09 2014

金沢を代表する大寺院 東香山・大乗寺 ~750年の歴史を刻む曹洞宗のお寺~

これまでこのブログで「大乗寺丘陵公園」を何度か採り上げてきました。
ツツジやアジサイなど季節の花が咲くほか、高台にあるので眺めもようて夕日や夜景のメッカにもなっている大きな公園なんですが、この「大乗寺丘陵」の名前の由来になったお寺がすぐ近くにあります。
金沢市長坂にある曹洞宗のお寺、「東香山大乗寺」です。

広く開放的な大乗寺丘陵公園とは相反して、そのすぐ横で、鬱蒼と茂る森の中ひっそりと古刹が佇んでいます。

金沢の大寺院 大乗寺の総門

金沢市大乗寺の山門(赤門) 青葉とともに

木彫りの像 折鶴とともに(金沢市大乗寺にて)

「近すぎてあまり行かない」という場所は誰にでもありますよね?
この大乗寺も私にとってはそんな場所の一つです。
今回、久しぶりに訪ねてみました。
天気は小雨がパラついていましたが、お寺はこういうちょっと悪めの天気でもいい味が出るもんだ(^^)。



ところで・・・本題に入る前にちょっとだけお知らせ。
このブログに掲載した写真が、ある冊子の表紙を飾ることになりました!
発行元様から、さっそく製本後の現物を送っていただきました(^^)。

ブログの写真が表紙になりました!

拙い写真ばかりのブログですが、たま~に「使わせてください」というご連絡が入りまして、そんな時は喜んで提供させていただいています。
ただ、これまでは主にWEBやFacebookへの提供だったんですが、今回は初めての紙媒体です。
趣味でやっていることですが、このように誰かのお役に立てて、「写真ブログやってて良かったなぁ」と喜びをかみしめています(^^)。

それでは本題!


2014年07月06日 石川県金沢市 大乗寺


金沢市南部の丘陵地帯に建つ「大乗寺」
その歴史は今から750年も前までさかのぼるそうです。
当時はこの場所ではなく、お隣の野々市市に建てられていたそうですが、その後火災に遭ったり転々と場所を移したりして現在の地に落ち着いたのはおよそ320年前の1697年とのこと。

このお寺を取り囲むように墓地(野田墓地)が整備されています。
この時期は金沢はお盆なので(金沢のお盆は旧盆(8月中旬)ではなく、新盆(7月中旬)なのだ)沢山のお墓参りする人で賑わいますが、訪れた日はお盆には少し早かったせいで、まだ静かなものでした。
それでも、お墓参りに来ていた人はボチボチいましたけどね。
ボチボチ・・・(笑)。



大乗寺の「総門」
「黒門」とも呼ばれているそうで、確かに門の塗装は黒い。
現在地に移築する前の1665年の建立で、その後1699年に現在の場所に移されました。
ほぼ建立当時のままの姿を残しているそうで、県の有形文化財に指定されています。

スロープでバリアフリー化されていますが、このスロープが緑色ってのがちょっと惜しいなぁ。
足場だけちょっと浮いた感じに見えてしまいました。
黒い「総門」 金沢市の大乗寺にて


大乗寺で一番落ち着いた風情を味わえるのがこの総門です。
門をくぐると、そこは緑一色。
明るい緑はカエデ(モミジ)の青葉です。
秋の紅葉シーズンはさぞや鮮やかな光景になるのでしょうね。
残念ながら、紅葉ピークの時にこのお寺に来たことはありません(^^;。
大乗寺総門と厳かな森


総門と青葉。
紅葉シーズンに見てみたいなぁ。
大乗寺総門とモミジの青葉



総門をくぐった先に、再び門が視界に飛び込んできます。
今度は総門みたいなシックな色合いじゃなく、思いっきり鮮やかな赤!
黒地に金色の「東香山」の額がなんともイカシてます(古っ)。

これは大乗寺の「山門」です。
いろんなお寺に「山門」(三門とも書きます)ってのがありますが、山門とはすなわち「お寺の正門」を意味するそうなので、この赤い門が大乗寺の正式な入口とも言えます。
さっきの総門が黒いから「黒門」と呼ばれていますが、こちらは赤いから「赤門」と呼ばれているみたいです。
建立は総門よりもさらに古く寛永年間(1624~1644)らしいですが、見た目はこちらのほうが新しく見えるね。
この山門も県指定文化財だそうです。
青葉に囲まれた大乗寺の山門(金沢市)


ここも青葉が素晴らしく、門の赤が緑の中に映えていました。
おそらく大乗寺では一番アツい紅葉スポットと言えます。
これだけ立派な門や青葉があるにもかかわらず、大乗寺は紅葉名所として扱われてはいません。
なぜなんだろう・・・。
とりあえず、秋に来れたら来てみよう!
大乗寺山門前のモミジの若葉


山門の両脇には、他の寺院でもしばしば見られる「仁王像」が立っています。
なぜか巨大なわらじも。
向かって右が阿形(あぎょう)像。
大乗寺の仁王像(阿形像)

そして左が吽形(うんぎょう)像。
大乗寺の仁王像(吽形像)

ちゃんと「あうんの呼吸」で大乗寺を魔物から守っているようですね。
どのお寺に行っても、門で構えている仁王像にはものすごい威圧感というか、オーラを覚えてしまいます。
門の前で身が引き締まる思い。


また、この山門の裏には誰でもつける鐘がありまして。
「しあわせの鐘」と名付けられていました。
鳴らすと何か幸せなことが起こるんでしょうかね~。
カネ~・・・(笑)
20140706142728.jpg



山門をくぐると、デーンと構える大きな建物が。
大乗寺の仏殿です。
建造は1702年で、こちらも建造当初の姿を今に残しています。
仏堂は他の建物に比べて文化財的な価値は一段上で、国の重要文化財に指定されているようです。
金沢市大乗寺の仏殿(国指定重要文化財)

金沢市大乗寺の仏殿(国指定重要文化財)



仏殿から棟続きになっている「鐘鼓楼」(しょうくろう)。
あまり聞き覚えのない言葉ですが、お寺の中の建物で、鐘を打ち鳴らすのが「鐘楼」、太鼓を打ち鳴らすのが「鼓楼」「太鼓楼」、その両方の役割を持つのが「鐘鼓楼」と呼ばれているそうです。
金沢市大乗寺の鐘鼓楼

金沢市大乗寺の鐘鼓楼


鐘鼓楼の中には、優しい表情をした木彫りの像が。
千羽鶴も飾られていました。
大乗寺鐘鼓楼の木彫り像 千羽鶴とともに


鐘鼓楼からさらに奥へと入ってきます。
このいかにもお寺って感じのちょっと暗い廊下。
前に福井の永平寺に行ったことがあるんですが、それと雰囲気が似ている気がしました。
仏殿から法堂へ続く廊下(金沢市大乗寺にて)

仏殿から法堂へ続く廊下(金沢市大乗寺にて)



大乗寺の「法堂」(はっとう)です。
法堂の中には金色に輝く仏像や仏壇がありました。
写真を撮ってもいいのかな・・・と躊躇しましたが、周りに「撮影NG」という張り紙や看板は見られなかったので、数枚だけパシャリ。
ちなみに法堂とは、お坊さんが仏教の教えを講義する建物。
お寺を構成する建物の中では仏殿に次ぐ重要度があるらしいです。
仏壇の周りには様々な漢字が書かれていますが、何て書いてあるか分かります??
私、全然分からなかった(^^;。
「神様、仏様~」って鳴きを入れることはしょっちゅうあるけど、実際は仏様のことについてほとんど知らないんですよね。
お恥ずかしい・・・。
大乗寺の法堂にあるお仏壇

大乗寺の法堂にあるお仏壇



ってなワケで、金沢の古刹・名刹と言われている「大乗寺」でした。
お寺のメッカ、京都なんかに比べちゃうと、大寺院が少なくてイマイチ印象が薄くなってしまう金沢ですが、その中でこの大乗寺は突出して大きなお寺だと言えます。
でも、観光客に「金沢のお寺と言えば?」と質問すると、たいてい「忍者寺」と答えるんじゃないでしょうか。
「大乗寺」と答える人は、ほとんどいらっしゃらないと思います。
知名度は今ひとつかもしれませんが、禅宗の典型的なお寺の風格を味わえるスポットとして、この大乗寺は貴重な存在だと思います。
ガイドブックには載っていないかもしれませんが、もしお時間があれば、ツツジやアジサイを見るついでに寄ってみてはいかがでしょうか?

最後に、ハスの葉と水玉を。
そろそろ、ハスの花が咲きそうな、梅雨真っ只中の金沢です。
大乗寺のハスの葉と水玉(金沢市)


できれば次は紅葉の時期、そして雪が降る時期にも訪れてみたいですね。



【リンク】
東香山大乗寺

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

金沢 大乗寺 曹洞宗 禅宗 お寺 仁王像

7 Comments

まっさ  

>蒼天さん

こんにちは♪
金沢はお盆です。
じいちゃんばあちゃんの墓参りに行かなきゃなぁと思いつつ、今東京に出張してます(^^;。
台風が接近する前に金沢を出て東京に向かったので、実際どれほどの風や雨だったかは分かりません。
ただ、嫁さんから台風の話題は一切上がってこないので、きっと何事もなかったんだと思います。
お寺のフォトジェニックなカエルたちもきっと大丈夫!


随分前に、清水も新盆だって聞いた記憶があるんだけど、地域っていうか地区によっても違いがあるんですね。
昔は新盆は金沢くらいだと思っていたんですが、聞いた話じゃ日本全国いろんな街が7月にお盆を迎えるとのこと。
僕が思うに、お盆はやっぱり夏休みと重なる8月がいいと思います。
7月15日に里帰りしようと思っても、なかなかできないですからねぇ(^^;。
まぁ自分にとって「里帰り」という行為はなきに等しいんですが(笑)。
つくづく思います、里帰りできる人は羨ましい。
だって、旅をする大義名分があるんですからね(笑)。

ちなみに大乗寺周辺は金沢で最大の墓地があることで地元では有名です。
この週末、きっとお墓参りの人たちで混雑してたんじゃないかと思います。


大乗寺の「いつかリスト」暫定登録ありがとうございます(^w^)。
でもね、よく考えたらGWに大乗寺丘陵公園に来てたじゃないですか。
あそこから徒歩でもいけるくらいの場所にあるんですが、もっと前にブログに載せればよかったかも!?(笑)
もう行き方はマスターしているでしょうから、次に金沢へ来ることがあれば寄ってみてください。


あと、「草鞋」の件だけど、実はつい先日長谷の大仏様で有名な「高徳院」に立ち寄ったんだけど、そこでもやっぱり大きな草鞋が掛けられているのを目にしました。
高徳院は曹洞宗じゃなくて浄土宗らしいので、「草鞋=曹洞宗」っていう宗派説はちょっと厳しいかもしれません。
何か別の由来があるようです。


ところで清水も今ちょうどお盆なんだけど、「里帰り」してるのかな?
なかなかスッキリした富士山に巡り合えない季節だけど、きっと小僧くんたちも楽しみにしているでしょうね。
なんたって、お子さんたちにとっては清水が「お里」ですもんね。

では、週明けに金沢に戻ります。
お立ち寄り、感謝♪

2014/07/13 (Sun) 17:12 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
久しぶりに地元のお寺を見て回りました(^^)。
この時期は何といっても深い緑ですよね。
雨が降っていても、それはそれで風情があっていいものです。

これだけ青葉が綺麗なら紅葉も期待したいところですが、どれほど染まってくれるでしょうねぇ~。
近すぎる場所なので、「灯台もと暗し」であまり行くことがなかったのですが、今年の秋にも時間があれば紅葉を見に行ってみたいと思ってます!

お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/07/13 (Sun) 15:07 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>umi925さん

こんにちは♪
初めまして・・・ですね(^^)。
私もこのまあるいお顔の木像を拝見し、良いなと思いました。
とても優しい表情ですよね。


大乗寺への交通ですが、地元(金沢)の方でしょうか?
「山側環状道路」を走り、「長坂台小学校前」を山の手へ向かうように曲がれば、その目の前に大乗寺の入口があります。
車の場合はそのまま境内へ入るようにしてしばらく細い道を進むと、右手に大乗寺の駐車場があります。
車以外の場合はちょっと定かじゃないです、すみません(^^;。

四季折々いろんな風情が味わえる名刹です。
お気に入られましたら、是非訪ねてみてはいかがでしょうか。

お立ち寄り、感謝♪

2014/07/13 (Sun) 15:04 | EDIT | REPLY |   

蒼天  

お盆ですなぁ…

こんにちは。
金沢は新盆ですか。うちのあたりは旧盆。
で、清水って町は小さいながら新盆の地区と旧盆の地区が混在します。
お世話になった友人宅を始め、大家さんも師匠のとこもみんな新盆。
はい。お盆といえば里帰りでございますね♪
まあ、他にも理由はありますが、自分の中では春の桜とお盆は清水を訪ねる…と決めてます。

余談はさておき。
お寺さんに草鞋、ってのはよくみかけるよ。
托鉢には夏も冬も素足に草鞋で出掛ける…山門くぐって。
だから、修行を象徴するものとして掲げるんじゃないかな…あるいは、日々を支える草鞋への感謝かも。
うろ覚えの記憶で草鞋を見たお寺さんを調べたらどこも曹洞宗だったから、宗派にもよるかもしれません。

先日、仕事で勝山を訪ねる機会があり、白山神社に立ち寄りました。
静謐な空気、木立や苔むした境内…静かな池。
大乗寺の写真を拝見しながら、あの神社に感じたのと似たような気持ちになりました。
宗教は違っても、祈る思いは同じ…その思いが社殿を建て、木々を植え、長い年月の果てに美しい風景を作り上げているんじゃないかな。
大乗寺、『いつかリスト』登録決定(笑)

ところで。
金沢(あるいは東京?)は台風の被害、なかった?
フォトジェニックなカエル達も大丈夫かなぁ。
それから。
表紙を飾る写真をここから選ぶとは、編集さんもお目が高い!!
然り気なく…どこかで出会ったらうれしい写真ばかりだから。

2014/07/12 (Sat) 12:33 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

神社仏閣は僕も大好きです^^
今は緑がとても綺麗ですね~~
山門にかかる青紅葉、美しいです!
秋が楽しみですね~~
秋の情景も見せてくださいね!

ブログの画をパンフレットの表紙に・・・
嬉しいですね!

ポチッ全部!

2014/07/10 (Thu) 21:43 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/07/10 (Thu) 12:19 | EDIT | REPLY |   

umi925  

まあるい仏さま、

こんにちは 初めまして?、
鐘鼓楼の中に居られる木のまあるい優しい童仏 良いですねぇ~拝顔したいです、
大乗寺への交通 教えて頂けますか?。

ご自身の趣味の写真が役立つ喜び 嬉しいでしょう。

2014/07/10 (Thu) 09:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment