-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19 2015

巾着田の彼岸花 深紅の世界/500万本が咲き乱れる、日本一の彼岸花名所

毎年どこか一か所くらいは彼岸花が無数に咲き乱れるところに行きたいなぁなんて思っています。
これまで東海・近畿の彼岸花名所はいくつか見てきたのですが、彼岸花の大御所、みんなが「日本一だ」と認める「あの場所」にはまだ一度も行ったことがなかったんですよね~。

だってさ、埼玉遠いんだよ!!(笑)。

ずっと行きたい行きたいと思いつつ、なかなか行く機会がなくて何年も何年も見送り続けてきた、僕にとっての憧れの彼岸花名所。
埼玉県日高市の巾着田(きんちゃくだ)に、今年ようやく行くことができました!

20150920085739.jpg


林の木立を埋め尽くさんばかりの彼岸花!
これまで見聞きした通り、圧巻の光景でした!


20150920073328_1.jpg

そんなワケで、今回は悲願だった彼岸花名所の訪問記です(^^)。

20150920074203.jpg


2015年09月20日 埼玉県日高市 巾着田


曼珠沙華という花。
ちょうど秋のお彼岸の頃にワっと咲くことから、またの名を彼岸花とも言います。
田んぼの畔なんかに何気なく咲いているのもいいけれど、この花は何十万何百万という数が集まってまるで赤いカーペットのように咲き乱れるのも、なかなか迫力があって見応えがあるものです。
彼岸花は日本各地で見られるそうですが、「日本一の彼岸花の大群生地」と言えば、それはもう巾着田を置いて他にはないでしょうね。

巾着田とは、高麗川(こまがわ)という川が大きく蛇行した結果、川にぐるっと囲まれた土地がまるで巾着のような形に見えることからこう呼ばれているそうです。
川縁の雑木林では毎年お彼岸の頃になると真っ赤な彼岸花が無数に咲き、その数は500万本と言われているから驚きます。
少し前までは100万本って言われていたような気がします。
なので、例えば200万本が群生する矢勝川(愛知県)を訪ねて、「巾着田って、有名な割にここの半分しかないんだな」って、なかなか行けない腹いせにちょっと見下していた自分がいたりしましたが、それは浅はかでした(^^;。

下の写真は巾着田を造りだした高麗川の流れ。
ここが関東とは思えないほどのクリアな流れでした。
20150920091322.jpg

20150920081630.jpg


これまで巾着田に行くのが憚られた最大の要因は北陸からの距離です。
埼玉県の南部にあり、ほぼ東京へ行くのと変わりません。
日帰りでサっと行ってサっと見てサっと帰るにはちょっと遠すぎ。一人で行動するならまだしも、最近は小さい子供を連れていかないといけないし、子連れとなると日帰り埼玉は果てしなく無理ってもんだ。
そして巾着田になかなか行けなかった二番目の要因は人の多さです。
彼岸花のシーズン中は電車も車も現地もとにかく大混雑・大渋滞するゾと脅されてきたので、なかなか行く気になれなかったんですよね。なんたって首都圏のお抱え観光地ですもんね。
渋滞を避けたいなら、朝の早い時間に現地入りする意外に方法はありません。

そんなワケで、今回は深夜の2時に金沢を出発し、夜通し高速道路を走り倒して、朝飯前に現地入りして、後は野となれ山となれという無茶なプランを立てました。
時は大型連休(シルバーウィーク)の2日目の9月20日。
天気はまずまずの予報!


で、本当に一睡もせずに北陸道・上信越道・関越道を走り倒し、巾着田に着いたのは金沢出発からおよそ5時間後の午前7時。
さすがに7時だと大半の人がまだ寝ているのでしょう。
渋滞なんて皆無で拍子抜けするくらいスイスイと駐車場に入ることができましたよ。
巾着田に車で行くなら、朝の7時頃までに到着しておくことをオススメします!

さて、いよいよ巾着田のゲートをくぐります!
長い間夢見てきた日本一の彼岸花名所に、いよいよ入場!
20150920071025.jpg


朝の7時で人が少ないと言っても、それはあくまで「比較的」の話。
大勢の人がすでに散策を始めていました。
写真愛好家たちがカメラを向けるその先には・・・
20150920071308.jpg


なんということでしょう!
目の前に広がる深紅の世界、圧巻です!

20150920071132.jpg



下の写真の看板がとても分かりやすいと思いますが、巾着のような形をした高麗川の流れに沿って、赤色で示された彼岸花群生地が広がっています。
長さはおよそ600m、幅はおよそ50m。つまり、群生地を一回りするだけで1.5kmほども歩くことになります。
群生地は大きく南北の2つのエリアに分かれていて、その間には飲食やイベント用のスペースがあります。
南側の群生地のほうが花期が若干早いみたいだけど、この日は南北ともに申し分ないほどの見事な咲きっぷりでした。
20150920073554.jpg


巾着田の特徴は、何と言っても緑の林の中に群生すること
田んぼの畔や道端や川の土手に咲くシーンなら今まで何度も見てきましたが、雑木林の中ってのは初めてです。
木立の中でこれほどの数の彼岸花が群生するのは非常に珍しいらしく、それもこれほどの規模のものとなると巾着田は日本で唯一無二の存在でしょうね。
赤と緑、相反する色あいのコントラストがとても素晴らしく、ベタな表現ではありますが、林の中に深紅の絨毯を敷いたような、そんな見事な光景でした。
20150920071234.jpg

20150920072458.jpg

20150920080907.jpg



8時を回った頃からかな。
太陽の高度が高くなり、木漏れ日が十分に林の中に届くようになりました。
暗い部分と明るい部分がクッキリと分かれていて、その光のコントラストも綺麗だなぁと思いました。
20150920081440.jpg

20150920092937.jpg

20150920072117.jpg

20150920073455.jpg

20150920090144.jpg

20150920090202.jpg



小さな木漏れ日を受けた彼岸花。
まるでスポットライトを浴びているかのようです。
20150920074421.jpg


高麗川の流れとともに。
何度も思うんですが、つい「こうらいがわ」と呼んでしまいそうになります。そうではなくて「こまがわ」です。
20150920072246.jpg


川がキラキラと輝いていたので、ちょっと「玉ボケ」に挑戦してみたり(笑)。
20150920085012.jpg


数多くのカメラのレンズが一点を向いていました。
その先には、ヒラヒラと我が物顔で黒い蝶が彼岸花の間を行ったり来たり。
真っ赤な彼岸花と黒い蝶、この色の組み合わせが何だか妙にイヤラシイ。
もちろん、いい意味で(笑)。
20150920074204.jpg


赤とんぼもたくさん見かけました。
彼岸花の中だと、赤とんぼの赤色は完全に保護色になっちゃうね。
20150920085957.jpg



赤に比べれば圧倒的に数は少ないんですが、白い彼岸花も少しだけ咲いていました。
大勢のむさくるしい男性陣の中にひとりだけ女性がいて輝いて見えることを「紅一点」なんて言いますが、彼岸花の世界では全く逆ですね。
紅一点ならぬ「白一点」がとっても目立っていて、多くの写真愛好家の注目を集めていました。
20150920074729.jpg

20150920090515.jpg



群生地の一番北側には、高麗川に「あいあい橋」という橋が架かっています。
歩行者専用で、長さはおよを91m。
日本一長い木造トラス橋とのことですが、そんなことよりも橋の上から見下ろす彼岸花群生が他では味わえない光景でして、ちょっと面白かった。
20150920091145.jpg


徐々に秋らしくなってきたとは言え、カエデの葉はまだまだ青葉。
こんな緑と赤の組み合わせも見られました。
20150920100235.jpg

20150920100309.jpg


ふぅ。
あちこち回りながら写真を撮ってたら、気がついたら10時です。
巾着田に着いてから3時間もブラブラしてました。
早朝7時に着いたことでラクラク駐車場に入れたのですが、朝の10時でもまだ車列が巾着田の外まで連なるような激しい渋滞は見られませんでした。
さて、出ましょうか!

若干薄暗い林の中で赤ばかり見ていたから、公園の外に出た時の青空がなんかすごく目にしみました。
こちらはコスモス畑だと思いますが、巾着田は彼岸花が終わると今度は無数のコスモスが主役をつとめるそうです。
薄紅色に染まった巾着田も見てみたいものです。
20150920095607.jpg


ってなワケで、日本一の彼岸花群生地、巾着田でした。
色んな写真を見て来たのでだいたいの雰囲気は分かっていましたが、やはりそのスケールには圧倒されましたね。
数の多さもさることながら、雑木林は綺麗だし、散策路がちゃんと整備されていて歩きやすくてお年寄りから小さな子供まで楽しめる点でもとてもいいところだと思いました。
今年訪ねた記憶が薄れた頃に、もう一回来たいな、と思いました(^^)。




<巾着田>
【駐車場】有(有料 500円)
【入場料とか】300円
【所要時間】3時間

【地図】


【リンク】
曼珠沙華の里「巾着田」


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

彼岸花 曼珠沙華 巾着田 日高市 高麗川

- 10 Comments

まっさ  

>金沢小町さん

こんにちは♪
曼珠沙華と言えば巾着田ですよ~。
他にもホントに沢山の名所があるんですが、巾着田はもう「ブランド」になっているかもしれません。

埼玉は確かに遠すぎてなかなか行けないですよね(^^;。
でも、夜に運転すると意外と早くに着けるもんだなぁと思いました。
その代わり、帰りが大変ですが(笑)。
いや~、この日はホントに疲れましたよ。

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/25 (Sun) 08:34 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みんこさん

こんにちは♪
妖艶って言うんですが、ほんと赤と黒ってイヤラシイ(笑)。
彼岸花の名所はいろいろ回ってきましたが、何だかんだ言ってここは他と比較できないくらい綺麗です。
公園だから手入れされているってのもあるし、林の中だからなんとなくシットリとしているのもキレイさに繋がっているのでは、と思います。

5時間走り倒す必要がありますが、それでもまた来たいです。

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/25 (Sun) 08:25 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
PC復帰されて良かったです(^^)

巾着田はほんとに多くの人が訪れていますね。
僕も何度も他の方のお写真を拝見して、行きたい行きたいと思っていたのです。

土佐けんさんの場合は大阪からだし、金沢からよりもさらに時間がかかるかもしれませんね(^^;。
一応、巾着田の近くまで鉄道が来ているらしいんだけど、例えば大阪や金沢を朝イチの新幹線で出たとして、現地に着くのは何時になるのかなぁ。

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/25 (Sun) 08:20 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
書こうと思いつつ気がついたら書き忘れてしまってたんだけど、この日だけ単独行動の許可が下りたんです。
なのでこの日は子連れではなく「おひとり様」でした。
だから巾着田が実現したんですよね~(^^)

時期的にまだちょっと早いかなとも思っていたんですが、いざ着いてみるとほぼほぼ満開。
天気も良かったし、最高の時に行けたんじゃないかなと思っています。
長年憧れの地でしたが、本当に素晴らしところでした。
あれのためなら5時間の運転も辛くない!?(嘘、嘘)

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/25 (Sun) 08:16 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みぽははさん

こんにちは♪
巾着田はやっぱり「憧れの地」ですよね。
写真に興味を持ってから存在を知り、もう何年も行きたいと思いつつなかなか行けなかったところなんですが、今年なんとか行くことができました!

彼岸花には毒があることは知っていましたが、場合によっては死に至るほどの強い毒のようです。
まぁ決して掘り起こして根を食べたりはしないけど、そんな危険なものがこんなに沢山・・・と思うと、ちょっと怖いなぁ(^^;。


あ!
ちなみに書き忘れてしまたのですが、シルバーウィークで唯一この日だけ「単独行動」を許されたんです。
だから悲願だった巾着田へ行けたんですよ~(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/25 (Sun) 08:12 | EDIT | REPLY |   

金沢小町  

壮大!

曼珠沙華と言えば巾着田なんですね☆
カメラを始めてから知ったのですが同じく遠すぎて憧れの場所になってます(^^;;
私もいつか行ってみたいものです♪( ´▽`)

2015/10/24 (Sat) 19:02 | EDIT | REPLY |   

みんこ  

いやらしい写真をありがとうございます(笑)
赤と黒、で写欲をそそりますね。

数にも圧倒されますが、やはりきれいに咲かせて
いらっしゃいます。

それにしても5時間走り倒して.・・・・
頭が下がります。そりゃもうポチ全部!です。
(おこちゃまが写っていませんけど?)

すすめられても7時前に入りません、わたしは^ ^

2015/10/23 (Fri) 23:43 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

パソコンの故障の記事に優しいお言葉を頂き、感謝しています。
大変でしたが、やっと今日、復帰出来ました^^

巾着田、色んなブロ友さんのところで見せていただきますが
ここの画を見るたび、助手が「行きたい~~」と唸ります(^^;
埼玉でしょ? 大阪からどれだけかかると思っている(爆)
ここにはすぐには行けそうにありません・・・
今回は美しいまっささんの画を見せていただいて、我慢しなさいと
言う僕です。
すばらしい画をありがとうございます^^

ポチッ全部!

2015/10/19 (Mon) 22:22 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

素晴らしい行動力ですね。
家族を連れて北陸から遠路、、、、
ほんとうに素晴らしいことです。
満開の時で良かったですね。
素晴らしい彼岸花を見せて頂きました。
また5時間運転して帰られたのですね。
ほんとうに偉いです!
頭がさがります。

2015/10/19 (Mon) 13:36 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

素晴らしいの一言に尽きます
ただただ見事と言うほか表現がありません
一度は行きたいと常々思う憧れの場所です

昔韓国から来られた方が生まれた国を忘れないように
そして飢饉の時山の動物に食べられないよう
根に毒がある花を植えたと伝え聞く悲しい物語のある場所ですね

どこへ出かけられる時も家族一緒が必須のまっささんに拍手
こちらも素晴らしいの一言です

2015/10/19 (Mon) 11:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。