか(笑)。
年末年始、ごゆっくりおくつろぎくださいね。

今年も一年本当にありがとうございました。
拙いブログではありますが、また来年も見ていただけると嬉しいです!

ではよいお年をお迎えください(^^)。

2016/12/31 (Sat) 17:45 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
この3日後にいらっしゃってたんですね。
紅葉は数日ずれただけでもかなり違うので、ベストタイミングを狙うのが本当に難しいですよね。

僕もライトアップは見たかったんですが、こんなに近くに住んでいながら行けずじまいでした(^^;。
兼六園のライトアップに「トップクラス」をいただき、金沢市民としてとても嬉しいです。

また来年、金沢出張があればいいですね~(笑)。
今度こそはどこかでお会いできると嬉しいです。

2016/12/31 (Sat) 17:43 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

本日が年内最後のご訪問になると思います。
明日は最後の忘年会が入っているし、
30日から高知へ帰省します。
1月4日に帰阪する予定です。
本年は大変お世話になりました。
素敵な画を見せて頂き、勉強になりました^^
来年もよろしくお願いします。
なお、僕のブログは毎日、予約アップされます。
覗いていただければ幸いです^^
では良いお年をお迎えください。

2016/12/28 (Wed) 22:43 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

金沢のシンボルであり、日本三大庭園で名高い兼六園の秋色の風景 どれもこれも素晴らしいですね~

わたしもその3日後に行ったのですが、そのときは山崎山の紅葉は豪快に散ってしまったうえに落ち葉の綺麗でなかったので、ちょっと残念><

しかし、夜の兼六園のライトアップの幻想的な美しさは、今まで見てきた紅葉ライトアップの中でも、トップクラスに素晴らしかったです

また来年、紅葉シーズンに出張は行ってくれないかなぁ~

2016/12/18 (Sun) 19:05 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。