14 2015

「まれ」一色ののと里山空港と、日本三大パワースポットの珠洲岬(聖域の岬)

能登半島の最先端に近い秘境の地を訪ねてみました。
能登の先端と言えば「禄剛崎」であり、このブログでも何度か採り上げているのですが、今回は禄剛崎ではなく「珠洲岬」というところ。別名、聖域の岬。

聖域の岬って、なんかやけに仰々しい名前ですねぇ。
最近じゃ「日本三大パワースポット」の称号もあってメディアで多く採り上げられているのですが、僕自身はパワースポットってちょっと胡散臭い感じがしていて、これまであまりここへ行こうとはしなかったのです(^^;。
今回、天気も良かったし能登の知らない海を見てみたいってのもあって、珠洲岬へ来てしまいました


青い空と蒼い海を見渡す「空中展望台」は珠洲岬の代名詞です。
20150712154450.jpg


そして、こんな洞窟もあったんですねぇ。その名も「青の洞窟」。
20150712160639.jpg


それから、チラっとですが休憩がてらのと里山空港(能登空港)にも立ち寄りました。
相変わらず静かな空港だけど、放映中のNHK朝ドラ一色の世界にちょっとビックリ!
そんなワケで、今回も「まれ」ブームに湧く能登半島の風景をお伝えいたします。
20150712131108.jpg


2015年07月12日 石川県輪島市 のと里山空港(道の駅能登空港)


能登半島の空の玄関口、能登空港
最近は空港に愛称がつけられることが多くて、能登空港もいつの間にか「のと里山空港」という名前に変わっていました。最近、能登は何でもかんでも「里山」「里海」ってのをつけたがるみたいです。
個人的には空港の愛称ってあんまり好きじゃないんだけど。。。
まぁお隣の「富山きときと空港」よりは数倍マシなネーミングで良かった(笑)。
ちなみに能登空港は非常に珍しい道の駅を併設した空港でして(このような空港は全国では能登空港と秋田の大館能代空港だけらしいです)、空港の売店やらレストランやら休憩施設をとっても気軽に利用することができるんです。
むしろ、「空港の機能を有した道の駅」と言った方が分かりやすいかもしれません。
20150712135221.jpg


能登に空港ができたのは2003年7月。
NHKで放映中の朝ドラ「まれ」の中でも、能登空港が開港することをチラっと市役所の課長が言っていたと思います。
開港からすでに12年も経過しているんですね。。。
歳をとればとるほど、時の流れを早く感じてしまいます(^^;。
この空港は、「定められた搭乗率を下回ったら、下回った分を県が税金で航空会社に補てんする。ただし搭乗率が良かったら、逆に航空会社が県に対してお礼のお金を払う」という、ものすごい制度を生み出した空港です。県や地域は死にもの狂いで搭乗客をかき集め、そのおかげで都市が皆無の能登半島にありながらこれまで6割程度の搭乗率をキープしているそうですよ。

とは言え、都市部の空港みたいに頻繁に旅客機が行き交っているワケではありません。
就航しているのは羽田便一日2往復のみで、一日のうちで旅客で賑わう時間はごくごく限られています。
ご覧の通り、とっても静か(笑)。
20150712134032.jpg


2015年は北陸新幹線の金沢開業と朝ドラ「まれ」放送の効果で、能登半島はブームの真っ只中にあります。
そして能登空港の中は・・・
うわ!「まれ」の巨大なポスターだ!
20150712131245.jpg



能登に降りたつと、早速「まれ」「まれ」「まれ」「まれ」の世界!
まさか空港がこんなにも「まれ一色」であるとは思いませんでした。
羽田から能登にやってきた旅行客もさぞや驚いたと思います。
特に目立っていたのは、「まれ」のオープニングに出てくるケーキの模型。
なかなかよく出来ていてま~んでうまそう(笑)
そう言えば、「まれ」主人公を演じる土屋太鳳さんも本人のブログでこのケーキ模型に抱きついた写真を掲載されていました(^^)。
20150712130814.jpg


娘もほぼほぼ毎朝、朝ドラ観ているそうです。ま、「流し見」って感じなんでしょうけどね(^^)。
一応まれちゃんやその仲間たちのこともよく知っています。
毎朝TVで見る津村一家との記念撮影も快く引き受けてくれました(笑)。
20150712131149.jpg


「まれ」のロケ風景を撮影したパネルの展示もやっていました。
出演者のイキイキとした素の表情が印象的でした。
およそ半年の間、朝の楽しみだった「まれ」ですが、いよいよ9月26日をもって幕を閉じることになります。
最後はどうやって締め括るのか楽しみです。
20150712131000.jpg



羽田便が2往復。
旅客機の離着陸は一日僅か4回という、能登空港の滑走路、そしてボーディングフリッジです。
やはり離着陸の時間帯とはぶつからず、終始静かで長閑でした。
天気が良かったので能登の里山・里海もバッチり見えて、目の保養にもなりました。
東・名・阪の数分置きに飛行機がやって来るような忙しい空港も楽しいけれど・・・、
どうです?
こんな風景を眺めながら好きな小説を片手にアイスコーヒーを飲んで時間を忘れるのも、悪くはないですよ。
20150712131942.jpg

20150712131957.jpg


まぁ、僕の場合はそんな暇はありません。
やんちゃな子供たちがいるんで休んでる場合ではないのだ(笑)。
20150712132031.jpg


石川県珠洲市 珠洲岬(別名、聖域の岬)


さて、前置きはこのくらいにしときまして、今回の記事の本題に移ります。
「珠洲岬」ってご存知でしょうか?
ご存知なければ、「日本三大パワースポット」とか、あるいは「ランプの宿」とか、そういったキーワードならTVやガイドブックなんかで聞いたことあるかもしれませんね。

能登空港から決して近くはないんですが、天気が良かったので綺麗な海でも見ようと思い、能登半島の最先端に近い珠洲岬を訪ねてみました。
空港からは車でおよそ1時間強。金沢からだと軽く3時間弱はかかる、最果ての地です。
ちなみに、真の能登半島最果てはここよりもさらに北にある「禄剛崎」になります。お間違えのなきよう。
20150712154415.jpg


珠洲岬はまたの名を「聖域の岬」と呼びます。
おそらくパワースポットと言われ出した頃からそういうあだ名がつけられるようになったと思うのですが、そもそも何でこの近辺がパワースポットなんだろう?
僕が思うパワースポットとは、例えば古いお寺だったり神社だったり(例:伊勢神宮とか戸隠神社とか)、あるいは神が宿る山だったり(例:富士山や御嶽山)、あるいは神聖な儀式が行われてきた場所だったり(例:沖縄の御嶽)、そんなイメージです。
パワースポットは必ず古くからの歴史やロマンを感じさせてくれるし、信仰と深く関わりのある場所だと思っています。ところが、パっと思いつく限りでは珠洲岬はそういった歴史やロマンが詰まっている印象ではないんだよなぁ。
少し調べてみると、この辺りは気流やら海流やらが集結する、国内で稀に見る「気が集まる場所」すなわちパワースポットだということですが、「気」って言われてもなんだか響かないんですよね(笑)。

もしかして、単にメディアに乗せられているだけなんじゃないか!?

ま、そういうワケで、今回はパワーがどうのとかそういう話は一切抜きにします。
純粋に珠洲岬の自然を写したいなと思いました。

駐車場には結構たくさんの車が止まっていました。
駐車場の下には、黒い瓦の建物が見えましたが、これは葭ヶ浦(よしがうら)温泉の一軒宿、「ランプの宿」。
その名の通り、電気は使わずランプを使って夜を過ごすということで、秘境感満載でとても人気が高くて、なかなか予約が取れないことでも有名な旅館です。
20150712154348.jpg


海に突き出た「空中展望台スカイバード」は、このエリアで最も有名です。
ガイドブックなんかで写真を見た時に「うわぁ、怖そう!」って思うでしょうが、それは撮り方の妙。
実はそこまで大胆なものではなくて、「常識的な範囲内」の展望台だなって印象でした。
20150712161949.jpg


鳥になった気分で。
美しい能登の空と海が、より美しく見えるような気がするでしょうね。
20150712154614.jpg


ここまで来たら、ただ展望台を眺めるだけじゃなくて、是非とも展望台の先っぽに立ちたい。
さらに展望台の先にある「青の洞窟」と呼ばれているスポットまで行きたくなるのですが・・・でも、それらは誰でも自由に見て回れるワケではなくて、ちゃっかりお金を取られてしまうんですよ。
しかも、その金額がやけに高い。
展望台のみだと大人500円(子供100円)、青の洞窟はなんと大人1200円(子供100円)。
両方見たい場合は割引が効くんですが、それでも大人1500円(子供200円)。
このテの観光施設としては非常に割高な印象を受けます。
たとえば乗り物に乗ったり、エレベーターなんかでとても高い場所まで連れて行ってくれるなら話は分かりますが、そうではない。目の前に見えている物見やぐらみたいな展望台に登るだけで500円って・・・。
それに、よくよく考えるとこれってさ、例えば夫婦と高校生・中学生の標準的な家庭の場合だと、全員が楽しもうとするとここで一気に6000円を消費してしまうワケです。
聖域の岬は、家族連れには非常に厳しい観光地であることだけは分かりました。

ただし、子供料金(小学生以下)はすごく良心的な金額です。
なんで大人と子供でこんなに差があるんだろう!?


でも、ここで引き下がってはブログのネタにもできやしないので、僕と娘の二人で有料エリアに入ることにしました。
あまりにも高いので、他の家族はお土産屋さんでお留守番です(T_T)。
そんなワケで、大人1名子供1名の1700円を払って、まずは展望台に立ってみました。
20150712155720.jpg

20150712155750.jpg


展望台から見下ろした「ランプの宿」。
空中散歩気分は味わえますが、どうせなら吊橋みたいにランプの宿の上を向こうの山まで渡れるくらいのアトラクション性があれば良かったんだけどなぁ。
20150712155739.jpg

20150712155930.jpg



娘のヘルメット姿が全くサマになっていないのが笑える(笑)。
なぜヘルメットを被っているかといいますと、この先にある「青の洞窟」エリアに立ち入る際に、どうしてもヘルメット着用が必要なんです。
ヘルメットが要るって、一体どれほどスリリングなところなんだろう・・・ってちょっと期待が高まります。
20150712155949.jpg


空中展望台からさらに奥へ進んでいきます。
ここから先は「聖域の岬」エリア。深い森の中へ入っていきます。
20150712160111.jpg



岬の遊歩道。
この辺が、珠洲岬の一番先端部分になるのかな。
20150712160140.jpg


常日頃から日本海の風を受けているからなのでしょう、樹木の形が特徴的!
この日は大変穏やかでしたが、荒れる時はとんでもなく荒れるみたいですね。
20150712161453.jpg



遊歩道を下って行き、「青の洞窟」を目指します。
青の洞窟って、イタリア南部にあるカプリ島というところにあるのが世界的に有名らしいのですが、その他にもいくつも「青の洞窟」を名乗っている洞窟が多数あるそうです。国内では沖縄の恩納村・真栄田岬が有名ですが、まさか地元石川県の能登にもあったなんて!
でも、「期待外れ」で終わることは分かっていました。
実は珠洲岬の青の洞窟は、午前中のある特定の時間帯のみ、青く見えるという話。僕が訪ねたのは午後、しかも16時を過ぎて割と日が西に傾いている時間帯なので、青い光に満ちた姿は拝むことができないことは明らかでした。
20150712160238.jpg


洞窟への道の途中で見た入り江。
洞窟へ行かずとも、この入り江の青さはフツーに感動できました!
20150712160356.jpg


突如現れたトンネル。
このトンネルをくぐると・・・
20150712160513.jpg


「青の洞窟」に到着です!
展望台からはだいたい10分ほどの道程。小さなお子さんでも簡単に歩くことができるでしょう。
確かに青いな・・・と思いきや、この青さは人工の光によるものでした(^^;。
道理でちょっと不自然だと思った。
20150712160908.jpg

20150712160937.jpg



自然光で青く見えるのは、この外からの光が差し込むスポットです。
確かに、青いと言えば青いんだけど。。。。「気のせいかも」ってレベルです。
やっぱり余程の好条件でもない限り、「青い洞窟」の名にふさわしい光景には巡り合えないみたいです。
20150712160646.jpg


「次は是非、青い光に満ち溢れる午前中に・・・!」と普通は思うかもしれないけど、ここに来るまでに3時間近くのドライブと1500円の入場料が必要でして、なんかもういいや、疲れちゃった(笑)。


ってなワケで、日本三大パワースポットの一つ、珠洲岬でした。
結論としましては、僕みたいにパワースポットというものにあまり関心のない人間にとっては、それほど特別な感じでもなくて、よくある「能登の海岸風景」って感じでした。だからこそ、高いお金を払わなければ展望台や洞窟にたどり着けないのがちょっと納得いかなかったんですよね~。
そもそも、奥能登は「秘境感」が最大のウリだと思うのですが、珠洲岬は「パワースポット」の名を使って観光地化され過ぎてしまった感があります。「スカイバード」という名の展望台も、世界的に有名な「青の洞窟」という名前を使ってPRしている洞窟も、なんだか肩肘張り過ぎ。もっと気軽にこの綺麗な風景を見せてくれればいいのになぁ。
もしこれらが他の観光地と同様に無料もしくは安い金額で気軽に楽しめるスポットであるのなら、価値も高まると思います。実際、珠洲岬から眺めた海はとても綺麗だし、他の能登の観光地に比べて遜色ない美しさがありましたからね。
とにかく「パワースポット」と呼ばれている場所を訪ねたいんだ!という人にはオススメです。
20150712161548.jpg




<能登里山空港>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】45分

【地図】



<珠洲岬(金剛崎)>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】1500円(空中展望台スカイバード+青の洞窟)
【所要時間】40分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

能登空港 珠洲岬 聖域の岬 パワースポット 朝ドラ まれ

12 Comments

まっさ  

>金沢小町さん

こんにちは♪
そうですか!珠洲岬で何かを感じられましたか!
僕は特に何も感じませんでした。鈍感なのかな(笑)

この付近は海はとても綺麗ですから、 カメラを持って行くと楽しいですよね。
無料エリアだけでも十分かもしれません。

お立ち寄り、感謝♪

2015/09/19 (Sat) 11:38 | EDIT | REPLY |   

金沢小町  

こんばんは(^^)
珠洲岬いったことありますが青の洞窟は知らなかったな~
スカイバードも高所恐怖症なのにチャレンジしたっけww

ここパワースポットって宣伝してますので岬の一番先で目を閉じたところ「眩しい!」でも目をあけると雲が厚い…というのを三回繰り返したので何らかのパワーはあるもかも?って思いました(思う壺ww)

記念写真しかないのでまたチャレンジしたいです☆

2015/09/12 (Sat) 19:46 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みぽははさん

こんにちは♪
能登は美しい風景が満載だけど、近いようで実は遠いんですよね~。
珠洲と高山じゃ、高山のほうがラクに行けるし時間もかからないかも。

高山の鍾乳洞って、随分昔に親に連れられて行った記憶があります。
時間があったら久しぶりに子供を連れて行ってみたいと思っているんですが、
もしかして、今はいろいろとお高くなんているんでしょうか?
これから人はどんどん減っていくし、しょうがないのかもね(^^;。

お立ち寄り、感謝♪

2015/09/12 (Sat) 14:04 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
沖縄の御嶽なら「聖域のお布施」ということでお金は払えるけど、ここで払う気にはあまりなれないんだよなぁ(笑)。
だって、最近急に聖域だ何だって話が出てきたばかりで、まだまだ歴史が浅いんですよね。

古宇利島にも、そんなに高い施設があったんですね~。
でもそこから見える景色が沖縄の美ら海とか古宇利大橋とかなら、千数百円払う価値は十分にあると思うかも!


九州に出張中なんですね。
僕らから見ると九州でも十分に温暖なイメージなんだけど、沖縄から見ればやっぱり肌寒いんですね。
そちらこそ、普段とは違う空気で風邪などひかないでくださいね~(^^)


お立ち寄り、感謝♪

2015/09/12 (Sat) 14:01 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>みんこさん

こんにちは♪
朝ドラ効果で輪島や珠洲は人気があるみたいですよ。あの遠さが、また何とも言えず旅情をかきたてるみたい。
特に、珠洲の塩田では塩が売れすぎて足りないとかなんとか。
これが一過性で終わらなければいいんですけどね。

追伸
健康一番ですよね(^^;。よ~し、今日も頑張るぞ!

2015/09/12 (Sat) 13:56 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
珠洲岬、マニアックですか?
最近は「三大パワースポット」と呼ばれるようになったおかげで、特に若い女性に人気があるみたいですよ。
あと「ランプの宿」もものすごい倍率だって話です。

珠洲は確かに同じ県内とは思えないくらい遠いですよね。
南砺市なんて、僕にとっては隣町みたいなもんですよ。だって車で15分で県境だもん(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/09/12 (Sat) 13:53 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
いや、案外土佐けんさんでも行けると思いますよ(笑)。
写真ではちょっと怖そうに見えるけど、それは撮り方による演出が半分入ってますからね~。

青の洞窟は、午前中の一部の時間帯が良いそうなんですが、実際どうかは分かりません。
ただ、やっぱりちょっと高いです(^^;。

お立ち寄り、感謝♪

2015/09/12 (Sat) 13:50 | EDIT | REPLY |   

みぽはは  

空中展望台 青の洞窟 なんて魅力的な言葉でしょう
能登なら近いし幻想的な風景が見られるなら是非是非と
ずずーっと下まで読みました

あらら そうなの ちょっとがっかり
ひょっとして昔は良かったのに今はお金儲けが先に立つ
高山の鍾乳洞状態なのかも・・・と

なにわともあれ仲良し家族の旅日記が最高ですね

2015/09/10 (Thu) 10:30 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

青の洞窟と絶景スポット お天気にも恵まれてすっごくいいですね~♪

ちょっとお高い観光料金には、さすがに参っちゃいますがこれも聖域のお布施ということなのかなぁ~?


ちなみに沖縄も古宇利島にオーシャンタワーが出来ましたが入場料もここと同じくらい高かったですorz

やっぱり絶景スポットって、それなりにお金がかかっちゃうのでしょうね~


お話は変わりましてわたしは、ただいま九州のほうに出張しています

こちらは、沖縄と違い少しずつ肌寒くなっていますが、まっささんのほうもお体には気をつけてくださいね~ノシ

2015/09/09 (Wed) 21:30 | EDIT | REPLY |   

みんこ  

輪島、金沢からもえらく遠くてね・・・
でも、独特の味のある土地です。

双子お嬢ちゃん、大きくなられましたね^^

追伸
お互い健康のため体重を落としましょう。

2015/09/07 (Mon) 16:13 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

おやおや、高山に行ったかと思っていたら、珠洲!
しかも、珠洲岬って・・・・・・・

すげ~~~マニアックな( ̄▽ ̄;


もしかして、家族総出でお出かけ!?
それは大変でしたね。

珠洲は同じ県内でありながら、異常に遠いです。
また、富山県の南砺市の方が近い。

次はどこへお出かけ?

2015/09/06 (Sun) 20:54 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

空中展望台、僕は無料でも行けないでしょう(^^;
高所恐怖症ですから・・・
助手はこう言う所が大好きで、行きたい~と言いますが
ここだけで500円だぞ、と言うと、止めるそうですw
青の洞窟、午前中に入れば、綺麗な青が見られるんでしょうか?
旅の様子、楽しませて頂きました^^

ポチッ全部!

2015/09/06 (Sun) 16:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment