福井の養浩館庭園/世界が認めた美しい日本庭園!まちなかにある癒しの空間

 06, 2016 10:28
北陸にある日本庭園と言えば、そりゃあもう金沢の兼六園でしょ!
でも、実はお隣福井県の福井市中心部にも、なかなか素晴らしい日本庭園があるって話じゃないですか。

え!?
福井市街地って、そんなイメージが全くないんですケド・・・。
だるまや西武(古!)と路面電車と、あと最近では駅前の動く恐竜像くらいしか思い浮かばないんだが。。。

ところが、ここ最近知名度的に結構上がってきている庭園があるんです。
その名は養浩館庭園です。

20160910104557.jpg


庭園だけではない!
純和風な数寄屋造りの屋敷からも、美しい庭園を眺めることができるのがGood!
20160910114219.jpg


米国の日本建築・日本庭園の専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」でも毎年高評価を得ていて、その美しさや完成度は世界が認めているって話です。
まだ少し気は早いけど、2023年の北陸新幹線福井・敦賀開業の暁にはきっと化けるんじゃないか、そう思わせる綺麗な庭園でした。
今回の記事は福井市の、そんな日本随一の日本庭園にフォーカスを当ててみました!

20160910114335.jpg


2016年09月10日 福井県福井市 養浩館庭園


福井市と言えば、戦災や震災で幾度も市街地が崩壊し、けれどめげずに立ち直り続けた不死鳥の街として知られています。
通りの名前とか建物の名前など、街のあちこちで「フェニックス」という名前をみかけます。
英語にすると、ちょっぴりハイカラですね(^^)。

いい意味でとらえれば、何度も立ち直った「底力のある街」というイメージ。
でも一方で、何度もリセットされてきたということは観光スポット的にはあまり期待できないというイメージもあります(あくまで市街地でのハナシ。福井だって郊外に出れば一乗谷や大安禅寺など、いい観光スポットがたくさんあるのは知っています)。
しかしそのイメージを覆してくれたのが、今回訪ねた福井市の中心部にある日本庭園、「養浩館庭園」(ようこうかんていえん)というところです。
国の名勝に指定されていることからも、一見の価値がある場所と言えそうですね。
20160910120955.jpg

拝観料は大人200円と、非常にリーズナブル。
入口の料金所でお金を払いますが、庭園の池にはたくさんの鯉が棲んでいて、そのエサを料金所で買うこともできます。
鯉のエサは50円と、こちらもリーズナブル!
ただし、夏場は鯉の健康や水質のことも考えてエサの量が制限されるそうなので、もしエサやりを楽しみたいならなるべく早めに訪ねるのがよいでしょう。


では、料金を支払って庭園へ入っていきます。
入口はこんな感じ。
小さな門をくぐれば、国指定名称の養浩館庭園です!
20160910103820.jpg


養浩館は福井藩主松平家の別邸で、かつては「御泉水屋敷」と呼ばれていたそうです。
積み重ねた歴史は長く、少なくとも350年以上。
ただし、残念ながら昭和20年の福井空襲の際に養浩館は焼けてしまい、今建っている数寄屋造りの屋敷は平成に入ってから復元されたものだそうです。

ちなみにこの養浩館庭園、かつてソフトバンクのCMのロケ地に採用されたそうです(吉永小百合さん出演)。
動画サイトなどでそのCMを観ることはできますが、CMを観た限りじゃロケーションがあまり分からない作りになっているので、この福井の屋敷や庭園が舞台になったことを知っている人は少ないんじゃないかな。


(終盤に映っているのは一乗谷朝倉氏史跡ですかね)

さらに、養浩館庭園はアメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」が毎年実施しているランキングにおいて、最近常に上位にランクされているんです。
今のところ最新の2015年のランキングでは、堂々の日本庭園ランク4位!
最高位は2008~2010年の3位だそうですが、このランキングはなぜか1位(足立美術館庭園)と2位(桂離宮)が不動であるため、3位こそが実質日本トップと言ってもいいんだそうです。
ちなみに金沢の武家屋敷跡にある野村家庭園もこのランキングの常連さん(最高位は2003年の3位)ではありますが、最近は20位付近を行ったり来たりしていてちょっと低迷中。
その点、養浩館庭園は今とてもホットな日本庭園と言えるのではないでしょうか。


さて今回のお供はいつものごとく長女になります。
もちろん娘も私も、今回が初めての養浩館庭園。ワクワクします。
写真は半袖に半ズボンですが、撮影したのは9月で、まだまだ残暑が厳しい時期でした。
今(11月)見ると見るからに寒そうで震えてしまいそうな恰好ですが、ご容赦ください(笑)。
20160910103842.jpg



門をくぐると、右手には数寄屋造りの「御茶間」があり、そして左手には庭園の池へ水を引くための遣水が流れています。
人が歩くところと水が流れるところがほとんどシームレスなのが私的に新鮮。
大雨が降ったら庭が水浸しにならないだろうかと心配しましたが、現在は地下水をくみ上げているらしいので、多分ちゃんと調整できるんでしょうね(^^;。
20160910104043.jpg


なぜかこの遣水に興味を抱く娘。
小さい子供って、水が流れているのが好きですよね、そして水遊びに発展してびしょ濡れになる、というところまでがワンセットだったりします。
そういや、自分も昔は流れる水にひきつけられたよなぁ。
砂場に妙に立派な水路を作って水を流していたっけ(笑)。
20160910103935.jpg


飛び石は、地元福井県の三国産の石が使われているそうです。
20160910105528.jpg



養浩館庭園と数寄屋造りの御茶間。「THE JAPANESE GARDEN!」って感じじゃないですか。
養浩館庭園は決して広くはなくて、10分もあれば全て回れてしまうほどのものだけど、その分庭園の良さがギュっと濃密に凝縮されたようにも見えます。
いわゆる三名園のような大スケールが好きな人もいれば、養浩館庭園みたいな比較的こぢんまりとした庭園を好む人もいるでしょう。
「兼六園より好きかも」という人が多いのもなんだかうなずけます。
20160910104605.jpg

20160910120249.jpg

20160910120139.jpg

20160910112109.jpg


日本庭園と伝統的な建物のコラボが、きっと欧米人の心を掴むんでしょうね。
海外の専門誌で高い評価を得ているのも分かる気がします。
20160910113524.jpg

20160910110141.jpg

20160910113223.jpg

20160910113641.jpg



三名園に比べれば小さな庭園ではあるものの、ちゃんと池の周りをグルっと歩いていろんな風情を楽しむことができるんです。
建物の中からただ眺めるだけの日本庭園も多いのですが、やっぱり自分の足で庭を歩きたいじゃないですか。
そういう点でも養浩館庭園は僕の中では評価が高い!
20160910110400.jpg

20160910110257.jpg

20160910111337.jpg

20160910111439.jpg


緑が多く、とても静か。
県庁所在都市の中心部とは思えない静寂がここにはありました。
20160910110842.jpg

20160910110938.jpg



建物の中に自由に入ることができます。
せっかくだから、中でゆっくりしてみるのもいいかもしれません。
当時の福井藩主の気持ちにちょっと近づくことができるかも!?
20160910111901.jpg

20160910112909.jpg



中から見る庭園もいいものです。
池に面する側は大きく窓がとってあり、そこから庭園のほぼ全てを見渡すことができます。
畳のお部屋だからゆっくりと腰掛けて、足をくずして、時を忘れてみるのもまた一興ってか。
20160910111948.jpg

20160910114111.jpg

20160910113101.jpg



娘もじっと日本庭園の美にみとれている・・・
と思ったら、んなワケない!(笑)
鯉のエサやりに夢中だったみたいです。
とにかく鯉が多くて、数粒池に投げ入れただけで池中から鯉が集まってくるような感じ。
口をパクパクしながらエサの投入を待つのを見ているのが面白いんだろうけど、僕から言わせればこのパクパクがなんともキモい(笑)。
20160910113036.jpg



ってなワケで、福井の養浩館庭園でした!
単なる庭歩きだと子供も退屈だったんだろうけど、無数の鯉と戯れることができたのが良かったのか、娘も割と満足してた様子(笑)。
チビッ子も多く見かけたので、子連れで出かけられるスポットとしてもきっと評価が高いんじゃないでしょうか。
それにしても、こんなにも綺麗な庭園が福井にあったのは驚きです。
北陸には、まだまだ知らないセカイが多いということを改めて実感しましたね~。
さて次はどこへ行こう!?
20160910104134.jpg



<養浩館庭園>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】210円(鯉にエサをあげたい場合は50円で買いましょう)
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
養浩館庭園(福井市ホームページ)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

Tag:福井 養浩館庭園 日本庭園 数寄屋造り ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング

COMMENT 4

まっさ  2016, 11. 19 [Sat] 21:12

>ぽてとぉ~さん

こんにちは!
うちの娘が日本庭園の「和の静寂」の良さを知るのはいつになることやら(笑)。
その良さが分かるようになったら、また二人で訪ねてみたいです。
そのころには、もう父親とは歩いてくれないかもしれませんけどね~(T_T)

時を忘れてしまいそうな空間です。
新幹線が福井まで開通したら、イチオシの観光地になりますよ。
ぽてとぉ~さんも、是非足を運んでみてくださいね(^^)

Edit | Reply | 

まっさ  2016, 11. 19 [Sat] 21:09

>土佐けんさん

こんにちは!
日本庭園好きなら、福井のこの庭園はオススメです!
そんなに大きな庭園ではないんですが、お抹茶を楽しみながらゆったりくつろぐことができますし、季節によっていろんな風情が楽しめる庭園だと言われています。
福井に行く機会があれば是非!

Edit | Reply | 

ぽてとぉ~  2016, 11. 09 [Wed] 20:09

街中にひっそりと隠れた魅力あふれる庭園「養浩館庭園」
これぞ和の美しさが凝縮したような素晴らしい庭園に感激しました

子供には、この和の静寂よりもアグレッシブに泳ぐ鯉のほうが面白かったのかもしれませんが、もう少し成長したら、和の静寂という贅沢なひと時を感じ取れると思います

こんな素敵な庭園で、ま~ったりと抹茶を飲みながら、ゆ~ったりと読書を楽しみたいですね~

Edit | Reply | 

土佐けん  2016, 11. 06 [Sun] 16:38

こんにちは

養浩館庭園、僕も初めて知りましたが
良い所みたいですね~~
福井県では知らなくて当たり前か(^^;
福井県にはまだ足を踏み入れたことがないんですよ。
僕も助手も日本庭園が好きなので、
素敵な画に感動しています^^
中でも額縁構図で撮られた室内からの画
最高ですね!

ポチッ全部!

Edit | Reply |