-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03 2015

称名滝の紅葉/いつ見ても大迫力!落差日本一の名瀑を彩る錦秋の風景 

滝を彩る紅葉ってダイナミックですよね~。
北陸には落差350mという日本一の規模を誇る称名滝という名瀑がありまして、ここは立山黒部アルペンルートの入口であり、年がら年中大変美しくまた迫力のある光景を楽しませてくれる人気の観光スポットになっています。
特に10月中旬から下旬にかけて、周りの木々が錦に染まる時期が、称名滝にとってのベストシーズンだと言えます。

今回、立山山麓の「有峰林道」で紅葉ドライブを楽しんだ後、ついでと言っちゃ失礼ですが日本一の称名滝も訪ねました。

すんげぇ~!綺麗だ!
日本一の滝が錦絵に包まれるシーンは見事でした!

20151017132321.jpg

滝が見える場所までは20~30分ほど遊歩道を歩くことになるんですが、、、
遊歩道からの紅葉も見事で、歩く疲れを感じさせません!
20151017134322.jpg


紅葉シーズンの称名滝は4年前にも一度訪ねているのですが、今回のほうが天気も時間もベストコンディション!
日本一の滝が一年で最も美しくなったその瞬間を、切り取ることができましたよ~。
錦秋の称名滝、是非ご覧くださいませ(^-^)


2015年10月17日 富山県中新川郡立山町 称名滝


北陸自動車道の立山ICから車で1時間弱ほど。
立山黒部アルペンルートの基幹駅である立山駅から、さらに山の奥へ奥へと進んでいったところに、称名滝があります。
立山山麓の弥陀ヶ原という高原から断崖絶壁を一気に流れ落ちる落差350メートルの巨瀑でして、落差日本一の滝であることは疑いの余地がありません。
もちろん、日本百名瀑の一つにも数えられます。
ちなみに日本第2位の滝ってどこなんだろうと気になったので調べてみましたが、称名滝に次ぐ滝は北海道の「羽衣の滝」で、その落差は270メートルとのこと。
第1位と第2位に80メートルもの差があるのが意外でした。つまり、称名滝は他の滝を完全に圧倒するほどのダントツトップの規模だということです。


称名滝の下の部分の標高はおよそ1000メートルほど。
北陸の1000メートル付近の山々では、例年だとだいたい10月中旬から下旬にかけてが紅葉の最盛期となります。
この日は最盛期のど真ん中の時期であるだけでなく、天気もバツグンに良くて、しかも時間的にもバッチリ☆
(称名滝は午前中は逆光になり、午後は日陰に入るため、滝に陽が当たって綺麗に見える時間はごく限られているんです。秋は正午から14時までが狙い目!)
まさに称名滝日和でした。

駐車場はほぼほぼ満車でしたが、比較的回転が早いので、満車でも諦めない!
ようやく車を止められたとしても、残念ながら「車を降りたら目の前に滝」・・・というワケにはいきません。
駐車場から称名滝の展望台までは、距離にして1km強、時間にしておよそ20分から30分ほど歩くことになります。
展望台へ続く遊歩道は勾配は緩やかで道幅もあり、舗装もしっかりされているので、小さな子供やお年寄りでも全然平気ですが、時間的にあまりゆっくりもしていられないのですっごく早足で歩きました。
ちなみに娘を肩車して。死にそうだった(笑)。
20151017130650.jpg


この遊歩道を歩く20~30分が大変じれったくもあるのですが、紅葉の時期は周りの山が全て錦絵のようにカラフルに染まるので、飽きることはありません。
主役の滝がいなくても十分すぎるくらい綺麗な景色で、滝を見る前にお腹いっぱいになってしまいそうです(^^;。
20151017130828.jpg

20151017131624.jpg


この深い谷は称名川という、常願寺川の支流によってつくられたものです。
平野部からここに来るまで、ず~っと常願寺川や称名川に沿って車を運転したり歩いたりして山の奥へ奥へと進んできたわけですが、ここで非常に巨大な断崖絶壁が目の前に立ちはだかり、これより先には進めなくなります。
この断崖絶壁こそが、称名滝をつくりだした崖。
崖にはとりわけ深くV字に切り込まれた箇所がありますが、そのV字の部分に称名滝があります。
残念ながら滝は遊歩道からは山肌の陰になってしまうので、歩きながらその雄姿を拝むことはできません。
とにかくGOALの展望台を目指して無心で歩くのみ!
20151017131213.jpg


歩くこと30分ほどで、落差日本一の称名滝の真下に到着!
称名川には橋が架かっていて、そこから見上げる滝がまた綺麗なんです。
20151017133343.jpg



称名滝は4段に分かれているそうです。
1段目から4段目までの高さは、それぞれ70メートル、58メートル、96メートル、126メートル。
いずれも単体の滝として見た場合でもそれなりの規模があるんですが、それが4つも重なって350メートルという日本一のスケールを生み出しているんですね。
これまでにも何度か見てきた絶景ですが、何度見ても飽きたり慣れたりはしません!
この日も雄大な自然の前に、自分の存在がとてもチッポケに感じてしまいました。
深く切り込まれた滝の両側には、まさに今が最高潮に美しい紅葉の木々。
日本一の滝に彩りを添えているその仕事たるや、もう文句の言いようがなくてカンペキです!
秋の称名滝は本当に美しいです。
20151017132508.jpg

20151017132922.jpg

20151017132718.jpg



「中部山岳国立公園称名滝」の碑の前で。
ここが称名滝一番のシャッタースポットなんだけど、展望台が完全に日陰に入ってしまうので、滝と人の両方を立たせるのは結構難しかったりします(^^;。
20151017132608.jpg



滝にズームイン!
こうやってズームしてみると、称名滝は奥行きがかなりあることが分かりますよね。
ほんのちょっとしか写ってないように見える最上段の滝でも落差は実に70メートル。称名滝ってスケールがデカい!
20151017132735.jpg

20151017133306.jpg



これまでどなたかこの垂直に切り立った崖に立った人っていらっしゃるのでしょうか?
冒険家とか登山家とかロッククライマーとか、プロにしかできないと思うんだけど・・・。
あまり聞いたことがないところをみると、称名川を下って滝に立つのって相当難しいんでしょうね。
20151017133241.jpg



展望台に立つとどうしても滝のほうばかりに気を取られてしまいますが。
滝とは反対の方向に目をやっても、綺麗でしたよ。
標高1000メートル付近の山々は紅葉の絶頂期。滝の周囲の山々が錦に染まるシーンも、滝に負けず劣らずGoodでした(^^)。
20151017132822.jpg


しばし滝見を楽しんで、来た道を戻ります。
緩やかな傾斜のある遊歩道は、帰りのほうが幾分かラク。
最後に遊歩道を振り返り、錦秋の称名滝に別れを告げました。
また来るよ!
20151017134154.jpg


ってなワケで、称名滝の紅葉絶景でした。
夏にも訪れたことがあるんですが、なんだかモヤっとした景色でパっとしなかたのを覚えていますが、今回は秋らしくサッパリとした空気で景色もクッキリ。とても鮮やかな紅葉を楽しめましたよ。
立山室堂(2450メートル)から徐々に徐々に麓へ向かって降りてきたアルペンルートの紅葉は、この称名滝で一応ゴールとなり、ここから先は人が暮らす里山や平野部へと続いていきます。
里の紅葉も楽しみ(^^)。
20151017135807.jpg

ところで、称名滝の隣にハンノキ滝という、さらに落差の大きな滝が時々現れるそうです。
でもハンノキ滝は常時流れ落ちている滝ではないため、500メートル近くの落差があるにも関わらず日本一の滝としては認められていないようです。
私はまだ一度も見たことがありません(^^;。
春先や大雨の後など、大量に水が流れ落ちる時にのみ見られるそうで、称名滝とのコラボが美しいそうです。
機会があれば、春の新緑の称名滝も訪ねてみたいものです。




同じく立山山麓の有峰林道の紅葉はこちらから。
20151017120130.jpg


<立山黒部アルペンルート 称名滝>
【駐車場】有(称名平駐車場 無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】1時間10分(遊歩道往復40分込み)

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

立山 称名滝 富山県 紅葉 錦秋 アルペンルート

- 5 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
落差350メートルはなかなかの迫力ですよ!
どの季節も綺麗だと思いますが、やはり錦に染まる秋は格別です。
遊歩道までのアクセスは比較的よいので、土佐けんさんも是非訪ねてみては!?

そろそろ金沢の街も色づきが増してきました。
そちらの街の紅葉も、あっと言う間にやってくるんじゃないでしょうか?

いつもお立ち寄り、感謝♪

2015/11/07 (Sat) 16:29 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>S-masaさん

こんにちは♪
こういう山間部の紅葉って、雨が降ると厳しいですからね。
是非また来年、計画を立ててみてください。

ハンノキ滝はまったく姿が見られなかったのですが、やはり雪解けの時期に行くと確率が高そうですね。
是非春にも行きたい!と思っているのですが、そうか、忘れてた!
水しぶきが凄いんだった・・・。

まさか雨具が必要なほどとは思いませんでした。
春に行く時はそれなりに準備して行こうと思います(^^;。


お立ち寄り、感謝♪

2015/11/07 (Sat) 16:26 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/11/07 (Sat) 14:44 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

全山紅葉、美しいですね~~
称名滝って言うんですか。
落差350mですか!
大迫力ですね~~
見事な撮影に感動です!
早くこちらも紅葉にならないかな~~

ポチッ全部!

2015/11/04 (Wed) 21:47 | EDIT | REPLY |   

S-masa  

こんにちは。

秋の称名滝は紅葉が綺麗ですね。
私も今秋に行こうと思っていたのですが、予定していた日が雨で断念しました。
ここで楽しませて貰います。

ハンノキ滝は流れていませんでしたか?
雪融けの水の多いとき限定なのですね。
春に行ったときは、水量も多く称名滝とのコラボも見られました。
その替わりに称名滝の水量も多く、飛沫でカメラ向けることも困難な程でした。
春行かれるのでしたら雨具のご用意を!

2015/11/03 (Tue) 13:28 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。