17 2015

緑豊かな秋の金沢城玉泉院丸庭園/美しい日本庭園を見ながらお抹茶を♪

北陸新幹線金沢開業に間に合うように整備が進められてきた金沢城の新名所、「玉泉院丸庭園」(ぎょくせんいんまるていえん)を9月に再び訪ねてみました。

金沢市が新幹線開業に湧いたあの日からおよそ半年が経ち、玉泉院丸庭園の芝は当時とは違って青々とした美しい色あいを魅せてくれましたよ(^^)。
今回の記事は、今年誕生した金沢の新名所、玉泉院丸庭園の初秋編です!

20150912104655.jpg

20150912111420.jpg


2015年09月12日 石川県金沢市 金沢城玉泉院丸庭園


北陸新幹線金沢開業(2015年3月14日)を前に、復元整備が完了して一般公開が始まった金沢城公園の「玉泉院丸庭園」
デビューは開業のちょうど1週間前の2015年3月7日。
金沢城の三御門の一つ橋爪門とともに、城下町金沢の新名所として華々しく市民にお披露目されました。

玉泉院丸庭園オープン当日の様子はこちらから。
20150307151609.jpg


当時の玉泉院丸庭園は3月といえどもまだまだ冬の装いで、樹木には雪吊りが施されていて(これは、主に首都圏から新幹線でやってくるお客さんのために、敢えて雪国の風物詩を残していたんだそうです)、足元の芝も青さはありませんでした。
あれからあっと言う間に半年が経ちまして・・・
この庭園も最近では市民の憩いの場としてこなれ始めてきたなーと感じられるようになりつつあった初秋のとある日、すぐお隣の尾山神社をブラブラ散歩したついでに、せっかくだから立ち寄ってみました。
20150912104250.jpg


玉泉院丸庭園の作庭は今からおよそ380年前の1634年に遡ります。加賀藩の三代藩主前田利常が京都から庭師を呼んで造らせたそうです。
池を中心に配してその周りを巡りながら楽しめる典型的な池泉回遊式庭園。
それに歴代藩主が嗜んだ大名庭園です。
金沢の庭園と言えば日本三名園の一つに数えられている兼六園が非常に有名ですが、兼六園の作庭は1676年五代藩主綱紀の時だと言われているので、なんと玉泉院丸庭園は兼六園の先輩にあたるんです。
見た目の風格は兼六園が勝りますが、積み重ねてきた歴史は玉泉院丸庭園のほうが40年ほど重いってのは、僕にとっては意外な事実でした。
ちなみに、兼六園作庭のきっかけを作った五代藩主綱紀は、この玉泉院丸庭園にも相当手を加えたという記録が残っているそうです。五代藩主は相当の庭好きだったみたいね(笑)。
20150912111615.jpg


この庭園を眺めるなら、何はともあれ「玉泉庵」(ぎょくせんあん)に立ちましょうよ。
お庭が一望できる場所に建てられた休憩施設ですが、かつてはここにお庭を管理する役所があったそうです。
20150912105704.jpg


玉泉庵から眺めた庭園の風景をいくつか。
池、橋、背景には金沢城の深い緑と、「魅せるために造られた」と言われている石垣。
この時期は特別これといった目玉になるようなシーンはないんですが、カラっと晴れた秋空の下の日本庭園はとてもキレイで目にも鮮やか。
この庭園を愛でるなら、春よりも秋だな。
20150912104448.jpg

20150912111110.jpg

20150912111031.jpg

20150912112230.jpg

20150912104506.jpg



まだ小さな娘は、お庭の美しさよりも、目の前でチョロチョロと流れ落ちる水のほうが気になったみたい(^^;。
秋とは言えそれなりに力強い日差しが注ぎ、歩けばジワリと汗が滲む暑さでした。
お水が冷たくて気持ち良かったです。
20150912104552.jpg



玉泉庵には庭園を一望できる茶室がありまして、ここでお抹茶を嗜みながら、歴代藩主が愛でた庭園美を楽しむことができます。
普段抹茶なんて絶対に口にしないくせに。
兼六園でさえお茶したことがないのに。
なぜかこの日はムショーに抹茶が飲みたくなった(^w^)。

この日初めて、玉泉庵の茶室にお邪魔しました。
お茶室は結構広くて、目の前に大きなガラス窓。その向こうに緑の庭園が広がっていました。
20150912110113.jpg


玉泉庵のお抹茶は、オリジナル和菓子も込みで720円也。
喫茶店やコーヒーショップでお茶するよりはいくらか値が張りますが、まぁ仕方ないですね。
静かな茶室でくつろぐひと時、その雰囲気の対価だと思えば、720円は決して高くはありません。
ちなみにお味ですが。。。
抹茶味のナントカならいくらか食べてきましたが、所詮僕と抹茶の接点ってそんなもんです(笑)。そんなヤツに抹茶の味の評価なんてできません。
でも、思ったよりも苦味が少なくて飲みやすかったです。まぁまぁおいしかったと思いますよ。
ちなみに、オリジナル和菓子は来た瞬間に娘に全部食い尽くされてしまい、僕の口には欠片も入りませんでしたとさ(笑)。
写真に撮る隙すらありませんでした。

20150912110224.jpg



玉泉庵とは反対側から庭園を眺めます。
庭園の背後に高層ビルが見えていますが、別にこういうのも悪くないなと思う。
こういう庭園の背後に近代的な建物が見えるシーンは、兼六園なんかじゃちょっとあり得なくて、金沢では斬新な部類だと思います。
20150912111340.jpg



金沢城は「石垣の博物館」の異名があるくらい、様々な石垣が多く残されています。
玉泉院丸庭園にあるこの石垣は「色紙短冊積石垣」と言われていて、特に玉泉庵から眺めた庭園の光景に立体的なアクセントを加えています。
通常石垣と言えばお城を守るための実用的な施設だと思いますが、この石垣はまさにこの庭園のために、「魅せるために」造られたものらしいです。
20150912111914.jpg


何年か前はお彼岸までしっかりと暑さが残ったりもしたのですが、今年はあっさりと秋がやってきたという印象です。
気がつけば徐々に秋らしくなり、金沢城のアチコチに赤とんぼが飛んでいました。
20150912111135.jpg



ってなワケで、抜群の秋晴れの日に訪ねた玉泉院丸庭園でした。
この庭園は毎週末の休日前日にライトアップが行われていて、その光の演出も四季によって異なるそうです。
ライトアップもそうだけど、まだ見ぬ紅葉や雪景色も楽しみです。
今後もしばらくは訪ねたくなる時がありそうです(^^)。
20150912104550.jpg




夜の玉泉院丸庭園も必見です!
20150317184400.jpg


<金沢城公園 玉泉院丸庭園>
【駐車場】有(有料 1時間300~400円程度)
【入場料とか】庭園は無料、玉泉庵でのお抹茶は720円(オリジナル和菓子付)
【所要時間】40分

【地図】


【リンク】
玉泉院丸庭園(金沢城公園サイト内)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢城 玉泉院丸庭園 兼六園 抹茶 茶室 秋晴れ

4 Comments

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんばんは♪
夜のライトアップに注目が集まっていますが、昼間の玉泉院丸庭園もなかなかですよ。
それにしても、最近金沢の観光地では中国系の言葉と並んでよく聞くのが「標準語」です。
やはり新幹線効果は絶大で、これまで以上に関東方面から人が来ているんでしょうね。


色紙短冊積みの石垣ですが、確かにおっしゃる通り!
石垣を縦に積むなんて、防御面では絶対にありえないですよね(笑)。
しかしまぁ、戦を連想させる石垣を飾りに用いたってのは意外でした。当時は比較的平和な世の中だったのかな?


お立ち寄り、感謝♪

2015/10/24 (Sat) 21:26 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
東京のビルが見える日本庭園、あの昼休みに飛んで行けるところは、あそこまでおおっぴらにビルが見えるからこそ「見事」なんです。
むしろあの高層ビル群が見えるのが、あの庭園の「長所」というか、特徴なのかもしれませんね。

この玉泉院丸庭園もビル(北國新聞ビル)が見えますが、それはそれで結構イイ感じなんですよ。
きっとこのビルのデザインが丸みを帯びていて優しい感じだからなのでしょう。


それにしても・・・
ここの和菓子、食べたかった(笑)。
お立ち寄り、感謝♪

2015/10/24 (Sat) 21:20 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

そういえば・・・・
最近、昼間の玉泉院丸庭園には行ってなかった。
芝生も落ち着いてきましたね。

玉泉丸でいただく、まっさ・・・・・
いや、抹茶(^^;

味はともかく、眺めは格別です。
あそこに路地役所があっただなんて、昔の人はなんて勿体無いことをしていたのか。
色紙短冊積みの石垣については、完全に「景」のための積み方ですね。
だって、石を縦に長く置くということは、石垣としては絶対にしない積み方ですから。
紅葉の時期もいいですよ、バックのモミジが色づいて。

2015/10/18 (Sun) 06:20 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

秋の日本庭園、良いものですね。
ビルが見える日本庭園風景、東京で、まっささんがお昼休みに飛んでいける範囲にもありましたね。
あちらは今コスモスでしょうか?
オリジナル和菓子を食い尽くしたお嬢さん、なんだかおしゃまさんになりましたね。
どんどん背が伸びてるようですね。

2015/10/17 (Sat) 22:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment