16 2012

奈良・おふさ観音の風鈴まつり/夏の風物詩 涼やかな風鈴の音色を聞きながら

蒸し暑さMAXの関西ドライブ。
京都府三室戸寺でハスを眺めた後、お隣奈良県の「おふさ観音」まで足を運びました。

ここは7月から8月まで、境内に無数の風鈴が飾られる珍しいお寺です。
ゲリラ豪雨・・・とまではいきませんが、ザっと強い雨の降る中での風鈴まつりです。
無数の風鈴がある奈良・おふさ観音

無数の風鈴がある奈良・おふさ観音


2012年07月13日 奈良県橿原市 おふさ観音


通りから少し入ったちょっと分かりにくい場所に「おふさ観音」があります。
平日とあって駐車場はOK。
車を降りると物凄く強烈な湿気が襲い掛かってきました。
大丈夫、きっと無数の風鈴が涼しい音を奏でてくれるハズさ。
おふさ観音の門


門をくぐってすぐにビックリ!
本当にたくさんの風鈴がぶら下がってる。

無数の風鈴がある奈良・おふさ観音

奈良の風鈴寺 おふさ観音の境内


境内には、2500個にものぼる風鈴がそこらじゅうに吊り下げられ、今まで見たことのない光景が広がっていました。
ただし風がない(笑)。
2500個の一つとしてまったく鳴らない風鈴寺。

一回りしただけで猛烈に汗が流れ出し、しかもそれが乾かない・・・。
なんて日に来たんだろう(^^;。
奈良の風鈴寺 おふさ観音 揺れない風鈴

奈良の風鈴寺 おふさ観音 揺れない風鈴



ところがドッコイ。
空が暗くなると、境内にはスーっと風が。
すると一斉に風鈴が揺れ、「チリンチリン」という言葉では到底言い表せられないほど風鈴の音が鳴り響きました。

その賑やかさたるやなんて言えばいいのかな・・・
「ギャランギャラン」とか、そんな感じ(笑)。


音程も様々。
そう、それはまさに「祭りの喧騒」の感覚です。
風に一斉に揺れる風鈴たち 奈良・おふさ観音風鈴まつりにて

風に一斉に揺れる風鈴たち 奈良・おふさ観音風鈴まつりにて


ほどなくして再び強い雨が降りました。
この日は短時間の雨が降ったり止んだり。
雨の前触れとなる風が吹くと境内が賑やかになります。
つまり、風鈴の音色は「雨降りのサイン」だったと言えます。

雨宿りで本堂に入るとこれまたビックリ!
なんじゃこりゃ~。
天井から吊り下がる無数の風鈴たち。
もし、中まで通るほどの強い風が吹いたらどうなってしまうんだろう・・・。
おふさ観音の本堂 数えきれない風鈴たち

ちなみに、この本堂の風鈴は「2500個」には数えられていないようです(!)。



「ナントカ祭り」と言えば、お土産も気になるところですね。
ここおふさ観音では、もちろんお土産用に風鈴が販売されています。
価格は様々ですが、1個1000円~2000円と、割とお求めやすかったです。
雨の降る間、お土産選びに精が出ました。
みんな、それぞれ音の響きや音程が違うんですよ。
ひとつずつ鳴らしながら品定め・・・と言っても、見本で音を聞いたって何の意味もないか。
手渡されるのは別の風鈴なので・・・。
いい音か否かは「運」かもしれません(^^)。
おふさ観音 お土産用の風鈴たち


さて、土産選びが終わってみれば、外は雨が止んでいました。
未練の残らぬよう、またいくつか写真に収めます。
おふさ観音の風鈴まつりの様子

おふさ観音の風鈴まつりの様子

おふさ観音の風鈴まつりの様子



雨が上がってちょっとだけ薄日が差して・・・
明るいのが撮れました(^^)。
風鈴寺に薄日が差して 奈良のおふさ観音にて



・・・ってなワケで、おふさ観音は蒸し暑いながらも時々風鈴のオーケストラなんかも楽しめて、結構いいなと思える場所でした。

帰り際、境内の外で見た民家の飾り付け。
ちなみに、風鈴をかたどったその短冊の部分には、小さな子供たちが描いたパパやママでしょうか。
ホッコリする眺めでした。
おふさ観音の門前にて


帰り道、も一つ絶景を収めようと夜の信貴生駒スカイラインを走りましたが・・・
やめとけばよかった、霧で視界ナシ!!
1300円返して~(笑)。



【リンク】
おふさ観音 風鈴まつり

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

おふさ観音 風鈴まつり 風鈴 奈良 橿原

0 Comments

Leave a comment