28 2015

さようなら、ありがとう! 新幹線金沢開業で引退する特急「はくたか」の思い出

3月14日(土)の北陸新幹線長野-金沢間開業まで残り2週間を切りました。
終着金沢駅はほぼ100%出来上がったし、新幹線各駅の個性的な発車メロディーも公開されたし、プレス・関係者・一般市民向けの体験乗車プログラムも終えたし、指定席の発売も始まってますし、あとは開業日を待つばかりの様子。
新幹線に向けられたスポットライトは非常に眩しくて、その熱は北陸のみならず首都圏でも相当なもの。ここしばらく北陸と東京を行き来していた僕の感触では、九州新幹線開業前や東北新幹線新青森延伸前よりも大きな注目を浴びている気がします。

毎日のように新幹線デビューの華々しい話題が聞こえてくるのですが、その裏でひっそりと役割を終えて引退しようとしている列車もあります。
北陸と首都圏を結ぶ重要な足として18年間走り続けた、金沢-越後湯沢間の特急「はくたか」です。

20150227193452.jpg

20150228152627.jpg


「はくたか」だけでなく、「北越」「トワイライトエクスプレス」といった特急列車も引退となります。

20150228160040_1.jpg

北陸新幹線開業と特急はくたか引退が間近に迫った時期、たまたま東京出張が多く入ったため、これまでお世話になった「はくたか」や駅の様子をカメラに収めてきました。
慌ただしい移動の最中に撮った拙い写真がメインですが、引導を渡す特急列車を思い出に残すための記事ですのでそこはご容赦くださいませ(笑)。


2015年02月 特急「はくたか」の起終点、金沢・越後湯沢


世の中には「ラスト」とか「1番」とかに異常に執着する人もたくさんいらっしゃいまして、3月14日の北陸新幹線1番列車はわずか25秒で完売したというニュースが流れていました。
しかも、その1番列車のグランクラスペア席がなんと350万円で取引されたというウワサもあります。

僕の場合、そこまでお金も時間もかけることはできないのですが、自分にとって人生初の北陸新幹線のきっぷを先日ついに入手してきました。
1番列車でも初日でもない、ごくごくフツーな日の、フツーな時間帯の、フツーな指定席ですけど(笑)。
プレミアム性はゼロですが、僕にとっては感慨深いきっぷになるんだから、一応記念撮影(苦笑)。
20150223062758.jpg

金沢と東京を結ぶ新幹線特急券!
こんなの今までなかったよ!

自分の手元にきっぷを置くことによって、ひしひしと新幹線がやってくるという「現実」を実感しました。
あぁ、乗車が楽しみだ。
ま、首都圏へ行く目的は仕事なんですけどね(T_T)。

ちなみに、思っていたよりもすんなりと窓席をとれちゃったのには拍子抜け。開業後数週間は混雑が続くと思っていたのですが、そこまでではないみたい。土曜の朝や日曜の夜、あるいは大型連休期間はもしかしたら混んでいるのかもしれませんが、それ以外ならいつでも普通に乗れそうです。



下の写真。左右いずれも金沢から東京へ向かう列車の指定席券です。
左の2枚は3月13日まで使える在来線「はくたか」・上越新幹線「とき」の指定席券。
右が北陸新幹線「かがやき」の新幹線特急券。
20150223063045.jpg

まず、2枚から1枚に減るのが大きい。
別に紙ペラ1枚分荷物が軽くなるとか、2枚よりも1枚のほうが紛失リスクが半分になるとか、そんなケチなことを言ってるんじゃなくて、「乗り換えが不要になる」という利点が大きいと言っています。
これまで北陸から首都圏へ向かう場合は、越後湯沢駅で在来線特急「はくたか」と新幹線「とき」(または「たにがわ」)の乗り継ぎが必要で、指定席特急券も2枚ありました。
越後湯沢駅での特急と新幹線の乗り換えは約10分なんですが、この10分が惜しいわけではない。

<乗り継ぎの嫌な点>
①一回余計に身支度しなきゃならん。移動時間が4時間もある割には寛げない。
②東京あるいは金沢で自由席を確保しても越後湯沢でリセット。「座席争奪戦」を2回もやらなきゃならん。
③乗り換え駅で重い荷物を持って階段の昇り降りをするのが辛い。混雑した日の自由席は猛ダッシュが必要。
④「はくたか」のダイヤが激しく乱れた場合、接続先の新幹線がちゃんと待ってくれるのか不安に駆られる。

などなど。
これらが一気に解消されるワケだから、便利でないワケがありません。


それから「所要時間の大幅短縮」も大きい。
きっぷを見てください。
左側は8:20金沢発、12:20東京着で、移動時間はちょうど4時間。
右側は17:52金沢発、20:24東京着で、移動時間は2時間32分。
往復3時間の短縮は、明らかに「体感」できる早さだし、明らかに東京への旅の意識が変わると思います。
東海道新幹線「のぞみ」が15km/hスピードアップして東京-新大阪間が3分間短縮されるとか、そんなちっちゃい話とはレベルが全然違う。
北陸新幹線の開業は、「旅行革命」と言っても過言ではないんです。


北陸地方から東京へ向かうのは、何も「はくたか&とき」の組み合わせだけではありません。
金沢から米原・名古屋方面へ向かう「しらさぎ」号に乗って、はくたかとは正反対の方向へ向かい、米原駅で東海道新幹線「ひかり」に乗り換えるルートも十分考えられます。
そして、意外に知られていないのが、「しらさぎ&ひかり」の南回りルートと、「はくたか&とき」の北回りルートを合体させて、本州中央部をグルっと一周する「一筆書き」と言われているもの。
下の写真は「一筆書き」で東京へ行った時の親子分のきっぷです。
20140503195243_1.jpg

この場合、乗車券は左上にあるように「金沢発・金沢行き」というちょっと不思議なものになります。東京は途中下車の扱い。
遠くへ行けば行くほど距離当たりの値段が下がるという料金特性を生かしたもので、指定席特急券も合わせた移動費トータルは25890円(片道12945円相当)と思ったよりも安い。
それでいて行きと帰りが違うので新鮮な旅が楽しめるという利点がありました。
北陸新幹線開業後も米原・名古屋を経由した南回りのルートは生き残りますが、東京までの所要時間はおよそ4時間半にもなります。よほどの乗り鉄くんじゃない限りは、2時間半の北陸新幹線一択になるでしょうね。



さて、きっぷの話はこのへんにしときまして、本題です。
金沢(一部福井・または和倉温泉)と越後湯沢を結ぶ特急「はくたか」は、北陸と首都圏を結ぶいわば「ドル箱特急」でして、金沢と越後湯沢の間を一日13往復(大ざっぱに言えば、1時間に1本)運転していました。
特急「はくたか」がデビューしたのは1997年の3月。
それまでは、金沢から首都圏へ向かう場合は特急「かがやき」または「北越」で長岡まで行き、そこから上越新幹線に乗り換えるのがメインでした。
ところが、新潟県の犀潟(上越市)から越後湯沢駅方面へのショートカット路線である「北越急行ほくほく線」が開通したことをきっかけに、長岡行きの「かがやき」は廃止となり、新たにほくほく線経由越後湯沢行きの特急「はくたか」が誕生しました。
ちなみに、この時廃止になった「かがやき」の名は、今年開業する北陸新幹線の速達タイプの列車名として見事に復活。一方「はくたか」は同じく北陸新幹線の停車タイプの列車名に受け継がれることになっています。

特急「はくたか」と特急「北越」は、北陸新幹線金沢開業とともに役目を終えて引退となります。
朝の金沢駅6番・7番ホームの電光掲示板には、引退する二つの特急の名が表示されていました。
あと2週間で、在来線の金沢駅でこの名前を見ることは永久になくなります。
20150202080737.jpg
(朝の金沢駅 電光掲示板に「はくたか5号」と「北越3号」)



福井始発で、午前8時20分に金沢を出発する「はくたか5号」越後湯沢行き。
この列車は、早過ぎず遅過ぎずのちょうどいい時間帯に金沢を出発し、上越新幹線「とき」に乗り換えればランチタイムに東京に着く。つまり午後からは東京で仕事ができるのだ!
いつもこの「はくたか5号」で上京していました。
僕にとっては大変思い入れの深い列車です。
20150202081936.jpg
(はくたか5号 金沢駅にて)


赤いマスクと赤い横帯が施されたこの車両は、北越急行所有の「681系2000番台」というもので、通常「はくたか」と言えばこの車両のことを言います。
「SRE」のロゴは、681系2000番台に与えられた愛称である「Snow Rabbit Express」(スノー・ラビット・エクスプレス=雪兎特急?)の頭文字をとったものです。
地方都市を走る列車としては異例の長編成である9両編成で、朝晩は満席に近い乗車率となります。
これまでガラガラな「はくたか」を見たことがない。そのくらい北陸民は「はくたか」を愛していました。
20150202082028.jpg
(北越急行の車両、SREのステッカー)


「はくたか」が凄いのは、何と言ってもそのスピードです。
在来線の特急列車は、青函トンネルなどの一部区間を除き、基本的には最高速度130km/hに制限されています。
ところが、全線立体交差で踏切が全くなくトンネル区間が大半を占める「ほくほく線」では、信号などの設備が特殊であり、特急はくたかの160km/hの高速運転を可能としました。
ガタンゴトン・・・ガタンゴトン・・・とお決まりのレール音を立てて北陸本線・信越本線を走っていた「はくたか」は、犀潟駅からほくほく線の高架区間に入るや否や、急に「ヒュイーーーーーーーーン」というメカニカルな音に切り替わり、みるみる加速していきます。ほくほく線ではロングレールを使用しているためか、あの列車特有の「ガタンゴトン」という音・振動は一切聞こえてこないんです。僕は、この音とスピード感があからさまに切り替わる瞬間が、はくたかの中で一番好きでした。
新幹線ほどではないけれど、在来線特急列車とは明らかに違うスピードで車窓が流れて行きます。
その車窓は大半がトンネルだけど、犀潟付近では越後の広大な田園風景も楽しめました。
20150202101836.jpg
(北越急行「ほくほく線」の車窓 はくたか車内より)


こちらは「はくたか」の車内。
誰もいませんが、実はこの直前まで満席に近い乗客で車内は賑わっていました。
一丁前に新幹線っぽく各車両に電光掲示板があるんですが、流れる情報は新幹線みたいなニュースや天気予報や運行情報などの有用なものではなく、JR西日本のお得なきっぷなどの宣伝ばかり。
何ていうか、全く見る価値のない電光掲示板だったと思います。
20150202110242.jpg
(特急「はくたか」の車内)


金沢を8時20分に出たはくたか5号は、10時54分に越後湯沢駅に到着。乗客のほぼ全員がそそくさと新幹線ホームへ向かいます。
越後湯沢はガチで雪国であり、この冬も3m近くの雪が積もっていたと思います。
「はくたか」は北陸と首都圏を結ぶという華やかな役割を果たしていましたが、実は新潟の十日町市や湯沢町など国内屈指の豪雪地帯を駆け抜ける特急でもあり、その車窓は雪に慣れている北陸民ですら衝撃を受けるほどの凄いものでした。
雪の壁で車窓が見えない場合もあるし、豪雪のため崩壊した家屋も毎年数軒ほど目にします。
20150202110321.jpg
(雪の降る越後湯沢駅に到着した特急「はくたか」)



越後湯沢駅は、周りにスキー場と温泉街しかない、ぶっちゃけ「田舎駅」。冬以外は、「どうして新幹線が止まるんだろう」と思われても不思議じゃないでしょうね。
でも上越新幹線の中では「新潟県西部・富山県・石川県に住む二百数十万人のための乗り換え駅」という極めて重要なポジションを与えられてきました。
上越新幹線に乗ってみると分かるのですが、新潟から東京へ向かう上り列車は、はくたかと接続する時間は越後湯沢駅で大量の人を乗せて車内が一気にパンパンになりますし、また逆に新潟方面へ向かう下り列車では多くの乗客が越後湯沢駅で下りていきます。

1本の新幹線や特急列車を埋めるほどの大量の乗客を、在来線・新幹線双方のダイヤを乱すことなくスピーディーに乗り換えさせなければならないというMission Impossibleを、一日26回も行っているのが越後湯沢駅。
乗り換え用改札口はズラっと10台ほどの自動改札機が並んでいて圧巻。これほど大量の自動改札機が横に並んでいる光景は、東京駅ですら見かけないかも。
20150227193103.jpg
(越後湯沢駅の乗り換え用改札口。間もなく新幹線から大量の乗客が在来線へ流れ込むので、口を開けて待っています。)

石川・富山の各JR駅には自動改札が備わっていないので、まずはこの越後湯沢で、首都圏へ行ける人間かどうかが試されているといっても過言じゃない(笑)。
これだけ自動改札機を並べても乗り換えがスムースに行かないことがあるので、乗客が多い時は改札御開帳(改札口を完全にフリーにする措置)となり、券を通さずとも改札口を行き来することができる場合も多々ありました。


新幹線と在来線の乗り換え改札口にある案内板。
通常は「〇〇線」みたいに路線名が記されているのですが、越後湯沢駅の場合は「はくたか」っていう列車名が書かれていて、少し違和感をおぼえます。
一瞬、「はくたか」っていう路線があるのかと思ってしまうではないか(笑)。
20150213211604.jpg



そんな全国屈指の乗り換え駅の越後湯沢ですが、北陸新幹線の開業とともに乗り換え駅としての役割を終えることになると思います。
僕ら北陸民にとっては単なる乗り換えるためだけの存在だった越後湯沢ですが、この駅で働く人たちやこの駅の近くに住む人たち、スキー場や温泉街の関係者たちにとっては、僕らが思う以上に「はくたか」の存在は大きかったのかもしれません。
北陸の駅では一切見かけなかった「ありがとう はくたか号」という素朴なメッセージを見ると、ジワっとこみ上げてくるものがありました。
20150213211658.jpg
(はくたか号の別れを惜しむメッセージボード)



一日13往復26本が走る「はくたか」のラストランナーは、越後湯沢を21時30分に出発する金沢行き「はくたか26号」です。
東京駅20時12分発の新幹線に乗れば、越後湯沢でこの最終「はくたか」に乗り継ぐことができますが、特に週末金曜日のこの時間の越後湯沢駅乗り換え口は本当に大混雑でした。
20150213211626.jpg


雪が舞う中、新幹線からの乗り換え客を待つ「はくたか」。
東京から来た場合、この雪をつけたマスクを見ると、とんでもない世界に迷い込んだのでは、と思うでしょうね。
こういうシーンも、北陸新幹線開業後はもう見ることができなくなってしまいます。
20150213212152.jpg

20150213211943.jpg



新幹線開業後、「金沢行き かがやき・はくたか」の出発駅となる東京駅。
昨年の春から北陸新幹線用の新型車両「E7系」の運行が東京-長野間で始まっていて、今ではすっかり東京駅に乗り入れる1メンバーとして風景に溶け込んでいます。
今はまだ「あさま 長野行き」ですが、あと2週間で金沢へ行くことになるんですね~。
20150202122421.jpg

20150202122456.jpg

20150202122604.jpg


2015年02月28日 石川県河北郡津幡町 JR北陸線 倶利伽羅-石動間


最後に、JR北陸本線の倶利伽羅(くりから)-石動(いするぎ)間で撮った電車たちを。
金沢よりも富山寄りにあるこの区間は、北陸新幹線開業後はJRから経営分離され、富山県の第三セクター「あいの風とやま鉄道」の路線になります。(倶利伽羅駅よりも金沢側は「IRいしかわ鉄道」になります)
これまで本当に数多くの特急列車が走っていたこの区間ですが、それらは全廃となり、ここを走行する特急列車は皆無となるんですよね。
倶利伽羅-石動間にある、通称「S字カーブ」という名の非常に有名なシャッタースポットでは、この日も引退間近の列車を撮ろうと写真愛好家さんが集まっていました。
最大のお目当ては、大阪から札幌へ向かうトワイライト・エクスプレスでしょうね。
20150228154737.jpg


まだ寒い時期ですが、娘もこんな親に付き合ってくれました(笑)。
さすがに待つのがたいくつなご様子でしたが、「緑の列車がもうすぐ走って来るからね~」でなんとか場をつないでました。
20150228154718.jpg


しばらく待っている間にも、かなり多くの列車が通って行きました。
改めて「特急銀座」なんだなぁって思います。
ここで「撮り鉄さん」の真似事をするのは、これが最初で最後になるのかなぁ。
そして、これまで普段の生活の中で数えきれないほど見てきた「はくたか」や「トワイライト・エクスプレス」の走行シーンも、もしかするとこれが最後になるのかもしれません。

20150228155858.jpg
はくたか(金沢-越後湯沢)


20150228150336.jpg
しらさぎ(名古屋-富山)


20150228160039.jpg
トワイライト・エクスプレス(大阪-札幌)


20150228151812.jpg
昭和感満載な普通列車も


特急銀座と言わしめた金沢-富山間の北陸本線を飾ってきた数多くの特急列車たちに、改めて「ありがとう」と言いたいです。
今までお疲れ様でした。

・・・としんみりしてしまう終わり方になっちゃったんですが、金沢以南ではまだしばらくは「サンダーバード」「しらさぎ」「ダイナスター」といった特急列車が活躍を続けます。
これらもゆくゆくは新幹線の延伸によってなくなる運命。
早いうちにカメラに収めておかないといけないかもなぁ。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

8 Comments

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
そう言えば、三浦海岸の桜、今年も見られなかったなぁ。
あそこってマニア向けではなくて、一般の人も撮りたくなるシャッタースポットだから、混雑も相当なものだと思います。
いい写真撮れましたか!?

連日新幹線のニュースで賑わってますが、その裏で役目を終えて引退するものもあります。
「なんで4時間も乗らなきゃならないんだよ!」ってイライラした時も正直ありますが、やっぱりしんみりしちゃいます(T_T)。
これも時代の流れなんでしょうね。

お立ち寄り、感謝♪

2015/03/06 (Fri) 21:22 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>Kさん

こんばんは♪
開通後は出張組が時間的な意味で恩恵を受けそうですが、これまで1泊していた仕事を日帰りでねじ込まれることも増えるでしょうね~。
でも、やっぱり4時間⇒2時間半ってのはありがたい。
特に、帰りの電車は乗ってる時間が短いほど嬉しいものです。

お!月末新幹線デビューですか!?
初乗車、楽しみましょう(^^)

お立ち寄り、感謝♪

2015/03/06 (Fri) 21:18 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんばんは♪
珍しく「撮り鉄」っぽいことしてきました(^w^)
結構楽しいもんですね。
もうちょっと暖かくなれば、待ってる間も辛くなくていいんですけどね。


開通までついにあと「1週間」となりました。
街は今までよりも賑わうでしょうが、休日の観光地でもない限りは驚くほどでもないのかなって思います。
開通特需だけでなく、今後ジワジワと活気が出てくればいいんですけどね。

ワープ気分、堪能してきます!
前もって動画見たんですが、やっぱり早いですね!
お立ち寄り、感謝♪

2015/03/06 (Fri) 21:13 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
ついに開通まであと1週間!
来週には新幹線が来てるなんて・・・、ちょっと信じられません。

今回新幹線に乗るのはあくまでも仕事ですので、できるだけ早めに購入することにしました。
僕も1ヶ月くらいは混雑が続くかなぁと思ったのですが、意外やまだ余裕はあるみたいですよ(^^)。

お立ち寄り&応援、感謝♪

2015/03/06 (Fri) 21:10 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

便利になりますねぇ~♪
新幹線開通のニュースばかりに気をとられていましたが、
引退劇もあるのですね。
ちょっとしんみりです。
撮り鉄さんは凄い!
先日三浦海岸でもこんな風景でしたよ。
河津桜と京急電車を撮る場所がこんな感じでビックリでした。
撮る場所が無い~って焦ったの初めてでした(笑)

2015/03/02 (Mon) 10:14 | EDIT | REPLY |   

K  

こんばんは。
先月はくたかに乗った時にはこれで最後かな?と、僕も越後湯沢で執拗に前から後ろから写真を撮ってきました。(笑)
これまでは東京で打合せなら時間次第で日帰り可という強行スケジュールも余裕で組めるようになってしまいますね。
良いのか悪いのか・・・。
ちなみに僕も今月末頃に他の予定が無ければ東京出張が入りそうなので初新幹線になるかもです。(^^ゞ

2015/03/01 (Sun) 23:59 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

おやまぁ、今回は撮り鉄?
つ~~か、薀蓄が凄い(^皿^;

あと2週間で北陸新幹線開通ですが、開通後、街はどうなるのか?
心配な側面もあります。
しかし、平日の切符があっさり取れたとは、以外です。
しかも窓側!?

ワープ気分を堪能してきてくださいね。

2015/03/01 (Sun) 21:05 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんにちは

新幹線がもうすぐ開通ですね!
早くも乗車券を購入なさったんですね^^
中々取れないと思っていましたが
平日なら取れるんですね~~
新しい列車が誕生することで
引退する列車もありますね・・・
引退する列車に「ご苦労様、ありがとう」と
言いたいですね^^

ポチッ全部!

2015/03/01 (Sun) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment