22 2014

能登随一の夕日の名所! 機具岩(能登二見)の夕景

日本海に突き出た能登半島は、数多くの朝日・夕日スポットがあることで知られています。
天気がよければ、富山湾の向こうに聳える立山連峰から朝日が顔を出し、日本海の水平線のかなたに夕日が沈みます。
今回はそんな能登半島の中でも割と有名な「機具岩」(はたごいわ)を前景に、日本海に沈む夕日を眺めてきました。

能登半島の夕日の名所「機具岩」と日本海に沈む夕日

機具岩の女岩と夕日(志賀町能登二見)

随分前から「ここで夕日を見てみたい」と思いつつ・・・これまでなかなか機会がなかったんですよね(^^;。
近くまで来ることは何度かあっても、夕日の時間に合わせるのが難しいんだよねぇ。
今回、初めて見ることができました!


2014年08月01日 石川県羽咋郡志賀町 機具岩(能登二見)


この日は能登半島の内浦の海を中心に見て回りましたが、たまたま夕方には夕日の名所として名高い「機具岩」の近くまで来ていたので、せっかくだから夕日が沈む時間まで待つことにしました。
機具岩は能登をぐるっと一周する国道249号線沿いにあるため、アクセスは容易。
付近の海は「増穂が浦」という能登半島随一の海水浴場があるかと思えば、ゴツゴツとした岩場がメインの男性的な海岸風景(能登金剛と呼びます)もあり、とても変化に富んでいます。
(中能登の海岸風景記事)


そんな風光明媚な海岸線を走っていると、二つ仲良く並んだ巨岩が目に入ります。
それが「機具岩」(はたごいわ)。
機具岩の案内看板

機具岩展望スポットの石碑


機具岩は典型的な「夫婦岩」ってやつです(^^)。
有名な三重県伊勢市の「二見浦」の夫婦岩と景観がよく似ているからか、この機具岩は別名「能登二見」とも呼ばれています。
○○二見ってのは、そのほかいくつかあるようで、愛媛県の「伊予二見」、あるいは大分県の「豊後二見」なんかが有名ですかね~。


では、本家二見と見比べてみましょうか。
伊勢方面へは昨年の5月に密かに行ってて、写真はその時に撮ったものです(ブログ記事にする暇はありませんでした~)。
まずは本家、伊勢二見の夫婦岩。
こちらは朝日の名所ですね。
伊勢・二見浦の夫婦岩
(2013年05月26日撮影)


そして、こちらが能登二見の夫婦岩。
こちらは夕日の名所です。
能登二見の夫婦岩 「機具岩」



ここからは機具岩の「マメ知識」です。
まず、この国にはこのように大小の岩が仲良く並んだ「夫婦岩」ってのが結構たくさんあるそうです。
「全国夫婦岩サミット連絡協議会」なる組織まであるそうな。
いったいどんな活動をしてるんだろうねぇ。
ちなみに、機具岩(能登二見)はその組織の一員だそうです(^^)。


それから、2つの岩のサイズは、男岩が高さ12m・周囲30m、女岩が高さ15m・周囲45mで、伊勢二見よりも一回り以上大きな夫婦といえます。
ところで、能登二見の夫婦岩は皆さんが受ける印象とは逆に、小さいほうが男岩、大きいほうが女岩なんだそうです。
これにはビックリ。
「普通、どう考えたって小さいほうが女じゃん!?」
とかってな古いステレオタイプを脱し、現代に通じる男女平等(ってか、むしろ女尊男卑?(爆))をいち早く提唱していた、という先見性に驚きますね(笑)。


そして、本家の夫婦岩に比べて夫婦の間隔が結構広い。
これは写真を撮る身にはかなり辛いことです。
安いレンズじゃどう頑張っても夫婦が入りきらないんだよね(汗)。
背後に山が迫っているためこれ以上海岸線から離れることもできません。
「夫婦」をちゃんと収める場合は広角レンズが必要になります。

そんなもん、持ってないし・・・(涙)

ってなワケで、中途半端な「夫婦感」になっちゃいましたが勘忍してください(笑)。



では、本題に戻りましょう。
到着した時に比べ、徐々に夕日や空は赤味を帯びていきました。
そして海面にはキラキラ輝く黄金色のラインが引かれました。
もうすぐ18時半、さ、ここから夕日タイムのスタートです!
能登二見機具岩 夕日タイムスタート!


それにしてもこの日は海が穏やかでした。
ここは内浦海岸ではなく、外浦海岸です。
つまり、日本海の大海原に直接面しているので、普段はそれなりに波が立っているし、真冬は猛烈なしけになってあの「波の花」という現象が発生する場所としても知られているくらいです。
それなのに、この日はビックリするくらい波もうねりもなかった。
夏の能登の海はこんなに穏やかな表情を見せてくれるんだなぁ。
西に傾く太陽 能登二見の海が輝く



この機具岩は道路に面してやや高い位置に展望台があり、普通の人はそこから見下ろすように眺めます。
でも、上から見下ろすだけじゃなく、階段を使って岩礁に降りれば下から見上げることもできるんです。
階段は結構細いので、気がつかない人もいらっしゃるかもしれません。
下に降りてみると、波蝕による洞門を真正面に見ることができます。
そして、その洞門に夕日が入っていくのが何より面白い!
洞門と輝く夕日(能登二見機具岩の女岩)


待つことおよそ30分。
夕日の赤みがさらに増してきました。
海に引かれたラインもオレンジで眩しい。
僕的には夕日鑑賞で最も好きな時間帯です。
能登二見機具岩の夕日と黄金色に輝く日本海

能登二見機具岩の夕日と黄金色に輝く日本海


階段を駆け上がって上から撮り、そしてまた駆け降りて下から撮り・・・。
刻一刻と変わる光景は「今こそが一番!」と決めるのがなかなか難しくて、結局可能な限り動き回っていろんなタイミングの写真を撮ることになります。
慌ただしい階段の昇降で、汗まみれでした(^^;。
機具岩の夕日のワンシーン 洞門・夕日・輝く海



夫婦を繋ぐ注連縄と夕日です。
注連縄と夕日(能登半島機具岩にて)


小さいほうだけど「男岩」。
そのシルエットと夕日のコラボはなかなかの絶品です。
能登二見機具岩の「男岩」と夕日


大きいほうの「女岩」。
洞門越しの夕日もなかなか美しいです。
洞門越しに眺める夕日(機具岩にて)


こうやって少しズームで撮ると、まるで別の岩場で撮ったみたい。
洞門越しに眺める夕日(機具岩にて)


そして、定番のアングルを沈む夕日とともに。
うーん、もうちょっと引いた画にしたかったけど、これが限界だったんです。
広角レンズ、やっぱり買わないとなぁ。
能登半島の夕日の名所 機具岩の夕景



快晴ならば水平線に沈む様子が見られるかなと思いましたが、この日の夕日はそろそろ沈みきるかというところで雲の後ろに隠れていきました。
まぁ快晴だったとしても、水平線じゃなく突き出た岬に沈んだかな。
夏らしい暑い一日がこうして終わりました。
雲に隠れ行く夕日(志賀町能登二見にて)



さて、普通ならこのあとさらに深紅に染まり行く夕焼け空を撮ったりするんですが・・・
なんとここで無念のバッテリー切れ!
あっちゃ~、またまた失敗しちゃいました。


まぁこの日は色んな海の風景を撮り続けてきたから、カメラもお疲れだったでしょう。
電池切れはしょうがないかな。
ちょうど19時の夕日と夫婦石の写真が最後になりました。
雲に隠れ行く夕日(志賀町能登二見にて)


ってなワケで、能登半島の夕日の名所、機具岩でした。
今回、随分久方ぶりに夕景を見ましたが、やっぱりイイもんですね。
絶品な夕日や夕焼けに巡りあったとき、「カメラを趣味にしていて良かったな~」なんて、思ったりします。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

能登半島 夫婦岩 機具岩 外浦 夕日 夕焼け 二見

4 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪
そう、この夫婦岩は他のとは違って、大きい方が女岩だそうですよ。

能登には夕日スポットがたくさんありますが、この機具岩はその中ではかなり有名です。
近ければ毎日行きたくなりますけどね~、金沢から車で1時間以上はかかるので、毎日行くワケにもいきません。

お金を貯めて、なんとか広角を買おうと思います。
ただ、それはいつのことになるやら(苦笑)。

お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/08/24 (Sun) 18:46 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
夫婦岩のイタズラですか、なるほどね(^^)。

この機具岩は金沢から車で1時間ちょっとくらい。
あまり遠くでもないけれど、でも気軽に夕日を見に行く場所でもないかな~。
今度は是非広角レンズを装備して見に行きたいものです。

沖縄の那覇にも「夫婦瀬」とかっていう2つの岩があるそうですね。
よかったら、是非撮ってみてください。

お立ち寄り、感謝♪

2014/08/24 (Sun) 18:42 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

良い夕景スポットですね!
近ければ毎日のように通いたくなる場所です^^
え?ちっちゃい岩が男岩なんですか?
珍しいですね~~
洞門があれば、中に夕日を入れたくなる!
解ります^^
見事に捉えた画、素敵です♪
こう言う場所での撮影、超広角が欲しくなりますよね^^

ポチッ全部!

2014/08/22 (Fri) 21:23 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

はたごいわを背に沈みゆく夕焼けの風景 とっても素敵ですね

夫婦岩の風景は、テレビなどでも紹介されていますが、いつか撮影してみたいなぁ~と感じちゃった

バッテリー切れは、残念でしたねorz

もしかすると、再びここに来てほしいという夫婦岩のちょっとしたイタズラだったのかもしれませんね

美しい夕焼けと夫婦岩の風景に拍手♪

2014/08/22 (Fri) 20:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/23 09:23)
  • 羽咋郡志賀町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2014.08.23 (Sat) 09:23 | ケノーベル エージェント
この記事へのトラックバック
  •  ケノーベルからリンクのご案内(2014/08/23 09:04)
  • 伊勢市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
  • 2014.08.23 (Sat) 09:05 | ケノーベル エージェント