28 2016

一度は行ってみたかった銚子へGo!犬吠埼と屛風ヶ浦、そして海の幸に舌鼓

2016年ゴールデンウィークの房総の旅。
3日目最終日は千葉県を東へ進み、日本有数の漁港の町として知られている銚子市へ向かいました。
銚子って町はずっと前から気になってはいたんだけど、遠いから「絶対に行くことはないだろう」と思っていた場所。
しかし人生三十ン年にして、ようやく銚子に降り立つことができました。

ここで何よりも見ておきたかったのが、全国区の知名度を誇る岬、犬吠埼です!

20160430121717_1.jpg


前記事で野島崎の話をしといて、また灯台か!と思うでしょうが、
はい、また灯台ですw
別に灯台フェチってわけではないんだけどね、でも多少の地理フェチが入っている僕にとって、犬吠埼灯台はこの旅の目玉でもあったんですよね。
灯台そのものも素晴らしかったけど、「犬吠埼に立てた」という喜びのほうが大きかったです。
20160430131452.jpg


そして、知れば知るほどロマンを感じずにはいられない、屛風ヶ浦!
景観もさることながら、地質学的に非常に貴重な場所でもあり、これも地理フェチが多少入った僕にはタマランところでした!
20160430160345.jpg

房総の旅後編は銚子です。
空の調子は抜群によくて、房総らしい光景を楽しむことができましたよ(^^)。


2016年04月30日 千葉県銚子市 犬吠埼


いや~、しかし銚子って遠いよね。
ビックリした!


実はこの日の朝のスタート地点は千葉県柏市だったんです。
関東地方の人なら何となく分かっていただけると思うんですが、前日は千葉市(ホテル)→内房→野島崎→外房→柏市(ホテル)と移動し、次の日に柏市→銚子市と移動するのは、非常にムダの多いルート取りなのは自分でも分かっているんですが、それにしても銚子って何で柏からあんなに遠いんだろう。
同じ千葉県なのに~!

ゴールデンウィーク渋滞などもあって、柏から銚子まで3時間もかかってしまい、最初の目的地に着いたのはすでに正午過ぎです。
ずっと車の中にいて退屈していた子供たちは、海岸に着くや否やワっと外へ飛び出していきました。
20160430122017.jpg


一度来てみたかったこの地は、千葉県の最東端、かつ関東地方(島嶼部を除く)の最東端でもある犬吠埼
この岬って、毎年元旦になると必ず名前を聞くよね。
富士山頂や離島など気軽には行くことができない場所を除き、日本で最も早く初日の出が拝める場所ということで、あまりにも有名な岬。
それに、日本の岬あるいは灯台の代表選手でもあり、その知名度はおそらく日本屈指。
地理に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがある地名のハズです。
それなのに、地理フェチ・岬フェチの僕がこれまでの人生で一度も行ったことがないってのは非常に憂うべきことであり、今回の旅で是非とも足を運びたいと思っていたのです。
今回のチャンスを逃すと、おそらく一生来ることはないと思うので(笑)。
海岸のテキトーな場所に車を止めて、犬吠埼を眺めました。
太平洋に突き出た岬の上に建つ白亜の灯台が、あの有名な犬吠埼灯台です。
やっと・・・やっと犬吠埼まで来ることができた!
20160430122357.jpg


ここは君ヶ浜という海岸だそうです。後で知ったのですが、日本の渚百選、つまり日本を代表する海岸でもあります。
荒波に洗われてゴツゴツとした男性的な風景の犬吠埼とは対照的で、君ヶ浜は女性的な、なだらかな砂浜の海岸。
ただし、打ち寄せる波はかなり高くて、遊泳はとてもじゃないけどできなさそうです。
日本海と太平洋を比べると、イメージとしては日本海のほうが荒波が砕ける厳しい海岸風景を思い浮かべるかもしれませんが、日本海側に住む僕が感じた印象では、絶対に太平洋のほうが波が荒い海岸が多いと思うのです。
20160430121727.jpg


早く灯台のある岬に立ちたかったんだけど、そこはグっと我慢して、まずは君ヶ浜で30分ほど子供たちを遊ばせました。
砕ける波の迫力に見とれる長男・長女。
いつも見ている日本海とはまた少し違った光景だよね。
20160430122511.jpg

20160430123136.jpg

20160430124231.jpg


君ヶ浜から見上げた犬吠埼灯台。
野島埼灯台と同様、灯台の上に登って景色を楽しめるみたいです。
では、あそこまで行ってみましょうか!
20160430121609.jpg



ってなワケで、真の岬の先端、犬吠埼にやってきました!
白亜の灯台もさることながら、何やら巨大なアンテナみたいなものが目に飛び込んできました。このアンテナ、灯台よりも高そうだ・・・。
実はこれ、ディファレンシャルGPS(DGPS)の電波の送信局なんだそうな。
・・・って言われても、電波マニアなら食らいつくだろうけど、そうでない一般人には全然パっとしないよね(笑)。

GPSによって得られる位置情報は、カーナビやスマートフォンの地図アプリなど普段の生活でよくお世話になっているけど、船舶にとってもなくてはならない情報です。
通常、GPSによって得られる位置の情報には最大で100mほどの誤差(最近は誤差が少なくなり10m程度とのこと)があるそうですが、DGPSはこのGPSの誤差を補正するための電波を送るシステムらしい。
陸上ならばFM放送局が位置補正の電波を発信しているけど、海上ではFMを受信することができない。そこでこのような岬など見通しのいい場所に立つDGPS局から海上の船舶に向かって電波を送信しているそうな。
こういったアンテナは国内で27局が現在運用されているとのこと。27局って、多いか少ないか判断に困る微妙な数字だよね(^^;。
20160430130009.jpg



そして、いよいよ犬吠埼灯台へ。
歴史のある古い灯台ではあるけれど、外観はくすみの全くない、純白でとても綺麗なもので、パっと見た感じではあまり古さを感じません。
20160430130333.jpg


灯台の入り口に郵便ポストがあるんですが、時代を感じさせるそのポストの色はなんと赤ではなくて真っ白!
珍しいかもしれませんね。
しかし・・・ここから郵便物を送る人っているんですかね?
いったい何のための郵便ポストなんだろう!?
20160430132145.jpg


直下から、白亜の犬吠埼灯台を見上げる。
う~ん、いつも思うけど、灯台のこのアングル、好きだ!(^^)
青い空と白い灯台のコントラストが素晴らしいよね!
犬吠埼灯台は、前記事の野島埼灯台と同様、「日本の灯台50選」の一つ。要するに、日本を代表する灯台の一つです。
さらに「世界灯台100選」「Aランク保存灯台」「第1等灯台」などなど、様々な勲章を手に入れているまさに灯台界の大御所、プリンス!
高さは31.3m、海面から灯火までの高さが51.8m、いずれも野島埼灯台を上回ります。
知名度は抜群ですが、灯台の姿も非常に立派!国内を代表する灯台ということに異論はございません。
20160430130403.jpg


初点灯は1874年(明治7年)11月15日。
そのことを記したカッコいいプレートが灯台入口に誇らしげに掲げられていました。
ちなみに1874年というのは野島埼よりも4年遅い。犬吠埼のほうが後輩なんですね~。
20160430130447.jpg


そして、灯台の上からの眺め。
景色がいいだけでなく、海風が非常に心地よい。
これぞ灯台の醍醐味です!
20160430130745.jpg

20160430130923.jpg

20160430131028.jpg



先ほどの君ヶ浜とは違い、犬吠埼は険しい岩場になっていました。
高波が次々と打ち寄せ、砕け散り、人を寄せ付けない厳しい表情を見せていました。
20160430131805.jpg

20160430132005.jpg



さて、犬吠埼で散歩を楽しんだ後は、ちょっと遅い時間の昼食です。
岬の定食屋とかでも良かったんだけど、せっかく銚子まで来たんだから、太平洋の海の幸を楽しまなきゃねということで、岬から少し離れたところ、車で数分くらいのところにあるお食事処にお邪魔しました。
「一山いけす」というお店です。
あとから調べてみてわかったんですが、銚子のお魚料理と言えばココ!みたいな感じらしいですね。
知名度は高く、名物は「伊勢海老天丼」だそうです(^^)。
20160430152659.jpg


