瀬戸は日暮れて夕なみ小なみ/フェリーの上から眺めた瀬戸内海の夕日

 16, 2015 22:00
瀬戸内海にはたくさんの島が浮かんでいますよね。
黄金色に輝く海の上で、島々がシルエットになって浮かんで・・・
いつかこの目で見てみたいなぁと思っていたそんな瀬戸の日暮れですが、今回の旅でバッタリ夕日に出会うことができました。
場所はなんと海の上!

20150426182455_1.jpg

今回の旅では、小豆島と高松を結ぶフェリーから、夕日に輝く瀬戸内海を堪能することができました。
普段の生活で船に乗ることなんて滅多にないから、海の上から夕日を眺めたのはこれが人生で初めてのことで、新鮮な気持ちで楽しめましたよ。
黄金色の瀬戸内海を眺めていると、ガラでもないんだけど、思わず「瀬戸の花嫁」を口ずさんでしまいそうになりました(笑)。瀬戸の花嫁の冒頭のシーンって、きっとこんななんだろうなぁと思いながら。

20150426182921_1.jpg


2015年04月26日 香川県瀬戸内海(土庄町と高松市を結ぶ船の上)


初夏の小豆島の観光名所を足早に駆け回り、あっと言う間に出港の時間となってしまいました。
17時半に土庄を出て、およそ1時間かけて四国本土の高松へ向かうのですが、この日の高松市の日没時刻は18時45分頃であり、ちょうど落日に輝く瀬戸内海を見ることができました。


小豆島の玄関口の一つ、土庄港
港には自分が今乗っているフェリーも含めて3隻のフェリーが並んでいました。
小豆島は本土と道が繋がっていないいわゆる「離島」ではあるけれど、本土との船便の多さは日本の離島の中では群を抜いているんじゃないかと思います。
高松・岡山・姫路・神戸などから船が出ていますが、高松と小豆島の各港を結ぶ船だけでもフェリー・高速艇合わせて1日50往復近くあるってんだから驚きです。
北陸新幹線より便数が多いなんて、ちょっと贅沢だな(笑)。
20150426172703.jpg


定刻通り土庄を出港。
さらば小豆島!今回の旅で回りきれなかったところは、またいつか必ずリベンジしにやってくるからな!
小豆島らしい金のオリーブのオブジェが、お見送りしてくれました。
20150426172842.jpg


さて、ここからおよそ1時間の船旅です。
美しい瀬戸内海の夕日を眺めながらだったので、1時間はあっという間に感じました。
随分日が長くなってきましたが、17時半を過ぎるとさすがに太陽は西に傾いていました。
日本海で夕日を見る機会は比較的多いんだけど、瀬戸内海の夕日は波が穏やかだから独特だと思います。
かの歌に「夕波小波」という歌詞がありますが、まさにこんな感じのことを言うんだろうな。
20150426173858.jpg


瀬戸内海のさざ波を切り裂くように進む高速艇の姿も。
カッコいい!乗ってみたい。
たださ、せっかくの美しい夕暮れシーンなんだから、今この時間はゆっくりとクルーズするほうが楽しいかもね。
20150426174017.jpg


黄金色に輝いているのは海だけではありませんでした。
甲板がチョー眩しい!
20150426174325.jpg



瀬戸内海の島のシルエットをバックに、穏やかな瀬戸内海に1本の光の筋。
個人的には、この「ゴールデンロード」が見られる時間が夕暮れの中では一番好きですね~。
20150426175410.jpg


普段夕日を見る時は、「ここだ!」と決めたスポットにずっと居座り続けるもんだから、たとえ100枚ほど写真を撮ったとしても撮れる写真にあまり変化がありません。
その点、常に動いている船の上から眺める夕日って、瞬間瞬間でいろんな光景が楽しめるのでとってもオトク。
ただし、「そこで止めて~」って思っても止まってくれずにどんどん進んで行ってしまうという欠点はありますけどね(笑)。
20150426175634.jpg

20150426180742.jpg

20150426180207.jpg



普段はそんなに夕日を楽しめない人や夕日にあまり興味がない子供たちも、みんな夕日に見とれていました。
おそらくこの船に乗っている多くの人が旅の最中なんだと思いますが、瀬戸内海の夕景で日頃の疲れが癒されたんじゃないかな。瀬戸内海の夕日を眺められただけでもとても大きなお土産をいただけた気分です。
20150426174528.jpg

20150426174714.jpg

20150426181751.jpg

20150426182641.jpg



日没時刻が近づいてまいりました。
いよいよ本日の夕日、クライマックス間近です!
20150426182532.jpg

20150426182658.jpg


・・・って肝心なところで高松港に到着してしもた(笑)。
港の防波堤の先端にある灯台が出迎えてくれました。
後で調べてみると、これは高松港のシンボルとして親しまれている「玉藻防波堤灯台」
「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で知られているそうです。
青空に映えそうだけど、夕暮れのシルエットもなかなか美しかった。
20150426182921.jpg


もう少し粘れば真ん丸で真っ赤な夕日が見られたのですが、車を積んでいるから船が止まる前に運転席でスタンバイしてないといけません。なので、この日の夕日見は残念ながらこれにてタイムオーバーとなりました!
船の上から眺める瀬戸内海の夕日、とても綺麗でした。
どうせ小豆島を訪ねるなら、夕日や朝日の時間にあわせて船に乗るのをオススメします。小豆島で夕日を眺める時間がとれなかったとしても、船からでも十分満足いく光景を楽しめますからね。


ってなワケで、2015年のGW四国旅を6回に分けて記事にしてきました。
四国と言っても小豆島がメインでしたが、一つの島の中でもいろんな見所があって、なかなか味わい深い島だという印象を受けました。小豆島と言えば、「寒霞渓」という絶景スポットがあって、今回も時間があれば行きたいと思っていたんだけど、あいにく立ち寄る時間がとれなかったのでそれはまた次の機会に訪ねようと思います。

最後に、初夏の眉山からの眺めをば。
20150427100846.jpg




<高松~土庄航路>
【駐車場】フェリーに車を積むのだ
【入場料とか】車両(5m未満)6210円(旅客1人分を含む)、旅客1人あたり690円
【所要時間】1時間

【地図】


【リンク】
四国フェリーグループ 高松~小豆島航路(運賃や時刻表が確認できます)


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Tag:瀬戸内海 夕日 小豆島 四国 高松 赤灯台 土庄

COMMENT 2

まっさ  2015, 06. 27 [Sat] 22:35

>土佐けんさん

ほんと、いいタイミングにフェリーに乗ったなって思います(^^)
小豆島で夕日を眺めるのは時間的になかなか難しいけど、こうやって帰りのフェリーでも十分美しい夕日が楽しめることが分かりました。
朝は朝で、きっと東から昇る朝日が美しいんでしょうね。


四国は滅多に行けるところではないので、とても楽しいと思います。
またいつか必ず四国へ伺いますよ!
お立ち寄り&応援、感謝♪

Edit | Reply | 

土佐けん  2015, 06. 14 [Sun] 15:47

こんにちは

綺麗な夕景に出会えましたね~~
よい時間帯にフェリーに乗られ、羨ましいです^^
瀬戸内海は波が静かなので、夕景はとても綺麗です!
僕達も瀬戸内の夕景を狙いに出かけたいね、と話していますが
未だに実現していません。
又、いつか四国に遊びにおいで下さい^^

ポチッ全部!

Edit | Reply |