-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20 2015

サムライの魂を現代に引き継ぐ!金沢市彦三緑地の「遠田のツツジ」を訪ねて

5月に咲く花と言えば・・・いろいろあるとは思いますが、中でも代表的なものが「ツツジ」でしょうね。
金沢市内のツツジの名所と言えば、大乗寺丘陵公園が比較的広く知られていますが、もう一カ所、実に味わい深くて歴史を積み重ねたツツジ園が金沢の街中にあります。
「彦三緑地」(ひこそりょくち)と呼ばれている小さな公園では、毎年5月上旬に72品種およそ1400株のツツジが咲き乱れます。

20150502103319.jpg

20150502102159.jpg

数こそ、その他のツツジの大名所には全く敵わないんだけどね。
ただ、彦三緑地のツツジはかつて加賀藩に仕えていた武士の魂が現代に受け継がれているんだそうです。
今回は、金沢の穴場的なツツジ名所、「遠田のツツジ」で知られている彦三緑地をお伝えします!


2015年05月02日 石川県金沢市 彦三緑地


「彦三」と書いて、「ひこそ」と読む。
金沢市の繁華街である武蔵地区からほど近いこの町は、加賀藩に仕えていたサムライたちがかつて住んでいた町だと言われています。
武蔵や香林坊、片町などといった金沢市の中心繁華街に比べれば「彦三」の知名度はかなり低いのですが、昭和2年4月のとある朝にこの町を襲った「彦三の大火」と呼ばれる大火災は、金沢の黒歴史として割と知られています。この火災で町の大半が焼き尽くされてしまいましたが、それをきっかけに幅員の広い道が整備されることになり、金沢で初めて近代的な街づくりが行われた場所としても知られるようになりました。
20150502101930.jpg


そんな彦三町の一角にある公園が「彦三緑地」です。
住宅街のど真ん中に突如として現れるこぢんまりとした庭園風な公園です。
庭園とは言っても、兼六園や野村家庭園のような観光名所として知られているものとは違い、全国的な知名度はほぼ「皆無」だと思うし、石川県民でさえこの公園を積極的に訪ねようと思っている人は限られていると思います。
20150502103538.jpg


そんなちょい地味でマイナーな彦三緑地でありますが、一年に一度必ずと言っていいほどTVや新聞で紹介されるんですよね。それは「ツツジ」の咲く時期!
例えば石川県民は兼六園に雪吊りが施されたというニュースを見ることで「いよいよ冬が来たなぁ」と思うものですが、彦三緑地のツツジはまさにそれの「初夏版」だと言えます。我々は彦三緑地のツツジのニュースを見ることで、「いよいよ初夏が来たなぁ」と思うのです。

公園の入口にある案内板にも、ツツジのことが記されています。
ここのツツジは「遠田のツツジ」と呼ばれているそうですが、それって一体なんだろう?
20150502102109.jpg



早速「遠田のツツジ」を調べてみました。
かつてこの彦三緑地の地には、代々前田家に仕えた「遠田(とおだ)家」のお屋敷があったそうです。
遠田家は石高1050石、ある時は1350石を領した由緒ある家柄だったそうです。その四代目(入口の案内板には「三代」とありましたが、資料館のパネルには「四代」とあります。いったいどちらが正しいんですか?金沢市さん!!)である遠田自省(よりみ)は、加賀藩六代藩主前田吉徳への功労が認められて石高の加増を許可されましたが、「加増よりもツツジが欲しい」と藩主に願い出たそうです。要するに、褒美は金(米)ではなくて花でくれ、ということでしょうか。現代でそんなことを言う人ってまず存在しないでしょうね(笑)。
当然ながら藩主はこの願いを聞き入れ、遠田自省は当時貴重な樹木だったツツジをふんだんに用いた庭を作ることができたと言われています。彦三緑地は、この遠田自省によって育てられてきたツツジの銘木(遠田のツツジ)を保存することを目的として市によって整備された公園です。
20150502103033.jpg



時はゴールデンウィーク後半の連休初日。
この日は前記事にあった通り初夏の兼六園を散歩したのですが、その後にふと思い立って彦三緑地にも立ち寄ってみました。
「ちょっと早いかな」とも思ったのですが、緑地に入るや否や赤・白・ピンクの鮮やかなツツジたちが。ツツジ独特の鼻にツンとくる香りが辺り一面に漂っていました。
時期的には全く問題なかったみたい!
20150502102922.jpg

20150502102647.jpg


こぢんまりとしたツツジ園ですが、「いろんな色があるなぁ」と感心しました。
それもそのハズ。
この彦三緑地に植えられているツツジの品種は実に72品種にものぼります。これだけ種類があれば、きっとお気に入りのツツジが見つかることでしょう。
20150502103157.jpg

20150502102843.jpg

20150502103422.jpg

20150502102953.jpg



ツツジは道端なんかにも咲いているごくごくありふれた花。
色はたいてい赤・白・ピンク・赤紫のいずれかなんだけど、普段あまり見かけない色が!
「黄色いツツジ」がこの世にあったとは知らなんだ!滅多に見ない黄色のツツジについつい見とれてしまいました。
20150502102758.jpg



園内でとりわけ美しいのは、かつてのサムライが育てたと伝えられている「遠田のツツジ」です。
赤・白・ピンクのひときわ立派なツツジの木が群生していて、これこそが彦三緑地の主役です。これらのツツジは今からおよそ270年前の藩政時代から現代に受け継がれていると言われています。
彦三緑地のツツジは規模こそ小さいけれど、歴史はとても深い。
かつてのサムライが魂を込めて育てたツツジたちが今年もまた花開いたと思うと、感極まります。
20150502103402.jpg

20150502103815.jpg

20150502103715.jpg

20150502102323.jpg



園内には土蔵のような建物がありました。
これはかつては本当に土蔵として使用されていたようですが、10年ほど前に改修され、現在は「ツツジ資料館」になっています。
20150502102519.jpg

20150502104122.jpg


中はパネルの展示が中心。
遠田家が育てた「遠田のツツジ」のことはもちろん、彦三緑地で見られる様々なツツジの品種や、全国のツツジ名所が紹介されていました。
こうやってパネルを見ると改めて思うのですが、実に様々な品種のツツジが所狭しと花咲いているようです。
20150502103917.jpg


また、この彦三緑地はツツジのみでなく、牡丹も楽しめます。
牡丹の見頃はツツジと同じ5月上旬。
ゴールデンウィークに訪ねれば両方を楽しむことができますよ。
20150502104204.jpg


ってなワケで、金沢市内では大乗寺丘陵公園に次ぐツツジの名所として知られている「彦三緑地」でした。
たとえば大乗寺丘陵公園とか、あるいはお隣福井県の西山公園みたいな「大名所」と比べるとどうしても見劣りしてしまいますが、積み重ねてきた歴史はそんじょそこらのツツジ名所とは格が違うと思います。なんたって、かつての加賀藩主に仕えたサムライの魂がこもっていますからね(^^)。

金沢駅から徒歩圏内にあるため、観光で訪ねられた方々でも気軽に楽しめるスポットです。
ゴールデンウィークに金沢を訪ねた際には、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
20150502103257.jpg




<彦三緑地>
【駐車場】無し(付近にコインパーキングあり)
【入場料とか】無料
【所要時間】20分

【地図】



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢市 彦三緑地 ツツジ ゴールデンウィーク

- 2 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

彦三庭園のツツジ、その歴史を知ると一層楽しめますよ。
実は地元にありながら、いままでほとんど行ったことがないんですよ。今回改めて金沢のいいトコロを知ることができました!

ツツジの名所と言えば、お隣福井の西山公園なんですが、今年も見に行けなかったです(^^;。
来年こそは!

お立ち寄り、感謝♪

2015/06/27 (Sat) 22:50 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんにちは

見事なツツジですね~~
これだけ咲き誇れば圧巻ですね!
歴史的な謂れがある場所なんですね^^
黄色いツツジ、僕も初めて見た気がします^^

ポチッ全部!

2015/06/21 (Sun) 16:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。