能登随一の景勝地 巌門(がんもん)/遊覧船で海の上から「能登金剛」を眺める

 28, 2015 22:00
能登半島の真ん中あたり。
志賀町の海岸は、無数の奇岩や断崖がおよそ30kmにわたって続く、能登半島随一の景勝地になっていて、この海岸を「能登金剛」(のとこんごう)と呼んでいます。
その中で最も象徴的な岩場が、今回訪ねた「巌門」

ガンモン!GAMMON!
っていう響きが、なんかゴツゴツしててカッコいいよね(笑)。

さて、巌門は車を駐車場に止めてそのまま崖を降りて行き、陸地から眺めてもそれなりに綺麗なのですが、どうせなら遊覧船に乗って海の上から見てみてはいかがでしょうか?

20150726160835.jpg


実は、巌門っていうか、能登半島で遊覧船に乗るのって、今回が生まれて初めてだったりします(^^;。
だってさ、地元の海でお金払ってまで遊覧船に乗りたいって、普通思わないでしょ!?
今回、ケチらずに思い切って遊覧船に乗った結果、これまで見てきた巌門の常識を覆す姿、迫力に改めて驚きました!

ってなワケで、今回は巌門・能登金剛遊覧船クルーズ体験記です(^^)。

20150726163230.jpg

20150726161226.jpg


2015年07月26日 石川県羽咋郡志賀町 能登金剛巌門


奇岩・奇勝・断崖が続く能登金剛の海。
その姿が朝鮮半島にある景勝地「金剛山」に似ていることから、能登金剛という名前で呼ばれるようになったそうな。

巌門は能登金剛を代表するシャッタースポットですが、それ以外にも能登金剛には見所がたくさん。夏なら美しい海と険しい海岸線の対比が存分に楽しめます。
この辺の海は小説や映画「ゼロの焦点」の舞台にもなったため、ご年配を中心に知っている方も多いかと思います。
20150809131312.jpg
(巌門近くの海)

20150809132128.jpg
(能登二見 機具岩)

20150809140019.jpg
(関野鼻)

20150726163107.jpg
(猪鼻崎)


巌門は道路の方面標識などにも書かれているほどの著名な観光地なので、初めて能登を訪れた人でも割と迷わずにたどり着けると思います。
大きな観光センターがあって、そこの駐車場(無料)に車を止め、しばらく遊歩道で崖を下って行きます。
20150726154500.jpg


遊歩道のほとんどが階段で、途中かなり急な部分もありますが、距離はそんなに長くありません。
しかも遊歩道からの眺めがとても良いから、景色に目を奪われているうちにあっと言う間に巌門に着いてしまいます。
20150726154417.jpg


巌門は日本海の荒波に長年打たれ続けた結果、岩にぽっかりと穴が開いてしまった海食洞。
幅6m、高さ15m、奥行き60mのトンネル状に貫通している洞窟で、「巌門洞窟」とも呼びます。
陸側から巌門を見ると、ぽっかり空いた穴の向こうに青い日本海がは陸側から眺めた光景がよく知られています。
今回ここに来たのは15時半過ぎ。この時間だと陸側から見た巌門はバッチリ逆光なんですよ(笑)。
なので、もし陸側から巌門を楽しみたいなら、できるだけ午前中に来るようにしましょう。
20150726154731.jpg

20150726154818.jpg

20150726154752.jpg



光の具合によっては海水が緑色に見える巌門洞窟。
この周辺の海は思いのほか透明度が高いそうです。この日は遊覧船のスタッフによれば「比較的濁っている」とのこと。
最高に綺麗な巌門の海、見てみたいものです。
20150726154922.jpg


波によってできたトンネルは海だけでなく陸にもあります。
かつては海によって削られてできたトンネルが、長い時間をかけて隆起して陸地化したのかな。
細いトンネルをくぐって外に出ることができます。
20150726155038.jpg

20150726155104.jpg



能登金剛を巡る遊覧船の船着き場。
キラキラと陽光きらめく海に小さな船が佇んでいました。
ちょうど一回りした遊覧船が着いてお客さんを降ろしたところで、次の出港を待っているところでした。
20150726155329.jpg


ここの遊覧船はおよそ20分をかけて巌門周辺の能登金剛の海岸を海側から眺めることができます。
毎年3~11月の8時~16時にかけて運航していて、遊覧船の料金は大人1100円、子供(6歳~12歳)は半額の550円。
4歳の娘を連れていたのですが、4歳ならば無料なので実質大人一人分で乗ることができます。
ここは1100円をケチらずに船に乗ってみよう!
その方が娘も喜ぶだろうから(^^)。

ってなワケで、遊覧船に乗り込みました!
滅多に乗らない船に娘もゴキゲン。
20150726155546.jpg



船着き場を出てから方向転換して沖合いへ。
そしてさっそく巌門に向かいます。
おぉぉ!海側から巌門見たら、こんな風に見えるんだ!知らんかった!!
20150726160615.jpg


慎重に慎重に、巌門洞窟に近づいていきます。
巌門洞窟を海側から見ると、奥へ進むほど急激に高さが低くなっていくのが分かります。
普段、陸側から見た巌門洞窟の穴は結構小さいんだけど、裏側に回って海から見ると、意外なことに非常に大きな穴であることが分かりました。これは遊覧船に乗ったからこそ明かされた秘密(?)。
それを知ることができただけでも、遊覧船に乗って正解でした!
20150726160844.jpg


洞窟の左右の断崖の険しいこと!
やや赤っぽい岩は、詳しくは分からないんだけど、なんとなく火山やマグマが関係した岩のように見えます。
20150726160718.jpg


小さな船ならば完全にくぐり抜けることができるそうですが、さすがに50名以上を乗せることができる遊覧船ではムリ。
これ以上進めないってところまで入って行き、ここでストップしました。
ぽっかり空いた穴の向こう側の緑は、ついさっきまで自分たちが陸側から写真を撮っていた場所。もう一息なんですけどね~。
しばらく船を止めてくれるので、珍しい光景をバッチり写真に収めることができます。
20150726160745.jpg


遊覧船は巌門だけではなく、その周辺の岩場も巡ってくれます。
巌門のすぐ隣にある大きな岩は「鷹ノ巣岩」(たかのすいわ)。高さは30mほどあって、あまりにも急峻なためかつて一度も人が登ったことがないと言われています。
こんなにも身近に人類未踏の地があったとは!(真相は不明ですが・・・)
人の代わりに鷹が巣を造っていたことからこの名がついたとかなんとか。
巌門とセットで絵になることが多いです。
20150726160001.jpg


下の写真、右側のそそり立った岩が鷹ノ巣岩。
左側のやや黒っぽい岩が巌門。
20150726161128.jpg


そして、もう一つの景勝地へと進んでいきます。きっと陸からは見ることができない岩なんじゃないかな。
下の写真の右のほうに見えるヒョッコリと突き出た岩は「虎の岩」と呼ぶそうです。
20150726161105.jpg


で、デカイ!
20150726161141.jpg


巧みに舵を操り、虎の岩とその向かい側にある黒っぽい「碁盤島」の間を抜けて行きました。
巌門突入時並みに迫力ありました!
20150726161209.jpg


そして、最後に登場するのが・・・
「ん!?なんだあのショボい建物は?」
と思うかもしれませんが、あの白いのは日本最古の木造灯台、「旧福浦灯台」(きゅうふくらとうだい)です。
20150726161443.jpg


これまでゴツゴツの迫力ある岩場が立て続けに登場してきたのですが、ここに来て一気に穏やかな港の風景に早変わり。そして何より「人の生活」が見える点がこれまでとは一番大きな違いかな。
人が住んでいる風景って、やっぱり落ち着くなぁ。
なんだか張りつめた緊張感が解けてほっとしました。
20150726161424.jpg


緊張が解けるのはいいんだけど、そのせいなのかどうかは知りませんが、ずっといい感じの揺れが続いていたので軽~い船酔いみたいになってしまいました(^^;。
さっきまで元気だった娘も・・・あれ!?(笑)
20150726161614.jpg


あまり長い船旅だと大変だっただろうけど、幸い能登金剛クルーズはおよそ20分で終了。
この日は多少うねりがあったので、最後の5分間くらいだけ「ちょっと酔ったかも?」と思ったのですが、そう思い始めた頃にはもう船着き場に到着です。
次々とやってくる絶景に息を飲んでいるうちに、あっという間に終わってしまいました。
クルージングの後は、船着き場のすぐ隣にある千畳敷という岩場で磯探検もできます。キラキラ輝く海が綺麗でした。
20150726162529.jpg

20150726162822.jpg


ってなワケで、能登半島随一の観光地、能登巌門の遊覧船クルーズでした。
船に乗ることじたいが年に何度もあるワケではない珍しい体験なので、地元石川県の海とはいえ新鮮な感じでした。
これで1100円なら全然アリ。
いつもと違った能登金剛の景色を見られるだけでもお釣りが来るってもんです。

巌門にお越しの際は、是非乗ってみてはいかがでしょうか?
20150726163220.jpg

20150726162952.jpg




<能登金剛 巌門>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】遊覧船1100円(大人)
【所要時間】1時間(遊覧船は20分)

【地図】


【リンク】
能登金剛遊覧船


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tag:能登半島 能登金剛 巌門 遊覧船 鷹ノ巣岩 志賀町

COMMENT 6

まっさ  2015, 09. 21 [Mon] 21:52

>aunt carrotさん

こんばんは♪
20分という乗船時間は短いようにも思えますが、実は船はこのくらいがちょうどいい。
これ以上長くなると、船酔いが・・・(笑)。

巌門って陸側から見る機会は比較的多いのですが、海側から見ることは滅多にありません。
巌門に限らず、あらゆる海岸を海側から眺めると、いつもとは全く違う雰囲気を味わうことができるんでしょうね。
遊覧船をもうちょっと積極的に利用してみようかな、という気になりつつあります。

carrotさんも是非!
お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2015, 09. 21 [Mon] 21:49

>kotodayoriさん

こんばんは♪
40年前というと、私が生まれるよりももっと前の話ですが。。。
その頃から「そのまま」ってのは驚きです。

どんなに田舎であっても40年も経てば何かしら変わっているものですが、ここは変わらない。
老若男女誰しもが同じ景色を共有できる場所ということで、これからも大切にしていかないといけませんね。
今度はそのパネルに飾られているサンセットタイムの巌門を訪ねてみたいと思います。


新幹線が開業したものの、人の流れが大幅に変わったのは金沢の市街地のみ。
北陸の絶景はまだまだ知られていないところが多いみたいです。
これからも多くの人に北陸の絶景をお伝えできれば、と思っています。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2015, 09. 21 [Mon] 21:28

>土佐けんさん

こんばんは♪
ほほぉ、かつて土佐けんさんもいらっしゃったことがあるんですね。
巌門って僕ら地元石川県民も滅多に行かない場所なんですが、遊覧船に乗ってみると地元の美しい海を再発見することができて、良かったと思っています。
これで1000円ちょっとくらいですから、十分に元はとれたと思っています。

土佐けんさんも、次回いらっしゃった時は是非船の上から能登金剛を見てみてください。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

aunt carrot  2015, 09. 15 [Tue] 12:59

船で岩の間を行く、、これは良いですね。
洞窟の中、まるで青の洞窟のよう、
こんなに良い色があるのですね。
船はちょっと弱いけれど、これだけの景色が見られるなら行きたいものです。

Edit | Reply | 

kotodayori  2015, 09. 15 [Tue] 09:31

おはようございます、kotodayoriです。

快晴の日の「巌門」絶景ですね。もう40年ほど前に、釣り好きの友人に連れられて、一度行きました。かすかな記憶しか残っていませんが、そのままですね。この辺りで夕陽がきれいだったのを覚えています。(パネルにして写真に残っています)
懐かしい想い出を思い出しました、ありがとうございます。

「白山白川郷ホワイトロード」には、是非行ってみたくなりました。
「越前朝倉城跡」は、今年6月に行ってきました。

また、いろいろな絶景の紹介をお願いいたします。

Edit | Reply | 

土佐けん  2015, 09. 14 [Mon] 21:26

こんばんは

青い海、青い空、素敵です!
以前、僕達も一度だけバスツアーで巌門には
行ったことがありますが、船には乗れませんでした・・・
船からだとこんなに美しい景色が見られるんですね~
次回、訪れるときは、遊覧船に乗りたい、と思っています^^

ポチッ全部!

Edit | Reply |