-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
31 2014

ちょっとマイナーだけど歴史は長い! 金沢の日本庭園「玉泉園」(西田家庭園)

気がつけば北陸も梅雨が明けて夏本番を迎えました!
今年の梅雨はダラダラと「長雨」が続いた印象ではなく、かと言って集中豪雨になったわけでもなく・・・。
とりわけ暑かったわけでもないし、梅雨寒もなかった。
あまり印象に残らない中途半端な梅雨だったなぁと思うワケですが、まぁそれがある意味「良かった」とも言えるかな(^^;。


さて、前回の記事では長町武家屋敷にある「野村家庭園」をご紹介しましたが、今回も引き続き金沢の「日本庭園」ネタ。
兼六園のすぐお隣にある「西田家庭園」です。
またの名を「玉泉園」と呼び、こちらのほうが馴染みがある名前かもしれません。
その歴史は、なんと兼六園よりも長いとか!
金沢の歴史ある日本庭園 西田家庭園(玉泉園)

金沢市の日本庭園 玉泉園の様子


長町を散策して野村家庭園を見てさらに玉泉園・・・
さすがに娘もグッタリでした(笑)。
玉泉園を散歩して疲れました

前回の「野村家」もそうだったんですが、僕にとってこの「玉泉園」も今回が生まれて初めての訪問です。
いつも通っている道のそばにこんな庭園があったんだなぁって、今更ながら意外な気分です(^^)。

2014年07月21日 石川県金沢市 西田家庭園(玉泉園)


この「玉泉園」という名前は、加賀藩初代藩主・前田利長の正室、「玉泉院」が由来。
玉泉院は「永姫」とも呼ばれ、あの織田信長の四女で1571年に7歳の若さで加賀に嫁いだそうです。

北陸新幹線が金沢まで開通する2015年、金沢城に「玉泉院丸庭園」というお庭が整備されるそうですが、この「玉泉院丸」ってのは玉泉院が邸宅を構えていたことからそう呼ばれているそうです。
金沢城の「玉泉院丸庭園」と今回お伝えする「玉泉園」は同じ女性が名前の由来となっていますが、まったく別物の庭園なのでご注意を。
なんだかゴッチャになりそうですね(笑)。


さてこの玉泉園ですが、今年の春に和食を専門とするレストラン、「ガーデンレストランかなざわ玉泉邸」のお庭としてリニューアル・オープンしたそうですが・・・これがちょっと違和感あるんですよね。
いつものように観光地を見に来ている風ではなく、レストランの私物をお金を払って見させていただいているという感じ。
拝観したい時はレストランのレジにいらっしゃる係員の方に「お庭を拝見したい」旨を伝えることになります。
ちょっと敷居が高いんだよなぁ(スタッフの方はとても感じが良いんですけどね~)。
ガーデンレストランかなざわ玉泉邸



こちらは庭園の入口。
注意書きとして、「青苔を踏まないように」「飛び石の上を歩く」「営業用の撮影は禁止」などと書かれています。
娘を連れてきたんだけど、ちゃんと守ってくれるのか心配(^^;。
玉泉園の入口の門



さて、庭園に入ります。
緑がいっぱい!
足元は綺麗な苔で飾られていて、飛び石が敷かれています。
ほ、娘もどこを歩かなければならないかは分かっているみたいです(^^;。
緑がいっぱい!綺麗な苔 金沢市玉泉園にて

緑がいっぱい!金沢市西田家庭園玉泉園にて


一見すると街を外れて山の中へ足を踏み入れてしまったように思ってしまうんですが・・・
いえいえ、ここは金沢の市街地のど真ん中。
兼六園もそうなんですが、ちょっとした勾配や自然の緑をうまく活かした庭になっています。
街中とは思えない静かな緑地 金沢市玉泉園

街中とは思えない静かな緑地 金沢市玉泉園

石でできたウサギの置物(金沢市玉泉園にて)


ひなびた門。
こちらも屋根には苔がいっぱい。
苔が似合う玉泉園のひなびた門



え!?
こんなところに「水芭蕉群生地」だって!?

ちょっとビックリしました!
玉泉園の中には水芭蕉の群生地がありました。
しかも「自生」だそうです。
水芭蕉の群生地を知らせる看板(金沢市玉泉園にて)


市街地の真ん中に水芭蕉が群生するのは大変珍しいそうですよ。
毎年4月中旬になると、玉泉園の2か所の池の畔に、およそ90株が咲くそうです。
ちなみにこの時期は巨大なオバケ葉っぱがあるのみで、水芭蕉の面影はありませんでした。
当たり前っすね(笑)。
金沢玉泉園 水芭蕉の群生地(夏の様子)



この玉泉園の特徴は、中心に配置された池の周りを歩きながら庭園美を楽しむ「池泉回遊式庭園」であること。
メインは本庭にある「主庭池」という池です。
池の周りにはいくつもの灯篭が立ち並びます。
池泉回遊式庭園 玉泉園(金沢市)

中心に池を配置した日本庭園 玉泉園(金沢市)

池泉回遊式庭園 玉泉園(金沢市)


左手に見える黒っぽい部分は「滝」で、この池の水源になっています。
この緑の斜面を奥に進めば兼六園です。
ちなみにこのお庭は兼六園から水を引いているそうです。
兼六園と言えば前田の殿様の居城である金沢城のお庭であることは誰でも知っていると思います。
つまり、玉泉園を作った人物と前田のお殿様とは仲が良かったそうですよ。
そうでもなけりゃ、お庭から水を拝借できませんからね~。
兼六園から流れる水が庭園を潤す(金沢市玉泉園)



