世界農業遺産 「能登の里山里海」と田んぼのある風景/初夏の三ツ岩岬・白米千枚田

 01, 2015 22:00
つい先日、日本にまた新しい世界遺産が誕生しましたよね。
「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」の世界遺産認定により、日本の47都道府県の中で半数近くの22の道府県が世界遺産を持つことになりました。
我が石川県には・・・残念ながら世界遺産はまだありません。
でも、能登半島には世界農業遺産に認定されている「能登の里山里海」ってのがあります。

ブルーな空が広がったとある休日、能登の里海を見たくて能登半島の輪島を訪ねました。

NHK朝ドラ「まれ」のロケ地となった三ツ岩岬!
20150524142330.jpg

「能登の里山里海」を象徴する白米千枚田!
20150524154801.jpg


輪島市はこのブログでももはやお馴染みのところですが、今回は特に能登の里海と田んぼの風景に焦点を当ててみました。
青い空と海が広がる能登半島は、何度訪ねても飽きません。
20150524154922.jpg


2015年05月24日 石川県輪島市 西保海岸三ツ岩岬


今年の4月に「まれ」のロケ地をひたすら回ったことがあったんですが、その日ははるばる中国大陸から黄砂が飛んできていたので、空も海もくすんだ色をしていたのが心残りでした。
今回はその時のリベンジの意味も含んでいます。
(って言っても、あれほど多くのスポットを回ったワケではないんですけどね。)
天気が良さそうな日を狙って、再び能登へ!

能登に向かう途中、空を見上げれば太陽の周りに鮮やかな虹色の「ハロ」(日暈)が見られました。
まさか天気は下り坂?
20150524111656.jpg


・・・という心配は全く無用でした!
真っ青な空と海が広がり、なかなかの能登日和です。

まずは、現在放映中の連続テレビ小説「まれ」の舞台でもある、輪島市大沢地区の「間垣の里」をぶらり散策しました。
かつて松本清張の小説「ゼロの焦点」の映画化で脚光を浴びた能登半島ですが、現在は朝ドラ効果に加え北陸新幹線効果もあって、「第2次能登ブーム」が到来していると言われています。輪島市大沢地区は、能登ブームに火を付けたいわば「聖地」みたいなもの。
まぁこの町はこれまでも何度もブログ記事にしてきたところだから、サっと流すつもりで・・・(^^)。
20150524133143.jpg

20150524140440.jpg

20150524134019.jpg

20150524134130.jpg


そして向かった先は、西保海岸にある「三ツ岩岬」というところ。
能登の里山里海の風景と、季節ごとに姿を変えていく何気ない田んぼのシーンとが妙にマッチしているところで、ドラマ「まれ」にもよく出てきます。
道路からはほとんど見えないので、「まれ」が放映されるまでその存在に全く気がつかなかったのですが、注意深く運転しているとほんの一瞬車窓に「三ツ岩岬」が見える場所を発見しました。下の写真がそれ。
ところどころ海が赤いのは、もしかして赤潮かな?
20150524141603_2.jpg



三ツ岩岬の上に立ちました。
ここからの西保海岸の眺めはむっちゃ綺麗なんですが、午後はやや逆光気味で写真の写りはイマイチのようです。
ホントに綺麗な風景を楽しむなら、午前中のうちか、もしくは夕暮れ時ですかね~。
20150524142649.jpg


濃いブルーの海に向かってまっすぐ伸びる小道が印象的です。
まるで海へのジャンプ台みたいな!?
それにしてもこの日の海は日本海とは思えないくらい穏やかでした。
20150524142330_1.jpg

20150524142315.jpg


田んぼは田植えが終わっていて、小さな苗が綺麗に並んでいました。
海と田んぼのコラボレーションという、能登ならではの風景です。
梅雨が明ける頃には青々とした稲穂が緑の絨毯を作り、夏休みの終わる頃には黄金色になり、冬になれば真っ白なコーティング・・・
季節によって味わいはきっと違うんでしょうね。
20150524143229.jpg

