-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 2016

にゅうぜんフラワーロード(2016)/およそ300万本!北アルプスをバックに咲くチューリップ

春の富山を代表する光景と言えば、カラフルなチューリップ畑を連想される人も多いかと思います。
前記事では砺波平野のチューリップ畑の様子をお伝えしましたが、今回はもっと観光客向けのスポットでもある入善町のチューリップ畑です。

毎年4月中旬から下旬にかけて、このエリアで開催される「にゅうぜんフラワーロード」というイベントにおよそ2年ぶりに行ってきました!
このフラワーロードがいいところは、飾りっ気のない自然なチューリップ畑が、残雪の北アルプスをバックに広がっていて、観光客でもありのままの富山を楽しめること。
しかも今年は一段とスケールアップして、およそ300万本の花を愛でることができました。

20160416130450.jpg

20160416122714.jpg


広々としたチューリップ畑は出入りが自由。
小さな子供たちやペット、あるいは恋人なんかの写真を撮るには超オススメの撮影スポットですよ。
ってなワケで、にゅうぜんフラワーロード2016の様子を、多少親バカな写真も含めてお伝えしたいと思います(^^)。

20160416122807.jpg


2年前のにゅうぜんフラワーロードの記事はこちら
20140420145158.jpg


2016年04月16日 富山県下新川郡入善町 にゅうぜんフラワーロード会場


さてさて、2016年もはるばる入善へやってきました!
富山県東部・入善町で毎年開催されている「にゅうぜんフラワーロード」
今年で記念すべき20回目の開催のようですよ。

富山県と言えばチューリップの球根栽培が盛んです。
主要な産地は県西部の砺波平野ですが、県東部の入善付近でもチューリップ畑を見かけることがあります。
その県東部のチューリップのシンボルとも言えるのが、入善町で毎年開催されているこのイベント、「にゅうぜんフラワーロード」です。
名前から、なんとなくチューリップが両脇にズラっと咲いている道のようなイメージを思い浮かべるかもしれませんが、そうではなくて、実際は何枚ものチューリップ畑をメインとしたお祭りのことを「フラワーロード」と呼んでいます。

今年のフラワーロードは過去最大級の規模でして、東京ドーム1.5個分、およそ8haの広さの畑に、なんと300万本のチューリップが、残雪の北アルプスをバックに咲きそろう!、そんなシーンを楽しむことができました。
20160416115900.jpg


家内と息子が別の場所へお出かけに行った関係で、今回は僕一人がワルガキ3人娘を連れて回るという、誰が見ても とても気の毒 微笑ましくなるようなミッションをやってのけました(笑)。
20160416115845.jpg


さて、結論からいうとこのミッションは非常に困難なものでした。
何が困難かっていうと、バリアフリーが十分じゃないんだよなぁ。
まぁ整備された公園じゃなくてチューリップ畑が会場だから、しかたない面もあるとは思うんだけど・・・。
いや、きっと大多数の人にとっては何の問題もない素敵な会場だと思うんですが、例えば車椅子や僕みたいに双子用のベビーカーを押して歩く少数派からしてみると、なかなか不自由な会場だなぁという印象を受けた次第です。
目の前の畑に行きたくても急な段差があったり、橋を渡ろうにも両端のプランターのせいで通路が狭く双子用のベビーカーが通れなかったりと、いろんなところで行く手を阻まれ、十分に楽しめなかった印象です。
たった20m先の畑へ行くために、バリアフリーじゃないせいで数百mの迂回を余儀なくされ、しかもそれが歩道もなく車通りが多い危険な道だったりして、ちょっとシャレにならないですよ、運営様。
来年以降、双子の子連れや車椅子の人でも楽しめる会場にしてくださいね!


さて苦言はここまでにして。。。
20回目の開催となる今年のフラワーロードは、JAみな穂の倉庫周辺での開催でした。
アクセスは大変良くて、北陸自動車道の入善スマートICから一本道、車で数分の場所です。
駐車場は会場の目の前のほか、ちょっと離れた体育館・中央公園の駐車場が使えました。ちなみに離れた駐車場から会場までは歩いて5~10分ほどです。
駐車無料なのがありがたい!
そして入場料も一切必要ない!

このフラワーロード、交通費以外は一切費用がかからないのが嬉しいんですよね~。

会場に入るや否や、ドーンとチューリップの花びらによるウエルカムボード!
球根栽培のために早い段階で花を摘み取られてしまう富山のチューリップたちですが、摘んだ花びらはこういう使い方ができるんですね~。
20160416130038.jpg

20160416130215.jpg



球根栽培中のチューリップをありのままに見せるというのが、フラワーロードの特徴でもありますが、チューリップを毎年同じ畑で栽培すると土が痩せて綺麗なチューリップが咲かなくなるため、フラワーロードの会場は毎年微妙に場所が違うんですよね。
2年前に訪ねた時は背景に民家や電柱や車などややゴチャゴチャとした景色が入り込んでしまう場所で若干不満でもあったのですが、今年は広々とした開放的な場所になっていました。
背景は、富山県独特の散村風景や残雪の北アルプスなどで、「いかにも富山の春」的な光景が楽しめて、ロケーション的には良かったと思います。
ただし、黄砂の影響もあって空の色があまりよろしくなかった(汗)。
20160416122302.jpg

20160416130917.jpg

20160416122942.jpg

20160416130322.jpg



約300万本と言われている花景色は圧巻でした!
ちなみに300万の中にはチューリップだけでなく、スイセンなどの春の球根の花たちも含まれるそうです。
20160416123242.jpg

20160416122634.jpg

20160416130738.jpg



小さな子供たちって、花畑を見ると妙に興奮して走り出します。
普通のチューリップ畑だと畑の中に入ることはなかなかできないのですが、フラワーロードなら大丈夫!花さえ踏まなければいくらでも畑でかけっこできるのが、このフラワーロードのイイところかもしれません。
綺麗に咲きそろった黄色のチューリップ畑が、スナップ写真を撮る親子連れに大人気でした。
20160416121132.jpg



2年前、このにゅうぜんフラワーロードに3歳になったばかりの長女を連れてやってきたのが、ついこの前のように思い起こされます。
この時は今回に比べてホントにラクでしたよ。子供の数が3分の1ですからねw。
当時はウサギのかばんを非常に大事そうに持って散歩していました。
20140420145356.jpg
(2014年04月20日撮影)


あれから2年の月日が経って・・・、
今回は5歳の長女と2歳の次女・三女と再びフラワーロードを見にきました。
まさか娘3人連れて再び来ることがあろうとは、2年前のあの日は思いもしなかった(笑)。
そして、今回長女が手に持っているのは、ウサギのカバンなんてアナログなものではなくて、幼女向けの某TVアニメの玩具。
スマートフォンを模した機器の中でタッチペンを使って妖精を育てるという、まぁ昔のたまごっちをもっともっと現代的にアレンジしたものです。
幼女の世界にもデジタルが蔓延しています(^^;。
20160416121107.jpg


そして、2年前にはいなかった次女と三女。
チューリップ畑の中を自由に歩かせてみましたが・・・
アチコチ歩きまくって、知らない間にコケまくって服とか汚して・・・
案の定僕一人ではコントロール不能でした(苦笑)。
20160416121121.jpg

20160416121448.jpg



残雪のアルプスとチューリップ畑をバックに。
今年もたくさんのチューリップを見ることができたね!
20160416130940.jpg



ってなワケで、富山県東部入善町の「にゅうぜんフラワーロード」でした。
三人の子守を兼ねての訪問だったので、撮影に全然集中できんかったのが悔やまれる(汗)。
ま、そればかりは仕方ないかな。
子供たちが大きくなって手が離れたら、またゆっくり撮りに来ようと思います。
20160416130809.jpg

20160416131240.jpg




<にゅうぜんフラワーロードのチューリップ畑>
【駐車場】あり(会場横・入善町総合体育館・入善町中央公園。駐車料無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】1時間

【地図】

(会場は毎年同じとは限りません。事前にチェックしてくださいね)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

チューリップ にゅうぜんフラワーロード 入善町 北アルプス 富山県 チューリップ畑

- 8 Comments

まっさ  

>かーず君さん

こんにちは♪
単身赴任時に砺波にもお越しになっていたんですね。
雨が降って肌寒い日はチューリップの開き具合もイマイチになってしまいます。
やはり初夏の陽気の下で見てほしかったかな。

にゅうぜんフラワーロードも、砺波のチューリップフェアに負けず劣らずの素晴らしい場所です。
福井からはかなり遠くなりますが、今のかーず君さんならむしろ入善のほうが近いかもしれませんね(^^)。
機会があればぜひお立ち寄りください。

2016/05/05 (Thu) 13:02 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みぽははさん

こんにちは♪
私も、小さな子の写真を撮れるのは今のうちかなと思って、たくさん撮っています。
昔は普通に他のお子さんも撮れていたんですね?
今は簡単にネット上にUPすることができ、誰でも見られるしいつまでも残ってしまうので、やはり慎重になってしまいますね。

でも、花を撮りに来ている人に悪い人はほとんどいないと思うので、私の場合は撮らせてくださいと言われたら快くお引き受けします。


そうそう、「はい、ポーズ!」ではなくて、ごくごく自然に遊んでいる姿を撮りたいんですよね~。
つくり笑顔じゃなくて、本当の笑顔というか。
でもそれって我が子でも難しい(笑)。

2016/05/05 (Thu) 12:59 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
おっしゃる通り、撮影に全く集中できませんでした(笑)。
まぁそうなることはあらかた予想はしていたのですが、家で留守番するよりは楽しいですし、思い切って3人連れて出かけてしまいました(^^;。

フラワーロード、毎年地味にバージョンアップしているみたいです。
砺波もそうだけど、富山ってホントにチューリップに力入れてますね~。

2016/05/05 (Thu) 12:42 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
長男は結構年齢が上がってきて、あまりこういったお出かけはしなくなってきました。
家で友達なんかと遊んでいたほうが楽しいらしいです。
まぁ、10歳過ぎればそんなもんでしょうねぇ。

ここのチューリップの特徴は畑で遊べるってことなんですが、特に2歳とか3歳とか目の離せない年齢のお子さんは何をしでかすかわからないので注意が必要です。
うちの娘の一人も、いきなりチューリップ咲いているところに突進したり、すっころんだりして、泥だらけ(^^;。
来年はもう少し子守がラクになってるといいな(汗)。

2016/05/05 (Thu) 11:40 | EDIT | REPLY |   

かーず君  

こんばんは。

福井に単身赴任している時に、砺波のチューリップフェスタは行って来ました。
フェスタ開催初日で天気は雨^_^;
それでも砺波のチューリップが凄いことを肌で感じてきました。

今回アップされているフラワーロードは知りませんでした(^_^;)
素敵なロードですね!
行ってみたいです)^o^(

2016/05/04 (Wed) 18:11 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

少し雪を被った立山を背景にチューリップと可愛いお子ちゃま
小さな孫の居ない私には撮れない写真なので羨ましい

以前は平気でかわいいお子を撮らせて頂くことが有りましたが
今は親御さんの許可が無ければ撮れなくて残念です

気づかないお子を撮ると素敵な写真になったりしますが
許可を取ってからの写真はただの記念写真になり
お子を撮ることが少なくなりました

2016/05/04 (Wed) 11:46 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

 いや~、ちっさいの3人連れてのお出かけとなると、撮影に集中できませんよね。
双子さんも、段々とやんちゃ盛りになってきたようで、尚更でしょう。

それでも出かけて撮影してくるとは・・・・

頭がさがります

2016/05/04 (Wed) 06:32 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

300万本のチューリップ、バックに北アルプス、、、
なんとも贅沢で豪華で美しいチューリップ畑ですね。
確かに人が歩いているところは路面がぼこぼこな様子です。
3人を子守しながら良く頑張りました!
しっかし、子供の成長はほんとに早いですね。
この3人のほかにも男の子がいましたよね。
お父さん、頑張り時ですね!頑張って!

2016/05/03 (Tue) 20:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。