その名のとおり、店内にはデカい生け簀があり、新鮮なお魚料理が楽しめます。
こんな生け簀のあるお店なんか滅多に行かないもんだから、ちょっとビビる私(笑)。
それにしても、お昼はとうに過ぎてしまっているのにこのお客さんの数!連休中だからってのもあるかもしれませんが、大人気のようです。
正午頃だったら行列だったでしょうね。
20160430142158.jpg



名物が伊勢海老天丼だって知ってればそれを頼んだんですが。。。
知らなかったからフツーに海鮮丼とかイクラ丼とか頼みました(^^;。
うん、でも十分満足でしたよ。
さすがは日本屈指の漁港、銚子です。
20160430144500.jpg

20160430144519.jpg

20160430144952.jpg


あ~、腹いっぱい!
余は満足じゃ~(^^)

・・・と言って寝るわけにはいきません。
これからは北陸まで、ひたすら長い距離を運転して帰らなければならないのだ(汗)。



銚子市 屛風ヶ浦(銚子マリーナ付近)


今回の房総の旅はこれが最終日。
せっかく遠い千葉まで来ているんだから、もう一か所くらい名所っぽいところを見ておきたいなってなワケで、最後に犬吠埼のほど近くにある屛風ヶ浦(びょうぶがうら)という場所に行きました。
20160430155712.jpg


屛風ヶ浦と呼ばれているエリアはとても広いので、いったいどこに車を止めて眺めればいいのか、旅行者には分かりにくいよね。
銚子マリーナというところが、一応広い駐車場があって、遊歩道もシッカリ整備されていて、子連れでも安心ということなので、そこに車を止めてしばらく遊歩道を歩いてみました。

この海岸、縞々の地層がむき出しの断崖がひたすら10km近く続く独特の景観が楽しめます。
初めて来たところだけど、初めてじゃないような光景。それもそのハズ、何かしらのCMとかプロモーションビデオとかの撮影地としてよく採用されているし、写真愛好家にも人気がある場所で多くの写真ブログでも目にしますからね。
20160430160527.jpg


すげ~。地層がクッキリ!
この縞模様一本一本が、気の遠くなるような歴史の積み重ねだと思うと、ロマンを感じます。
地理学や地質学が好きな人にはタマラナイ場所ですね。
20160430161154.jpg


この屛風ヶ浦は、「東洋のドーバー」とも呼ばれているとかなんとか。
「東洋の○○」と呼ばれているところは日本にいくつもありますが、例えば「東洋のマンハッタン」とか「東洋のアルプス」とか「東洋のナイアガラ」とか、有名な名詞を使っていればなんとなくイメージ湧くんだけど・・・

「ドーバー」ってどうよ!?
みんな、知ってんの!?(笑)


イギリスとフランスの間にあるイギリス海峡。その一番狭い部分が「ドーバー海峡」。
その辺の海岸風景(白い崖、ホワイトクリフ)とよく似ていることから「東洋のドーバー」と呼ばれているらしい。
(そういえばこの断崖の上の道路も「ドーバーライン」とかって名前だったよな。)
後でホワイトクリフをネットで調べてみましたが、確かにこの屛風ヶ浦と似ている気がする。
ただ、あちらのほうが石灰岩でできた真っ白な崖だから、見た目の美しさはリアルドーバーには敵わないかな。
20160430155843.jpg

20160430160925.jpg



もっと先に進めば、より写真映えのする光景が広がっていたかもしれませんが、今回は時間も時間だからあまり欲張らずに。
また別の機会にジックリとこの崖を楽しもうっと!
・・・って思ったけど、おそらくもう当分は銚子には来ないと思う。
だって北陸から遠いんだもの(苦笑)。
20160430160414.jpg




というワケで、2016年ゴールデンウィークの旅日記、房総半島でした。
今回の旅の前半は雨が降って困りましたが、後半は青空が戻り房総の海を楽しむことができました。
小さな子供がいなければ、ちょっとハイキングして鋸山とか養老渓谷とか、まだまだ見て回りたいところはあったんですが・・・そういうところは家族旅行ではなくて一人撮影旅のためにとっておこうっと(笑)。
今回はせわしなく回ってしまいましたが、またいつかゆっくりと見て回りたいと思いました。
それまでに、銚子に高速で行けるようにしといてくださいよ(笑)。
20160430155156.jpg





<犬吠埼>
【駐車場】あり(500円)
【入場料とか】200円(犬吠埼灯台)
【所要時間】60分(灯台観覧と周辺散策)

【地図】



<一山いけす>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】なし

【地図】



<屛風ヶ浦(銚子マリーナ付近)>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】なし
【所要時間】60分(周辺散策と潮干狩り)

【地図】



【リンク】
犬吠埼(銚子海上保安部)

一山いけす

屛風ヶ浦


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

千葉 房総半島 銚子 屛風ヶ浦 犬吠埼 灯台 海岸

12 Comments

まっさ  

>みぽははさん

こんばんは♪
千葉まで行ったような気分になっていただけて、嬉しいです!(^^)

千葉が伊勢エビの一番の産地だったとは・・・恥ずかしいことに今まで知りませんでした!
だって伊勢エビでしょ?
千葉が産地ならば、例えば「安房エビ」とか「房総エビ」とかのほうがシックリ来ますよね~。


私の場合、今は子育てや仕事でどこでも自由にカメラを持って撮りにいけるワケではないので、
老後に好きなだけ撮りに行くのが密かな楽しみでもあります(笑)。
そのためには、なるべく長生きしないとなぁ。。。

2016/06/01 (Wed) 20:25 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

素晴らしい

楽しい気分になれました

さすがに太平洋は日本海とスケールが違います
千葉まで行ったような気持ちになり一枚一枚ゆっくり拝見しましたし
一枚一枚の説明が適切でたのしい気分にもなれました 感謝感謝

美味しい写真もご馳走さまです
そうそう千葉は伊勢海老の漁獲量が全国一だそうですね
千葉の伊勢海老が三重まで送られるそうですよ

若い頃に車が有ればカメラ持参で全国色々出かけたでしょうに
少し生まれるのが早すぎたのでしょうね (笑)

2016/05/30 (Mon) 12:15 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
食べ物の写真って、難しいですよね。
あまり撮らないんですが、「まいりました」と言わせることができて良かった(笑)。


おぉぉ!
夏に金沢へお越しになるんですね!
以前もそういうお話が上がったけれど、流れてしまった記憶があります。
今回はぜひ金沢出張が実現されることを願っていますよ(^^)。
8月終わりなら、台風さえ来なければ天候的にはまずまずなんじゃないでしょうか。
兼六園や茶屋街の記事、楽しみにしています!

2016/05/29 (Sun) 17:22 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>kanageohis1964 さん

こんにちは♪
銚子付近はジオパークに認定されていて、あちこちに地質学上の貴重なサイトが分布しています。
犬吠埼も屛風ヶ浦も、ともにとても面白いところで、ジックリと見て回りたいところです。
でも今回のような家族旅行では、家内や子供に地層を見せたところで「ふ~ん」で終わってしまうので、なかなかゆっくりもできないんですよね。
またいつか、一人でジックリ時間をかけて訪ねたいです。


テンプレート、変更しました。
以前のテンプレートの作者さんが退去されたのもありますが、記事の幅をもっと広げて一回り大きな写真に対応したかったのと、最近はスマホからのアクセスが多いので、スマホからでもそれなりに見栄えのいいブログにしたかったってのがあって、新しいデザイン(レスポンシブデザイン)に挑戦してみたのです。
まだまだチューニング中でして、これから少しずつ改善していきたいなって思ってます。
ただし、SEO的に問題があれば、元に戻します(笑)。


今後ともよろしくです!

2016/05/29 (Sun) 17:18 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
銚子=珠洲って言われると、ちょっと言い過ぎじゃないかなと(笑)。
でも県庁所在地からの遠さというかアクセスの悪さは、奥能登に匹敵するかもしれませんね。

それにしても千葉って遠いですよ。
金沢から向かうと、だいたい東京辺りで体力・気力の限界を迎えるんですが、千葉はさらにその先にありますからね(^^;。
だから今まで一度も車で行ったことがなかったんです。(ネズミの国は除く(笑))

今回、千葉を堪能できてホントにいい経験でした。

2016/05/29 (Sun) 17:00 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
房総半島は、花が咲き乱れる早春が素晴らしいそうですよ。
もしかすると、土佐けんさんよりも助手さんのほうが喜ぶかもしれませんね(^^)。

青い海をバックに花が咲く、一度そういうシーンも見てみたいものです。

GWとお盆の家族旅行では、ご当地の美味しいものを食べるという楽しみもあるんです。
一人旅ではなるべく時間とお金をかけないよう、ラーメン屋か牛丼屋で済ませてしまうんですが(笑)。
お魚は日本海と違うかって言われると、それほど目新しいものではなかったけれど・・・
そうだ、カツオが旨かった!
新鮮なカツオは太平洋側ならではかもしれませんね。

2016/05/29 (Sun) 16:54 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

No title

GW銚子の旅日記 編集お疲れ様でした


青空をバックに純白の灯台を見上げるアングル・・・わたしもダイスキな一枚です

読んでいる途中に出てきた海鮮丼と煮付けには、もう参りました><

ちょうどお腹がすいている時だったので、本州の新鮮なお刺身が恋しいなぁ~と思っちゃいました


追伸:仕事の出張で、8月終わりにもしかしたら金沢に行くかもしれません

仕事なので、土日しかお休みがないのですが、青空(予定)の兼六園や東茶屋の夜景などをま~ったりと訪れたいと思います

2016/05/29 (Sun) 15:31 | EDIT | REPLY |   

kanageohis1964  

こんにちは。

屏風ケ浦と呼ばれた場所は横浜市内にも一応あるのですが、規模は断然こちらの方が大きいですし、地層がこれだけ綺麗に見えるのはこちらだけですね。これは確かに地質学マニアは行きたくなりますね。

ところでテンプレート替えられたんですね。まぁ、前のテンプレート作者の方はFC2ブログから退去されてしまっていますし…。私の方はCSSに本文向けの定義をいっぱい入れてしまったので、それを移植するのが面倒でそのまま手を入れて使い続けてますw。

2016/05/29 (Sun) 13:48 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

銚子ってね・・・・・

石川県でいう珠洲みたいな感じ。
いや、富津の方がそっちか?(苦笑)

千葉は北西の都心に近いほうは、割合と道路事情はいいのですが、外房に至るやお世辞にも道路計画はよくなく・・・・・

意外と時間かかります。

川崎からアクアライン、君津まではいいのですが、その先は所謂一般道。

帰りの渋滞に巻き込まれたりした時には、大変です。

2016/05/28 (Sat) 23:11 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

犬吠崎に行かれたんですね! 良いな~~
青い海と空、最高です^^
僕も一度、行ってみたいなと思っている場所です。
中々実現しませんけどね~~
美味しいものも食べたんですね!
日本海とは又違ったお魚の味、堪能しましたか?
僕もどこかに旅に出たいですよ~~

ポチッ全部!

2016/05/28 (Sat) 21:37 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
鯛の浦って、走行途中に看板を見た記憶がありますが、残念ながら素通りしてしまいました。
後から調べてみると、鯛の浦って国の特別天然記念物で、むちゃくちゃたくさん鯛が泳いでいるのを船から見ることができるんですってね。
しまった~、事前にちゃんと調べて行くべきだったと後悔しています(^^;。
きっと子供たちも喜んだだろうに。。。


実は今の上司が千葉に詳しくて、前もって「千葉の渋滞は危険だよ」と教わっていました。
しかし蓋を開けてみると、渋滞で困ったのは銚子に行く時の柏→千葉間くらいでして、それ以外は比較的スムーズに流れていたと思います。
5月のGW後半はもっと多かったのかもしれませんけどね。


房総半島ですが、もっと早い時期、菜の花が咲き乱れる頃にまた行きたいなぁと思っています。
それに養老渓谷の紅葉も見てみたいし・・・
早春と秋、もう2回くらいは行っておかないと、本当の房総の良さって分からないんでしょうね~。
また機会があれば訪ねたいと思っています!

2016/05/28 (Sat) 16:40 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

とっても北陸の方の旅とは思えないです(笑)
まだ私は鯛の浦あたりまでしか行ったことなくて、銚子は未開拓なのに。。(笑)
GWの房総半島結構混みますでしょ。
紅葉の時もものすごいですよ。
養老渓谷にたどり着けなかったですから。
しっかし、屏風ヶ浦は良いですね。
この景色、私もいつかこの目で見てみたいものです。

2016/05/28 (Sat) 14:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment