19 2015

夏の山梨 北杜市明野のひまわり畑/日照時間日本一!太陽の国にある太陽の花畑

もうひと月ほど前の話になるんですが・・・(^^;。
今年もお盆の旅に行ってまいりました!
我が家では毎年お盆は家族みんなで泊りがけでどこかへ旅することになっています。昨年は滅多に行くことのない栃木県を中心に回ってきたんですが、今年はこれまで何度か訪ねている伊豆を旅先に選びました。

が、伊豆に向かう途中にも素通りするには勿体ない見所がありまして、旅の始めにまずはかの有名なヒマワリの名所、山梨県北杜市にある「明野のひまわり畑」に立ち寄りました!

一帯に咲くヒマワリの数はなんと60万本!
まるで絵に描いたような夏の風景でした!


20150816092526.jpg

20150816090155.jpg


お盆の旅第1弾は、とっても夏らしいヒマワリ畑の記事からスタート。
今年の晩夏は天候不順に悩まされ、この旅の期間もぐずついた空が続いていました。そんな中、この旅で唯一夏らしい青空の写真が撮れたのが、このヒマワリ畑だけでした。
お盆の貴重な青空、マンキツできましたよ~(^^)。

20150816085426.jpg


ブログを始めてはや3年半。
おかげさまで、当ブログは開設以来20万ユニークアクセスをいただくことができました!
皆様のご訪問を糧に、これからも等身大の季節の写真、風景の写真、観光地の情報をUPしていきたいと思います。
いつもご覧いただき、ありがとうございます!



2015年08月16日 山梨県北杜市明野地区 明野サンフラワーフェス会場


山梨県の北西部にある北杜市。
平成の大合併で生まれた市でまだまだ若い地名ですが、八ヶ岳や清里高原といった全国区の知名度を誇るリゾートエリアがあり、小淵沢はアウトレットで有名。年中観光客の多い地域です。そんな中に、明野はあります。
長野県と接しているので山梨県の中では比較的北陸から近い地域で、金沢から高速をブッ飛ばせば5時間かかりません。この日は午前4時過ぎに金沢を出発し、山梨県に入ったのは8時半くらいでした。

さて今回の旅の目的地は伊豆半島なんですが、途中山梨県を通るので、初日はゆっくりと富士山麓で遊んでから、夜に伊豆方面に向かおうと思っていたのです。

ところが・・・!

天気があまり芳しくない。
天気が良ければ山梨県に入った途端に中央道から富士山が拝めるのですが、この日は富士山の姿は全く見えず。厚い雲に覆われているのは一目瞭然でした。しかもこれからどんどん天気は下り坂になっていく予報。
こんな日に富士五湖とかに行ったって、全然面白くなさそう・・・。それだったら、富士山はハナから諦めて、それ以外の山梨県の写真映えのするところに行こうかなぁ。

そうだ!明野のひまわり畑があるじゃないか!!
えぇい、高速を下りてしまえ!


ってなワケで、全然予定していなかった明野に立ち寄ることにしました。
朝の北杜市明野は薄い雲こそ広がっていましたが、ひまわり畑を見るには問題なさそうな空。
そうそう、この周辺は日本で最も日照時間の長い地域とも言われていますが、この日も周りに雲が多い中でなぜかここだけがポッカリと青空だったんです。
20150816085619.jpg


「明野のひまわり畑」にはおよそ60万本のヒマワリが咲くそうです。
毎年ヒマワリが咲く頃には、「明野サンフラワーフェス」と題したいわば「ひまわり祭り」みたいなイベントが行われ、連日大勢の観光客で賑わうそうです。

1枚の広大な畑に60万のヒマワリが咲いていると思う人も多いと思いますが、実際はそうではありません。
サンフラワーフェスは大きく分けて「メイン会場」「浅尾新田会場」「農村公園会場」の3つの会場で構成され、それぞれの会場に何枚もひまわり畑が存在します。
畑の数は3会場合わせて19枚(2015年)。1番から20番まで番号が振られています(12番は欠番でした)。
全ての畑で一斉に花が咲きそろうワケではなく、順番に見頃を迎えて行くので、比較的長い期間ヒマワリを楽しむことができます。
裏を返せば、1枚1枚の畑に植えられているヒマワリの数はそれほどビックリするようなものではないのかもしれません。
20150816092911.jpg
(メイン会場9番、10番の畑の看板)


これだけ畑が多いと、どの畑に向かえばいいのか迷ってしまいますよね。
オススメは、やっぱり「メイン会場」かな。
2015年は6番~15番の9枚の畑(なぜか12番は欠番)から構成され、特に駐車場を降りてすぐの9番・10番・11番は大きな畑が3枚連続していて、見応えがあります。
背景の山並みも美しくて、まさに「夏の絶景」って感じ。ただしこの日はやっぱりちょっと雲が多かったかな(^^;。
20150816091949.jpg


メイン会場の一番の見頃は8月10日~15日くらいだったようです。
僕が訪れたこの日(16日)は、ややうつむき加減なヒマワリが多く見られました。標高の高い山梨とは言え、さすがに盆を過ぎる頃にはヒマワリもお疲れモードになっちゃうみたいです。
20150816090227.jpg

20150816085830.jpg

20150816092402.jpg

20150816091343.jpg


どう見ても顔だよね(笑)。
実はこれ、観光客が勝手に顔を描いたみたい。
フラワーフェスのHPには、「イタズラしないでください。ヒマワリを傷つけないで」と書かれています。マネしないように。
20150816092227.jpg



顔なんかよりももっともっとスケールの大きな「お絵かき」がありました。
何に見えます!?
最初はピンと来なかったんですが、これは「富士山」らしい。
毎年メイン会場の9番畑では、このような「絵文字」が楽しめるそうです。明るい部分は「ハイブリッドサンフラワー」という黄色い花をつける品種。一方の暗い部分は「プラドレッドシェード」という赤茶色っぽい花をつける品種だそうです。
20150816085524.jpg


ひまわり畑の中を散策する人も大勢いらっしゃいました。
20150816085648.jpg

20150816092758.jpg


9番畑の「顔出し看板」で(笑)。
太陽とひまわり、そして真ん中にあるソフトクリームは「ひまわりソフトクリーム」でしょうか。
20150816090406.jpg


写真を撮ると言ったら、ヒマワリの首根っこをつかむ娘(笑)。
コラコラ、あまり無理に引っ張るなよ。
20150816091036.jpg


9番の畑からほんの少し離れたところにある6番畑。
9番ではややうつむいたヒマワリが多かったのですが、こちらは今から見頃のピークを迎えようとしていました。
このように、明野のひまわり畑は、数多くの畑が次々と見頃を迎えて行き、一方で次々と見頃を終えて行きます。畑ごとに開花に時間差があることから、明野サンフラワーフェスは7月下旬から8月下旬までのなんとおよそ1ヶ月に渡ってヒマワリが楽しめるそうですよ。
20150816093605.jpg


まだ蕾も見られますね~。
このヒマワリも、今日・明日には開くのかな~。
20150816093622.jpg


ってなワケで、山梨県北杜市の「明野のひまわり」でした。
天気がなんとかもってくれたおかげで、十分に夏らしい風景と夏らしい暑さを味わうことができました。
暑いのは結構苦手なんだけど、夏はこうでなくっちゃネ!
20150816093709.jpg


この記事を書いているのはもう9月でして、ずいぶん秋らしくなってきましたが・・・これから数回に分けて、お盆の旅で見た風景を中心にお伝えしていきたいと思います。
どうぞお付き合いくださいませ(^^)。





<明野ひまわり畑>
【駐車場】有(有料 500円)
【入場料とか】無料
【所要時間】1時間

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

明野 ひまわり 山梨県 北杜市 日照時間

0 Comments

Leave a comment