-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12 2016

新幹線で満喫!東京休日/初夏の小石川後楽園と東京ドーム野球観戦

「後楽園」の名前で思い浮かぶのって、岡山にある三名園の後楽園、もしくは東京ドームの前身である後楽園球場、その隣にある「後楽園ゆうえんち」でしょうか。
この球場や遊園地の名前になっている東京の「後楽園」という名前。
大都会のど真ん中にある広大な日本庭園、「小石川後楽園」から来ていたって知っていました!?
東京や首都圏の方なら常識なのかもしれませんが、恥ずかしいことに地方に住む僕は比較的最近まで知らなかったんです(笑)。

今回の記事は、東京にある小石川後楽園です。
なぜそんな渋いところへ行ったのかというと・・・後楽園のバックに写るものすごく大きな白い屋根が真の目的地だったんですね~(^^)。
息子とずっと前から約束していた「新幹線で東京ドームに野球を観に行こう!」という話を実現させたワケです。

20160507131756.jpg


野球観戦が大好きな息子、これまで名古屋・大阪・福岡のドームは経験したものの、日本のドーム球場の先駆けとなった東京ドームはまだ中に入ったことがなかったんですよね。
なので、お年玉を一つも使わずに今回の旅の新幹線代に回すなど、本人も相当気合いを入れた旅になりました。

20160507140649.jpg


そんなわけで、今年のGWの締めくくりに行ってきた初夏の小石川後楽園と、後半少しだけ東京ドームです。
今回の東京旅は息子との二人旅で、野球観戦以外はかなり行き当たりばったり感があったんですが、まぁそれが男旅の楽しさでもあります。
女性がいるとこんなに自由にはいかないからね(笑)。

20160507105636.jpg


2016年05月07日 北陸新幹線 金沢駅→東京駅


息子と男2人旅。
今まで何度も男2人旅をしてきましたが、その際の移動は自由に動ける車がほとんどだったと思います。
でも今回は車じゃなくて、金沢駅から新幹線に乗って、東京1泊2日の旅になりました。
東京へ行くのってたいてい仕事が多いので、条件反射的に胸がときめかない(笑)。
けれど今回の旅の移動には、実は一点だけ、ちょっと楽しみにしていたことがあったんですよね~。
それは後述するとして・・・


北陸新幹線がやってきてから連日賑わう金沢駅前のガラス張りの「もてなしドーム」ですが、東京発の始発列車が金沢に到着する前の時間ならば、さすがに人がほとんどいなくてとても静かでした。
新幹線開通前の、とても落ち着いた金沢駅の様子が、ふと思い返されました。
20160507071738.jpg


さて、今回往路で乗車した新幹線は「かがやき」・・・ではなくて「はくたか」です。
金沢7:23発の「はくたか554号」東京行き。
実は、その後に金沢を出発する「かがやき504号」に乗ったほうが、東京に早く着くんですよ。
もしビジネスで東京に行くなら、間違いなく「かがやき504号」を選択するんですが、今回敢えて「はくたか554号」を選んだのにはワケがあります。
20160507072554.jpg


前記事のように、未就学児を連れての旅なら「はくたか」一択だけど、今回は小学生の息子が同伴なので、時間がかかる「はくたか」を選ぶうま味は全くありません、ってのが世間一般の見解だと私は思います。

普通車ならね。

でも今回の移動は、いつも利用している普通車ではなくて、もっともっと寛いで移動を楽しめるアレにしたんですよ。
ちょっと奮発して。
だから、多少時間がかかってくれたほうが嬉しいと思ったんです。


あぁ、グランクラスでしょ!?

って思うでしょ?
ところが残念。グランクラスじゃありません。
そんなみんなが思いつくような行動じゃあ、面白くないじゃないですか?w
グランクラスに乗りたきゃ、ママとかじーちゃんばーちゃんにねだるんだな。ビジネスマンのパパ(自分)なら、グランクラスなんていうナンパで女々しい座席には座らないゼ。

男なら、グリーン車だろ!
20160507073318.jpg

し~~~~ん・・・
えぇぇ!人がいねぇじゃねぇかぁ・・・。



金沢を出発したんだけど、グリーン車には誰も入ってくる気配がありません
北陸新幹線の週末のグリーン車ってこんなにも人気がないんだ(笑)。


開通以来、グランクラスはそこそこ人気があるそうです。
しかも、より長い時間乗車できる「はくたか」のグランクラスが結構好評だと聞いたことがあります。
でも普通車とグランクラスの狭間にあり、ちょっと中途半端感が漂うグリーン車は、休日の「はくたか」だと上の写真の通り閑古鳥が鳴いている状態。
金沢駅を出た時点では、僕ら親子2人の貸し切り状態でした(^^;。

せっかく初の新幹線グリーン車なんだから、思いっきり写真を撮っとこうって思っていたんですが、グランクラスと違って撮るべきものがほとんどない。ってか地味なんですよね。まぁ当然と言えば当然なんですが。
軽食やドリンクのサービスがあるわけではないし、綺麗なアテンダントのお姉さんもいない。
目を引くような特殊な装置が座席についているワケでもない。
普通車と違うところと言えば、①リクライニングが深い、②幅が広い、③足を伸ばせる、④読書灯がある、⑤椅子が電動、くらいしかありません。
一応、椅子を操作するパネルを撮ってみましたが、あまり写真映えはしませんね(笑)。
20160507073832.jpg


しかしまぁ、腐ってもグリーン車!普通車に比べてゆったりと寛げるのは嘘ではありません。
人生初のグリーン車に、息子もご満悦の様子でした。
20160507075002.jpg


途中、長野駅で「かがやき」に追い抜いてもらうために長めの停車を行いました。
その隙に一旦ホームに降りて、自分たちが乗っている「はくたか」を撮りました。
(そういえばこの長野駅のホーム、前記事でも新幹線の写真撮ってたよなぁ)
「かがやき」だと、一度動き始めたらこのように停車駅で外に出て写真を撮るのは困難ですが、「はくたか」ならこういうこともできるんですね~。
20160507090414.jpg



東京駅には10時20分に到着しました。
金沢-東京間の所要時間は最速の「かがやき」なら2時間28分ですが、今回乗車した「はくたか」だと3時間17分。
なんと49分も差が出てしまうんですね~。
早朝の金沢は曇り空でしたが、お昼前の東京は空は若干白っぽいものの、初夏の強い日差しが降り注ぐ晴天。
暑くなりそうです。
20160507105624.jpg


さて、実はこの日のメインイベントに、東京ドームでの野球観戦ってのがあったんですね。
息子にとっては初めての東京ドーム、そして実はこの私にとっても生まれて初めて東京ドームの中に入ったのがこの日なんです。
しかし、野球の試合は14時スタートでまだ少し時間があるので、どこか近場で時間を潰す必要があったんですね。

東京ドームと言えば、かつての後楽園球場です。
後楽園と言えば・・・おぉ!そういえば面白そうなところがすぐそばにあるではないか!


東京都文京区 小石川後楽園


東京ドームのすぐそばにあり、かつ全国的に名の知れた歴史的・文化的価値の高い日本庭園と言えば、もうアレしかありません。
関東圏にお住まいの方ならすぐにわかるでしょうね。
東京文京区にあり、あの有名な水戸黄門こと徳川光圀公が完成させた日本庭園、「小石川後楽園」(こいしかわこうらくえん)です。
1629年水戸藩初代藩主の水戸頼房が作り、水戸光圀が改修したと言われていて、およそ400年の歴史があり国の特別史跡・特別名勝のダブル指定を受けている名園です。
20160507122435.jpg


僕は生粋の石川県民なので、この「小石川」って地名が結構気になったりします(笑)。
あと、金沢には日本三名園の兼六園がありますが、同じく日本三名園の一つとして名高い後楽園(岡山)と同じ名前を持つ日本庭園ということで、東京の小石川「後楽園」は訪ねる前から個人的に気になる日本庭園ではあったんですよね。

ここ数年、東京の日本庭園をいくつか見て回ってきました。
東京って高層ビル街ばかりかと思いきや、実はレベルの高い日本庭園も結構多いんですよね。
中にはちゃんと「特別史跡」とか「特別名勝」とか、いわゆる全国的にも有名な庭園が都内にはたくさん散在していまして、当ブログでもこれまでいくつかお伝えしてきました。
ただ、いかんせん大都会にある日本庭園なんで、その背景にビルが写ってしまうのがほとんどです。
今回の小石川後楽園も例にもれず・・・

なんと背景は東京ドームかよ!(笑)
20160507124234.jpg

空が白っぽかったから、ドームの白屋根があまり目立っていませんね(^^;。


さて、せっかく来たんだからじっくりと見て回りたいところですが、今回はあくまで「試合までの時間つぶし」なんで、そんなに時間がありませんでした。
パパっと回って、テキトーに撮った写真を以下に載せていきます(^w^)。

後から調べて分かったことなんですが、小石川後楽園は大きく「4つのテーマ」に分かれているそうです。
それは「川の景」「海の景」「山の景」「田園の景」で、それぞれ全国各地の川・湖・山・田園を模して景観を作っていったみたいですよ。
このように聞くと、とにかくなんでも詰め込んだごった煮みたいな印象を受けますが、実際はそんなことはありません。


まずは川の景エリア。
渡月橋・・・どこかで聞いたことがあると思ったら、京都嵐山のあの渡月橋じゃないですか。
ただし、名前をとっただけなのか、見た目はあの渡月橋とは全然違う。
2016050712300.jpg


川の景を作っているのは、園内を流れる「大堰川」(おおいがわ)。
京都を流れる桂川ってのがあって、あの川の渡月橋よりも上流側が大堰川なんだってね。
ところどころに石を配置して、川の上~中流らしさを演出しているようです。
20160507123633.jpg

20160507123605.jpg


大堰川上流は樹木が茂って結構鬱蒼としていましたが、そんな中でひときわ鮮やかな朱色の橋が目をひきます。
「通天橋」といいまして、これもなんか聞いたことがあると思ったら、あの京都の東福寺にある通天橋ですね!
20160507123707.jpg


嵐山に東福寺、いずれも京都の紅葉の名所ですが、それを模した小石川後楽園の大堰川や通天橋付近も、やはり楓の紅葉が素晴らしいようです。
新緑ももちろん綺麗だけど、こりゃやっぱり秋にも来てみないとね。
20160507123159.jpg



続いて海の景エリア。
こちらは樹木の鬱蒼と茂る川の景とは違い、「大泉水」という庭園で一番大きな池を中心としたとても開放的な景観です。
やっぱり日本庭園には池がないとね。
この大泉水は京都のお隣、滋賀県の琵琶湖を模したと言われています。
20160507124920.jpg

20160507130101.jpg


池には大きな島が浮かんでいました。「蓬莱島」だそうです。
あの岩に腰掛けてボーっと魚でも釣ってたのかな、昔の偉い人は。
自分の庭でそれができるって、贅沢ですよね~。
20160507124826.jpg

20160507130224.jpg



そして、開放的な景観から一転して再び鬱蒼とした世界へ。
「延段」という石畳を、まるで山に迷い込んだかのような気分で歩いていきます。
いやしかし、これがホントに東京のど真ん中、あの東京ドームの敷地の隣なんて、ちょっと信じられないですね。
20160507125110.jpg



小石川後楽園の一番奥に当たるのが、「内庭」です。
広大な大泉水とは違って、少しこぢんまりとした池を囲んで、ほどよい広さのお庭が広がっています。
水戸藩の書院の庭園だったお庭がそのまま残っているそうです。
20160507125541.jpg

20160507125830.jpg


石の上ではカメが気持ちよさそうにひなたぼっこ。
いいですね~、暑くなったら水に浸かればいいわけだし、冷えて来たらまた石に登ればいいわけだし。
カメって幸せだわ(笑)。
20160507125634.jpg


内庭の池の中ではスイレンがポツポツと咲き始めていました。
まだ5月上旬なんですが、スイレンってこんなに早くから咲く花だったのか・・・。
20160507125743.jpg



続いて山の景ですが、このエリアで最も有名なのが、おそらくこの橋でしょう。
「円月橋」と呼ぶそうですが、その名前の由来は、このぽっかり空いた円いアーチが水面に映ると、まるで円い満月のように見えるから、だとか。
それを事前に知っていれば、もう少し角度を考えてその円い月とやらを撮ったのに(笑)。
20160507130645.jpg


確かに、山の中を流れる清流のような雰囲気です。
ここにいると、ほんとに東京にいることを忘れてしまいますね。
20160507130724.jpg


最後は田園の景です。
茅葺の建物をバックに稲田や菖蒲田がありまして、そこに広がる光景はまさに田園風景そのもの。
今回時期的にあまり目立ってはいなかったのですが、小石川後楽園には水田もあって、文京区の子供たちが田植えして、ちゃんと収穫も行うそうです。
地元の兼六園には田んぼなんてありませんから、庭園の中に田んぼがあるってのはちょっとカルチャーショックです。
20160507130557_1.jpg

20160507131149.jpg


田園の景のアクセントになっているのは、かつての酒亭を現したと言われている「九八屋」。
この名前の由来が面白くて、「酒を飲むなら昼間は九分目、夜は八分目にしなさい」という、教訓めいたものから来ているらしい。
昼間のほうが無理してもイイってことなのか?
「昼間の九分目」ってのはちょっと気が引けて飲めないよね(笑)。
20160507130328.jpg



ってなわけで、東京のど真ん中にある名園、小石川後楽園でした。
日本や中国の川・湖・山・田園をギュッと凝縮してありますので、兼六園より一回り小さな庭園ですが見応えは十分。
全部駆け足で回ってもそれなりに時間がかかってしまいました。



さて、「もう一つの後楽園」ってことで、小石川後楽園のお隣にある、元後楽園球場こと東京ドームに向かいましょう!
小石川後楽園と東京ドームはホントにお隣さんで、遊園地の歓声やドームのスタッフのスピーカーの声が普通に小石川後楽園にも聞こえていました。
しかし、小石川後楽園には出入口が一か所しかなく、しかもそれが東京ドームと正反対の場所にあるんですね。
お互い背を向けあっていると言えば解るかな。
小石川後楽園の入口から奥へ奥へと進んでいき、東京ドームの目と鼻の先まで来たところで、さてドームへ行きますかと思っても、すぐ横のドームに行けない悲しさはハンパない(笑)。
小石川後楽園と東京ドームって実はとっても遠いと思っていたほうがいいと思います。

さて、初めてのドーム。
5万人近くを収容する巨大な球場で、しかも巨人戦ですからそりゃもう人が多いのなんの。
ここっていつもこのくらい人がいるんでしょうね。
20160507132920.jpg



うぉぉぉおぉお!
テレビでしか見たことがなかった東京ドームだ!
ちょっと感動!!

ついつい興奮してしまいますね。田舎者っぷりを発揮してしまいました(^^;。
20160507140657.jpg


ちなみに、東京ドームなのに、ジャイアンツのホームグラウンドなのに、座ったのはドラゴンズ応援席(笑)。
それは息子が大のドラゴンズファンだからです。
僕自身は贔屓にしているチームはないので、どこを応援してもいいんだけど・・・
正直、アウェイってのはあまりいい感じはしませんね(笑)。
ここだけの話、どちらかというと地元出身の松井選手が活躍していたので、これまで巨人を応援してきたんですけどね・・・
20160507163702.jpg


この日の試合は、序盤で決着がついてしまう、しかもビジターが圧勝するという、東京ドーム的にはあまりやっちゃいけないパターンだったんですが、ま、ドラゴンズ応援席はそれはそれは大盛り上がりでしたよ。
ちなみにこの5月7日の巨人中日戦、スコアボードの2回にある「8」の数字、ビシエド選手が1イニング2本塁打という快挙を成し遂げたための数字です。
何気に結構歴史的な場面に立ち会えたんだな。
20160507164847.jpg



そんなワケで、小石川後楽園と東京ドーム、親子ともども満喫した東京休日でした。
いやぁ、ここまで2か所しか回っていないのに、万歩計の歩数は2万歩を軽く超えたし、本当に疲れ果てましたよ。
同じ歩数を歩いているはずの息子は元気でしたけどね。
20160507174121.jpg


疲れた疲れた言いつつも、この後東京タワーにも行ったりして(笑)。
20160507185519.jpg

20160507191313.jpg

20160507201307.jpg


ホント、内容の濃い一日でした。
ビールにありつけたのは22時!
お疲れ様でした~!
20160507221004.jpg




<小石川後楽園>
【駐車場】なし
【入場料とか】300円
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
小石川後楽園


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

北陸新幹線 小石川後楽園 東京ドーム 東京 巨人 中日 日本庭園 東京タワー

- 6 Comments

まっさ  

>ごまめさん

はじめまして♪
お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

卯辰山の花菖蒲園、見てきましたか?
花菖蒲だけでなく紫陽花も綺麗で、ちょうどコメントいただいた時期が見頃だったんではないかと思います。

こちらからもリンクを張らせていただきました。
今後ともよろしくです!(^^)

2016/07/10 (Sun) 16:46 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
小石川後楽園は、春の枝垂桜や秋の紅葉が有名なんですってね。
東京ドームの隣にあるとは聞いていたけど、まさかこんなにも近くにあるとは思いませんでした。
ホント、真横に巨大なドームがあってビックリしましたよ(^^;。

また別の時期にジックリ回ってみたいと思います。

2016/07/10 (Sun) 16:43 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

東京ドーム、楽しかったですよ!
ドーム球場自体が実はこの時初体験でして、ドームの中に渦巻く熱気がすごく良かったです!
ちょっとお高いんですが、でもドームでの野球観戦(+ビール)はちょっとクセになるかも(笑)。

沖縄からは確かに遠いけど、でも飛行機で2~3時間だよね?
時間的には金沢とどっこいどっこいではないかな~?

2016/07/10 (Sun) 16:37 | EDIT | REPLY |   

ごまめ  

はじめまして(〃▽〃)ゞ

こんにちは!

卯辰山花菖蒲園を探していまして、辿り着きました。

富山県在住の『ごまめ』と申します。

リンクさせて頂きます。宜しくお願い致します。

http://yuuta323.exblog.jp/

2016/06/25 (Sat) 09:42 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

息子さんとの二人旅、、楽しそです、
東京ドームは何度も言っているのに
お隣の小石川後楽園は一度も行ったことがありません
なかなかに風情のあるところなのですね。
今度私も行ってみたいです。

2016/06/12 (Sun) 21:28 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

GW野球観戦&東京観光お疲れ様でした~


息子との男二人旅、すっごくいいですねー

わたしは巨人ファンだっただけに、この圧倒的点差にがっかりしちゃいましたが、念願の東京ドーム観戦いいなぁ~と思いました

沖縄じゃさすがに遠すぎますからね~orz

2016/06/12 (Sun) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。