20150524143455.jpg

20150524143852.jpg


能登の海岸でよく見かける「はざ」という木の骨組み。収穫後の稲穂を天日干しするためのものです。
現代では稲穂の乾燥は機械でやってしまうようですが、能登には自然の力に頼った昔ながらの手法もまだ残っています。
太陽と風の力で手間暇かけて干したお米は美味しいらしいですよ。
20150524142805.jpg

20150524142700.jpg



著名な観光地ってワケではないんですが、娘的にここが結構気に入ったみたいです。
岬の小道をしばし散策しながら、初夏の能登の風景を楽しんでいました。
20150524142954.jpg

20150524143053.jpg


輪島市 白米千枚田


続いて、能登で田んぼと言えばこれが一番有名!
能登半島を代表する観光地で、「能登の里山里海」を象徴する風景でもある白米千枚田です。
ふと思ったんだけど、今まで何度も何度もこの千枚田に来ているんだけど、田植えが終わった直後の「水を湛えた千枚田」ってのはまだ見たことがなかったかも。
20150524153636.jpg

20150524155710.jpg


「千枚田」という名前に対し、「ホントに千枚もあるの!?」と思う人もきっと多いでしょうが、決してウソではありません。
実際は千枚よりもほんの少し多い1004枚の田んぼが急斜面にひしめき合っています。
初夏の千枚田は一枚一枚が水を湛え、空を映します。
一年のうちで最もあぜの輪郭がクッキリと浮かび上がるのがこの時期かもしれません。
20150524153429.jpg

20150524153551.jpg


そして初夏の千枚田は「脇役」もいい仕事しています。
マーガレットの花が千枚田に彩りを添えていました。
20150524155632.jpg



上から見下ろすのが一番綺麗だけど、時間があれば棚田の遊歩道を歩いてみましょう。
ただし、写真を見て感じる以上に傾斜は急です。
遊歩道はコンクリート舗装ではあるけれど、気を抜くとズルっとコケてしまいそうになるので要注意(^^;。
20150524153818.jpg

20150524153841.jpg


ちなみに一番上から一番下までの標高差はおよそ19階建のビルの高さに匹敵するって話です。
ノリで展望台から一気に斜面を駆け下りてしまいましたが、振り返るとちょっと後悔してしまう(笑)。
帰るにはあの展望台まで歩かなきゃいかんのだよな。。。
20150524154059.jpg


この地に言い伝えられている昔話によると・・・
とあるお百姓さん夫婦が約千枚の田んぼの田植えを終えて帰ろうとしたとき、何度枚数を数えても999枚しかなくて、あと2枚ばかし足りない。
日も暮れたししょーがないと諦めて、足元に置いてある蓑を手にとると・・・なんと夫婦の蓑の下に2枚の田んぼが・・・。
この逸話がホントかウソかは知りませんが、でも確かに千枚田の田んぼはどれも非常に小さくて、中には新聞紙ほどの大きさのものもあるって話です。
どれだけ小さな田んぼであろうとも、稲が育つよう漏れなくシッカリと水が行き渡ってるのはスゴい。
しっかし、下の写真のような田んぼだと、お茶碗何杯分のお米がとれるんでしょうかね~。
20150524154140.jpg


千枚田にはオーナー制度なるものがあり、個人でも法人でも誰でも田んぼを持つことができるそうです。
「マイ田んぼ」を手にした暁には、名前が書かれた表柱が建てられるようです。
おや!?
こんな超有名な企業様も千枚田のオーナーになっていますよ(^^)
20150524154721.jpg



キラキラ輝く日本海と、棚田。
日本各地に棚田はあるけれど、こういうシーンを楽しめるのは輪島の千枚田の他にはないかもしれません。
日本を代表する里山・里海、そして農業の風景。
「世界農業遺産」に選ばれたからには、シッカリとこの風景を後世に残していかなければなりませんね。
20150524154833.jpg

20150524155256.jpg


ってなワケで、初夏の能登半島の海岸風景、三ツ岩岬と白米千枚田でした。
今年の夏はエルニーニョの影響で長梅雨・冷夏になると噂されていましたが、蓋を開ければ逆ですね。
今のところ梅雨らしい長雨はほとんどないし、記録的な高温の日もあり、なんだかんだ夏らしい夏になっている気がします。
この調子なら、今年の能登の米も安泰でしょう!
20150524154551.jpg




<西保海岸三ツ岩岬>
【駐車場】なし
【入場料とか】無料
【所要時間】15分

【地図】



<白米千枚田>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】無料
【所要時間】30分

【地図】


【リンク】
白米千枚田(輪島市公式)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 6

まっさ  2015, 08. 01 [Sat] 08:50

>ぽてとぉ~さん

連日暑くて参っちゃいます(^^;。
多分暑さだけなら、沖縄に負けてないぞ(笑)。

今頃は千枚田の稲一本一本が成長して、青い絨毯になっていると思います。
そういうシーンも綺麗だし、秋の収穫前の金色の田んぼも、冬の積雪した様子も綺麗。
田んぼは何気に四季を通して楽しませてくれますよね。

沖縄からはちょっと遠いけど・・・東京羽田経由能登空港ならそんなに苦ではないのかも。
是非お越しください☆

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2015, 08. 01 [Sat] 08:06

>妖怪雨降らしさん

撮影は5月下旬で、ちょうど田植えが終わった頃でした。
7月ならば、確かに緑の絨毯になっていたでしょうね。
私も夏または秋に訪れてみたいものです。

里山海道の「メロディーロード」、先日走ってきましたよ~。
音の鳴る道は、車のCMで一躍有名になりましたよね。まさかそれが能登半島にデビューするとは!
途中で諧調が変わって「あれ?ここ転調するんだっけ?」って笑っちゃいましたが、想像以上に完成度は高かったです!

ただし、ちょっと遠いよね(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

まっさ  2015, 08. 01 [Sat] 08:02

>土佐けんさん

暑い夏、いかがお過ごしでしょうか(^^)
千枚田はたくさんの人が訪れますが、たいていの人は上から眺めて「おぉ~!」って感動して、そのまま出発してしまうんですよね。
ビルの19Fの高さだと知った時は私も驚きましたが、歩いてみると階段ほどのキツさは感じませんよ。
四季折々いろんな美しさを魅せてくれる棚田です。
今度は是非ゆっくりとお越しくださいね。

お立ち寄り、感謝♪

Edit | Reply | 

ぽてとぉ~  2015, 07. 22 [Wed] 20:48

能登の海に広がる千枚田とまったりとした農村風景 すっごくいいですね~


わたしの実家も稲作をしていますが、真夏になると青々とした水田が広がり、実りの秋になると水田が一面黄金の絨毯になるんですよね~

わたしも一度でいいから、四季を通じてこの千枚田を撮影してみた~いと南国沖縄から思っています


北陸も真夏日よりになっているみたいですね~

夏バテには気をつけて、家族皆さん元気に夏を過ごしてください

Edit | Reply | 

妖怪雨降らし  2015, 07. 20 [Mon] 20:26

う~~ん、撮影は随分前かな?
私が先日訪れたときには、三つ岩岬の田んぼは青々してました(^^;
しかし、霞んでて日本海はいまいちでしたよ。

能登は何度訪れてもいいですね~。
のと里山海道には音の道も出来ましたしね。
こちらは、音ずれは良くないです(笑)

Edit | Reply | 

土佐けん  2015, 07. 20 [Mon] 16:29

こんにちは

この千枚田、有名ですよね~
僕達も一度だけ訪れたことがあります。
ただ、バスツアーだったため、展望台から見下ろしただけでした(^^;
こうして見せていただくと、ゆっくり撮影してみたいな~と思いましたが、
19階建てのビルと同じ高低差ですか!
行きは良い良い、帰りは・・・少し考えます・・・
こちらでしっかり見せて頂きましたから
これで良しとしようかと助手と話していますw

ポチッ全部!

Edit | Reply |