深い緑の中のお庭散策でしたが、やはり暑い暑い。
しかも長町の散策や武家屋敷を見て回ったりして、もう親子ともどもクタクタ・ヘロヘロです。
一応レストランなんで、お庭の鑑賞が終わったら飲み物をいただくことができます。
お食事処へ向かいましょう!
モミジの青葉とかなざわ玉泉邸


今回はレストランの飲み物も含めたお庭鑑賞コースを選択しました。
大人は庭園鑑賞700円+ドリンク300円で合計1000円。
また子供はお庭鑑賞は無料ですがドリンク300円。
親子二人で合計1300円。

ちょ~っとお高い散策でした(笑)。


大好きなオレンジジュースが目の前にあるんだけど・・・
もうグッタリ(笑)。
歩きすぎちゃったね~(^^;
庭園を歩き回ってグッタリな娘(笑) 玉泉園にて

玉泉園を眺めながらオレンジジュース



兼六園よりも歴史のある由緒ある庭園を眺めながらのお茶。
普段めったに味わうことのない、ちょっとだけの贅沢タイムでしたとさ。
日本庭園を眺めながらお茶できます 金沢市玉泉園


ってなワケで、全国的にはちょっとマイナーですが、金沢ではそこそこ名のしれた「西田家庭園 玉泉園」でした。
兼六園のすぐお隣にあるので、時間があれば兼六園と一緒に回ってみるといいと思います。
夏は苔の緑、そして秋は紅葉が美しく、そんなお庭を眺めながらコーヒーやお茶をいただける機会はなかなかないものです。
是非、お楽しみください。


さて今回は「野村家庭園」と「玉泉園」の2つの庭園を新たに知ることができました。
結構長く住んでるんだけどなぁ。。。
まだ知らないところが山ほどある。
新幹線が来て人がたくさん集まる前に、もうちょっと地元について勉強しとかないとなぁ(^^;。



ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢 庭園 玉泉園 兼六園 回遊式池泉庭園

- 6 Comments

まっさ  

>土佐けんさん

こんばんは♪

「和の風情のわかるステキな女性」になればいいんですが・・・
若い頃に「和」を見過ぎたせいで、大人になるとその反動で「洋」へ走るかもしれません(笑)。
なので、匙加減には十分に注意したいと思います(^w^)。

金沢や石川のいいところを少しでも皆さんに知っていただけたらなぁとの思いでブログをやっています。
なので、土佐けんさんのそのコメントは嬉しいです!

いつもお立ち寄り&応援、感謝♪

2014/08/04 (Mon) 20:14 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
僕も・・・ちょこまか派なので「ここだけ」ってのは無理(笑)。
真横には兼六園もありますし、きっとハシゴになると思います。


ミズバショウだけど、僕も見てみたいと思いました。
金沢市街でミズバショウが咲くところってほんとに少ないですからね。
時期は4月中旬とのことだけど、ちょうどその頃は桜が咲きまくっててミズバショウまで気が回るかどうか(苦笑)。


写真に写ってはいませんが、一番クッタリしてたのは娘じゃなく僕だったかもしれない(爆)。
お立ち寄り、感謝♪

2014/08/04 (Mon) 20:09 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんばんは♪
この場所でゆっくりとお茶しながら時を過ごすのも悪くないなって思いました。
もしかしたら歩きすぎて「動きたくない」と思っていたのかもしれませんが(笑)。

日本各地に美しい庭園はありますが、そういうところはおっしゃる通り観光客もそれなりに入り、ゆっくりできないところが多いですよね。
当然ながら兼六園も「落ち着いて鑑賞」はなかなかできません。
その点、ちょっとマイナーだけどこういう玉泉園みたいな庭園はなかなかイイかもしれません。
他にもこんな場所がないか、いろいろ探してみたいと思います!

お立ち寄り、感謝♪

2014/08/04 (Mon) 20:04 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

野村家庭園も素敵でしたが、
ここも負けず劣らず、素晴らしいですね^^
お嬢さんはその年齢から日本庭園を
眺めて過ごせるなんて、大人になれば
和の風情のわかる素敵な女性になるでしょうね^^
金沢って兼六園をはじめ、良い所が沢山あるんですね!
贅沢ですよw

ポチッ全部!

2014/08/03 (Sun) 21:28 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

こういう庭園の在り方も良いものですね。
ここはお食事を楽しんでゆっくりお庭を回って、
その日はここだけ、みたいな贅沢をしてみたいお庭です。
って、絶対私みたいなちょこまか人間には無理だけど(笑)
ミズバショウの群生は絶対みたいです!
リクエストしておきます!
クッタリと疲れた娘さん、お疲れ様!
いつも可愛い姿をありがとう!

2014/08/02 (Sat) 21:42 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

金沢市内の中央にこんなにも緑に溢れる庭園があるなんて、驚きです

忙しい毎日の中、こんな場所にこれたら、お茶だけで何時間もま~ったりできちゃいそうで、うらやましいです

沖縄にも「福州園」という中国式庭園がありますが、このようにゆったりと落ち着いて風景を眺めることは、観光客などが多すぎて出来ないですよね~orz

美しく清楚な庭園に拍手♪

2014/08/02 (Sat) 08:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。