26 2014

金沢・長町武家屋敷の野村家庭園/ミシュラン2つ星!世界も認めた日本庭園

金沢の「庭園」と言えば、誰しもが日本三名園の「兼六園」を思い浮かべるでしょう。
地元に住んでいても、なかなか兼六園以外のお庭を意識する機会はないものです。
ところが、兼六園と同じくらい「世界から評価された庭園」が、金沢の市街地・長町武家屋敷界隈にあるんです。
今回はそんな庭園を見たくて、長町武家屋敷界隈の「野村家」を訪ねてみました。


野村家の庭園は、米国の日本庭園・日本建築専門雑誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園ランキングで全国3位を獲得したこともある、世界が認めた美しい庭園です。
武家屋敷野村家庭園(金沢市長町)

武家屋敷の小さな庭(金沢市長町)

そして、一般に開放された数少ない武家屋敷の一つです。
武家屋敷野村家の内部


さらに、あのフランスの有名な観光ガイドブック、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に2つ星観光施設として掲載されています。

今まで僕にとってはどちらかと言うと「B級観光地」のイメージだったんですが、世界の評価は全然違うんですね。
金沢を訪れたなら是非とも立ち寄りたい場所かもしれません。


2014年07月21日 石川県金沢市 長町武家屋敷跡(野村家)


金沢の繁華街からほんの少し裏通りを進むと、藩政時代の趣が今に残る「長町武家屋敷跡」が広がります。
町をそぞろ歩きして雰囲気を楽しんだり、お土産屋さんを見て回ったり、資料館を見学したりして時間を過ごす場所なのですが、唯一、武家屋敷の中を見学できるところがあります。
それが加賀藩士・野村伝兵衛信貞の屋敷跡である「武家屋敷野村家」です。

拝観料は大人500円・高校生400円・小中学生250円。
兼六園が310円であることを考えるとちょっとお高い感じもしますかね・・・(^^;
未就学児はタダですよ。

では、門をくぐって中へ入りましょう!
武家屋敷野村家の門(金沢市長町にて)
(北向きの門)

武家屋敷野村家の門(金沢市長町にて)
(西向きの門)

ちなみに僕にとっては初の野村家です。
地元民でも(地元民だから?)なかなか来ない場所なんだわ(^^;。


屋敷の入口には銀色のプレートが掲げられていました。
左側は「ミシュランで2つ星獲得」
右側は「野村家庭園が全国3位」
ミシュラン2つ星と日本第三位のシルバープレート(武家屋敷野村家)


2009年の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」初刊行以来、野村家は2つ星観光施設として掲載されています。
ちなみに金沢市の観光施設では、兼六園が唯一最高位の3つ星、そして金沢21世紀美術館と武家屋敷野村家の2か所が2つ星。
すなわち、この野村家は金沢でTOP3に入る観光名所だとミシュランはおっしゃております。

また、「全国3位」というのは、アメリカで刊行されている日本建築・庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」の日本庭園部門で第3位に選ばれた証。
ただ、3位になったのは2003年のことで、少々古い話になります。
この時の第1位は島根の「足立美術館庭園」、第2位は京都の「桂離宮」でした。
この2庭園は最新の2013年版ランキングに至るまで11年連続不動の2トップなのですが、この野村家庭園は2013年は21位にまでランクダウンしています。
庭園って10年経ってもそれほど大きく姿が変わらないものだと思うんですが・・・
どうして順位がこんなに変わっちゃうんかなぁ。
フシギだなぁ・・・。
まぁ、それでも無数にある日本庭園の中でこの順位だから、十分称賛に価するんじゃないかと思います。


野村家の玄関にはドーンと鎧が飾られています。
1584年、加賀・能登・越中三国の要ともいえる「末森城」で繰り広げられた「末森城の戦い」で、野村氏が身に着けていた鎧だそうです。
いかにも「武家屋敷」って感じが漂いますよね。
ちなみに野村氏はこの戦の功績が前田利家に認められ、1200石を授かったとのことです。
野村家に伝わる鎧



野村家の内部。
ここは「謁見の間」、そして奥の一段高くなっているのが「上段の間」。
僕にはあまり凄さを感じなかったのですが、造りだけでなく有名画家による襖絵や「ギヤマン」と呼ばれるガラスをはめた障子戸など貴重な内装を残していて、武家屋敷を代表する部屋です。
武家屋敷野村家 謁見の間と上段の間


襖は痛みが早いので、ガラスによって保護されていました。
光が反射してちょっと落ち着かないかも。
武家屋敷野村家の内部の様子


娘も普段あまり目にしない立派な屋敷に大興奮。
いや、こんなところで興奮してもらっても困るんだけどね。
頼むから静かに歩いてくれよ(^^;。
武家屋敷に興奮する娘(笑)



そして今回の目玉、野村家庭園です。
屋敷の庭ということで、兼六園などの大名庭園に比べると規模ははるかにはるかに小さい。
けれど、庭園には高低差があり曲水が流れ、滝や池があります。
また様々な樹木や灯篭、橋が絶妙に配置されていて、「さすが、3位になったことのあるお庭だなぁ」と感心する美しさでした。

ごめん、写真のウデがもっと良ければその美しさがもっと伝わったのかもしれんが(苦笑)。

庭園には下りることはできません。
屋敷の「濡れ縁」(雨ざらしになる縁側)から眺めることになります。
金沢市長町の野村家庭園


縁側に腰かけてゆっくりと日本庭園の美を楽しむ。
さっきまで長町散策していた時は「暑い暑い」と思っていましたが、ここは日陰で風も通り、結構心地よく感じました。
お茶と御茶菓子があればもっとよかったかな(笑)。
金沢市長町の野村家庭園

金沢市長町の野村家庭園


日本人の「粋」をギューっと凝縮して小さな庭に解き放した、そんな感じ。
小さいけれどうまくまとまっていると思います。
大庭園ももちろんイイんだけど、大きければ決して真似はできない密度と質の高さです。
庭の小ささに比べて、満足感はかなり大きいですよ。
欧米人が好むのもナットクかな(^^)。
ミシュランも認めた日本庭園(金沢市長町野村家)

ミシュランも認めた日本庭園(金沢市長町野村家)

ミシュランも認めた日本庭園(金沢市長町野村家)

ミシュランも認めた日本庭園(金沢市長町野村家)


苔もいいんだよね。
梅雨の時期は一年で最も苔が美しいと言われています。
庭園の苔(野村家)

庭園の苔(野村家)



屋敷の二階には小さな茶室があります。
ここではお茶をたててもらって、美しい庭園を眺めながらいただくこともできますよ。
僕も一度そういう優雅な時間を過ごしてみたいものですが、小さな子連れじゃそれもなかなかできません。
諦めました(笑)。
武家屋敷野村家2階の茶室


茶室の窓から庭園を見下ろします。
さっきの縁側からの眺めとはまた違って、キレイでしょ!?
茶室から庭園を見下ろして(金沢市長町の武家屋敷)

茶室から庭園を見下ろして(金沢市長町の武家屋敷)

茶室から庭園を見下ろして(金沢市長町の武家屋敷)



屋敷に併設されているのが「鬼川文庫」という資料館。
中には野村家にまつわる刀剣や江戸時代の芸術品、貨幣など様々な資料が展示されていて、好きな人には好きなところでしょう。
鬼川文庫(野村家併設の資料館)

鬼川文庫(野村家併設の資料館)

鬼川文庫(野村家併設の資料館)


ってなワケで、金沢市長町の武家屋敷、「野村家」とその庭園でした。
今回長町をブラブラしたのも、実はこの野村家が目当てだったんですが、30分ほどかけてじっくりと武家屋敷と世界が認めた庭園を楽しむことができました。

きっと雪が積もっても美しいでしょうね。
よし、今度は冬にも訪ねてみるか!



こちらも一般開放されている武家屋敷です(長町ではありません)
寺島蔵人邸のドウダンツツジ紅葉
寺島蔵人邸のドウダンツツジ紅葉


ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

武家屋敷 日本庭園 ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン 野村家 金沢市 長町

10 Comments

まっさ  

>あっちゃん

こんばんは♪
ちょっといろいろと忙しくて、お返事が遅くなってしまいました(^^;。

梅雨、明けちゃいましたね。
今年の梅雨はあまり印象に残らなかった気がします。
あっと言う間に過ぎちゃって、気がつけばもう8月、メッチャ海水浴シーズンですよ(^^)。
暑い日もたくさんありますが、今年は「酷く暑い」とまでは思わないんですよね~。
多分、今年の夏は子守なんかで例年ほど出歩いてないからなのかも(^^;。

ってなワケで、この夏は全くもって不完全燃焼!
ひまわりもほとんど見に行けてないし、花火も一つも行けていません。
そう言えば先週末は金沢の中日花火や川北の北國花火がありましたよね。
どうだった!?
中日に行くって話でしたが、満足できたかな~??


当ブログ、現在「地元金沢・石川再発見」をテーマにいろいろと書いています。
ちょっと前までは、いかに遠出して自分の知らない街や野山の風景を見るか!ってのに半ば命を賭けていた気がしますが、最近はちょっと趣向が変わって、これまで見落としてきた身近な風景ってのを今更ながら見たり撮ったりして楽しんでいます。
金沢や石川って、よく知ってそうで実は知らないこともいっぱいなんですよね。
私だって、あっちゃんから教えられて「へぇ、そうなんだ!」って思うことが多いですもん。
今回の野村家庭園や玉泉園もそうですが、「五郎島金時アイス」があんなにもウマかったってのも驚いた(笑)。
そんなワケで、まだまだ地元再発見シリーズは続けていこうと思っています。
ちなみに、この五郎島金時アイスは多分他でも売ってると思うんだけどなぁ。。。
コンビニでは見かけませんがスーパーとかに売ってないかな!?
今度注意深く見てみようっと。


さてと・・・8月に入りそろそろお盆の計画を立てなければって時期ですね。
どこかお出かけの予定はありますか!?
ウチは今年は家族で北関東方面を攻めてくるつもりです。
その様子は夏の盛りが終わった頃にはブログアップできるかな(^w^)。


いつもお立ち寄り、感謝です♪

2014/08/04 (Mon) 19:54 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんにちは♪
そうそう、今度は是非雪景色を見てみたいと思いました!
ここのお庭は紅葉こそそんなに有名ではないんですが、水墨画のような雪景色は間違いなく綺麗だと思います。

ただ、北陸・金沢とは言え、雪がコンモリ積もった週末ってなかなかやってこないんですよね~。
今年の冬はタイミングが上手く合えばいいんだけどなぁ。。。
・・・って、まだちょっと気が早いですよね(笑)。

お立ち寄り、感謝♪

2014/08/03 (Sun) 07:58 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
いや~、僕も金沢にこんなステキな場所があったのが「意外」でした。
武家屋敷は身近にあるようで、実際は滅多に行かないスポットでもありますからね。

今回娘を連れて長町を歩いたのは初めてたっだんですが、いつもとは違う道や建物の雰囲気を結構楽しんでいましたよ~(^^)。
お抹茶はちょっと早いけどね、お茶室から見たお庭に、彼女なりに何かを感じたのではないかと思っています。

お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/08/03 (Sun) 07:55 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>妖怪雨降らしさん

こんにちは♪
はい、野村家初体験です(^^;

地元の人はそもそも長町すら滅多に行かないし、行ったとしても武家屋敷の中にお金を払って入ろうとはなかなか思わないですよね~。
でも、見に行って良かったなぁと思いました。
また、なぜ今まで見に行こうともしなかったんだろうと、ちょっと後悔もしています(^^;
紅葉とか雪景色を見る機会は今までいくらでもあったのに・・・。

お庭じたいはとても狭いんですが、「これでもか」ってなくらいいろんな「美」が詰まっていて、兼六園のような大庭園とはまた違った「満足感」を得たような気がします。


そう言えば、「成巽閣」もまだ一度も行ったことのないスポットなんですよ。
近々行ってみたいと思います。
紅葉の時期とか、綺麗ですかね~??

お立ち寄り、感謝♪

2014/08/03 (Sun) 07:50 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>ぽてとぉ~さん

こんにちは♪
沖縄の庭園は純粋な日本庭園ではなくて、アジアの華やかさというか文化がうまく融合している気がします。
実際この目で琉球の庭園を見たことはないんですが、ぽてとぉ~さんのブログで採り上げられている写真を見てそう思いました(^^)

写真を趣味にしてから、何気に「庭園」の風情が好きになってしまいました。
若いころは、自分が庭園好きになるなんて思いもしなかったな~(笑)。


お立ち寄り、感謝♪

2014/08/03 (Sun) 07:40 | EDIT | REPLY |   

あっちゃん  

まっささんお久しぶりです
やっと北陸地方も梅雨明けしましたね
梅雨明けした途端蝉の声もパワーアップしたように感じるのは気のせいかな?
石川県はこの夏の熱帯夜が5日もあったみたいですよ!今のところ…
寝苦しいと夜中に目が覚めてしまいます
夏バテ気味ですか?
うなぎ食べました?

長町界隈近いんですが行きません…
まっささんの写真の数々を見て改めて自分は金沢の何を知っているんだろうか?と反省してしまいました(._.)
車でしか市内を移動しない生活…
たまにはゆっくり歩いて散策したいものです
こんな素晴らしい庭園を見たことが無いなんて金沢市民として恥ずかしいです…
末森城跡へは去年行ったんですが 所縁の甲冑があるなんて知りませんでした
それを見るだけでも感動します!
今度是非行きますね〜(^_^;)
まっささんありがとうございます
あ!五郎島金時アイス食べたいなぁ
長町へ行かないと売ってないのかな?

娘ちゃん可愛いですね!
まったり他人ん家で座り込む格好も 窓から庭園を見てる後ろ姿も アイスを持ってるお手ても 腕を振って歩く姿も全部可愛い(´∀`*)ウフフ

それから平栗のひまわりも見ました
平栗はカタクリだけだと思ってました…
『はるかのひまわり』のエピソードも初めて知りました
感動です!
ホント私何にも知らないです(>_<)
ダメね…
まっささんいろいろ教えて下さってありがとうございます

暑い暑い夏です
今週末はまた花火大会がありますね
まっささんは行きます?
川北ですか?
私は中日花火を見ま〜す♪( ´▽`)
いつも丁寧なお返事ありがとうございます!
またお邪魔させて下さいね


2014/07/29 (Tue) 20:56 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

素晴らしいところですね。
襖がガラス?と思いましたが、ガラスで保護されているのですね。
濡れ縁の下までが池、なんとも贅沢です。
濡れ縁に座ってみれば池の中にいるような感じになるのでしょうね。
ここに雪が積もればと考えるとワクワクしてきます。
次は雪の時によろしく!ですね。
今日も良いものを見せて頂きました。

2014/07/28 (Mon) 12:40 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

今日もステキな所を紹介していただき、ありがとうございます^^
良いお庭ですね~~
内部もとても興味深いです^^
助手も僕もこう言う武家屋敷とか歴史のある建物が大好きなんですね^^
お抹茶は娘さんにはまだ少し早いかもしれませんねw
お茶室から見る景色も素晴らしいですね^^

ポチッ全部!

2014/07/27 (Sun) 21:19 | EDIT | REPLY |   

妖怪雨降らし  

野村家、初体験?

やっぱり地元の人はなかなか行かないですよね。

あそこの庭はなんと言っても、濡れ縁の下にまで入り込んでいる池が特徴。
更には、狭い敷地での高低差。
あの広さで2階に届きそうな築山から、地下に潜っている部分まで、これでもか!って程に、凝縮されております。

因みに、成巽閣でも建物内にまで流れる曲水ってのあります。
現在は、一般開放してなかったかな・・・・・

2014/07/26 (Sat) 22:22 | EDIT | REPLY |   

ぽてとぉ~  

小さな庭園ですが日本の粋がた~っくさん詰まっていて、素敵ですね~

沖縄のような鮮やかな色とは違い、翠色を基調とした心安らぐ庭園に感動♪

こういう風景をみると、あぁ日本人に生まれてきてよかったなぁ~としみじみ感じます

翡翠色に彩られた武家屋敷に拍手!

2014/07/26 (Sat) 17:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment