16 2014

マイナスイオンたっぷり!白山手取川ジオパークの手取峡谷と綿ヶ滝

梅雨入りはしているものの、週末はそうとは思わせないスカっとした青空が広がりました。
こんな日はお出かけ魂に火がつきますが、そんなに遠くへも行けないし、どうしようかな~なんて思っていたらアタマに浮かんだところがありました。
近場で「夏」を満喫できるところと言えば・・・

手取峡谷だ!

白山市手取峡谷の綿ヶ滝

手取峡谷 不老橋より見下ろして

白山市を流れる手取川の中流域の、川が削った深い谷。
山あり谷あり緑あり!おまけに豪快な滝もあり!
マイナスイオンたっぷりの、夏のお出かけスポットに行ってみました(^^)。


2014年06月14日 石川県白山市 白山手取川ジオパーク「手取峡谷」


お隣富山県には庄川や神通川があり、福井県には九頭竜川がある。
いずれも北陸を代表する大河川ですが、石川県はというと・・・
ちょっと知名度は下がるのですが、霊峰白山(標高2702m)を源とする「手取川」ってのがあります。
長さ72km、流域面積809平方km、ケンミンなら誰もが知っている石川県で一番大きな川。
白山や手取川流域って地理的に実に面白く、地質学的に貴重な自然の保護や教育に役立てることを目的に、2011年に国内に32ある「日本ジオパーク」の一つに認定されました。
今回は、そんな「白山手取川ジオパーク」の著名なスポット、「手取峡谷」です。
場所は金沢市街から国道157号線を走っておよそ40~50分ほどのところにある、白山市鳥越地区・吉野谷地区。



前日まで雨が降っていたようですが、だんだんと天気は回復!
午前中は山の方に見えていた雲も、午後には次第に消えて行きました。
峡谷へ向かう道からは、まだ雪の残る霊峰白山の姿がクッキリ。
白山市鳥越地区から見た夏の白山

この雪から生まれた雪解け水が、まさに手取川を作る源になっています。



手取峡谷を見るならば、一番オススメなのが「綿ヶ滝」です。
滝って言うと、すごい山奥に行かなければ・・・、とか、
駐車場で車を降りてから随分歩く・・・、とか、
そういうイメージがあったりするのですが、綿ヶ滝へのアクセスはホントに楽!
人里や国道のすぐそばにあるし、案内標識はしっかりしてるし、駐車場やトイレも完備。
滝までは駐車場から徒歩でたった4~5分です。
手取峡谷綿ヶ滝の駐車場から


綿ヶ滝とは、手取峡谷にしぶきが落ちる様子がまるで綿が舞っているように見えることからその名がついたそうです。
落差は32mとやや小ぶりだけど、付近の峡谷美とのマッチングが素晴らしくて、毎年多くの人が訪れているし、カメラ好きの間でも有名なシャッタースポットです。
綿ヶ滝の案内板


ただ一つだけ注意点。
滝までは近いとは言え、深く切り立った手取峡谷を下りていかなければならず、その階段が急なんだわ(^^;。
今回は一人でここまで来たのですが、もしいつもの撮影行みたいに娘を連れて来たら危なかっただろうな。
日当たりがないので常時ジメっとしていて足元は湿っぽくて滑りやすい。
滑りにくい靴を用意する必要があります。
綿ヶ滝へ下りる遊歩道(白山市手取峡谷)



階段を下りていくと、急に視界が開けます。
ゴツゴツとした岩場に立てば、手取峡谷がご覧のように。
手取峡谷の様子(綿ヶ滝付近より)


トホホ、川の水が濁っていますね(汗)。
これはしかたない、前日が雨だったから。
晴天が続いた後なら、濁った茶色じゃなくてもう少し綺麗な緑系乳白色になるそうです。
ただ、そんなタイミングを見計らうのは、この時期はちょっと難しいかな。
手取峡谷の様子(綿ヶ滝付近より)



前日が雨だったのが逆に良かった点もあります。
峡谷の主役である「綿が滝」の水量が豊富!
豪快な水しぶきを上げて迫力ある光景になっていました!
水量豊富な綿ヶ滝(白山市手取峡谷にて)


僕が生まれて初めて目の前で目にした滝がこの「綿ヶ滝」です。
親に連れられて来たワケですが、その時はこんなものすごい景色の場所が、いつもドライブの時に通っていた道路のすぐ下にあるというのが凄く意外でした。
川の左右に切り立った崖の上は意外なほど平坦な「谷底平野」で、国道が走り民家が建ち田んぼもあり、ごくフツーに人々が生活しています。
手取峡谷は、そんな谷底の比較的平らな土地を、「暴れ川」と言われている手取川の急流が激しく深く削っていったもので、自然の力強さというかダイナミックさというか、そういうものを子供ながら肌で感じていました。
手取峡谷のシャッタースポット「綿ヶ滝」

綿ヶ滝の最上部の様子

勢いよく流れ落ちる滝(手取峡谷綿ヶ滝)


滝のそばでお弁当を食べるカップルも(^^)。
このロケーションで食べるお昼は最高にウマいでしょうね!
あぁ、見てるだけで(ジックリ見てたわけじゃないけど)腹減った(笑)。
お弁当タイム!(白山市手取峡谷綿ヶ滝にて)



太陽高度が高い時間帯は、太陽を背中側にしてやや高いところから見下ろすような感じで水しぶきを見ると虹が見えてきます。
岩場のちょっと高めの場所から川を見下ろすと・・・おぉ、見えた見えた!
手取峡谷綿ヶ滝に現れた虹


滝と虹とのコラボは角度的に厳しいものがありましたが、なんとか写せました!
手取峡谷綿ヶ滝に現れた虹



手取峡谷の一番のシャッタースポットは「綿ヶ滝」ですが、滝の少し下流側に2本の橋が架かっていて、そこから見下ろす峡谷の様子もなかなか絶景です。
特に秋の紅葉シーズンは、錦に染まる木々と渓谷美が堪能できるとあって、石川県でも有数の紅葉名所になります。
冬も雪が積もれば水墨画の光景が広がって美しいでしょうね。
この時期は深い緑が美しいのですが、さすがに橋の上で足を止めて川を眺める人はほとんどいませんでした。

まず1本目が「不老橋」
ちょっと細い道なので分かりにくいかもしれません。
手取峡谷のシャッタースポット「不老橋」


写真だとあまり高さを感じないかもしれませんが、僕みたいに高所が苦手な人の場合は結構チビりそうになること請け合い(笑)。
不老橋より眺めた手取峡谷(上流方面)


ありえないほど大きな岩がゴロゴロと・・・。
こういう景観を作り出すんだから自然ってすごいよね。
不老橋より眺めた手取峡谷(下流方面)



続いて、さらに下流にある「黄門橋」
こちらは国道360号線に架かる割と幅員のある橋で、交通量も多めです。
今回の訪問で知ったのですが、橋のたもとに小さな駐車場ができていました。
これまでは車を止める場所に難儀していたのですが、今後はその点も安心です。
どうでもいい話ですが、気象台のアメダス「白山吉野」はこの橋のすぐ近くにありますよ。
手取峡谷のシャッタースポット「黄門橋」


不老橋に比べて、あまりゴツゴツ感がなく、岩肌はちょっと滑らかな感じ。
川によって「削られてる」感があります。
黄門橋より眺めた手取峡谷(上流方面)


手取川は緩やかに蛇行して、さらに下流へと進んでいきます。
この後、峡谷は浅くなり、川幅は広くなり、やがて「手取川扇状地」へ流れて行きます。
黄門橋より眺めた手取峡谷(下流方面)



ってなワケで、白山手取川ジオパークの手取峡谷でした。
マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュ!
この日はさほど気温が上がらなかったのですが、真夏の時期は綿ヶ滝の水しぶきを感じたり、橋の上から見下ろして身の縮こまる思いをしたりと、結構ヒンヤリ感が楽しめるスポットでもあります。

地学・地理学のフィールド・ワークもさることながら、夏休みの週末やお盆期間は手取峡谷を泳いだり、ゴムボートで川下りをしたりもできるそうです。
小学生以上なら参加できるそうなので、ちょっと活発なお子さんをお持ちの親御さんは、夏休みの自由研究の題材として、お出かけの候補地にしてみてはいかがでしょうか?
白山手取川ジオパークの駐車場にて(黄門橋)



【リンク】
白山手取川ジオパーク

手取峡谷ウォーターパーク2014

ご来訪、ありがとうございます。
もしこの記事が少しでも貴方のお役にたてたなら幸いです。
ブログランキングに参加しています。
よろしければ、下のバナーをクリックして、応援をよろしくお願いします☆

石川県 ブログランキングへ

にほんブログ村 写真ブログ 中部風景写真へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

手取川 手取峡谷 ジオパーク 白山市 綿ヶ滝

8 Comments

まっさ  

>J.A.ガビーさん

こんばんは♪
そうですね~、手取峡谷なら1時間足らずで行けてしまいます。
そもそも金沢市のある「金沢平野」は結構狭いので、山も海も比較的近いです。
金沢の街自体が山のすぐそばにあるので、手取川じゃなければ(犀川や浅野川なら)もっと短時間で山間部に行くことができますよ(^^)。

来年には新幹線が開通しますし、関東方面からなら距離感はだいぶ縮むと思います。
是非またお越しくださいね!

お立ち寄り、感謝♪

2014/06/20 (Fri) 18:18 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>あっちゃん

こんにちは♪
梅雨らしいような・・・梅雨らしくないような・・・曖昧な空が続いていますね。
いかがお過ごしでしょうか(^^)


あいやまガーデンですが、バラ以外にも花が咲くとは聞いてるけど、花が何も咲いてない時ってどんな楽しみ方があるんだろう?
それはともかく、バラはとても綺麗でしたよ。
バラ園は富樫よりも一回り大きな感じで、「洋風庭園」と銘打っているだけあって、華やかに飾られた雰囲気は富樫とは全然違いました。
春を見逃したなら、秋バラがあります。
氷見も今では随分近くなったので、是非見に行ってみたらどうでしょう?



それから能登島。
私ももちろん水族館に行ったことがあるんですが、もう何年も前だからなぁ。
中がどうなってるかは忘れちゃいました(^^;。
水槽のトンネルみたいなのがありますよね?それだけは覚えてますが、ジンベエザメは記憶にありません。
もしかして、新参者!?
そう言えばのとじま水族館と言えば、随分前に「ラッコラ~ララララッコ イタズラ~っ子~」ってCMやってなかった?(笑)

水族館でイルカショーを見るのもいいけど、今回初めて知った「イルカウォッチング」ってのにすごく興味が沸きました。
今度能登島へ行った時は船の上からウォッチングしたいなぁと思ってます。



で、本題だけど(笑)、吉岡園地は知ってますよ~。
R157通ると必ず見えますもんね。
でも実は一度も入ったことがないんです。
単なる駐車場+休憩施設かなと思いきや、藤棚なんてあるんすか??
全然知らなんだぞー!
私にもまだまだ知らない場所がたくさんあります。例えば先日の河北潟のクリムゾンなんとかもそうだしね(^^;。
昔は週末ともなれば県外(北陸の外)へかっ飛んでいましたが、今は双子が小さいからそうもいかず近場で済ませることが多いです。
でも、おかげで北陸での「新発見」が増えています。
今後もそういうのを記事にしていこうかな~っと思ってますんで、情報をよろしく!(笑)。



結局手取峡谷にはあまり触れてないお返事になっちゃいましたが(^w^)。
手取峡谷いいですよ~。
特に夏場は水しぶきが冷たくていいかも。
でも急なゲリラ豪雨だけには気をつけないとね!



サッカーですが、もちろん応援しています。
今日の朝の試合は引き分けかよぉ。
ニッポン、「背水の陣」みたいですが、せめて次の試合は何としても勝ち点3を取ってほしいですね~。

お立ち寄り、感謝♪

2014/06/20 (Fri) 18:12 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>土佐けんさん

こんにちは♪
能登へいらっしゃったことがあるんですね!
今度土佐けんさんのブログをつぶさに見てみます(笑)。

手取峡谷もたまに訪れてみるといいところですよ。
こういったところでお弁当を食べるなんて、なかなかいい趣味してるな~と思いました。
ちなみに僕は、すでにお昼を過ぎていましたがまだ何も食べてなくて(食べる時間があれば撮りに行く!)、ちょっと羨ましかったですよ(^^;。


お立ち寄り&応援、感謝♪

2014/06/20 (Fri) 08:34 | EDIT | REPLY |   

J.A.ガビー  

手取峡谷、その美しさ、堪能しました!

金沢って本当にすごい魅力が詰まったところなんですね、あんなにスタイリッシュな古風な街から、こんなに神秘的な場所へも1時間かからず行けちゃうんですか。う〜ん、長く滞在してみたい。

2014/06/18 (Wed) 22:50 | EDIT | REPLY |   

あっちゃん  

まっささんの行くとこ行くとこ全部行きたいところです
氷見のあいやまガーデンはバラが咲いてない時期に行っちゃって…
今度バラが咲く頃絶対来ようと思って忘れてたぁ(^◇^;)
まっささんの写真でかなり満足したよ!ありがとう

それから能登島ね!
去年行ったんだ〜ジンベイザメ見に能登島水族館へ(^-^)/
迫力がハンパないよ〜
関西の海○館のジンベイザメも見に行ったことあるけど…正直能登島水族館の方が直ぐ側で見れるし水槽の上から見れるから手で触れそうなくらいだよ〜…
あれ?話が脱線した…
イルカも見たいなぁ〜
ひょっこり温泉は掘ったらひょっこり温泉が出たからひょっこり温泉なのかと思ってた( ̄▽ ̄)アホな私…

さてやっと本題!
ここ綿ヶ滝!行ったこと無くて…
でも職場の人からいいよ〜って聞いてて絶対行きたいんだ
何度か側を通ってはいるんだよ…
吉岡園地へは何回か行ってるんだ〜
多分この滝よりもう少し先に行ったところの藤棚が道路沿いに見える場所…まっささん知ってる?
無料休憩所にしては良過ぎな所です
また話が脱線した…σ(^_^;)
そう!この滝へ行くには階段を降りなければ行けない事や滑りやすい事
それから駐車場がある事など知りたかったこと全部教えてくれてありがとうございます(*^o^*)
あ〜マイナスイオン浴びた〜い
今度近々絶対絶対行くから〜
まっささんに感謝感激してる!
ますますファンになりました(^O^)/

あ!ところでカップルの背後からこっそりパシャリした?
…まっささん…ナイスショットや!
微笑ましいネ(・ω<)-☆

サッカー応援してる?
次は勝つよね( ̄^ ̄)ゞ

。*★ガ ン (o`・ω・)o バ レ★*。゚
まっささんお邪魔しました〜
あ!多分私の職場はまっささんの出身地に近い金沢の端っこで〜す♪( ´▽`)
また来ますね〜

2014/06/17 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

土佐けん  

こんばんは

手取渓谷と言うんですか^^
絶景ですね~~新緑が眩しくて、滝があって
マイナスイオンもたっぷりですね!
見ていると一度訪れたことのある、高千穂渓谷に
似ている気がします^^
激しい滝の流れの前で食べるお弁当、
美味しいでしょうね~~
今日も素敵な画を見せて頂きました^^

昨日のお返事をいただいた中にあった
丹後、能登界隈は一度だけ訪れたことがあり
ブログにもアップしているのですが、
多分、風景写真の中に埋もれていると思います(^^;
もう少しカテゴリを細かく分けないと駄目ですね~~

ポチッ全部!

2014/06/17 (Tue) 21:48 | EDIT | REPLY |   

まっさ  

>aunt carrotさん

こんばんは♪
マイナスイオンをたっぷり浴びてリフレッシュしたつもりですが、やっぱり日々疲れますね(笑)。

この峡谷のベストシーズンは初夏の5月か紅葉の11月頃です。
その時期にも行きたいなぁと思いつつ、なかなか行かないのは近場だからかなぁ。
どうしても、行楽シーズンは遠いところへ目が行っちゃいますからね(^^;

豪雪にでもならなければ、冬でもアクセス可能な場所です。
そうですね、機会があれば冬にも写真を撮りに行きたいと思います(^^)

お立ち寄り、感謝♪

2014/06/17 (Tue) 18:43 | EDIT | REPLY |   

aunt carrot  

マイナスイオンがいっぱい!
水音や周りの鳥の声が聞こえそうなお写真です。
緑の木々の間から勢いのある滝が流れる、、、
良いですねぇ~♪
雪降る季節の姿もぜひ拝見したいものです。
橋の周りにみえる雰囲気も良いところです。
近くなら年に何回もリュック背負っていってしまいそうです。

2014/06/17 (Tue) 08:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment