06 2015

北陸屈指の観光名所、冬の東尋坊を訪ねて/穏やかな日本海と険しい断崖絶壁と

ブログを始めてから今年の春でもう3年になろうとしています。
これまで地元金沢はもちろん、少し離れた能登半島や富山県へはたびたび写真を撮りに行きましたが、福井県にはほとんど行ったことがない。
一度秋に「1億本のコスモス」を撮りに行ったっけど、それっきりなんですよね(^^;。

そろそろ福井のレパートリーも増やさなきゃなぁと思い、たまたま「おひとり様休日」が実現した年末のとある日にお隣福井県にお邪魔しました(^^)。
福井で誰しもが思いつく名所と言えば、やっぱり「東尋坊」ですよね~。
超ベッタベタなネタになっちゃうんですが、行ってきました(笑)。
たまに石川県の名所だと勘違いしている人も見かけますが、東尋坊は福井県ですからね。

20141228101439.jpg

福井での本当の目的は「越前海岸のスイセンを撮る」ことだったんですが、ソイツは凄まじく撃沈してしまいまして、結局この日のマトモな収穫は「ついでに立ち寄った」東尋坊のみでした(笑)。
僕としては不本意な休日でしたが、今思うと日本海側の冬とは思えない青空に恵まれ、暖かな日差しを浴びられ、海を眺めるにはとてもいい一日だったかもしれません。

20141228104320.jpg

そんなワケで、年を跨いでしまいましたが、今回は昨年末に訪れた東尋坊をお伝えします。
北陸随一の観光地であり訪れたことのある人もかなり多いと思いますが、そういう方はかつての旅を懐かしんでいただけたらと思います。
まだ訪れたことのない方は、自殺の名所とかサスペンスの舞台とかそんな負のイメージもあるでしょうが、そこまで悪いところじゃないゾって思っていただければ幸いです(笑)。

20141228094902.jpg


2014年12月28日 福井県坂井市 雄島


石川県加賀市と接する福井県坂井市の旧三国町地域に、福井県が全国に誇る観光名所、越前加賀海岸国定公園の「東尋坊」があります。
金沢から東尋坊まで、高速を使えば車で1時間強くらいで、そこまで遠い場所でもありません。
北陸道加賀ICもしくは金津ICで下りて国道305号線を目指し、あとは標識に従うのみ。アクセスも容易!
結構小さな頃から親に連れられて行った記憶があるし、学生の頃は怖いもの見たさで悪友を連れて真夜中に思い立って東尋坊に向かうことも何回かあったっけ(笑)。
要するに、金沢の人間から見ても東尋坊は結構身近な場所です。

さて、東尋坊の核心部に向かう前に、その途中にある「雄島」(おしま)という島に立ち寄ってみました。
20141228094208.jpg


雄島は本土と繋ぐ赤い橋が特徴的。
東尋坊からも島の姿や赤い橋がよく見えるので、知っている人も多いと思います。
ただ、東尋坊で遊覧船にでも乗らない限り、雄島に立ち寄ることは少ないんじゃないでしょうか。
僕も、東尋坊こそ何度も訪ねましたが、この雄島は初めてです。
20141228094238.jpg


立ち寄ったと言っても、じっくり散策したワケではなく、島に上陸した直後に引き返しましたけどね。
この雄島は遊歩道でグルっと一周歩けるそうですが、周囲は2kmもあり、さすがにそんなノンビリ散歩している時間的余裕はありません。
それはまた別の機会に考えてみようっと。

雄島ではまるで柱のような形をした岩の崖が目立ちました。
東尋坊でも見られる「柱状節理」というものですが、ここ雄島でもハッキリとそれが分かります。
雄島も東尋坊も似たような地質なんですね。
20141228094752.jpg


雄島から眺める東尋坊。
この逆のパターン(東尋坊から雄島を眺める)はよくありますが、この光景は初めてです。
東尋坊には腰が抜けそうになるほど怖い絶壁もあるんだけど、いかんせん午前中は逆光になってしまうので、あまり詳しく分かりませんね。
高台のてっぺんにそびえるのはランドマークでもある東尋坊タワーで、展望台の海抜は100mらしいです。
20141228094929.jpg



この日は、この時期の日本海側では非常に珍しく青空が広がりました。
朝から眩しい日差しが降り注ぎ、風も波も比較的穏やかでとても冬の日本海って感じじゃありませんでした。

「こんな日はきっと見えるに違いない!」

そう思って海に突き出た遠くの岬や島に目をやると、やっぱり見えました!
岬や島がまるで宙に浮いたように見える蜃気楼の一種、その名も「浮島現象」です!
雄島からは、越前岬と加佐ノ岬の2か所が浮島となって見えました。

福井県越前岬方面
写真右端の突き出た部分が越前岬。見事宙に浮いてます。
20141228095057.jpg

石川県加佐ノ岬方面
こちらもクッキリと上下を逆にした虚像が実像の下に見えています。
20141228095124.jpg


そして真っ白に輝く霊峰白山の姿もシッカリ見えました。
う~ん、天気最高!
20141228094836.jpg


こんな日は「ダルマ朝日」や「ダルマ夕日」といった現象も見られそうなものですが、実は夕日の時間には天気がすっかり崩れちゃって雨が降ってしまいました。
午前中はここまで天気が良かったのに・・・
北陸の冬の晴天は、本当に長続きしません(T_T)。


福井県坂井市 東尋坊(三国海岸)


さて、いよいよ「東尋坊」です。
人生で何度も訪ねたことがある場所だからもはや新鮮さは感じないのですが、「冬の東尋坊」ってのは初めてかも。
普段ならもっと観光客が少ないハズですが、なんせすごくいい天気だったし、冬休み中ってのもあって、思っていたよりも多くの人で賑わっていました。
「東尋坊」の看板の前で記念撮影をする人が後を絶ちません。
海に浮かんでいる島が、ついさっきまでいた雄島です。
20141228100120.jpg

その昔、同じ福井県の勝山市の平泉寺というお寺にいた東尋坊という名のお坊さんが地名の由来。
何かいい話でもあるのかと思いきや、全然そうではない。
何でもこの東尋坊という坊さんがとんでもない憎まれキャラだったようで、周りの僧侶たちが悩んでいたらしく、最終的にこの絶壁で偽の酒盛りを行い、酔っぱらった東尋坊をみんなで海に突き落としたという、なんだか後味の悪い逸話があるそうな。
例え周りに憎い人がいても、こんなことをしちゃいけないと思うんですが(^^;。

まぁそれは置いといて。

それにしても、ほんっとに冬とは思えないくらい穏やかだわ。
海面のうねりが全くないではないか。
つい先日訪れた能登半島の海とは全然違う!
皆さん着ている服装は真冬のような厚着ですが、気温は6℃くらいまで上がり、岩場を一生懸命歩き回ってるとジワっと額に汗が滲むほどでした。
多くの人が岩場を散策していましたが、もしこれが通常の冬の天気だったらどうなんでしょう?
猛烈な波と風で、岩場はとても歩ける状態ではないんじゃないかな。
20141228101349.jpg

20141228101448.jpg


東尋坊は、単なる入り組んだ崖じゃあない。
無数の柱がひしめきあっているような「柱状節理」というものが、ものすごくハッキリと見られる場所で、地質学の上では世界的にも重要なロケーションです。
今からおよそ1200~1300万年前の火山活動の際のマグマが地中で冷え固まり、長年にわたる日本海の荒波による浸食作用で地表に露出したもので、柱状節理の規模の大きさが非常に珍しいため、国指定天然記念物・国指定名勝になっているそうです。

真上からみてもあまりよくわからないかもしれませんが、こうやって真横から見ると、柱状節理の見事な様子がよ~く分かるってものです。
20141228100633.jpg


「THE 岩場」って感じ。
これほどの規模の奇岩の上を、自分の足で自由に歩けるってのがまたすごい。
その代わり、岩場の上は落下防止の安全柵などは一切ない。
今はやりの「あるがまま」の世界。
そして、完全に「自己責任」の世界。
悪ふざけをしたりすると取り返しのつかないことになる可能性もあるので、慎重に慎重に。
20141228101209.jpg


大海原に突き出た断崖絶壁。
しかしまぁ、どうして自然だけの力でこんなものが造れるんでしょうか。
東尋坊に立つと、人間のチッポケさを感じずにはいられません。
20141228103516.jpg



少し離れた先に雄島があるのも、自然の憎い演出です。
東尋坊から眺める日本海の風景の、ほどよいアクセントになっています。
20141228100448.jpg

20141228103645.jpg

20141228102432.jpg



岩場には、垂直に切り立った絶壁を身を乗り出して見下ろせるスポットがあります。
よほど図太い神経の持ち主でもない限り、恐ろしくてちびりそうになること間違いなし。
高所恐怖症・ヘタレな僕は、これが限界(笑)。
20141228102254.jpg


そんな危険いっぱいな絶壁の上ですが、意外にも女性や子供たちが平気な顔して歩いていたりするんですよね。
岩場を歩いている人の目線からは崖の下の様子がよくわからないので、それほど怖くはないのかもしれませんが、ちょっと離れた場所から見てみると、おいおいおい危ねぇぞ・・・と思ってしまいます。
20141228101949.jpg

20141228101713.jpg

20141228101754.jpg


ちょ・・・
そこの親子!
自分たちがどんな場所に立ってるか分かってんの?

「知らぬが仏」ってやつかなぁ。
20141228102648.jpg



東尋坊では約20分おきに遊覧船が運航されていて、丘の上から日本海を見下ろした際のいいアクセントになってくれます。
ここの遊覧船、まだ一度も乗ったことがないんだよなぁ。
一周約30分のクルージングを大人1300円子供650円で楽しめるみたい。
海の上から眺める東尋坊は、陸から眺めたのとは全然違った表情を見せてくれるのかもしれません。
よし、今度は是非乗ってみよう!
20141228104301.jpg

20141228104359.jpg



ってなワケで、福井県、いや、北陸を代表する一大観光名所の東尋坊でした。
天気が良くて海がとても穏やかだったため、その断崖絶壁の険しさがより際立っていた気がします。
東尋坊から眺める日本海に落ちる夕日ってのがこれまた絶品らしいのですが、気がつけば一本の飛行機雲がまっすぐなラインを描いていて、天気予報を見ずとも天気が下り坂であることを教えてくれました。
東尋坊から眺めたダルマ夕日はさぞや綺麗だろうけど、この空を見たら潔く諦めることができました。
20141228101537.jpg

思えば、この日が北陸地方にとって、2014年最後の青空だったんだよね~。




<東尋坊>
【駐車場】有(無料)
【入場料とか】無料(遊覧船は1400円らしいです)
【所要時間】45分

【地図】


【リンク】
東尋坊観光遊覧船


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

写真日記 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

福井 東尋坊 柱状節理 雄島 三国 浮島現象 越前岬

8 Comments

まっさ  

>plumevertさん

こんにちは♪
岩場を自ら歩く分には、海が見えなければあまり怖くはないんですよね~。
でも、それを傍目で見ていると、「なんて怖いことしてるんだ!」って思うわけです。

越前スイセンですが、群生地に行ってみたんだけど、この冬はあまり綺麗に咲かなかったようで、ちょっと残念な写真になってしまいました(^^;。
また別の機会(来冬までおあずけ?)にしますね。

お立ち寄り、感謝♪

2015/01/10 (Sat) 14:11 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
乗り物酔いのせいで留守番を選んだなんて・・・

僕は子供の頃から比較的乗り物には強いほうだから、その選択がちょっと信じられないんだけど・・・。
でも酷い人はホントに辛そうにしてますよね。
こればかりは体質、もしくは慣れでしょうか。
ちなみに、うちの子供たちは生まれた直後から車に乗せられてアチコチ引きずり回されてますから、乗り物酔いにはめっぽう強いみたい。
車の中でスマホとかゲームをずっと触っていても、全く酔わないんだから、慣れって恐ろしいです(笑)。


一度は東尋坊を訪ねてみてください。
少し値は張りますが蟹も是非!
そして、空の上で笑っていたお父さんを見返してやりましょうよ(^w^)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/01/10 (Sat) 14:08 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
東尋坊は、敢えて柵など設けずありのままの姿を残しているんだと思います。
事故のニュースはあまり聞いたことがないんですが、でも下手すると簡単に海に落ちていくので、カメラに夢中になり過ぎると危険かな(笑)。

ただ、安全な場所からだけだとあまり面白くないんですよね~。
ここに来たからには、やっぱりスリルは味わわないと!

福井で食べる黄色いタグの入った「越前がに」は値は相当に張りますがでも涙が出るほどおいしいですよ。
是非、冬の日本海にお越しになってみてください。
お立ち寄り、感謝♪

2015/01/10 (Sat) 13:27 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
以前もスイセン見に行きました。
今回も越前海岸へ向かったのですが、天気は良かったけどスイセンが全然ダメ。
今シーズンは度重なる寒気や荒れた天気のため、あまり綺麗に育たなかったそうです。
お見せできる写真が撮れなかった(T_T)。

この日は越前海岸から、テキトーに敦賀まで行きました。
あと、テキトーに夕方の福井市街を走って金沢へ。
貴重な丸一日のフリータイムでしたが、シャッタースポットにも行かず何やってたんだろ(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2015/01/10 (Sat) 13:15 | EDIT | REPLY |   

plumevert  

うわうわうわ・・・すごいところに立っていますね。
そんなところまで人が入れるとは知りませんでした。
誤って落ちてしまったら命取りですね。
寒そうですが、空気が澄んでいる感じで気持ち良さそうです。
越前スイセン気になります。
綺麗な景色をありがとうございます。

2015/01/08 (Thu) 10:35 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

凄いところに人が立ってますねぇ~♪
思わずPCから遠ざかりました(笑)
実はね、結婚前のことですが、家族が東尋坊に行ったのです。私はその頃乗り物酔いが激しくて父が薬を飲めばいいと言ってくれたのですが、留守番を選んだのです。
行っておけば良かったなぁと今画像を拝見して思いました。多分空の上で父が、ほらみろ、と笑っていると思います。
家族は言わなかったけど、蟹食べたのでしょうね(笑)
行ったつもりになれたので感謝P!

2015/01/08 (Thu) 08:21 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

おお、東尋坊じゃないですか~~
助手も僕も行きたくて仕方ない場所です^^
自然が作り上げた絶景、一度は見てみたいです!
ただ、写真を見せて頂いていると・・・・
柵が無い? 岩場を歩ける?
とんでもないです~~僕は安全な場所からの撮影しか
出来ないでしょうね(^^;
いわば煮立っている人を見るだけで、怖くて足がゾクゾクします(爆)
今はカニのシーズン、カニを食べて東尋坊見学、良いだろうな~~

ポチッ全部!

2015/01/07 (Wed) 21:51 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

確か以前にも越前スイセン見に行ってませんでしたか?
しかし、2014年最後の晴れに東尋坊まで行っていたとは・・・・
恐れ入りました。
そういう私も、珠洲だったっけ(苦笑)

柱状摂理って・・・・・
ひょっとして地層オタク?(笑)

さて、次はどこかな?
勝山?(^^;

2015/01/07 (Wed) 21:19 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment