27 2015

伊豆半島の最南端の地を訪ねて/港町下田の「ペリーロード」と奥石廊崎(あいあい岬)

2015年お盆伊豆の旅第4弾!
旅の2日目は伊豆半島最南端の石廊崎まで足を運び、海に触れながら伊豆半島をグルっと一周するという計画を立てていたんだけど・・・
雨が中心のぐずついた天気になってしまったので、計画を大幅変更。午前中は温泉街の修善寺を、そして午後は港町の下田をゆっくり散策することにしました。

「ペリー」ゆかりの地、異国情緒に満ちた「ペリーロード」をそぞろ歩き
20150817145816.jpg


そして(ほぼほぼ)最南端の地(奥石廊崎)も一応訪ねたぞ!
これで念願の伊豆半島制覇!

20150817162423.jpg


今回の記事は、伊豆半島の最果ての地、下田と奥石廊崎についてです。
撮った写真はどれもこれもどんよりした空ばかり。
晴れていればもっと綺麗な写真で飾れたんだろうけど、堪忍してね(^^;。
20150817163046.jpg


2015年08月17日 静岡県下田市 下田港界隈


伊豆半島のかなり南にある下田市。
人口2万人ほどの小さな港町だけど、日本の歴史上大きな意味があった街でもありますね。
そう、当時鎖国状態だった日本を「日米和親条約」締結によって開国させたアメリカの「マシュー・ペリー提督」が、まず第一に開港を迫ったのが下田です(1年後に函館も加わりました)。
現代では日本の国際港と言えば横浜・神戸ですが、開国当時はその役割を下田が担っていたんですね。
そんなワケで、下田は日本でいち早く外国の文化を受け入れた町でもありました。

下田に向かう途中はこれまであまり経験のないくらいの集中豪雨に遭い、「こりゃダメだ」と思っていたのですが、下田港に着くや否や雨は弱まって散策可能な空に変わりました。
せっかくだから、ちょっとばかし異国情緒が味わえる下田の町を歩いてみようと思い、車を降りました。

近代日本の先駆けとなった下田港ですが、今は漁船やレジャーボートが並ぶごくごくありふれた港町です。
どうしてこの何気ない小さな町が、日本の国際化の窓口として選ばれたんでしょうか。
・・・な~んてブツクサ思いながら港を歩きます。
20150817144855.jpg


下田港にひっそりと佇む「ペリー艦隊来航記念碑」
下田開港という、日本史上それなりに重要な出来事の碑であるとは思うんだけど、なんかあんまりインパクトを感じなかったです。
それに、背景がグレーの中途半端な空だと、ペリー提督の表情が全く分かりません(笑)。
20150817144728.jpg


ペリーは1853年7月に神奈川県の浦賀に入港し、1854年3月に日米和親条約の締結にこぎつけ、同年下田を開港するとともに下田の了仙寺というお寺で日米和親条約を補強するべく「下田条約」を締結しました。
で、その下田条約締結のために、上陸した下田港から条約締結地の了仙寺というお寺まで、かつてペリー一行が歩いたとされるのが、「ペリーロード」という道です。
20150817145144.jpg

20150817145613.jpg



平滑川という小さな川に沿って、港からお寺までしばらくの間石畳の綺麗な道が続いていました。
なんでもこの界隈はこれまでいろんなTVドラマやTVアニメのロケ地になったことでも知られているそうですよ(「花燃ゆ」や「龍馬伝」など)。
車通りの多い道からは全然目立たない場所にあり、車で行く場合はちょっと迷ってしまうかもしれません。
ちなみに、ペリーロード専用の駐車場はないので、初めて訪れた場合は付近の道をウロウロしてしまうのですが、僕の場合はペリー艦隊来航記念碑のすぐそばに下田公園の小さな駐車場(無料)があるので、そこに車を止めました。
3~4分ほども歩けば、ペリーロードの港側の入口にたどり着けます。

道の長さは500mほどとのことですが、「へぇ~、下田にこんなところがあったんだ」と思いながら歩いていると、あっと言う間に歩ききってしまうくらいの、ごくごく小さな散策ゾーンです。
町並みは異国情緒を感じますが、西洋風が前面に出ているワケではなく、何となくいい感じに和洋折衷にも見えました。
20150817145430.jpg

20150817150029.jpg

20150817150415.jpg

20150817145714.jpg



川に沿って素敵な町並みが続くというのは全国各地に見られますが、この下田のペリーロードは倉敷美観地区になんとなく雰囲気が似ているなぁと思いました。
あくまで個人的な主観ですけどね。
もちろん、街の規模も見た目の統一感も美的センスも倉敷の方が圧倒的に上なんですが、雰囲気が似ているというのは、おそらく柳の緑が綺麗なことと、ところどころで見られる伊豆独特の白と黒の「なまこ壁」のせいかもしれません。
20150817152143.jpg

20150817151905.jpg

20150817145736.jpg

20150817151728.jpg


旧澤村邸をバックに。
ペリーロードの旧澤村邸は、「なまこ壁」民家の代表とも言えるものです。
20150817145239.jpg


ところどころ、ユリの花が咲いていました。
ペリーロードは季節の花も楽しめるみたいです。特にアジサイやアメリカジャスミンが有名なのかな。
20150817145851.jpg


ペリーロードで一番ビビったのが、とにかくカニがめっちゃ多い!
川の中はもちろん、道端の植生の陰なんかにも結構たくさんいました。
普段の生活でカニを見かけることって滅多にないんですが、こんな町中にカニがいっぱい生息しているのは意外でした。
川の水はそれなりに綺麗なんだね~。
20150817152043.jpg



そうこうしているうちに、下田港とは反対側のペリーロードの起終点にあたる「了仙寺」に到着。
かのペリー提督は、ここ了仙寺で幕府側と交渉を続け、「下田条約」を締結したそうです。
ペリーロードは当時からいくらか姿を変えているかもしれませんが、了仙寺はきっと当時の面影をそのまま今に残しているんじゃないでしょうか。
あのペリーも、きっとこれと同じ景色を見ていたんでしょうね。
20150817151458.jpg

20150817151121.jpg


4人兄妹で記念写真を撮りまして、ペリーロードを後にしました。
付近にはオシャレなカフェや雑貨屋などがいくつかあり、それらをハシゴしながらそぞろ歩くのも楽しいかもしれません。
20150817150847.jpg



静岡県賀茂郡南伊豆町 奥石廊崎


せっかく伊豆半島に来たんだから、半島の一番先端の地に行きたいじゃないですか?
伊豆半島ってこれまで下田市までは何度も来ているにもかかわらず、実はそのもう少し先にある南伊豆の石廊崎へはいまだに行ったことがないんです。
僕は「岬を制してこそ半島を制する」という考えを持っているので、僕の中では石廊崎に立たなければ伊豆半島に来たことにはならないんです。
そんなワケで、伊豆半島の最南端石廊崎を目指したのですが、いかんせん天気がアレなのと、実は石廊崎の灯台へ行くには結構歩かないといけない(僕は歩くのは全然構わないんだけど。。。)らしく、特に嫁さんから激しく敬遠されてしまいました(涙)。
なのでその代わりと言っちゃなんですが、石廊崎よりもわずかに北西にある「奥石廊崎」というところを目指しました。
看板には「伊豆半島最南端」と書かれていますが、厳密にはここは最南端ではありません。
20150817162347.jpg


石廊崎も相当「奥」ってイメージですが、その石廊崎のさらに「奥」なので、もはや周りには人の住んでいる形跡はなし。
海と山と空。ただただそれだけですが、その景色がちょっとやそっとじゃ味わえないとても雄大なものでした。
能登半島にも大自然の海岸風景はありますが、伊豆のほうがスケールが大きいかもなぁ。
車を駐車場に止めると、目の前から遊歩道が始まり、ほんのしばらく歩けば絶景スポットにたどり着けます。
また、遊歩道の周りは夏期に「ユウスゲ」という花が見られるそうです。
ちょうどこの時期はユウスゲの花期に相当するんですが、ユウスゲはその名の通り夕方から夜間にかけて一斉に咲いて朝にはしぼんでしまうという性質があるそうです。
もうちょっと遅い時間なら、もっとたくさん咲いていたのかもなぁ。
20150817163332.jpg

20150817162710.jpg


奥石廊崎はまたの名を「愛逢岬」と呼ぶそうですが、ひらがな表記の「あいあい岬」ってのが一番親近感があり、よく使われているみたいです。
「あい」「愛」「逢」などなんとなくデートスポット的な響きがありますが、岬の上にはまるで二人で鳴らしてくれと言わんばかりの鐘のモニュメントがありました。
「愛の鐘」だそうです。
20150817162238.jpg


子供は鐘があると鳴らしたくなるものです。
カンカンカンカン・・・ま、周りにはほとんど誰もいないから好きなだけ鳴らしなさいよ(笑)。
20150817162029.jpg

20150817162103.jpg


島や岩礁、断崖絶壁が続く奥石廊の海岸風景。この先は西伊豆の海岸になります。
西伊豆と言えば夕日が美しいことで大変有名ですが、この「あいあい岬」から眺める夕空もまた絶品だって話です。
今回残念ながら夕日を眺めることができませんでしたが、いつかここに立って夕日を見てみたいものです。
ってかさ、夕日なんて贅沢なことは言わないからさ、せめて青い空と蒼い海を見たかったな(笑)。
20150817163817.jpg

20150817162249.jpg



ってなワケで、伊豆半島の最南端の地、下田と奥石廊崎でした。
天気が良ければ「これぞ伊豆」的な空や海や緑を楽しめたのでしょうが、残念ながらそれは叶わずでした。
ちなみにこの日の天気は基本的には雨だったんですが、なぜか修善寺もペリーロードも奥石廊崎も、家族で外を散策している時間に限っては雨が止んで傘をさすことがなかったんですよね。それだけは不幸中の幸いだったかも。
一日で歴史を感じたり、秘境を味わったり、太平洋の大海原を見たりすることができました。
伊豆って思っていた以上に見所が多くて、その種類も豊富で、面白いところです。
20150817163051.jpg



<ペリーロード>
【駐車場】なし(徒歩3~4分に下田公園の無料駐車場あり)
【入場料とか】無料
【所要時間】40分

【地図】



<あいあい岬>
【駐車場】あり(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】20分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

伊豆半島 下田市 ペリー提督 ペリーロード 静岡県 奥石廊崎 あいあい岬

4 Comments

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
町並みの散策って楽しいですよね。いつか沖縄の町もゆっくり歩いてみたいものです。

青空が見られなかったのは残念でしたが、雨には雨の良さもあるってことでこれでヨシとします。
次に伊豆に行く機会があれば、是非晴れてほしいなぁ。

九州出張、お疲れ様でした!
10月に入り朝晩を中心にかなり冷え込むようになってきましたが、たぶん沖縄はもうしばらく夏みたいな気候なんでしょうね。
これからでもちゅら海撮影は間に合うんじゃないかな!?

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/04 (Sun) 17:39 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
これまで何度も伊豆に来たことあるんですが、最南端の地はまだ行ってなかったんですよね~。
伊豆は見所が盛りだくさんだから、最南端にたどり着く前にお腹いっぱいになるか、時間切れになっちゃうんですよね(笑)。
今回、厳密に最南端ではないにせよ、とりあえず石廊崎周辺まで行くことができたので、これにて「伊豆制覇」です(^^)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/10/04 (Sun) 17:32 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

ペリーロードのどこか素朴な町並み すっごくいいですね~

たぶん晴天ですと、こんなにも艶やかな和洋の織り成す町並みを見ることが出来なかったと思ってます

天気は残念でしたが、それでも家族みんなで伊豆旅行を満喫した思いでは、きっと素敵な思い出になると思います


追伸:今日は福岡のホテルでまったりとお休みしして、月曜にようやく沖縄へ帰省しできます

沖縄では、ちゅら海撮影シーズンが過ぎちゃって、すっごく残念ですが、それでもこの時期でしか見ることの出来ない素敵な場所を巡ってまいりたいと思います

2015/10/02 (Fri) 22:17 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんにちは

伊豆半島を制覇したんですね^^
僕達も伊豆には何度か出かけたことがありますが
南の方は行けておりません(^^;
下田と言えばペリーですよね!
ペリーロード、落ち着きのある良い所ですね^^

ポチッ全部!

2015/09/27 (Sun) 17:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment