11 2016

城下町金沢の観光スポット、三つの茶屋街をぶらり散策/主計町茶屋街・にし茶屋街編

城下町金沢には、かつての茶屋町の様子を今に伝える三つの茶屋街があり、「金沢三茶屋街」なんて呼ばれています。
そのうち、ガイドブックやTVなんかでたびたび紹介されているのは東山地区の「ひがし茶屋街」が中心であり、それ以外の2つの茶屋街にはあまりスポットライトが当てられていません。でも、いずれの茶屋街も「ひがし」と同様に趣のある町並みが楽しめるんですよね。

茶屋街なら、華やかな「ひがし」だけでなく、「主計町」や「にし」もオススメしたい!

そう思って、三つの茶屋街を歩き倒し、記事にまとめたワケです。
前記事は「ひがし」でしたが、今回は「主計町」と「にし」をご紹介します!

主計町茶屋街
20160605141051.jpg


にし茶屋街
20160605145924.jpg


新幹線の開業によって「ひがし」はものすごく人が増えてしまいましたが、残りの二つの茶屋街は今でも比較的静かで落ち着いた佇まいが守られています。
週末でも人波にもまれずゆっくり茶屋街を歩きたい場合、あるいは人があまり写らない茶屋街の写真を撮りたい場合は、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょう?

20160605141708.jpg


2016年06月05日 石川県金沢市 主計町茶屋街周辺


金沢の三茶屋街を歩いてやるぞ~!
と思い立って、ぶらりやってきた金沢の街。
金沢市に住んでいますが、茶屋街を歩く機会はそうあるものではないので、茶屋街に来るとちょっとワクワクしてしまいます。
まるで観光客になった気分(^^)。

ひがし茶屋街を歩いた後、お次は歩いて10分ほどのところにある主計町茶屋街に向かいました。
ひがしから大通りに出ると、左手に浅野川大橋が見えます。この橋を渡った向こう岸に、浅野川に沿う形で主計町があります。
20160605140642.jpg


ひがしと主計町は近接しているので、もし30分ほど時間に余裕があるならば、ぜひ主計町にも立ち寄ってほしい。
ひがしほど人はいなくて落ち着いているし、「これぞ裏通り!」と呼べるような小道を歩いていただきたいのです。
「本当の金沢」がそこにありますから!(ちょっと大げさかな・・・)


浅野川大橋のたもとから浅野川の堤防に沿ってズラリと茶屋が並びます。
ひがし茶屋街と同様、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、国内でも特に保存価値の高い景観となっています。
そんな茶屋街だから、お店があっても「一見さんお断り!」みたいな敷居の高い店ばかりなんでしょ?ってイメージを抱いてしまいがちですが、そんなお店ばかりではなくて気軽に入れるカフェなんかもあったりするそうですよ。
まぁ僕は「撮る」専門なんで、そのへんは「食べる」専門の人の意見を聞いてくださいませ(笑)。
20160605141150.jpg



ところで、「主計町」と書いて何と読むか、知らない人も多いんじゃないかと。
「しゅけいまち」と読んでしまいそうですがそれは大変な間違いでして、本当は「かずえまち」と読むのです。
加賀藩士の富田主計重家(とだかずえしげいえ)がここに上屋敷を構えたことが町名の由来だとか。
明治に入ると多くの遊郭が並ぶようになり、金沢三茶屋街の一つとして「ひがし」「にし」に並び称されるようになったとのこと。

高度成長期には、住所表記を合理化しようという流れから、金沢のいくつもの古い町名が消えていきました。この主計町も例外ではなく、1970年に「尾張町二丁目」の一部になり一旦は地図から「主計町」の名前が消滅したのですが、昔の町名を復活させようという運動が盛んになり、この主計町は1999年に全国で初めて古い町名が復活したケースとして知られています。


茶屋と浅野川に挟まれて並んでいるのは桜の並木です。
この主計町茶屋街にあって、他の茶屋街にはない魅力は、ズバリ桜ではないかと。
夏は緑の並木が続きますが・・・
20160605141238.jpg


春の桜花爛漫の時期は、茶屋街と桜のコラボが楽しめます!
規模は小さいけれど、「金沢らしい桜景色」を楽しみたいなら主計町茶屋街は必見!
20140409111143_1.jpg
(2014年04月09日撮影)



「ひがし」の喧騒が嘘のように、主計町は人通りが少なくて静か。
浅野川のせせらぎが耳に入ってきます。
「さっき(ひがし)と違って、人が少なくて静かだねぇ。ここなら道路で寝れるね!」
なんて冗談で娘に話しかけたら・・・
本当に茶屋街の道路で寝やがった!(- -;)
まぁこういうことができるくらい、落ち着いた雰囲気なんです(笑)。
20160605141307.jpg



川沿いの道から一歩裏通りに踏み入れると。。。そこは明るい川沿いの道とは大違い。
腕を伸ばせば向かい合う家どうしの壁に触れるような、それくらいの非常に狭い道が入り組んでいます。
ひがしとは全く違う雰囲気があり、この裏通りこそが主計町の最大の見所だと思うのです。
20160605141443.jpg

20160605141757.jpg


金沢にはこうした裏通りが比較的多く存在するのですが、人が集まる観光地とこのような極端に狭い裏通りが直接繋がっている場所は結構珍しいかもしれません。
昔ながらの町の雰囲気を気軽に感じたいなら、主計町がオススメです。
20160605141549.jpg



犀川と浅野川、二つの川が台地を削り取った複雑な地形のところに発達した金沢の街には、アチコチに坂が存在します。マニアックな人は、金沢に来るとこの「坂めぐり」を一心不乱に楽しむんだとか。
この主計町にもいくつかの坂があって、その中でも「暗がり坂」と呼ばれている坂が有名です。
坂の上にあたる尾張町(尾張商人を金沢に連れてきて住まわせた町)から、商人たちが夜な夜な人目につかぬように暗がりにある坂道を下りて行って、遊郭のある主計町へ向かっていた、というエピソードが残る坂です。

では実際に、昔の尾張商人のドキドキな気持ちを味わってみよう!
真昼間ですがww


暗がり坂のスタート地点は、久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)という神社の境内にあります。
拝殿で手を合わせたら、向かって右側へ歩いていきます。
20160605142454.jpg

20160605142215.jpg


生い茂る木のため、次第に暗がりになっていきます。
夜だときっと真っ暗になるんだろうな・・・。
20160605142326.jpg


そして神社の境内を抜けたところにあるのが「暗がり坂」。
とても狭い坂で、昼間でもちょっと薄暗い感じ。
曲がりくねりながら、坂の下の町に吸い込まていくような錯覚を覚えます。
20160605142021.jpg

20160605141819.jpg


夜だとすれ違った人の顔もわからないんじゃないでしょうか。
この坂をコソコソと顔を見られぬように足早に降りていく昔の男どもの姿が思い浮かびます。
ちょっと滑稽かも。
20160605142109.jpg


そして坂を下り切ったところに、女川で知られる浅野川と、主計町の茶屋街があります。
20160605141921.jpg


主計町茶屋街、いかがでしたか?
ひがし茶屋街よりも規模が小さいし、目立ったショップや土産物屋が少なくて少し地味な印象もあります。
でもかつての茶屋街の姿が一番色濃く残っているような気がするし、人通りが少なくとても落ち着いている。それに桜の木があるから四季折々の姿を見せてくれるし、僕の中では主計町茶屋街は金沢三茶屋街の中では一番好きかもしれません。


金沢市 にし茶屋街周辺


さて、三茶屋街の三つ目は「にし茶屋街」です。
他の2つの茶屋街との大きな違いはその立地にあります。
「ひがし」と「主計町」が浅野川に架かる浅野川大橋の近くにあるのに対し、「にし」は犀川に架かる犀川大橋の近くに位置しています。お互い歩いていけないことはないんですが、金沢は茶屋街が全てではなくて、兼六園とか金沢城とか21世紀美術館とか武家屋敷跡とか忍者寺とか、見て回りたいところは他にもいっぱいあると思うので、よくある観光プランだと「にし」まで足を運ぶことが少ないんですよね~。
そういえば、このブログににし茶屋街の写真を載せたのもこれが初めて。開設以来4年間一度も足を運ばなかったということか(^^;。
20160605145844.jpg


町並みはひがし茶屋街にひけをとらず美しい。
でもにし茶屋街は町並みの規模が他の茶屋街に比べて一層小さく、それらしい景観が保たれているのは通り一本分で、その長さはだいたい100メートルほどなんですよね。
そしてすぐそばにごくごくフツーの住宅街が広がっていて、観光地によくある「特別エリア感」があまりありません。
どちらかというと市民の生活にすっかり馴染んでしまってるような感じ。
観光客が少ないのも、そう感じさせる理由の一つかもしれません。
20160605150326.jpg

20160605145931.jpg

20160605151349.jpg

20160605150121.jpg



にし茶屋街にも、百万石まつりの赤い提灯がたくさん。
20160605150425.jpg


そして赤いのれんが鮮やか。
シックな茶屋街に彩りを添えていました。
20160605150523.jpg



うわぁ、今じゃほとんど見ることがなくなったよなぁ、こういうタバコ屋!
どう見ても稼働してそうには見えないんだけど、もう廃業しちゃったのかな。
20160605150216.jpg



このにし茶屋街、最近になって急にスイーツが有名になってきました。
金沢でここでしか手に入らないお菓子を取り扱っているお店が多く、最近は若い女性にも人気があるということです。
下の写真の右手前のお店は、スペイン王室御用達の高級チョコレートブランド、「カカオサンパカ」の金沢店。
東京・大阪に続く出店先として、この金沢が選ばれました。
20160605150601.jpg


あちこち歩き回って暑くてしょうがない。
そんな時に、チョコレート屋さんに掲げられた「カカオソフトクリーム」の旗がもう殺人的。
あっけなく財布の紐がほどけて、名物カカオソフトをお買い上げしましたとさ。
高級チョコレート店だから少々ビビっていたけど、実はこのソフト、500円です。
あの味のしない金箔を全面に貼り付けて豪華さを演出しているソフトクリームがおよそ900円ですから、このしっかりとしたチョコレート味が楽しめるソフト、随分お買い得な気がします。
20160605150642.jpg


娘は最初ソフトクリームが乗り気ではなかったのに・・・
お店に入るや「コーンよりもカップがいい」とか言って完全に主導権を握り、外に出たらもう自分のもののごとくソフトクリームをペロリと平らげてしまいました。
え~、お父さんの口にはまたしても入らないんですか!
(一口だけ食べさせてくれたけど、マジでおいしかったです!)
20160605150905.jpg



ってなワケで、2記事にまたがって金沢三茶屋街を紹介しました。
「ひがし」「主計町」「にし」、いずれも同じ茶屋街とは言え、それぞれ特徴があって面白かったです。
そしてそれらを一日のうちにハシゴして見て回ることにこそ価値があると私は思うのだ(笑)。
この三茶屋街めぐり、お次は冬の雪が積もっている時期にもやってみたいと思います。

金沢の茶屋街と言えばたいていの人は「ひがし」を思い浮かべるでしょうが、それ以外の茶屋街もぜひ見てみてほしい。
にし茶屋街はちょっと離れてしまうのですが、例えば近くには有名な観光地「忍者寺」があるので、そのついでとか、あるいは待ち時間なんかにフラっと立ち寄ってもいいかと思いますよ~。



<主計町茶屋街>
【駐車場】なし
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】



<にし茶屋街>
【駐車場】あり(有料)
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢 主計町茶屋街 にし茶屋街 茶屋街 ひがし茶屋街 カカオサンパカ 浅野川 犀川

10 Comments

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
8月末、いよいよ金沢出張なんですね。
ぽてとぉ~さんがどういう風に金沢を切り取るか、楽しみにしています。

平日ならば観光客はそこまで多くはないので、時間がとれるのであれば平日の散策をオススメします。
気を付けていらしてくださいね!

2016/07/31 (Sun) 16:10 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>boobychallengeさん

はじめまして!お立ち寄りありがとうございます(^^)。
私のブログをご覧になって、「金沢っていいところ」って思っていただけたなら、本望でございます。
これからも金沢や北陸の良さを伝えていけたらと思います。
今後ともよろしくお願いします!(^^)

2016/07/31 (Sun) 16:07 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みぽははさん

こんにちは♪
地元のことをちょっと自慢気に話すくらいの地元愛を持つべきだと思いますよ。

「(自分の街は)見るところなんかない」なんて言う人が結構多くいますが、そういう人たちは多分自分の街のことを何も分かってないんだろうなぁって、聞きながら思ってます。
それに、よそから来た人にとってはみぽははさんのようなちゃんと金沢の良さを話せる人のほうが一緒にいて楽しいハズです。これからもどんどん金沢のことを宣伝・紹介してあげてくださいね(^^)。


うちの娘・・・美形ですか?
多分それはモザイク効果だな(笑)。

2016/07/31 (Sun) 16:05 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
確かに、金沢の茶屋街は京都の祇園なんかと似た風情があります。
でも街の規模はやはり京都のほうが上ですね~。

こういうところでの食事は少しお高いイメージもありますが、割と庶民的なお店も中にはあります。
どのお店が安いか高いかは僕にはわからないので、もし金沢に来ることがあったら、ちゃんと下調べしてから茶屋街に繰り出してくださいね~(笑)。

暑さに負けず、頑張りましょう!

2016/07/31 (Sun) 14:16 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

これぞ和の美ですね~♪

ひがし茶屋は、新幹線のおかげで多くの観光客が来ているそうなので、写真を撮るわたしにとっては、静寂な主計町茶屋をま~ったりと散策してみたいですね~

8月末の金沢出張が今から楽しみです♪

2016/07/24 (Sun) 19:36 | EDIT | REPLY |   

boobychallenge  

はじめまして!金沢いいところですよね。一度ゆっくりと行きたくなりました。

2016/07/14 (Thu) 16:20 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

娘と「一度金沢を観光客と一緒に歩いて見ようか」なんて話しています

金沢で生まれ金沢で育った私は他を知らないので金沢に特別な愛着が有り
遠くから来られたお客様に金沢の事を自慢げに話す癖が有り迷惑をかけております

でも本当に絵になる街ですよね
京都は公家 金沢は武家 と基本は違う街なのに 以前「小京都」と呼ばれたころは
テレビに向かって「違う」と叫んでいたちょっとした輩です

追伸
お嬢ちゃま 美形なので ますます 可愛くおなりになりましたね

まだまだ暑い日が続きます
ご家族様 どうぞ お健やかにお過ごしください

2016/07/14 (Thu) 12:47 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

画を拝見していると京都と似た風情を感じますね^^
どの建物も味があって素敵です!
こう言うところで食事したり、飲んでみたいな、と思うのですが
京都でも一度も入ったことがありません(^^;
これからの昼間の撮影、暑いですから
くれぐれも気をつけてくださいね。
最近、暑さに負けて、京都に行けていない僕達ですw

ポチッ全部!

2016/07/12 (Tue) 21:43 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
金沢に三つの茶屋街があるのって、意外と知っている人少ないんじゃないでしょうか。
「にし」は茶屋街としての規模こそ大きくありませんが、実はそこでお仕事されている芸妓さんの数は金沢の茶屋街の中では最も多いんだそうですよ。

カカオソフト、本当においしかったです!
あと、にし茶屋街には甘納豆の「かわむら」さんとか、落雁の「諸江屋」さんなど、金沢の中でも有名な和菓子店があり、結構人気が高まってきています。
金沢にお越しの際は、立ち寄ってみてくださいね。

そういえば、「チリひとつない」ってのは確かにその通りですね。
付近の住民の方々は、清掃にも力を入れているんだと思います。ありがたいですね。

2016/07/12 (Tue) 19:54 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

主計街も西茶屋街も落ち着いた雰囲気が味わえますね。
やっぱりTVで騒がれないほうがいいですね(笑)
どちらもチリひとつない清潔な街、
建物もどれも惹かれるものばかり、、、、
いいですね。
行くならこっちがメインがいいですね。
カカオソフト、ぜひぜひ食べてみたいものです!

2016/07/11 (Mon) 20:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment