-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
22 2015

福井の一乗谷朝倉氏遺跡を訪ねて(前編)/戦国時代有数規模の城下町の面影を感じる

福井県福井市の山沿いにある小さな谷に、かつて繁栄を極めた「街」があったと言われています。
昔、そこに街があったなんて到底思えないくらい「辺鄙」なところなんですが、かつてその場所は越前国を治めた戦国大名朝倉氏の本拠地であり、山には「一乗谷城」があり、谷には大規模な城下町が形成されていたとか。
今で言うところの「(越前国の)首都」ですかね。

金沢からは車で1時間半程度で行くことができ、日本史界では全国的に名の知れた史跡でもある「一乗谷朝倉氏遺跡」に行ってきました。
最大のお目当ては広大な遺跡に点在する4つの「特別名勝庭園」なんですが、今回の記事は主に一乗谷の「復原町並」の様子をお伝えします。

まるで戦国時代にタイムスリップした感覚を味わえました!
20150621125437.jpg
(サムライがデジイチを片手に・・・シュールな光景(笑))

基礎だけが残った武家屋敷。
「盛者必衰」とはまさにこのことか!
20150621124220.jpg


ってなワケで、かつての大城下町に思いを馳せながら巡った一乗谷朝倉氏遺跡です。
比較的近くにあるのに今まで一度も訪ねたことがなかった地だったのですが、少なくとも北陸ではちょっと他では味わえないジャンルの観光地って感じ。
なかなか見応えがありましたよ(^^)。


2015年06月21日 福井県福井市 一乗谷朝倉氏遺跡


福井市の中心部から車でおよそ20~30分。
北陸自動車道福井ICからさほど遠くないところに一乗谷があります。
6月下旬、空は薄暗くて時折ザっと雨が降り、いかにも梅雨って感じでしたが、こんな日こそ古い遺跡がいい味を出しているだろうということで、娘と2人でプチドライブがてら歴史探訪することにしました。
20150621140538.jpg


まずは軽く歴史について(^^)。
三方を山に囲まれ、そして残る一方に川が流れている一乗谷は「天然の要害」と言われていました。
およそ550年も前の戦国時代には朝倉氏がこの地に本拠を構え、人口1万人と当時としては日本有数の大城下町を築き、華やかな京文化を採り入れたことから「北の京」とまで称されそうです。
ところが、織田信長と朝倉義景との間で勃発した「一乗谷城の戦い」で朝倉氏は大敗を喫し、城下町である一乗谷は信長の手下によって尽く焼き払われてしまったそうです。その後越前国の中心地は北ノ庄(現在の福井市中心部)に移され、一乗谷は単なる辺境の地となってしまい、いつしか田畑に埋もれていってしまいました。
一乗谷と言えば、少し前にソフトバンクのCMのロケ地になったことで一躍有名になったかと思いますが、コミカルで軽快なCMに似つかわしくないほどの非常に壮大な歴史が重ねられてきた地でもあったんですね。


一乗谷朝倉氏遺跡は幸か不幸か長い年月を田畑に埋まってしまっていたことで、当時の城下町の遺構や庭園の跡、それに当時の人々の生活の痕がかなり良好な状態で今も残っているようです。
国の「特別史跡」に指定されているんですが、これは景観でいう「特別名勝」、自然界でいう「特別天然記念物」とほぼ同ランクの貴重な文化財であり、「準国宝」と言っても過言ではありません(と、僕は思う)。
20150621122640.jpg


そんな貴重な遺跡だけど、小さな子供が思いっきり走り回ることもできるんです(笑)。
20150621122602.jpg


屋敷跡でよく見かけたのがこの「窪み」。
まままま、まさか「トイレ」じゃあるまいな。
あまり入らない方がいいよ~(^^;。
20150621122838.jpg


遺構だけだとちょっと物足りないんですが、一乗谷には「復原町並」ってのがあります。
その名の通り、かつての一乗谷の城下町の一画をおよそ200mに渡って再現したもので、完成は20年前の1995年。
日本初の「原寸大模型」だったと言われています。
「模型」って聞くとなんだかオモチャみたいな印象を受けるんですが、復原町並は発掘調査をもとにして当時の町並みが非常に忠実に再現されていて、まるで500年以上前にタイムスリップしたような感覚になります。

20150621123023.jpg


かつては30m四方を一区画とした、まるで京都のような整然とした町並みがここにあったそうです。比較的早くから「都市計画」の概念を採り入れていたみたい。
茶色の土塀が屋敷をグルっと取り囲んだ落ち着いた景観は、どことなく城下町金沢の長町武家屋敷跡に通じるものがあります。
ただし金沢との大きな違いは、金沢は模型ではなくて本当に人が住んでいる町ということ。
それと見た目に一番の違いは背景。金沢は雑然とした市街地だけど、一乗谷は緑一色!
20150621123427.jpg

20150621124116.jpg

20150621125340.jpg

20150621123402.jpg


町並を構成する町屋や屋敷の一つ一つが実に忠実に再現されていました。これらの建物は外から眺めるだけでなく、中に入ることもできました。
のれんに「染」の字が書いてあるので、これは「紺屋」という染物屋らしいです。
もちろん、建物の中もちゃんと再現されています。
20150621123445.jpg

20150621123518.jpg

20150621124641.jpg


これはトイレ!?
なぜかこういうところに個人的に興味津々になる(笑)。
当然ですがホンモノのトイレではないので臭いはしません(^w^)。
ふと思ったのですが、昔のトイレは扉を開けると用を足している人は「こちらを向いている」んですね。
今のトイレとは逆です。
20150621123638.jpg


そして裏庭や井戸も。
昔はこんな質素な建物が生活や商売に使われていたんですね。
20150621123748.jpg

20150621122946.jpg



復原町並にある「復原武家屋敷」。
町屋に比べて確かに立派なお庭と立派な建物です。
20150621124515.jpg

20150621124835.jpg


娘は井戸に興味津々。
昔の人はこれで生活用水を確保していましたが、今の子供は知っているのでしょうか?
最近は「日本むかし話」みたいなアニメもやってないし、子供たちは井戸ってものの姿を知らないのかもしれないなぁ。
20150621125136.jpg


おっと、またもやトイレ!(笑)
武家屋敷だからお客さんや使用人も割と多くいたのでしょう。トイレは男性用女性用ともに2部屋ずつありました。
まるで公衆トイレのようです。
20150621124758.jpg


優雅に将棋(朝倉象棋という、特殊な将棋のようです)をする武家屋敷の主と客。
それに台所も。
20150621125059.jpg

20150621125020.jpg



休憩所には、昔の町並のジオラマが展示されていました。
真ん中の目抜き通りっぽい道が、おそらく復原町並でも再現されていた道だと思います。
道に沿って大小さまざまな屋敷が立ち並んでいて、そこで生活する人々の姿も見られました。
原寸大の町並ももちろんいいけれど、こういうジオラマならではの良さもありますよね。
20150621140038.jpg

20150621140021.jpg


復原町並を一通り散策して、ちょっとお疲れモードの娘。
このエリアだけでも観光的には結構お腹いっぱいになるんですよね~。
でも、一乗谷にはまだまだ見どころがあります。この一乗谷に来た最大の目的は、復原町並ではなくて「特別名勝」に指定されている4つの庭園を巡ることなんですよね。
これからさらに歩かなきゃならんので、とりあえず一服しましょっか・・・。
20150621125802.jpg


ってなワケで、一乗谷朝倉氏史跡の復原町並でした。
かつてはとても立派な城下町であったことは何となく分かりました。もし信長による戦が起こらずに今でもシッカリと町が残っていたなら、越前大野とか郡上八幡とか飛騨高山とか、そういったのと肩を並べるほどの風情のある人気の高い町になっていたのかもしれませんね。
20150621123036.jpg

後編では「一乗谷朝倉氏庭園」を中心にお伝えします。




<一乗谷朝倉氏遺跡>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】210円(復原町並)
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
一乗谷朝倉氏遺跡資料館


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

福井 一乗谷 朝倉氏 城下町 復原町並 戦国時代 特別史跡

- 8 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
どうやら土佐けんさんのほうがお詳しいかもしれません(^^;。
僕なんてずっと北陸にいたのに、福井もそんなに遠いところではないのに、「朝倉氏」の名前を知ったのは割と最近ですし、この遺跡のことも全く知りませんでした(^^;。

ブログを書くにあたって少しだけ調べたりもしているんですが、歴史って覚えるのは苦手ですけど実際にその歴史が刻まれた場所に立つとなかなか興味深いものです。
歴史って面白いですよね~。


お立ち寄り&応援、感謝♪

2015/08/19 (Wed) 22:03 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>金沢小町さん

こんばんは♪
桜の時期は、門と桜のコラボが美しいんでしたよね。
春も訪ねてみたいですし、いつか白銀の一乗谷ってのも見てみたいものです。

「朝倉万灯夜」というイベントは初めて知りました。
次の週末ですね。
チラっと調べてみましたが・・・ちょっとちょっと!
すごく幻想的でイイ感じじゃないですか!
私も行ってみたいけど・・・ん~、難しそうです(T_T)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/08/19 (Wed) 21:52 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
赤い傘の下で着物かぁ。
ん~、今はまだ想像できないな。自分の手に持つジュースのことで頭がいっぱいで、着物を着こなすなんてまだ当分先のように思えます。

・・・でも、すぐなんだよね!?(笑)

箱根の関所も、昔の町並みが再現されているんでしたよね!?
実はお盆に伊豆のほうまで旅をしていたのですが、箱根は立ち寄りませんでした。
最近箱根山がちょっとアレなんで・・・
早く「安全宣言」が出てほしいですよね。
いつか大涌谷も行ってみたいしなぁ。


お立ち寄り、感謝♪

2015/08/19 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>J.A.ガビーさん

こんばんは♪
一乗谷は20年ほど前に「復原町並」が完成し、当時の面影を今も立体模型で感じることができます。
金沢の武家屋敷とどことなく雰囲気が似ているので、僕にとってはそれほど目新しい町並みではありませんでしたが、なかなかいい具合に当時が再現されていて、いろいろ勉強にもなります。
いいところでしたよ。

「北陸の鎌倉」はナルホドねと思いました。
今城下町が残っていないのは残念ですが、もし残っていたら、金沢のライバルになっていたかも(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/08/19 (Wed) 21:23 | EDIT | REPLY |   

金沢小町  

こんばんは(^^)
いつも楽しく拝見しています
ここは桜の時にいきましたが結構広いですよね…
ひょこっと黄門様が顔を出しそうだったこと思い出しました♪

今週22日には朝倉万灯夜がありますね
行きたいのですが…難しそうです(・.・;)

2015/08/18 (Tue) 22:07 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

可愛いお嬢ちゃんのガイド付きで楽しく拝見しました。
あとちょっとで赤い傘の下で着物など来てモデルさんしてくれますね。
すぐです。
箱根の関所跡にもこのようなところがありましたよ。
娘はせっせとトイレを撮ってましたっけ(笑)

2015/08/15 (Sat) 23:24 | EDIT | REPLY |   

J.A.ガビー  

一乗谷ってこんなになっているんですね、今も続く金沢と対照的な風情がこれまたいいと僕も思いました。もし残ってたら北陸の鎌倉、とか言われてたかも。

2015/08/15 (Sat) 17:13 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

僕も助手も戦国時代が大好きです^^
楽しく拝見させて頂きました^^
朝倉氏と言えば、室町時代から続く由緒ある
家柄ですよね~~
最後には信長に滅ぼされてしまうんですよね。

ポチッ全部!

2015/08/15 (Sat) 13:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。